現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
竹村 翔弁護士

( たけむら しょう ) 竹村 翔

竹村法律事務所

現在営業中 09:00 - 20:00

借金・債務整理

分野を変更する
◆初回相談無料◆夜間休日相談可◆依頼者様の話を真摯に伺い、無理なく生活を再建していけるようにサポートさせていただきます。
竹村法律事務所

【当日/夜間/休日のご相談にも柔軟に対応】地下鉄東西線「西11丁目駅」徒歩5分

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

数多くあるページから私のページをお選び頂きありがとうございます。私が債務整理につき大切にしている点をご説明します。

◆債務整理の相談者様の傾向
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
破産や債務整理をお考えの方には、これまでの過酷な生活もあり、ご体調や精神状態が優れない方が多いように思います。事前にご相談いただければ、とりわけつらい時期(季節の変わり目や冬季)にご無理をされる必要がないように計画立てて手続きを進めさせていただきます(ただし、至急の対応が必要な案件は除きます)。

◆破産管財人の視点からアドバイス
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
申立人代理人としての経験のみならず、個人・法人共に破産管財人として豊富な経験を有しておりますので、管財人の視点から今後の見通しをご説明することができます。

まずはご相談ください。相談者様の経済的な状況やお体の状況も含めて、よくお話しをうかがった上で、生活再建に向けた適切な解決手段をご提案させていただきます。

◆安心してご相談いただくために
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所では、下記のサポート体制を整えております。

【1】法テラスのご利用も可能です。
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)をご利用いただけます。

【2】十分にお話しをお聞きします
初回のご相談(1時間程度)の際には、じっくりとお話しをお伺いさせていただきます。状況を把握した上で、最良な解決策をご提案いたします。相談後に行うべきこと・最終的に目指す解決像をご理解いただけるようきちんとご説明いたしますので、安心してご相談ください。

【3】当日・夜間・土日祝のご相談に対応◎
当日・夜間・土日祝のお打ち合わせは、前もってご予約いただければ、対応可能です。まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※平日の日中にお打ち合わせが難しい方は、ご遠慮なくお申し付けください。

◆弁護士費用について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎初回相談は無料です。
まずはお気兼ねなくご相談ください。
債務整理については、2回目以降のご相談も無料です。
(なお、法テラスを利用される方は、2回目の相談料もかかりません。)
費用の詳細は初回相談の際に詳細にご説明いたしますので、ご安心ください。

◆このようなお悩みはご相談ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
✔︎借金が膨らんでしまい、返済ができなくなった。
✔︎破産はしたくないが、月々の返済の負担を減らしたい。
✔︎借りては返すという自転車操業状態で、返せる見込みがない。
✔︎突然、金融機関や債権回収会社から身に覚えのない請求が来た。

上記以外にも借金に関するご相談はお任せください。

ーーーーーーーーーーーーーー
◆アクセス
西11丁目駅から徒歩5分

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料。債務整理については、2度目以降の相談も無料です。
着手金 法テラスを利用する場合(破産・個人再生・任意整理)
依頼者様が法テラスに支払うお金以外にはかかりません。

法テラス利用をしない場合
破産
自営業者や零細企業:30~50万円(税別)
非自営業者の場合は20~30万円(税別)です。
個人再生
30万円(税別)です。
任意整理
債権者の数に応じて5万円(税別)~
報酬金 原則として頂きません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

飲食店(自営業者)の破産申立て

  • 自己破産
依頼主 60代 男性

相談前

依頼者様は、飲食店の経営が苦しくなり、リース代や家賃のために借入を膨らませてしまい、それでも支払が追いつかなくなって、飲食店の賃貸物件から退去させられてしまい、相談にいらっしゃいました。長期に亘って苦しい経営の中で奮闘されていたからか、いわゆる抑鬱状態になってしまっておられました。

相談後

初回の相談で破産手続きを取る方針となりましたが、なかなか、お身体が思うように動かず、破産手続きを取るための資料をご準備頂くまでに時間を要しました。その間、一貫してご質問や不安な点についてサポートさせて頂きました。
ただ、自営業者の場合には多くが破産管財事件となる(その場合、依頼者様の負担金額が20万円以上増大します)ところ、裁判所に本人の状況やそれまでの店舗の稼働状況を細かく説明し、破産管財事件にならずに免責許可を受けることができました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

