弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

契約書

車買取店との契約トラブル

車買取店に車を持ち込み、その場で売却の契約を締結しました。印鑑を持ちあわせていなかったため、署名・拇印です。店員は、契約書の第1条にある「本契約は署名・捺印をしたときに成立する」を下線を引いて私に説明し、「契約書の拇印の横に実印を押して、後日持ってきてください」と言いました。
3日後、どうしても売れないこととなり、解約を申し出たところ違約金を請求されました。契約書にも違約金の条項があります。私は、捺印はしていません。
通常、署名・拇印でも契約は成立するようですが、契約書の中に「署名・捺印をしたときに成立」とうたわれている場合でも、署名・拇印で契約が成立したことになるのでしょうか?もし、契約が成立すると解釈されるなら違約金を払うのは当然だと考えています。
契約の解釈についてご教示願います。
一般的には契約は成立し、拇印であっても、捺印と同様に理解されると思います。そもそも、契約書に署名・捺印の時点で契約が成立するとうたっているのは、契約者の意思を明確にし、契約成立時期を明確にするためだと思います。そうすると、拇印であっても、捺印と同様に理解される可能性は高いです。もっとも、これは契約書全体を拝見してみなければ一義的には判断できません。
ただし、自動車の販売契約については事情は少し異なる可能性はあります。車の名義変更のためには売主の実印を押印して印鑑証明書をつけなければならないため、わざわざ契約書でそのようにうたっているのは、車両の売却の特殊性を考慮したためとも理解できなくはないからです。
争うとしては、本契約書が署名・捺印を求めた趣旨の解釈を展開していくことでしょう。
仮に契約が成立していたとしても、本件は消費者契約ですから、違約金について不相当な金額を要求されるなら、その金額を争う余地はあります。消費者契約法は、契約解除の場合の違約金の定めについて、通常事業者に発生する損害の範囲を超える場合には、超える分について無効となる旨、定めています。なにが通常発生する損害かはケース・バイ・ケースです。弁護士に面談相談して、判断してもらうとよいでしょう。
質問者です。ご回答ありがとうございます。
私の車は軽自動車であるため、名義変更のために実印は必要ありません。店員には「当社は実印による契約を原則としています。」と言われて拇印をついた契約書を持って帰りました。契約書にある「捺印」という文字と「実印による契約を原則」という店員の言葉により、実印を押さないと契約完了しないと思い込んでいました。
私の解釈を店に説明しても契約完了だからといって取り合ってもらえませんでした。
とてつもない違約金を請求されているわけではありませんが・・・。

field_92さん
2010年07月15日 00時57分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
ありがとう

2010年07月15日 08時59分

field_92 さん (質問者)

2010年07月15日 21時46分

この投稿は、2010年07月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 契約書の署名捺印について

    契約書の署名において、名前が達筆?悪筆?によって漢字の文字が目視で認識できません。印鑑証明書を頂いているので正しい漢字(名前)はわかるのですが、それとは程遠い文字になっています。 明らかに本人が目の前で書いた文字(名前)であれば、契約書の効力上問題ありますか? ちなみに捺印は印鑑証明書と同じ印を押していて、間違...

  • 契約書に署名捺印するにあたり

    売掛金を回収するため、債務者と消費貸借契約をしたのですが、その中に、弁済期日の利益を失い、債権者からの催告を要せず全額弁済しなければならない。との項目があり、「支払いの停止、差押え、仮差押えされた場合」等があり、今回支払い督促をしたのですが、支払いがなかった時の為に財産を調べたところ、契約書に署名捺印する前に仮...

  • 契約書の署名捺印について

    外資系の会社に勤めています。アメリカの子会社である日本法人の社長がアメリカ本社の会社名の元契約書やその他書類にサインをするのは法的に問題無いのでしょうか?

  • 署名捺印なしの契約書の効力について

    住宅購入時にプロパンガス会社との契約書に夫が署名捺印しました。 契約書には甲として私と夫の名前が書かれており、内容は10年以内に契約解除したら 撤去費用及び配管工事費用の請求が発生するというものでした。 妻である私はその契約内容を全く知らず、そのような契約書に署名捺印していたことも 知りませんでした。 契約書の署...

  • 契約書への拇印について

    契約書へのサインは、実印をと聞いていますが、知人からより確実なものにするために、同時に拇印ももらっておくように言われています。その場合、実印を捺印した右にでも拇印を押せばいいのでしょうか? 最後に、カテゴリーが最適でなかったかもしれませんことをお詫びします。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務・顧問弁護士に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

企業法務のニュース

  1. 世界的に注目される「デジタルアーカイブ」推...
  2. 「恋ダンス」削除手続き、レコード会社が開始...
  3. 日本人の出入国管理に「顔認証」システム本格...
  4. 「JASRACの使用料分配は不透明」ファンキー末...
  5. とくダネ!がSNSの台風動画「返答なくても使...
  6. 既存キャラを模写、アレンジして「SNSアイコ...
  7. JASRACに訴えられた理容室困惑「終わった話だ...

活躍中の弁護士ランキング

企業法務・顧問弁護士の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。