弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

企業法務

「書面を渡した」との主張を否認する場合の「理由」

は、どのように説明したらよいですか?(実際に受け取っていないという前提です)

渡したとする場所と日時を尋ねて、私は同日時には別の場所にいた、でしょうか?しかし、アリバイが必ずしもあるとは限りません。

私からの受領書が有るかを尋ねて、無いと答えたら、だから受け取っていない、でしょうか?

非存在証明は原理的に不可能なので、存在が証明されなければ非存在は立証される、といったルールはないのでしょうか?

「書面を受け取った」の立証(もしくは立証のための行動)は容易ですが・・・。これです、と見せればよい。
そういう場合は「そのような事実はない。」としか理由を述べようがないので、そのような主張で構いません。 認否は、否認で、書面は受け取った事実はない、でよいです。書面の交付の事実は相手に立証責任がある要件でしょうから、争点を明らかにするという意味では、受け取っていない、ということで十分でしょう。相手がどのように交付したとも主張していないのに、アリバイを主張しても、それは郵便で渡したとか、ポストに入れたとか、いろいろ言い訳がされるだけです。否認して受け取っていない、と認否すれば、相手は受領書を出すか、なければ、いつ、どこで、誰が、誰に、どのような方法で渡したのかを細かく主張してくるでしょうから、その段になって、詳しく反論していけば十分でしょう。 は、どのように説明したらよいですか?(実際に受け取っていないという前提です)

相手が受け取ったことを立証すればよいでしょうから、相談者としては受け取っていないのであれば、受け取っていないと主張すれば足りると思います。
先生のみなさま、ありがとうございます。

「受け取っていない」でよい。また、これ以外にはない。

ということがわかり、助かりました。

ベストアンサーにつきましては、
予想される展開を含めた回答をいただけましたので、
好川 久治 先生
とさせていただきます。

黒色天秤さん
2016年01月13日 23時36分

みんなの回答

加藤 寛崇
加藤 寛崇 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 三重県1
弁護士が同意2
ありがとう

2016年01月13日 23時40分

好川 久治
好川 久治 弁護士
弁護士が同意2
ベストアンサー
ありがとう

2016年01月13日 23時50分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2
弁護士が同意1
ありがとう

2016年01月14日 03時19分

黒色天秤 さん (質問者)

2016年01月14日 21時23分

この投稿は、2016年01月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 受け取った手形を紛失

    質問カテゴリが違っていたらすみません。 実家が自営業をしております。先日、支払いとして取引先から母が手形を受け取りました。その母が誤って、その手形をストーブの上に落としてしまい、すっかり燃えて灰にしてしまいました。このような場合、手形を何らかの手続きをしていけば、再発行してもらうことは可能でしょうか?どのような...

  • 会社から偽造された源泉徴収票を受け取った場合、どのような罪になりますか?

    母子手当を受け取るために会社の担当の人に実際の収入と違う源泉徴収票を作成して貰ったとききましたが この場合 本人と会社の人とどちらも違法行為にあたると思うのですが 実際どういった罪になりますか

  • 個人で受け取ったお金の確定申告について

    会社に内緒で取引先からコンサル料として現金1万円受け取りました。その際に個人名で領収書を書きました。これについて質問です。 1.確定申告した方がいいのでしょうか。 2.会社に内緒ですが、確定申告したら会社にバレるのでしょうか。

  • 民法486条の受取証書発行義務について

    法人同士の継続的取引にて、顧客からの現金での支払いの場合にのみ領収書を発行し、振込の場合は理由は定かではありませんが発行していません。民法486条の適用は現金の場合のみ、という説とそうでない説があるようですがどうなのでしょうか。また、他に商法などの規定はありますか。

  • 企業(株式会社)が寄付金を募り、受け取る際の注意点につきまして

    企業(株式会社)を経営し、学習塾を運営している者です。合格発表のあと合格された親御さまから寄付金を募り、次の代の子どもたちの学習環境を整えるのに利用したいと考えております。このように、企業(法人)がお客様から寄付を募って受け取る際、法的に気をつけるべきことなどは御座いますでしょうか? 例えば、あらかじめ用途を明記し...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...
  2. とくダネ!がSNSの台風動画「返答なくても使...
  3. 既存キャラを模写、アレンジして「SNSアイコ...
  4. JASRACに訴えられた理容室困惑「終わった話だ...
  5. 将棋実況YouTuberに朝日新聞「権利侵害なので...
  6. 美術館でも広がる「スマホで撮影OK」、撮った...
  7. JASRAC、音楽教室での演奏の「使用料規定」を...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。