この事件のポイントは3つあると思います。
まずは、早期に方針をお決め頂いたこと。これはその後の準備にとって極めて重要です。依頼者様は借金からの開放を希求されていたので、ご説明の上、破産手続きを選択して頂きました。
第2に、精神的に不安定な状態の際には、資料準備の督促を控えたこと。これまでの苦闘のご生活を考えれば、お心への負担は極めて大きいものと思います。なるべくご負担の少ないよう、手続きを進めることができました。この取り扱いの前提には、依頼者様との信頼関係があります。体調がよければきちんとご準備を進めて下さる方だったからこそ、私も依頼者様を信頼してこのような取り扱いをさせて頂いたものです。
第3に、自営業者でありながら破産管財手続に移行しなかったこと。これは依頼者様のそれまでの取引態様などに寄るところが大きく、その点を裁判所に丁寧に説明することで、破産管財手続が取られなかったのだと思います。破産管財人としての経験を生かして、裁判所が気にする点を丁寧に説明することを心がけました。
依頼者様に破産管財費用という大きな負担を課さずに済んだ事案として思い出深い事案でした。
何より嬉しかったことは、この手続きが終わる頃、依頼者様は抑鬱状態から回復され、前向きな気持ちで日々の生活を送ることができるようになったことです。法律問題の解決が依頼者様の精神状態を回復させる一つの要素となっていれば、弁護士としてこれに勝る喜びはありません。

借金・債務整理の解決事例 2

建築業者(自営業者)の破産申立て

  • 自己破産

相談前

依頼者様は,従前は数億円規模の売上げがあった自営業者でしたが、社会情勢の変化により融資金を返済できなくなり、破産をご希望になってご相談にいらっしゃいました。

相談後

本件は破産管財事件となりましたが、無事免責許可となり、借金の返済に悩むことはなくなりました。
今も自営業者として活躍していらっしゃいます。破産事件が完了した後も、時々、事業に関する法律相談をお受けすることもあり、信頼関係が長く続いている依頼者様です。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

自営業者の特性として、取扱金融機関が多く、どの口座にどの入出金がどのような理由でなされているのかわかりにくいという点があります。
私とご依頼者様は、破産管財事件となった場合に備えて、きちんと整理して説明できるよう丁寧に打ち合わせを重ねた上で申立を行い、無事免責許可となりました。

借金・債務整理の解決事例 3

消費者金融からの提訴をきっかけに破産申立てをした事案

  • 自己破産
依頼主 30代 女性

相談前

依頼者様は、奨学金を借りて大学を卒業後、会社員として勤務を始められたものの、生活費が苦しく、消費者金融などから借入を重ねました。その後、体調を崩して会社を退職し、借入金の支払が困難になったところ、消費者金融から提訴されたとして、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

持ち家や車のない方だったので、破産手続きで進めていくこととしました。消費者金融との訴訟に対応した上で、迅速に破産準備をして、速やかに破産申立を行い、免責許可を受けました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

債務整理をご依頼いただく場合には、債権者から起こされた裁判の対応もしますので、弁護士費用のご心配なくご相談頂けます。

さて、特にリーマンショック直後に社会に出た年代の方々から、本件のようなお気の毒なご相談をお受けすることがあります。私も同世代なので、不遇な時代に大変なご苦労があることはよくわかります。
借金問題などのお金が絡むことは、皆様のご懸念を弁護士が解決できることもありますので、ご不安なことがあればまずご相談頂きたいと思います。

遺産相続

分野を変更する
◆休日・夜間相談可◆司法書士や不動産業者、不動産鑑定士との連携体制◆不動産相続問題に強み◆
不動産の登記や税金などの問題も含めてトータルで解決します。
竹村法律事務所

