現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
橋本 健志弁護士

( はしもと たけし ) 橋本 健志

阿部・千崎・平田法律事務所

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談無料】【法テラス利用可】【弁護士直通】借金をめぐる日々の悩みから解放されるためには、弁護士による法的な見解を踏まえた対応が一番の近道です。
阿部・千崎・平田法律事務所
阿部・千崎・平田法律事務所
阿部・千崎・平田法律事務所

【大通西9丁目】大通公園の北側、1階にセブンイレブンさんが入ったビルの8階です。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【借金・債務整理はお任せください】
借金問題は、弁護士を通した対応をとることで、状況が前進することも多いものです。お悩みは一人で抱え込まずに、あなたの人生の再出発をぜひお手伝いさせてください。

◆初回相談無料
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、借金・債務整理問題についての初回相談は無料です。着手金・報酬金は、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じて柔軟に対応させていただきます。報酬を支払う金銭的余裕がない方は、法テラスの民事法律扶助制度を利用いただけますので、まずはご相談ください。

◆十分な相談時間
事実関係の把握のために、じっくりとお話をお伺いいたします。また、解決に必要な専門知識についても調査を怠らず、依頼者のサポートに努めます。

◆迅速・丁寧な対応
破産や再生などの裁判所を通した煩雑な手続につき、依頼者に対して、適切な説明の上、迅速に対応させていただきます。

<よくあるご相談>
・借りては返すという自転車操業状態でどうしたら良いかわからない。
・連帯保証した友人が倒産し、保証債務を負わされた。
・闇金からの借入れに手を付けてしまい、執拗な取り立てに悩まされている。
・消費者金融数社から借入れを続けているが、利息が高く借金が減らない状態。
・収入が途絶えてしまい、借金の返済の目途が立たない。
・過払い金の回収ができるか知りたい。
・とにかく借金で困っている

【重点取扱案件】
◆自己破産
◆任意整理
◆個人再生
◆過払い金請求

【アクセス】
西11丁目駅徒歩3分

【当事務所のホームページ】
http://www.sapporo-ashlaw.com/

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談は無料です。
弁護士費用はご相談に応じます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(4件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

借金が1000万円を超えていても、給料の差押えを受けていても、生活の立て直しは可能です

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

既に競売にかけられて手放している住宅のローンの残債などで借金が1000万円を超えていた上、既に給料の差押えを受けており、日々の生活もギリギリに追い詰められた状況でのご相談でした。

相談後

負債総額や収入の現状を考えると継続的な返済をしていくことは困難であること、破産によって手放すことになるような大きな財産が見受けられないこと、免責不許可事由が見受けられないことなどといった事情を踏まえ、自己破産という手段を採ることとしました。
相談からわずか約3か月で無事に免責決定を得ることができ、借金が0になりました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

既に給料が差し押さえられてしまっているという極めて緊急性の高い事案でしたが、弁護士からの確認事項の問い合わせや資料の準備の指示などに迅速かつ適切に対応してくださった相談者様の真摯な人柄もあり、破産申立てに向けてスムーズに協働していくことができました。その結果として、初回相談から約3か月という異例の速さでの免責決定までたどり着くことができました。

借金・債務整理の解決事例 2

配偶者に内緒のままでの債務整理を実現

  • 任意整理
依頼主 40代 女性

相談前

約160万円の借金の返済が困難な状態に苦しみながらも借金のことを配偶者には秘密にしたいというご意向をお持ちの相談者様からのご依頼でした。

相談後

破産や個人再生の手続を選択してしまうと配偶者の協力が不可欠となってしまうため、借金のことを配偶者には秘密にしたいというご相談者様のご意向を尊重して任意整理(弁護士を介した貸金業者との交渉により、返済プランをリスケジュールする手法)を選択。ご相談者様の収支状況において無理のない範囲の返済計画での合意を取り付けることができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

今回の案件では、借金の総額が比較的大きくはないこと及びご相談者様の収入が安定していたことにより任意整理の実施が可能となりました。
借金の総額と本人の収入状況にはよりますが、このご相談者様のようにご家族に内緒で債務整理を実施することができる場合もありますので、似たような境遇でお悩みの方もまずは一度ご相談いただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 3

任意整理により月々の支払額の減額を実現

  • 任意整理
依頼主 50代 男性

相談前

複数の業者からの借入れをしていた結果返済のための借入れを繰り返すいわゆる自転車操業状態になってしまい、月々約20万円を返済に充てなければならない上にどんどん膨らむ利息や遅延損害金のせいで借金の元金がほとんど減らない状態となってしまっていました。

