弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約書

利用規約に関して、特定の相手と補足条項を取り決める方法

webサービスを運営しており、その利用登録を申し込んでいただくにあたり、利用規約に条項を付け足して欲しいという相談を受けました。
特定の事業主とだけ、その条項を認めて締結したい場合、どのような方法がありますでしょうか?
(利用規約を改定せずに、特定の事業主とだけ特約事項を追加したい)
・念書
・覚書
上記2通りを考えておりますが、念書では不十分でしょうか?
またその他に有効かつ効率的な対処法はありますでしょうか?
よろしくお願いいたします。
利用規約の条項を付け足す方法としては念書や覚書等の名称は問題ではなく、契約条項です。
契約条項について疑義が生じないようにしっかりと詰める必要があります。
その際に、契約条項について弁護士等の専門家に相談するのも一つの方法です。
> 上記2通りを考えておりますが、念書では不十分でしょうか?
> またその他に有効かつ効率的な対処法はありますでしょうか?

文書のタイトルよりも文書の内容の方が大きく重要ですので,内容が必要十分なものであれば,タイトルについてはそこまで気にする必要はありません。
ただし,文書の性質を明らかにする観点からいえば,タイトルは利用契約書などとして,従来からの利用規約と補足条項を含んだ内容で作成すれば良いように思われます。

s.ooizumiさん
2017年01月11日 17時02分

みんなの回答

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2
ありがとう

2017年01月11日 18時31分

多田 晋作
多田 晋作 弁護士
企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年01月11日 18時43分

この投稿は、2017年01月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では9,963名の弁護士から、「企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 覚書について

    以前にも掲載させてもらって返信頂きありがとうございました。関連してですが覚書の効力をお聞きしたいです。弊社とA社は覚書を交わし毎月手数料として売り上げの6%を払ってます。ある特定の場所(B社)なんですが、そこでの事業は弊社とB社で業務委託契約を結んでおります。そこでA社との覚書を無効にしたいんですが、例えばB社...

  • 契約書と覚書の違いについて

    契約書と覚書の違いとはどのようなものなのでしょう? 違いはないという意見と、違うという意見の両方を聞き、よくわからなくなってきました。 参考 http://h-bengoshi.com/archives/198

  • 覚書について。これは無効になるのでしょうか?

    作業委託を契約することになったのですが、相手側から頂いた書面には【覚書】と書いていますが、契約書と思って良いのでしょうか? 書面には相手側【発注者】こちらには【請負者】となっています。 またこの覚書なのですが、書面・捺印したのですが1通しか作っておらず、頂いておりません。 これは無効になるのでしょうか? よ...

  • 契約書と覚書を一枚に統一することは可能か?

    今まで2枚に分かれていた「委託契約書」と「個人情報に関する覚書」。 今後「委託契約書」の中に「個人情報に関する覚書」の内容を盛り込み、一枚の契約書にすることは可能ですか? 目的は、お客様の押印・署名の手間を省き、書類やり取りの簡易化のためです。 この場合、委託契約書では自社と取引先のことを「甲乙」、個人情報の覚...

  • 契約時の「覚書」の有効性について

    投資用マンション3物件をA販売会社より購入した際、既に保有していた2物件(計5物件)含めて「60歳の定年時、A販売会社が責任を持って残ロ-ン以上で全て売却する」旨、A販売会社社長名で覚書(社印あり)を締結した。?この覚書は法的に契約書と認められ効力があるのか。また、?A販売会社が残ロ-ン以上で売却しなかった場合、どのような法的...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 「色だけ商標」第1号にトンボ鉛筆、セブンイ...
  2. 任天堂が「マリカー」提訴、本当に「著作権侵...
  3. 公道を走る「マリカー」、ついに任天堂から訴...
  4. JASRAC浅石理事長「商売で音楽を使うなら、権...
  5. mixiで「歌詞を無断利用」した投稿、ユーザー...
  6. JASRAC、音楽教室から「著作権料」徴収へ…な...
  7. 「PPAP」を商標出願した無関係企業、トヨタと...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。