【当日/夜間/休日のご相談にも柔軟に対応】地下鉄東西線「西11丁目駅」徒歩5分

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

◆他士業と連携しながらサポートします
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
相続を巡るトラブルが増加しています。
相続は親族間で争うことになることがあることから、時に「争族」ということもあります。
自分の家族を争族にしないために、早めの段階で弁護士に相談してみませんか。

税理士、司法書士、不動産鑑定士など他士業と連携したワンストップサービス(相続税の申告や登記手続までトータルにサポート)が可能です。
十分にお話をお伺いさせていただいた上で、最適な解決策をご提案させていただきます。

◆不動産相続に強み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
不動産相続についてのトラブルは、誰が相続するのか、代償金は払えるのか、不動産の評価額についてなど、決めなければならないことが多くございます。
トラブルが深刻になる前にまずはご連絡ください。

当事務所では、これまで「不動産相続問題」について数多くの取扱経験がございますので、安心してご相談下さい。不動産の登記や税金などの問題も含めて解決します。

◆安心してご相談いただくために
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所では、下記のサポート体制を整えております。
【1】当日・夜間・土日祝のご相談に対応◎
当日・夜間・土日祝のお打ち合わせは、前もってご予約いただければ、対応可能です。まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※平日の日中にお打ち合わせが難しい方は、ご遠慮なくお申し付けください。

【2】十分にお話しをお伺いいたします
初回のご相談の際には、じっくりとお話しをお伺いさせていただきます。状況を把握した上で、最良な解決策をご提案いたします。相談後に行うべきこと・最終的に目指す解決像をご理解いただけるようきちんとご説明いたしますので、安心してご相談ください。

【3】費用は事前に明確にいたします
ご依頼いただく場合には、弁護士費用の金額について計算根拠を含めてご説明いたします。費用の説明を受けて納得された場合には、委任契約を締結させていただきます。

◆弁護士費用について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎初回相談は無料です。
まずはお気兼ねなくご相談ください。
2回目以降のご相談については、30分ごとに5,000円(税別)となります。
費用の詳細はご依頼いただく際に詳細にご説明いたしますので、ご安心ください。

◆このようなお悩みはご相談ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
✔︎遺産に不動産があるが遺産分割協議がまとまらない。
✔︎相続により不動産を共有しているが共有関係を解消したい。
✔︎自分が認知症になった場合に備えて、所有している収益物件の将来の管理方法を相談したい。
✔︎家や土地や預金をどのように分けてよいかわからない。
✔︎住んでいる家の名義が亡くなった母親の名義になったままである。
✔︎将来のために遺言書を残しておきたい。
✔︎親が経営していた会社の株式を相続したが、会社の経営方針を巡って、他の相続人と揉めている。
✔︎自分の意見が通らない。
✔︎財産の管理を信用できる人に任せたい。
上記以外にも相続に関するご相談はお任せください。

ーーーーーーーーーーーーーー
◆アクセス
西11丁目駅から徒歩5分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料。2回目以降、30分ごとに5,000円(税別)
着手金 相続放棄
5万円(税別)

遺言書作成
調査や手間によって、以下のとおり変動します。
3万円~10万円(税別)
公正証書遺言の場合、上記に公証役場への実費が別途かかります。

争いのない遺産分割協議
遺産額に応じて10万円~30万円(税別)

争いのある遺産分割事件(交渉・調停・審判)
請求額が300万円以下の場合 8パーセント(税別)
請求額が300万円以上3000万円以下 5パーセント+9万円(税別)
請求額が3000万円以上3億円以下 3パーセント+69万円(税別)
報酬金 相続放棄
0円

遺言書作成
0円

争いのない遺産分割協議
遺産額に応じて10万円~20万円(税別)

争いのある遺産分割事件(交渉・調停・審判)
取得額が300万円以下の場合 16パーセント(税別)
取得額が300万円以上3000万円以下 10パーセント+18万円(税別)
取得額が3000万円以上3億円以下 6パーセント+138万円(税別)
実費 別途戸籍取り付けなどに要した費用がかかります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(4件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

