弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

佐々木 光嗣弁護士 ささき こうし

佐々木 光嗣弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
北海道 4

札幌パシフィック法律事務所

北海道札幌市中央区北4条東2丁目8-2マルイト北4条ビル6階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名390 件/匿名:0件

では、ポイントの利用が止められていないということですね。 勝手なことをすると依頼中の弁護士が怒って辞任されるかもしれません。 ですので、まずは依頼中の弁護士にポイントを利用してよいか確認してみて...

回答日 2019年02月08日 19:16
この回答がある質問
自己破産

> 1.もし、父親が亡くなった場合、借金を負うことになるのでしょうか? > 2.彼は父親を見捨てられない、苗字を継ぐ、と言っておりますがその場合自ら借金を背負うことになるのでしょうか?...

回答日 2019年01月05日 18:49

再生計画の決議を通すために、事前の根回しは重要です。 過半数債権者に書面決議で反対を出されてしまうと、それでアウトですので。 債権者から何らかの意見があれば任せている先生が調整してくれるでしょう...

回答日 2018年12月07日 20:50
この回答がある質問
個人再生

管轄は簡易裁判所です。 代理人を立てないのであれば、ご自身で出廷していただく必要があります。 少額訴訟にする場合は、1回結審が原則ですので、全ての主張と証拠を1回目で出し尽くせるように準備をする...

回答日 2018年11月06日 15:38

傍聴する人は誰であろうと問題はありません。 ただし、傍聴席で紙を配布することは、裁判長によって制限される可能性があります。 理由としては、訴訟進行の妨害になりうることです。 開廷前に法廷の外で...

回答日 2018年11月05日 10:22
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

> 1)答弁書に「訴訟費用は原告の負担とする」とあったのですが、私がもともと払っているもの以外に、被告が払うことになる訴訟費用なんてあるのでしょうか? 私が敗訴したら、負担することになるのです...

回答日 2018年11月02日 20:21

モラルに反してはおりますが、罪にはならないと考えられます。 軽犯罪法1条13号 公共の場所において多数の人に対して著しく粗野若しくは乱暴な言動で迷惑をかけ、又は威勢を示して汽車、電車、乗合自...

回答日 2018年11月02日 10:48
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

職務上請求により取り寄せた戸籍や住民票を、証拠として提出するかどうかは担当弁護士の判断になります。 住民票はあくまで訴状送達先の住所を確認するために取り寄せて、証拠としては用いないということはよく...

回答日 2018年10月19日 18:49
この回答がある質問
離婚・男女問題

リース会社も通常は信用情報を参照して審査を行っております。 ですから、審査に通らない可能性は高いと思います。 現金一括で中古車を買うのであれば、信用情報は関係ありませんので購入可能です。

回答日 2018年10月13日 15:13
この回答がある質問
自己破産

> 破産申請の前に代表取締役を変更しすれば、債務を負う必要はないでしょうか? 保証人になっているということですので、代表取締役を変更しただけでは保証の責任を免れられません。 債権者と交...

回答日 2018年10月06日 17:11
この回答がある質問
再編・倒産

違法です。 弁護士でない者が報酬を得る目的で法律事務を取り扱うことを業とすると、弁護士法違反になります。 時効援用や信用情報の抹消請求も法律事務に当たると考えられますし、1回だけ行った場合でも報...

回答日 2018年09月23日 17:33
この回答がある質問
時効の援用

弁護士会に対する懲戒請求そのものには時効がありません。 ただし、あまりに古い事件で証拠等が集まらないと考えられる場合は、弁護士会の綱紀委員会(懲戒の審査をするかどうかを判断する機関)が審査を開...

回答日 2018年09月19日 20:35
この回答がある質問
通常訴訟

> その際に裁判所から答弁書が送られてきましたがやはり書かなきゃいけないですかね? 答弁書を提出しないと原告の言い分を認めたとみなされてそのまま判決が出てしまいます。 退去の予定日も含...

回答日 2018年09月19日 20:01
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

一つご指摘するとすれば、いただいた情報だけでは代表者様の個人再生ができるかどうか判断ができないということです。 個人再生が不可であれば、取りうる手段は自己破産だけになるかもしれません。 会社代表...

回答日 2018年09月14日 20:10
この回答がある質問
個人再生

同時廃止で進められるかどうかの判断をするため、裁判所が出頭を求めているのだと思われます。 これは、債務者審尋といって、裁判官が本人に直接質問等を行う手続です。 これには出頭しないと思い通りに手続...

