弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

著作権

国家試験の過去問の著作権について

以下の通り、国家試験の過去問を整理してホームページへの掲載などをしたいと考えています。著作権などの点で問題はあるでしょうか。

司法書士試験などの国家試験の過去問について、分野別などに整理して、ホームページへの掲載を行いたいと考えています。
しかし、過去問が掲載されている法務省のホームページには、
「法務省ホームページ全体及び掲載されている個々の情報それぞれについては,日本国の著作権及び国際条約による著作権保護の対象となっています。
 法務省ホームページの内容の全部又は一部について,私的使用又は引用等著作権法上認められた行為を除き,法務省に無断で転載等を行うことはできません。」(http://www.moj.go.jp/term.html
などとあるだけで、このような行為が認められるのかがよく分かりません。
このような行為には、著作権などの点で問題はあるでしょうか?

なお、ホームページには、問題を順番を並べ替えるなどして転記するだけで、特に解説などはつけません。

よろしくお願いします。

 法律上は、国家試験の問題といえども、著作物として著作権の保護対象にはなります。
 しかし、実際には、過去問を問題集として使用する行為について、法律上問題になることはあまり多くありません。もっとも、明示的に、著作権使用の許諾がなされているわけではないようですので、この点は、ご留意ください。

ゆずっちさん
2014年01月01日 18時11分

みんなの回答

大熊 裕司
大熊 裕司 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ありがとう

2014年02月06日 17時58分

この投稿は、2014年01月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 入試過去問の著作権について

    高校や大学の過去問の解説映像サイトを作りたいのですが著作権に触れますでしょうか? 最近は過去問を解説している映像サービスが増えてきているので問題ないのかと考えておりますが、対象となる学校の許可など必要でしょうか?ホームページ上でまるまる過去問を掲載する場合や、映像の中で過去問を板書して移す場合などで扱いが異なれ...

  • センター試験の著作権について

    センター試験と著作権について、ネットだとセンター試験を作っている団体は独立行政法人であるため、著作権法13条の規定によりセンター試験は著作権法の規定に当てはまらず、従って問題自体(国語などの出典元が別にある場合は除く)の利用は制限を受けないという記述を見ますが、そもそも13条にあてはまるのでしょうか?

  • センター試験の現代文等の文書、著作権元の許可なく掲載することが許されるのはなぜなのか?

    センター試験の現代文等の文は、著作権元の許可なく掲載することが許されるらしいのですが、それが許される理由とはどのようなものなのでしょう? 著作権元は拒絶することもできないのでしょうか?

  • 転載に関する著作権について

    こんにちは、よろしくお願い致します。 早速ですが芸能人がおすすめしているという情報をWeb上でコピーし「○○さんおすすめの商品です」みたいな形でブログで張り付けて、amazonのアフィリエイトで稼ぐのは著作権にひっかるのでしょうか。 また、有料メルマガなどで有名人が評価をしている本なども、そのまま転載せずまとめた形で...

  • ホームページの著作権について

    ホームページ著作権について侵害だと言われております。 著作権侵害で費用の請求をされた場合、払わざるを得ないのでしょうか? 店舗のホームページを業者の方に作っていただきました。 金額はもちろんお支払いしています。特に事前に契約書等はなかったと思います。 半年後、別店舗のホームページを作る際に、そのホームページ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

知的財産・特許に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「色だけ商標」第1号にトンボ鉛筆、セブンイ...
  2. 任天堂が「マリカー」提訴、本当に「著作権侵...
  3. 公道を走る「マリカー」、ついに任天堂から訴...
  4. JASRAC浅石理事長「商売で音楽を使うなら、権...
  5. mixiで「歌詞を無断利用」した投稿、ユーザー...
  6. JASRAC、音楽教室から「著作権料」徴収へ…な...
  7. 「PPAP」を商標出願した無関係企業、トヨタと...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。