相続人の一人に成年後見人を選任した上、遺産分割を行った例

  • 遺産分割
  • 成年後見
依頼主 70代 女性

相談前

ご依頼者様は、ご兄弟がお亡くなりになったため、その相続人となった方でした。
兄弟の一人に障害があり、意思疎通が困難であるため、遺産分割ができないと悩み、
ご相談にいらっしゃいました。

相談後

ご依頼頂き、兄弟の一人に成年後見人を選任して貰った上で、遺産を分割することになりました。分割までの間に、各相続人が被相続人のためにさまざまな立替えをしていたケースであったため、その処理も併せて行い、無事、遺産分割を完了させました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

紛争化していない相続案件につきましても、対応可能ですので、ご遠慮なくお申し付け下さい。この事案は、立替金の処理についても兄弟間で異議がなく、無事終了しましたが、紛争になるケースも多々ございます。
紛争になった場合、弁護士以外の職種の専門家では対応困難になりますので、
紛争になる可能性を頭に入れて、初めから弁護士にご相談になることをおすすめ致します。

遺産相続の解決事例 2

相続放棄のご相談にいらっしゃった例

  • 相続放棄
依頼主 60代 男性

相談前

多額の借金を抱えている弟が死亡したようで、とつぜん債権回収会社から請求書が送られてたため、どうすればよいかわからず、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

相談者様は弟の死亡を知らなかったのであれば、それを知ったときから3ヶ月以内に相続放棄の申述をすれば良い旨お話しし、放棄の申述のお手伝いまでさせて頂きました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

とつぜん多額の請求が届いて右往左往してしまう方が多いですが、相続放棄をすれば債務を負わなくて済みます。相続放棄には期限があり、また、相続放棄をするためにはやってはいけないこともございますので、なるべく速やかに弁護士にご相談になるべきだと思います。

遺産相続の解決事例 3

遺産分割調停にて寄与分が認められた例

  • 遺産分割
依頼主 40代 女性

相談前

ご依頼者は、死去した母親の飲食店を手伝い、母親の体調が悪化してからは、母親の世話を一人でしていました。
ところが、本州から兄弟が帰ってきた際、遺産は兄弟で法定相続分通り分ける、それが法律で決まっていると言われ、半信半疑で相談にいらっしゃいました。

相談後

ご依頼者に寄与分が認められる可能性があることをお伝えし、ご兄弟と話し合って貰いましたが、話し合いがまとまらず、相手方が弁護士を依頼して遺産分割調停を起こしてきたため、私がご依頼を受けて対応致しました。
詳しく当時の状況を説明し、また、病院の面会記録なども提出して、母親の世話を一手に行っていたことを明らかにしました。
結果、寄与分を認めて貰い、相続分よりも多い金額を入手することができました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

遺産分割協議では、法律の詳細をよく知らないまま、兄弟が言ったことだから間違いないだろうと考えて協議を成立させてしまい、あとで後悔される方が多くいらっしゃいます。
なにか不公平だな?と思ったら、慌てて遺産分割協議を成立させることなく、一旦時間をおいて考える時間を貰い、弁護士に相談してみて頂きたいです。

遺産相続の解決事例 4

遺言の内容をご相談にいらっしゃった例

  • 遺言
依頼主 60代 女性

相談前

依頼者様は、自分が亡くなった時に相続で争いが生じないか心配し、遺言を残しておきたいとご相談にいらっしゃいました。

相談後

依頼者様と遺言内容を詳しく打ち合わせし、適切な内容にしてまとめ上げました。
依頼者様のお気持ちも付記した、よい遺言書になったと思います。
その後、公証人役場にて、公正証書遺言として完成しました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

将来の紛争の種を残さないという強い決意をお持ちでしたので、公正証書遺言の作成をお薦めしました。

犯罪・刑事事件

分野を変更する
◆休日・夜間相談可◆刑事事件・少年事件の取扱豊富な弁護士◆スピーディー対応◆
依頼者様やご家族の不安な気持ちを和らげることができるよう、尽力いたします。
竹村法律事務所

