弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

徳満 直亮弁護士 とくみつ なおあき

徳満 直亮弁護士

札幌とくみつ法律事務所

北海道札幌市中央区南1条西11丁目327-8 山口ビル4階
現在営業中 09:00 - 18:00
電話番号 050-5827-3387
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名68 件/匿名:0件

仕事で出席できないことを事前に裁判所へ伝えておけば、1回で打ち切られることはないと思いますが、欠席が続く場合、調停での話し合いが困難ということで調停不成立になる可能性があります。 調停が不成立にな...

回答日 2018年12月06日 10:53
この回答がある質問
婚姻費用

おおよそ3週間から1ヶ月程度のことが多いように思われます。

回答日 2018年12月04日 13:36

法律的な話としては、意図的にあなたの車にぶつけて傷を付けたのであれば、器物損壊罪に該当する可能性があります。 したがって、その場で警察に通報する、ドライブレコーダーなどの映像を保存して警察に届け出...

回答日 2018年11月21日 17:24
この回答がある質問
交通事故

行方不明の場合にはお姉様の代わりに手続きを行う不在者財産管理人を選任してもらう方法が考えられますが、お話の内容では行方不明というわけではないと思いますので、遺産分割について家庭裁判所に調停を申し立て...

回答日 2018年11月21日 17:12
この回答がある質問
相続財産

お子様がいない場合も、あなたよりもご主人の方が収入が高く、相当程度の収入差があるのならば、一定額の婚姻費用を請求できる可能性は高いでしょう。

回答日 2018年11月16日 18:25
この回答がある質問
離婚・男女問題

相手とのやりとりも踏まえた上で判断すべき事項なので何とも言えませんが、一度成立した和解を無効と主張するハードルが相当程度に高いことからすると、難しいかもしれません。

回答日 2018年11月16日 17:25
この回答がある質問
不倫慰謝料

ある程度立証資料があるものと思われますが、メールや会話のやりとりというのは曖昧な内容であることも多いので、出来れば一度弁護士に面談で相談し、これらを確認してもらうことをお勧めします。

回答日 2018年11月16日 12:09
この回答がある質問
不倫慰謝料

事務所によりけりだと思いますが、例えば「相手の住所についてはひとまず都道府県までで良いですか。」などと申し出れば対応してくれるのではないかと思います。 ちなみに当事務所では、相手の連絡先や住所まで...

回答日 2018年11月16日 11:40
この回答がある質問
不倫慰謝料

まず、50万円の受領をもって完全に終了するという和解が成立していたかどうかという点の検討が必要です。 次に、和解は成立してしまっているということであれば、相手にお金がないという部分が和解成立に至る...

回答日 2018年11月16日 11:37
この回答がある質問
不倫慰謝料

本人が話した内容を代理人弁護士が書面にまとめ、その内容を確認した上で本人が署名押印する、という流れで作成されるのが通常です。 陳述書記載のこととは全く違うことを話すという事態には、いくつかの理由(...

回答日 2018年11月16日 11:13

特に厳しい刑罰を望んではいないというのが被害感情としてどの程度のものなのかやや明確でない部分もありますが、弁済も完了しているという点なども踏まえると、起訴猶予の可能性が比較的高いように思えます。 ...

回答日 2018年11月15日 18:04
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

法律上、業種によって有給が取れないということはありません。 会社側は事業の運営が妨げられる場合に限り、有給取得のタイミングの変更を求めることはできますが、有給取得を拒否することはできません。

回答日 2018年11月15日 17:29
この回答がある質問
有給休暇

相手が怪我をされているとのことですので、示談の話し合いの際にはおそらく慰謝料などの賠償金額をどうするかという問題が生じるかと思います。 お互いに賠償金額について問題なく合意ができれば良いですが、で...

回答日 2018年11月15日 15:36
この回答がある質問
示談交渉

より詳細を弁護士に面談で相談してから方針を決定すべきですが、負債額が大きいため、債権者と分割払いを任意に交渉する任意整理は難しいように思われます。 そうすると、裁判所へ自己破産または個人再生を申し...

回答日 2018年11月15日 15:28

稼働能力があることを推認することのできる事情や資料があるかどうかという点が重要と思われます。 例えば、過去にフルタイムで働き、相当程度の収入を実際に得ていたが、特段の理由もなく現在は働こうとしてい...

回答日 2018年11月15日 15:05
この回答がある質問
養育費

面会交流について調停で決まったということですが、日時や頻度、面会交流の長さなどの条件については「協議して定める」などの抽象的な定め方をされているかと思われます。 この場合、いきなり間接強制の申し立...