相談後

弁護士が介入して各債権者らと交渉を行い、月々の支払総額を約5万円(約15万円の減額!)にまで減額した上、通算5年間で全ての借金を返済する返済スケジュールを立てて各債権者らと和解することができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

債務総額からすると弁護士の本音としては自己破産を推奨する案件でしたが、所有する自動車を手放したくないという相談者様の強い意向により、任意整理の方針で事件を処理することになりました。
任意整理を実施するためには月々の支払原資を最低限確保できることが大前提にはなりますが、依頼者の意向を尊重しつつも無理のない事件解決を実現することができた案件となりました。

借金・債務整理の解決事例 4

持ち家を維持したままの債務整理を実現

  • 個人再生
依頼主 50代

相談前

競馬で作った借金を発端に、複数の貸金業者からの借入れを繰り返してはその借入金を他者への返済に充てるという自転車操業状態に至ってしまっておりました。借金の総額は2000万円近くにもなっていたため任意整理(裁判所の手続を通さずに債権者との間で分割払いの交渉を実施する手法)による解決は到底困難な状況でしたが、家族で居住している持ち家があったためこれを手放すことになる自己破産は是が非でも回避したいという状況でした。

相談後

自己破産を回避した上で多額の借金を整理する方法として個人再生手続を選択。無事に再生計画が認可され、月々無理のない範囲での返済による解決を実現することができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

ご相談者様に安定収入があることが大前提とはなりますが、個人再生手続の方法によれば持ち家を維持したままに月々の返済額を大幅に減額できる可能性があります。ただし、この月々の返済額は処理を先延ばしにすれば先延ばしにするほど大きくなってしまうので、持ち家にお住いの方で借金にお困りの方は、早め早めに弁護士にご相談いただくことが肝心です。

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談無料】【分割払いあり】【弁護士直通】弁護士を通した交渉を行うことで、法的見地からのより良い解決策を模索することが可能です。ぜひ一度ご相談ください。
阿部・千崎・平田法律事務所
阿部・千崎・平田法律事務所
阿部・千崎・平田法律事務所

【大通西9丁目】大通公園の北側、1階にセブンイレブンさんが入ったビルの8階です。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【離婚・男女問題はお任せください】
男女問題は弁護士を通して交渉を行っていくことで、感情のもつれによる紛争の長期化を避けることが可能です。少しでもお悩みの場合には、弁護士に一度ご相談ください。

◆初回相談無料
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、離婚・男女問題についての初回相談は無料です。着手金・報酬金は、ご依頼者の経済状況に合わせて、分割払いや後払いなど、ご相談に応じて柔軟に対応させていただきます。報酬を支払う金銭的余裕がない方は、法テラスの民事法律扶助制度を利用いただけますので、まずはご相談ください。

◆プライバシーに配慮した環境
完全個室での面談のため、安心してご相談いただけます。必要に応じて、夜間・休日・電話での相談にも対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

◆十分な相談時間
事実関係の把握のために、じっくりとお話をお伺いいたします。また、解決に必要な専門知識についても調査を怠らず、依頼者のサポートに努めます。

<よくあるご質問>
・慰謝料・養育費を請求したい。
・配偶者の不倫が許せない。
・配偶者と離婚したい。
・離婚する配偶者と親権問題で揉めている。

【重点取扱分野】
◆慰謝料請求
◆財産分与
◆養育費請求
◆親権問題
◆離婚請求・回避

【アクセス】
西11丁目駅徒歩3分

【当事務所のホームページ】
http://www.sapporo-ashlaw.com/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談は無料です。
弁護士費用はご相談に応じます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(6件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

元配偶者が親権を持っていた子どもの親権者変更を実現

  • 親権
依頼主 30代 女性

相談前

元配偶者との離婚の際に、お子様の親権者は相手方で実際に監護するのはご依頼者様という取り決めをした上でこれに基づきお子様を監護していたところ、親権がない中でのお子様の監護に不自由を感じていたご相談者様からのご相談でした。

相談後

裁判所の手続を用いて親権をこちらに移してもらうための話し合いをしようと親権者変更調停を申し立てたところ、相手方は人身保護請求も提起するなどしてこれに徹底抗戦。最終的には約1年間にもわたる激しい紛争の末に親権者変更が実現しました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