回答日 2018年09月13日 11:06
この回答がある質問
自己破産

警察が実際に事件として立件できるかどうかは別問題です。 お金を借りたけど返せなかったという事例において、はじめから返す意思がなかったのでなければ詐欺にはなりません。 ですから、この先ずっと警察の...

回答日 2018年09月12日 22:41
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

> 仮に,銀行の金利設定がいわゆるグレーゾーンで,しかも保証会社の金利もグレーゾーンであった場合,請求することも可能なのでしょうか。 「仮に」とおっしゃる前提を満たすのであれば、過払金が...

回答日 2018年09月08日 18:03
この回答がある質問
過払い金

> 1、素人が裁判所に手続できるレベルではないのか? 訴状の書き方や添付すべき書類について専門的な知識・経験が必要です。 > 2、訴訟にかかる費用はおおよそいくらか 土地の金額...

回答日 2018年08月20日 20:41
この回答がある質問
時効の援用

連帯する関係であれば、前者の書き方が通常です。 後者の書き方だと、被告〇と被告△が無関係の別々の債務を負っているものになってしまいます。

回答日 2018年08月20日 20:36
この回答がある質問
連帯保証人

所在不明により住民票が消除されていて、行方が分からないということであれば、まず不在者財産管理人の選任の申立てを行います。 その上で、選任された管理人を相手方として遺産分割の調停や審判を行うという方...

回答日 2018年08月08日 20:04
この回答がある質問
相続手続き

裁判所に提出した財産目録には退職金見込み額の8分の1を計上していないでしょうか? その財産目録に記載した退職金がすでに自由財産として認められているかどうかをご確認ください。 自由財産となっている...

回答日 2018年08月07日 20:30
この回答がある質問
借金

支払ができないのであれば、裁判所は十分に免責を認めてくれるでしょう。 400万円の負債があれば、再就職したとしても簡単には返済できないでしょうから、裁判所が開始決定を出す可能性は十分にあると思いま...

回答日 2018年07月30日 14:47
この回答がある質問
自己破産

携帯電話会社は番号が分かれば回答するのが通常です。

回答日 2018年07月28日 10:29
この回答がある質問
詐欺

保証協会への債務を延滞している間は、遅延損害金が膨らんでいきます。 保証協会が賛成するかどうかは個別に判断しているはずですから断言できません。 一般的には、再生手続に意見を表明しない(=賛成...

回答日 2018年07月28日 10:27
この回答がある質問
個人再生

> ①消費者金融との和解書があっても自己破産できるか、 和解後であっても自己破産は可能です。 任意整理に失敗して破産に変更する人も多数おります。 > ②自己破産できるなら、...

回答日 2018年07月27日 12:21
この回答がある質問
自己破産

不法行為成立の要件は「故意又は過失」ですので、損害賠償額は基本的に変わらないというがベースです。 損害賠償額は、「損害」という要件によって定まりますので。 ただし、損害の項目に慰謝料が含まれる場...

回答日 2018年07月26日 20:29
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

> でも、個人再生すると、裁判所からこのおろしたお金について、なにか、いわれるでしょうか 当然何に使ったかの申告を求められるでしょう。 20万円以上のお金の動きについては、裁判所の調査...

回答日 2018年07月20日 19:11
この回答がある質問
個人再生

> 1.私の口座に入れた段階で贈与扱いになってしまうのかどうか 必ずしもそうではありません。 ご質問の状況からすると、お父様の治療費のための預託金なので、贈与とは違うでしょう。 ただ...

回答日 2018年07月04日 20:58
この回答がある質問
生前贈与

2回目の破産であれば、裁判所がそれだけ厳しい目で見ますので、管財手続になる可能性が高くなります。 つまり、裁判所に収める予納金が必要になるということです。 免責不許可事由がなければ2回目も同時廃...

回答日 2018年06月25日 21:51
この回答がある質問
自己破産

官報検索というインターネットのサービスがあり、弁護士事務所はよく利用しております。 しかし、利用するには料金を払ってIDとパスワードでログインする必要があります。 インターネットで検索すれば、自...

回答日 2018年06月13日 20:49

1 - 30 件を表示/全 390 件

札幌パシフィック法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5284-5741

※札幌パシフィック法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 19:00
  • 土曜10:00 - 18:00
定休日
日,祝
備考
事務所の平常営業時間は9:30-18:00です。
土曜日も相談可能です。
日祝は原則として休業しておりますが、休日の相談も対応します。
対応地域
経歴・資格
事業会社勤務経験