弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

佐々木 光嗣弁護士 ささき こうし

佐々木 光嗣弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
北海道 5

札幌パシフィック法律事務所

北海道札幌市中央区北4条東2丁目8-2マルイト北4条ビル6階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名968 件/匿名:0件

では、ポイントの利用が止められていないということですね。 勝手なことをすると依頼中の弁護士が怒って辞任されるかもしれません。 ですので、まずは依頼中の弁護士にポイントを利用してよいか確認してみて...

回答日 2019年02月08日 19:16
この回答がある質問
自己破産

> 1.親族関係といっても > 今の現状、彼は育ての母の元で > 「養子」として暮らしているので > 父親の戸籍には入っていませんが、 > こちらも親族関係にな...

回答日 2019年01月07日 11:04

気になるのであれば、その会社の登記を法務局で調べてみるとよいかもしれません。 清算等の手続を行って会社が消滅していればもう支払う必要はないと考えられます。

回答日 2018年12月07日 20:52
この回答がある質問
連帯保証人

再生計画の決議を通すために、事前の根回しは重要です。 過半数債権者に書面決議で反対を出されてしまうと、それでアウトですので。 債権者から何らかの意見があれば任せている先生が調整してくれるでしょう...

回答日 2018年12月07日 20:50
この回答がある質問
個人再生

ご自分で書かれるのであれば、言葉は素人的になってしまってもやむを得ない部分があります。理由をすべて漏れなく書かなければいけないわけではなく、裁判所に調査に時間がかかることが分かるようにすれば大丈夫で...

回答日 2018年12月01日 17:29

>つい最近、任意整理を弁護士の方にお願いした者なのですが、新たにクレジットカードを作ることは出来ますか? 既に信用情報の滞納で事故登録が行われていれば、審査が通らないでしょう。 >...

回答日 2018年11月28日 19:39

> 免責の申し立て期日が10/25に設定されている旨の通知を受け取りました。 10月25日付けで申立てを行ったという意味でしょうか。 申立て後は、裁判所が管財で進めるのか、同時廃止にす...

回答日 2018年11月19日 20:05
この回答がある質問
自己破産

管轄は簡易裁判所です。 代理人を立てないのであれば、ご自身で出廷していただく必要があります。 少額訴訟にする場合は、1回結審が原則ですので、全ての主張と証拠を1回目で出し尽くせるように準備をする...

回答日 2018年11月06日 15:38

> 1)答弁書に「訴訟費用は原告の負担とする」とあったのですが、私がもともと払っているもの以外に、被告が払うことになる訴訟費用なんてあるのでしょうか? 私が敗訴したら、負担することになるのです...

回答日 2018年11月02日 20:21

> 無料で相談にのってくれる弁護士さんでしょうか?相談を受けただけで自分で裁判を起こすことが可能なのでしょうか? 弁護士会や市役所など、無料で15分~30分程度の相談ができる窓口があろう...

回答日 2018年11月02日 20:06

> 「裁判所が認めた被害額の1割相当」と言うことは弁護士費用が4千500円しか払ってもらえないと言うことでしょうか?これでは引き受けてくれる弁護士さんがいないと思います。 残念ながら、そ...

回答日 2018年11月02日 19:15

届いた通知書に二つの期間が書いてあるのではないかと思います。 「債権届出期間」 債権者がいくらの債権を持っているのかを届け出る期間です。 「一般異議申述期間」 債務者の側から届け出られた債権...

回答日 2018年11月02日 11:25

モラルに反してはおりますが、罪にはならないと考えられます。 軽犯罪法1条13号 公共の場所において多数の人に対して著しく粗野若しくは乱暴な言動で迷惑をかけ、又は威勢を示して汽車、電車、乗合自...

回答日 2018年11月02日 10:48
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

1、警察への被害届を出すことについて 出すこと自体は可能です。 ただし、実際に警察が動いてくれるかは別問題です。 相手が始めから金をだまし取る意思であったことの確証がないと、なかなか動いてくれ...

回答日 2018年11月01日 13:24

再生債務者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権については、再生手続による権利変更の対象とはなりません(民事再生法229条3項1号)。 これは、あなたの権利が影響を受けないというだけであり、...

回答日 2018年10月31日 21:29

> この金額は、妥当ですか? > またこれ以上を希望するには訴訟しかないのでしょうか? > 訴訟したときの相場は、どれくらいなのでしょう? やや安いと見うけられます。 ...