子どもをめぐる紛争は双方が感情的になりがちな上に、裁判所にとっても「何が子どもにとって最善なのか」という一筋縄ではいかない難しい判断が問題となる紛争であるため、ご依頼者様の意向に反して紛争が長期化してしまうことがしばしばです。
ご依頼者様の従前の誠実な監護態度や紛争の長期化に屈さない粘り強さが、最終的な意向の実現につながったと考えております。

離婚・男女問題の解決事例 2

音信不通の配偶者との離婚を実現

  • 財産分与
  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求
依頼主 40代 女性

相談前

約5年間前に別居を開始して以降音信不通の状態が続いていた配偶者との離婚を求めてのご相談でした。

相談後

離婚調停を申し立てても相手方が裁判所からの呼び出しに応じなかったため調停不成立で手続が終了してしまいましたが、その後淡々と離婚訴訟を提起し、最終的には無事に離婚が成立した上で親権や年金分割についても全てご依頼者様の意向が叶う形での解決となりました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

相手方とのコンタクトが一切取れないままの離婚という若干イレギュラーな事案でしたが、ご依頼者様の誠実な人柄もあり、離婚の成立という最終的な目的を見失うことなく粛々と手続を進めることができました。

離婚・男女問題の解決事例 3

相手方からの理不尽な要求を排斥した上での離婚の成立

  • 養育費
  • 慰謝料
  • 生活費を入れない
依頼主 30代 男性

相談前

相手方から離婚調停を申し立てられたところ、離婚すること自体には争いはないものの調停において受けている金銭請求の内容に納得がいかないということでのご相談でした。

相談後

合理的な根拠のない慰謝料の請求や相手方の連れ子の養育費の請求を受けていましたが、これらをいずれも排斥した上で、少額の解決金の支払による解決を実現することができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

相手方の連れ子の慰謝料に関しては、ご依頼者様が養子縁組をしていたこともありそのままでは法律上支払わざるを得ないものでしたが、自らの実子でもない子の養育費を今後10年以上にわたって支払い続けることには納得がいかないというご依頼者様のお気持ちを酌んで粘り強く交渉を続けた結果、少額の解決金の支払と引き換えに離婚に伴う相手方の連れ子との離縁を実現することができ、養育費の請求を退けることができました。

離婚・男女問題の解決事例 4

婚姻費用の大幅な減額を実現

  • 別居
  • 生活費を入れない
依頼主 40代 男性

相談前

都合により離婚が実現しないまま長期間にわたって別居を続けている夫婦関係における婚姻費用についてのご相談でした。相談者様は別居開始時に調停で取り決めたということで月額15万円もの婚姻費用を配偶者様に支払っていたところ、当初の取り決め当時からの事情の変化を理由に変更を求めたいということで、婚姻費用の減額を求める家事審判を申し立てることとなりました。

相談後

当初の取り決めからご依頼に至るまでの間に相手方が扶養している相談者様との間のお子様が全員成人したことや双方当事者の収入に大きな変動があったことなどの各種事情変動を、審判手続の中で証拠に基づいて丁寧に主張立証したことにより、月々の支払額を10万円以上減額することができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

婚姻費用や養育費は夫婦関係や親子関係に基づいて当然発生する支払義務であり、その一切の支払を拒絶することは法的にも人道的にも断じて許されるものではありません。もっとも、支払義務者は適正額以上の支払義務に自らの生活を圧迫される状況を甘受する義務までを負うものではなく、過大な支払を強いられている状況下においてその減額を求める権利を否定されるものではありません。
家庭裁判所の手続においては一般の方が想像される以上に細かな収入資料の提出や事情の説明が求められ、時には億劫になることもありますが、今回は相談者様の真摯な対応により婚姻費用の大幅な減額を実現することができました。

離婚・男女問題の解決事例 5

不貞の事実を認めない相手方からの不貞慰謝料の回収を実現

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

配偶者に不貞(いわゆる不倫)の事実がうかがわれるにもかかわらず配偶者も不貞相手もその事実を認めずに慰謝料請求に応じないという状況でご相談をいただき、ご相談者様のお手元にあった証拠関係から不貞の事実を立証することが可能という判断の上で訴訟を提起することになりました。

相談後

訴訟においても相手方は不貞の事実を認めることなく、証拠を基に裁判官が不貞の事実の存否を判断して判決を出すという激しい紛争となりました。地方裁判所の判決においては残念ながら敗訴してしまいましたがそこにおける裁判官の判断が明らかにおかしいということで直ちに控訴。高等裁判所における逆転勝訴、最高裁判所における引き続きの勝訴を経て、無事に慰謝料の支払いを受けることができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