回答日 2018年11月15日 14:24
この回答がある質問
離婚・男女問題

公正証書による和解や、裁判手続きでの和解であれば、すぐに強制執行をされる可能性があります。 裁判外で公正証書ではない形での和解書が取り交わされているのであれば、すぐに強制執行ではなく、まずは通知が...

回答日 2018年11月15日 11:58
この回答がある質問
強制執行

提出された書類については、申し立てを依頼された弁護士が控えを持っているはずですので、確認されると良いでしょう。 大きく違っていると、少なくとも、何故そのような違いが生じたのかという点の言及は必要に...

回答日 2018年07月05日 09:55
この回答がある質問
自己破産

記憶違いなのであれば、それを素直に説明するのが良いと思います。単なる記憶違いで詐称ということは無いでしょう。 あまりにも大きな記憶違いということであれば、破産申し立てを依頼した弁護士に事前に相談す...

回答日 2018年07月04日 16:11
この回答がある質問
自己破産

慰謝料の支払い完了=離婚成立ではないので、慰謝料を支払い終わっても離婚できないことはあります。 浮気相手への請求については、まず浮気相手を特定できるかどうかの問題と思います。そもそも特定ができなけ...

回答日 2018年07月04日 16:08

失効等で団体信用生命保険などによる返済はできないという前提ですが、 ①奥様は残債の相続人であると共に、連帯債務者です。相続の点は、相続放棄の手続きにより債務の負担を免れることができますが、連帯債務...

回答日 2018年07月03日 17:45
この回答がある質問
不動産契約

①弁護士に依頼して請求するという通常の請求方法であれば、慰謝料請求と相手方の失職との間に因果関係が生じることは考えにくいので、失職の点について損害賠償請求を行うということは困難に思えます。 ②...

回答日 2018年07月03日 15:49
この回答がある質問
不倫慰謝料

詳細は不明ですが、別件のことであれば、それを理由に示談の破棄を主張することはできないと思われます。

回答日 2018年07月03日 14:55

不貞の態様その他具体的事情にもよりますので、明確には言えませんが、若干高めの印象です。 250万円の支払いが考慮されることが通常であるため、この点が考慮されれば回収できるとしてもかなり少額になるこ...

回答日 2018年07月03日 10:01
この回答がある質問
不倫慰謝料

話し合いになるかどうかはやってみないと分からないですが、弁護士に代理人となってもらい、弁護士が窓口になることを通知してもらえば、直接連絡が来ることなどは止まることが多いです。 当事者同士で示談の話...

回答日 2018年07月03日 09:52
この回答がある質問
離婚・男女問題

面会交流を求める調停や審判を前妻の方が申立ててくる可能性があります。 また、仮にですが、親権者変更の調停を申し立ててきた場合、面会交流拒否の点を根拠の一つとして主張されるかもしれません。

回答日 2018年07月02日 14:12
この回答がある質問
面会交流

裁判所へ直接持参して提出することも可能です。 念のため、持参することなどにつき、事前に裁判所へ電話連絡を入れておくと良いでしょう。

回答日 2018年07月02日 11:57
この回答がある質問
不倫

手続きとしては、不貞相手の方が利害関係人として調停に参加し、三者間で調停を成立させることにより、不貞相手の方との関係でも清算するという方法などがありますが、いずれにせよ奥様側の同意がなければなりませ...

回答日 2018年07月02日 11:53
この回答がある質問
不倫慰謝料

財産分与の際にローンが考慮されることはありますが、財産分与はプラスの財産を分けて清算する制度なので、残ったローンを折半させられるということは原則ありません。 ただ、離婚問題はまず柔軟に話し合うこと...

回答日 2018年07月02日 11:43
この回答がある質問
財産分与

別居期間中の生活費については、お互いの収入やお子様の有無などによりますが、婚姻費用という形でご主人へ請求できる可能性があります。 ただ、婚姻費用は別居期間中離婚するまでの話ですので、離婚条件や時期...

回答日 2018年07月02日 11:37
この回答がある質問
離婚届

1 - 30 件を表示/全 68 件

現在営業中 09:00 - 18:00
札幌とくみつ法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5827-3387

※札幌とくみつ法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土日祝09:00 - 18:00
定休日
なし
備考
LINE・メールでのお問い合わせは、24時間受付中です。
営業時間は平日9時から18時ですが、夜間・土日祝の法律相談予約も受け付けています。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談