回答日 2018年10月20日 16:29
この回答がある質問
示談交渉

誓約書の趣旨は、一定の行為をすること(しないこと)を約束したことを明らかにする書面です。 誰に対して約束をしたのかというその相手が宛名として書かれた人になります。 ですから、約束をする相手になる...

回答日 2018年10月19日 18:54
この回答がある質問
離婚・男女問題

職務上請求により取り寄せた戸籍や住民票を、証拠として提出するかどうかは担当弁護士の判断になります。 住民票はあくまで訴状送達先の住所を確認するために取り寄せて、証拠としては用いないということはよく...

回答日 2018年10月19日 18:49
この回答がある質問
離婚・男女問題

> 時効援用は適用されますか? 最終弁済期から5年を経過していれば消滅時効が完成している可能性があります。 > 過去に少しでも振込していた場合はどうなりますか? 振込を...

回答日 2018年10月13日 20:24
この回答がある質問
時効の援用

> ⑴「引き上げたい」と言ってきているのを突っぱねても大丈夫なのでしょうか? ローン会社が裁判を起こしてくる可能性はあります。 あくまで法的手続に則ってやってくるはずですので、実力行使...

回答日 2018年10月13日 15:24

リース会社も通常は信用情報を参照して審査を行っております。 ですから、審査に通らない可能性は高いと思います。 現金一括で中古車を買うのであれば、信用情報は関係ありませんので購入可能です。

回答日 2018年10月13日 15:13
この回答がある質問
自己破産

集団予防接種が原因となって感染した方が給付金の対象です。 したがって、集団予防接種を受けた世代であるかどうかが重要になります。 集団予防接種を受けたのは、昭和16年7月2日以降生まれの人であると...

回答日 2018年10月11日 13:03
この回答がある質問
通常訴訟

思わぬところで大きなご不安を抱えている状態かと思います。 弁護士事務所が非弁提携行為を行っていた場合は、将来的に所属弁護士会が業務停止等の処分を行うことも十分に考えられます。 業務停止2か月以上...

回答日 2018年10月06日 17:25

> 破産申請の前に代表取締役を変更しすれば、債務を負う必要はないでしょうか? 保証人になっているということですので、代表取締役を変更しただけでは保証の責任を免れられません。 債権者と交...

回答日 2018年10月06日 17:11
この回答がある質問
再編・倒産

警察署は教えてくれないでしょう。 勾留状態にあり、身柄拘束されている先の警察署が分かるのであれば、一般面会人として面会に行き、直接担当の弁護士を聞いてみるしかないと思います。 もし彼氏さんが携帯...

回答日 2018年09月29日 15:47
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

破産手続開始決定時における預金残高が基準になります。

回答日 2018年09月29日 15:44
この回答がある質問
債務整理

自己破産手続開始決定時の財産が、破産手続を決する上での保有財産となりますので、同時廃止ではなく管財事件になる可能性があります。 また、開始決定時に既に示談済みか示談金受領済みであれば、示談金を自由...

回答日 2018年09月20日 19:39

弁護士が不当な懲戒請求であると考えた場合には、対抗措置として損害賠償請求の訴訟を起こされることもあります。

回答日 2018年09月20日 14:57
この回答がある質問
通常訴訟

弁護士会に対する懲戒請求そのものには時効がありません。 ただし、あまりに古い事件で証拠等が集まらないと考えられる場合は、弁護士会の綱紀委員会(懲戒の審査をするかどうかを判断する機関)が審査を開...

回答日 2018年09月19日 20:35
この回答がある質問
通常訴訟

> その際に裁判所から答弁書が送られてきましたがやはり書かなきゃいけないですかね? 答弁書を提出しないと原告の言い分を認めたとみなされてそのまま判決が出てしまいます。 退去の予定日も含...

回答日 2018年09月19日 20:01
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

1 - 30 件を表示/全 968 件

札幌パシフィック法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5284-5741

※札幌パシフィック法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
  • 土曜10:00 - 18:00
定休日
日,祝
備考
事務所の平常営業時間は9:30-18:00です。
土曜日も相談可能です。
日祝は原則として休業しておりますが、休日の相談も対応します。
対応地域
経歴・資格
事業会社勤務経験