【当日/夜間/休日のご相談にも柔軟に対応】地下鉄東西線「西11丁目駅」徒歩5分

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

◆スピードに自信あり!迅速な対応!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
刑事事件では、スピーディーな対応が重要です。
窃盗や暴行、薬物、痴漢などでご家族が逮捕されたというような連絡を受けた場合には、当事務所までご相談ください。
できる限り速やかに面会に行き、ご依頼者様やご家族の不安な気持ちを和らげることができるようにいたします。

◆強み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・刑事事件・少年事件の取扱い豊富な弁護士がサポートいたします。
・企業から告訴事件のご相談・ご依頼を多数受けております。
・ご家族の皆さまへのフォローも丁寧に行わせて頂きます。

◆安心してご相談いただくために
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所では、下記のサポート体制を整えております。
【1】当日・夜間・土日祝のご相談に対応◎
当日・夜間・土日祝のお打ち合わせは、前もってご予約いただければ、対応可能です。まずは、お電話もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
※平日の日中にお打ち合わせが難しい方は、ご遠慮なくお申し付けください。

【2】十分にお話しをお伺いいたします
初回のご相談の際には、じっくりとお話しをお伺いさせていただきます。状況を把握した上で、最良な解決策をご提案いたします。相談後に行うべきこと・最終的に目指す解決像をご理解いただけるようきちんとご説明いたしますので、安心してご相談ください。

【3】費用は事前に明確にいたします
ご依頼いただく場合には、弁護士費用の金額について計算根拠を含めてご説明いたします。費用の説明を受けて納得された場合には、委任契約を締結させていただきます。

◆弁護士費用について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎初回相談は無料です。
まずはお気兼ねなくご相談ください。
2回目以降のご相談については、30分ごとに5,000円(税別)となります。
費用の詳細はご依頼いただく際に詳細にご説明いたしますので、ご安心ください。

◆このようなお悩みはご相談ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
✔︎自首に付き添って欲しい。
✔︎執行猶予にしてほしい。
✔︎無実無罪を証明してほしい。
✔︎自首出頭したい。
✔︎刑事裁判の中で、自分の意見を言いたい。
✔︎息子が逮捕された。警察からの情報が乏しい。どうなっているのか。
✔︎警察から出頭要請が来た。思い当たる節はある。どう対処すべきか。
✔︎逮捕勾留されたが、会社はクビになるのか。
上記以外にも刑事事件に関するご相談はお任せください。

ーーーーーーーーーーーーーー
◆アクセス
西11丁目駅から徒歩5分

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料。2回目以降、30分ごとに5,000円(税別)
着手金 20万円~50万円(税別)
報酬金 20万円~50万円(税別)
なお、接見回数が多かったことや保釈請求の許可を理由に割り増しを請求することはありません。
実費 その他、刑事記録のコピー費用等は実費としてお支払い頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(8件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

未成年の息子が万引きで逮捕され、示談を成立させ保護観察となった例

  • 少年事件
  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 40代 女性

相談前

18歳の息子が万引きして逮捕され、いても立ってもいられず私にご相談にいらっしゃいました。

相談後

まずは早急に被害弁償を行うこと、できれば示談して宥恕(ゆるしてもらうこと)を得ることをご提案し、打ち合わせ終了直後、私と連れだって謝罪と弁償に行きました。
宥恕を得ることはできませんでしたが、お金は受け取って貰えたので、これを検察官に報告しました。
少年は少年審判にかけられましたが、親が早期に被害弁償を行ったことが高く評価され(少年の過ちを正す意欲を強く持っていると認定されました)、無事保護観察となりました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

少年事件では、成年の事件とは全く異なる考慮が必要となります。非行の悪質さも重要ですが、親の関与や少年の反省の程度という点も重視されます。
そのため、なるべく早く親御さんのお話を伺い、今後の関与についてご相談すると共に、少年に何度も会い、よく話を聞いて、心を開いて貰えるよう努力しています。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

強制わいせつにより逮捕された少年が保護観察となった例

  • 少年事件
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 10代 男性

相談前

通りすがりの女性にわいせつな行為をしたとして少年が逮捕され、両親がご相談にいらっしゃいました。

相談後

被害者に示談を申し入れ、幸いにもお受け入れ頂いたため、即刻示談金をお支払いしました。単身赴任中で不在だった父親が単身赴任を解除し、今後自宅にいて息子を監督すると誓い、保護観察にて事件が終了しました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