不貞慰謝料の請求において相手方が不貞の事実を認めていない場合には、第三者である裁判官に不貞の事実を認めてもらえるだけの証拠があるかどうかが問題となります。ご相談者様が不十分と考えているお手元の証拠でも専門家である弁護士の目から判断すると実は十分ということもよくあります(残念ながら逆のケースもよくあります…)ので、迷ったらまずは一度弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

離婚・男女問題の解決事例 6

ご依頼から1か月半でのスピード解決により、離婚成立と不貞慰謝料の回収を実現

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 20代 女性

相談前

配偶者の不倫とその後の対応によりご相談者様の精神状態が厳しい状態に陥ってしまっている中で、早期の離婚成立によって早く心労から解放されたいということでのご相談でしたので、直ちに離婚調停の申立てを実施してスピーディーな解決を図ることになりました。

相談後

ご依頼から1か月半後の第1回調停期日において離婚成立と不貞慰謝料の回収を実現することができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

ご相談者様が自らのご意向を予め明確に整理されていたため話し合いを円滑に進めることができ、ご依頼からわずか1か月半でのスピード解決となりました。
離婚事件においては双方の感情が激しくぶつかり合うために話し合いが本題から逸れた不毛な方向に進んでしまうことも少なくないので、解決までに半年や1年、場合によってはそれ以上の期間がかかってしまいがちです。そのような中でご依頼からわずか1か月半でのスピード解決を実現することができたということで、私にとっても印象的な解決事例の一つです。

労働問題

分野を変更する
【初回相談無料】【休日・夜間相談可】【弁護士直通】労働問題は日々の生活に大きく関わる重大な問題です。迅速な解決が求められますので、まずはお気軽にご相談ください。
阿部・千崎・平田法律事務所
阿部・千崎・平田法律事務所
阿部・千崎・平田法律事務所

【大通西9丁目】大通公園の北側、1階にセブンイレブンさんが入ったビルの8階です。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【労働問題はお任せください】
近年、職場をめぐるトラブルが増加しており、その内容も多岐にわたります。解雇や残業代の未払い、上司からのパワハラ・セクハラ、職場でのいじめの問題など、労働者の意欲を削ぐだけでなく、日々の生活にも大きな影響を与えます。迅速に対応いたしますので、少しでもおかしいと感じることがあれば、弁護士にご相談ください。

◆初回相談無料
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、労働問題についての初回相談は無料です。着手金・報酬金は、ご依頼者の経済状況に合わせて、分割払いや後払いなど、ご相談に応じて柔軟に対応させていただきます。報酬を支払う金銭的余裕がない方は、法テラスの民事法律扶助制度を利用いただけますので、まずはご相談ください。

◆十分な時間相談時間
事実関係の把握のために、じっくりとお話をお伺いいたします。また、解決に必要な専門知識についても調査を怠らず、依頼者のサポートに努めます。

◆完全個室でプライバシーに配慮
面談は完全個室で行いますので、安心してご相談いただけます。また、必要に応じて、夜間・休日・電話での相談にも対応いたしますので、まずはご相談ください。

<よくあるご相談>
・未払いの残業代を請求したい。
・残業が増えた途端、管理職にされて残業代が支払われなくなった。
・不当な解雇に納得がいかない。
・不当な出向や配置転換に納得がいかない。
・上司・部下の関係を悪用したセクハラ・パワハラを受けている。

【重点取扱分野】
◆残業代請求
◆不当解雇
◆配置転換
◆出向命令
◆パワハラ・セクハラ

【アクセス】
西11丁目駅徒歩3分

【当事務所のホームページ】
http://www.sapporo-ashlaw.com/

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談は無料です。
弁護士費用はご相談に応じます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(4件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

退職勧奨の違法性を主張して解決金の支払を実現

  • 不当解雇
依頼主 20代 男性

相談前

雇い主による退職の強要に耐えかねて職場を退職してしまった相談者様からのご相談です。こじれてしまった職場との関係性を考えると復職は現実的ではないという前提の下で、金銭での解決を目指すこととなりました。

相談後

労働審判の申立てを実施して雇い主による退職勧奨の違法性を主張し、「違法な退職勧奨がなければ得られたはずの利益」として給与3か月分の解決金の支払を受けることができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

不当解雇や違法な退職勧奨の場面において諸事情により復職が現実的でない場合においても、金銭請求により一矢報いることができるケースは少なくありません。本件においては金銭請求という最終目標を早い段階で相談者様と共有できたことが紛争の早期解決につながったと考えております。