被害者が示談金を受け取ってくれたこと、そのお金をご両親が直ちに準備したこと、今後の監督体制が整ったことが、保護観察の理由となりました。
特にわいせつ事案は、被害者に誠意をもってお願いしても、断られることが多いです。お話しすら聞いてくれない被害者もいらっしゃいます。
結果、重い処分が下されることも多いですが、やれることは全てやったといえるところまできちんと対応することが、弁護士としても、親御さんとしても、また子供のために懸命な親の姿を見せるという意味でも、大切なことだと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

業務上横領につき、分割払いの示談を成立させ、執行猶予となった例

  • 横領
  • 加害者
依頼主 40代 男性

相談前

職場でお金の管理をしていた会計担当者が横領行為を行ってしまい逮捕され、奥様がご相談にいらっしゃいました。

相談後

急ぎ被害者に連絡を取り、まず手元にある金員を全てお返しすることを約束し、更に残金を分割で払う旨誓約し、示談書を取り交わしました。
結果、一部弁済が有利な情状として考慮され、また、奥さんが働いていたことから、分割払いの現実性も考慮され、執行猶予となりました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

業務上横領は多額に上ることが多く、前科がない人でも一回で実刑判決を受ける可能性がある重大な犯罪です。それだけに、早急な被害弁償と、実効性のある返済計画を示すことが極めて重要です。この事案では、奥様の行動が迅速であり、また、自らの所得から返済することを裁判所で誓約するなど、ある意味では、奥様のお力で執行猶予を獲得できた事案でした。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

児童ポルノを所持していたとして取り調べを受けたが、身柄拘束されずに罰金で終了した事案

  • 児童買春・児童ポルノ
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

突然警察が家に来て、児童ポルノを所持している疑いがあるとしてハードディスクを提出させられたとして、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

インターネット上の動画をダウンロードしたとのことでした。実家暮らしであったため、両親の協力も得て、インターネットにセキュリティをかける等、再犯防止措置を取り、その旨を検察庁に報告しました。
初犯であったため、罰金にて終了しました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

児童ポルノのような違法動画を簡単に入手できる時代になり、警察の取り締まりも綿密さを増しています。本人はもちろん、ご家族も、本人に再犯をさせない方策をきちんと採るべきです。その方策が、そのまま本人の更生可能性に繋がりますし、繰り返すと罰金では済まない処罰が待っていますので、できうる限りの方策を策定することが重要です。

犯罪・刑事事件の解決事例 5

業務上横領の被害者として告訴を行った事案

  • 被害者
  • 横領

相談前

従業員の業務上横領につき、企業の依頼者様からご相談がありました。

相談後

お金の流れに関するチェックを行った上、間違いなく横領行為が存在することを確信して、従業員に確認したところ、横領行為を認めました。
そこで、直ちに現在手持ちのお金から被害弁償をするよう求め、一部の被害を回復しました。
残部について話し合おうとしましたが、会社に来なくなり、居所も不明となってしまったため、残額について告訴するに至りました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

企業の横領被害に関しては、事実の確認ができ次第、一部なりとも被害回復を目指すべきだと考えております。時間をかけるだけ、加害者は財産を費消し、又は隠匿してしまいます。多くの企業様は、従業員への温情か、あまり返還の請求をしないようですが、多くの場合、その後居づらくなった加害者は姿を消します。企業に生じた損失を早めに回復しておかないと、その後回収できなくなる危険性がありますので、ご注意下さい。

犯罪・刑事事件の解決事例 6

振り込め詐欺の受け子が逮捕され、被害弁償の上執行猶予となった例

  • 詐欺
  • 加害者
依頼主 40代 女性

相談前

振り込め詐欺の受け子として妻が逮捕されたという夫がご相談にいらっしゃいました。

相談後

逮捕された奥様に確認したところ、どうやら小遣い稼ぎのために2・3件関与した程度であったため、関与した全額を被害者に弁済しました。その後、裁判で執行猶予付きの判決が下されました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

振り込め詐欺の受け子(振り込まれたお金を引き出し、犯行グループが管理する口座へと移し替える人のことです。)は、自らだます行為をしているわけではないので、敷居が低い犯罪で、小遣い稼ぎのために手を出してしまう方がいらっしゃる犯罪類型です。
ところが、いわゆる振り込め詐欺の手口が詐欺の主要な手口となった現在、裁判所がこの手の犯罪を重視し、重く処罰する傾向が生まれつつあり、全く弁償を行わない場合、被害金額によっては実刑判決を受ける可能性が高まっている状況です。
早期に弁護士の関与の元、弁償を行うべきです。早急にご相談下さい。

犯罪・刑事事件の解決事例 7

暴行の被害者となった従業員のため、企業からご相談を頂き、加害者から賠償金を取得した例

  • 被害者
  • 暴行・傷害
依頼主 50代 男性

相談前

従業員が業務中に、酔った男から暴行を受け、怪我をした事件で、被害者側として対応してほしいとのご依頼がありました。

相談後

相手方弁護士と協議の上、早期に一定水準の金員を支払うよう求め、賠償金を受領しました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

従業員が犯罪に巻き込まれた際、企業からご依頼を頂き対応する経験が多いのですが、特に暴行などの粗暴犯は、賠償金の元手がない人が多いです。この件は、相手方に弁護士が付いたため、借入などをしてでも賠償金を支払うよう加害者を促してくれたので、賠償金の早期取得を実現することができました。
加害者が提案した賠償金をあえて受け取らないという被害者の姿勢も誤りとはいえません。ただ、被害者がこの後病院に行ったり、仕事を休んだりした折の金銭的な補填として、加害者からの賠償を受け取ることも十分正しい姿勢だと思います。
いずれにせよ、一番大切なのは、被害者の気持ちをよく聞き、どのような対応をしたいのか、じっくり考えて貰うことだと思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 8

自動車運転過失致死罪で起訴され、執行猶予付きの判決が下された例

  • 交通犯罪
  • 加害者
依頼主 40代 男性

相談前

トラックの運転手である夫が、車道を歩行していた人を礫過して死亡させてしまったとして、奥様からご相談を頂きました。

相談後

まずは被害弁償として、保険会社と連絡を取り、賠償予定であることを確認しました。
併せて、心からの反省を込めて反省文を作成し、被害者に受領して頂きました。
結果、執行猶予付きの判決が下されました。

竹村 翔弁護士からのコメント

竹村 翔弁護士

交通犯罪では、それまでの交通違反歴などがチェックされ、交通規範を遵守する意思を持った者であるかが調査されると共に、保険会社が賠償金を支払う予定であるか否かが、量刑に大きく影響します。
(もちろん、飲酒や赤信号無視などの悪質犯罪であれば、より実刑判決を下されやすくなります。)
上記2点を中心に、有利な情状を集めて書面化することが重要です。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
竹村法律事務所
所在地
〒060-0061
北海道 札幌市中央区南1条西11丁目327-8 RICH南1条ビル6階
最寄り駅
地下鉄東西線西11丁目駅より徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
すぐに回答できることは電話のみで対応致します。
ただ、初回のお電話では、私が詳しい事情を知らない中、ご心配事項の全てについて完全な回答することはほぼ不可能です。
そのため、面談での打ち合わせが必要かどうかも併せてお話しします。(なお、面談相談も初回は無料です。)
外出や所用のため電話に出られないことがあります。その折には、改めてお掛け直し頂くか、メールでご連絡下さい。
対応地域

北海道・東北

  • 北海道
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5368-3836

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 20:00

竹村法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5368-3836

※竹村法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
すぐに回答できることは電話のみで対応致します。
ただ、初回のお電話では、私が詳しい事情を知らない中、ご心配事項の全てについて完全な回答することはほぼ不可能です。
そのため、面談での打ち合わせが必要かどうかも併せてお話しします。(なお、面談相談も初回は無料です。)
外出や所用のため電話に出られないことがあります。その折には、改めてお掛け直し頂くか、メールでご連絡下さい。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談