労働問題の解決事例 2

未払の給与の請求を義務付ける判決を獲得

  • 給料・残業代請求
依頼主 20代 女性

相談前

就労先から契約書通りの賃金を支払われずに困っていた相談者様からのご相談です。

相談後

就労先の支払義務が明らかなケースでしたので、直ちに就労先に請求の書面を送付しました。それでも本件の就労先は態度が悪質で支払を渋り続けたことから訴訟を提起し、ご相談から約5か月で支払義務を認める判決を獲得するに至りました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

残業代や深夜給などの法定のものも含め、定められた賃金の不払は労働者の尊厳を踏みにじる行為であり、個別の相談者様のためというはもちろんのこと社会全体のためにも絶対に看過してはいけません。
本件においては相談者様が自らの労働契約書やタイムカード、給与明細等の重要書類を迅速かつ的確にご用意されていたことが、紛争の早期解決につながったものと考えております。

労働問題の解決事例 3

関係が悪化し切ってしまいまともに話ができなくなった就労先との間に入り、円滑な退職手続を実現

依頼主 60代

相談前

事情により就労先との関係が悪化してしまい、それ以上ご自身で就労先とのやり取りを継続することが精神的に困難となってしまったことで、退職を希望しているにもかかわらず退職の手続をとることができないという身動きが取れない状態に至ってしまっておりました。

相談後

弁護士が代理人として就労先とのやり取りを実施することにより、円滑な退職を実現することができました。もちろん雇用条件に沿った退職金の支給も受けることができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

後々まで尾を引いたトラブルを生じさせてしまわないように、退職においては法律の規程や契約内容に沿って粛々と手続を進めていくことが大切です。就労先が自分勝手な要求を押し付けて退職手続を妨げてきている場合においても、弁護士が法的な裏付けに沿って主張を展開することにより状況が好転することも少なくありません。

労働問題の解決事例 4

事業譲渡により曖昧になっていた退職金の支払を実現

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
依頼主 50代 男性

相談前

従事していた事業が1年前に他社に譲渡されたことにより、雇い主が変更されました。その後、事情により会社都合での退職を余儀なくされるも当初の契約(事業譲渡前の就労先との雇用契約)で定められていた退職金の支払いを拒否されてしまい、納得がいかなかったため弁護士に相談しました。

相談後

事業譲渡が絡んでいたため退職金の支払い義務を負うのがいずれの会社であるのかをきちんと精査する必要がありましたが、事業譲渡の前後それぞれの雇い主である各会社との交渉の中で入手した事業譲渡の契約書の内容から、相談者は事業譲渡に際して従前の就労先を解雇されて新しい就労先に再就職している扱いとされているものと解釈されました。
そこで、これを根拠に事業譲渡前の雇い主である会社に対して退職金の支払いを請求することにしたところ、当初は支払を拒まれましたが、請求の法的根拠を丁寧に説明することで最終的には請求額全額の支払いを受けることができました。

橋本 健志弁護士からのコメント

橋本 健志弁護士

難解な法や契約の解釈や適用の問題は、まさに弁護士の専門分野です。契約関係における権利義務の所在や内容がよく分からない場合には、ぜひ弁護士に助言を求めていただければと思います。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
阿部・千崎・平田法律事務所
所在地
〒060-0042
北海道 札幌市中央区大通西9丁目3-33 キタコーセンタービルディング8階
最寄り駅
西11丁目駅から 徒歩3分
受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
 お電話でのお問い合わせは転送先が弁護士の携帯電話となっておりますので都合により対応困難な場合もございます。折り返しをご希望の方はメールフォーム(24時間利用可能です。)からご連絡をいただければ適宜折り返しのご連絡をさせていただきます。
 お仕事などでご多忙の方も、一度ご連絡いただければその後の相談日程は柔軟に対応させていただきますので、まずは一度お気軽にご連絡ください。
対応地域

北海道・東北

  • 北海道
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5223-7406

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

橋本 健志弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5223-7406
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
 お電話でのお問い合わせは転送先が弁護士の携帯電話となっておりますので都合により対応困難な場合もございます。折り返しをご希望の方はメールフォーム(24時間利用可能です。)からご連絡をいただければ適宜折り返しのご連絡をさせていただきます。
 お仕事などでご多忙の方も、一度ご連絡いただければその後の相談日程は柔軟に対応させていただきますので、まずは一度お気軽にご連絡ください。