弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

辰野 真也弁護士 たつの しんや

辰野 真也弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
北海道 1

slc法律事務所

北海道札幌市中央区北2条西3丁目1太陽生命札幌ビル7階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名198 件/匿名:0件

繰り返しですが,相手方が「名誉棄損だ」と言ってくること自体はあるかもしれませんが,裁判でそれが認められることはないと思います。 ただ,あえて相手方に大きなダメージを与えるような目的があるとか,...

回答日 2019年02月13日 09:49
この回答がある質問
不倫

断った上で,相手方が納得しなければ,調停を起こされるかもしれません。 その後,35万円より高い金額支払うよう裁判所から命令される可能性もあり,そうなることを見越して断るかどうかを選択することになり...

回答日 2019年02月12日 20:45

その内容だけなら,名誉棄損になりませんし,訴えられることもありません。 心配いりません。

回答日 2019年02月12日 13:37
この回答がある質問
掲示板・SNS

専任媒介契約書の全部を見なければ何とも言えません。 16条だけでは判断できません。 (ただ,16条の3項には該当しないように思います。) 無料相談をやっている事務所や,行政等で無料相談会を...

回答日 2019年02月06日 12:41

実際に会ってもいないなら,逮捕は無いでしょう。 履歴削除の要請も犯罪にはなりません。 ただ,捜査の対象になる可能性はありますし,疑われることはあり得るでしょう。

回答日 2019年02月06日 12:35
この回答がある質問
児童買春・援助交際

それは高すぎます。 そもそも幾ら払うべきかというのは,細かな事実関係で異なり,一概に決まっているものではありません。 個々の事案において賠償すべき範囲は異なってきます。フロア全体の代金も払わなく...

回答日 2019年01月31日 18:16
この回答がある質問
器物損壊

関係者全員が変更を望んでいるのですから,変更が認められる可能性は十分にあると思います。 弁護士をたてなくても十分できそうに見受けられますので,費用もそう多額にはかかりませんし,調停を起こされてよい...

回答日 2019年01月23日 11:46

理論的には可能だと思いますが,現実的にはかなりの困難が伴うと思われます。 請求してみて支払ってもらえればよいのですが,自発的に支払ってくれなければ裁判を起こすしかなく,その際には「処分しない約...

回答日 2019年01月08日 14:53
この回答がある質問
医療

理屈としては,請求してもよいように思います。そのときは,幾らかかったのか,あなたの方で証明する必要があります。 ただ,請求したからといって,相手方が払ってくれるかは別問題です。 払ってくれな...

回答日 2019年01月08日 11:33
この回答がある質問
インターネット

家庭内のことである以上,どう対処するかのアドバイスは難しいですが,とりあえず「詐欺罪で警察に言ったとしても警察は相手にはしないだろう」ということは言えます。 お父さんが警察へ行っても,とりあっ...

回答日 2019年01月08日 11:15
この回答がある質問
借金

違反にはなりません。

回答日 2018年12月26日 17:25

弁護士に相談されるとよいと思います。 「法テラス」と個別の弁護士とは,全く別の存在ですので,あなたご自身でインターネット等で弁護士を探し,個別に電話して相談の予約を取られるとよいでしょう。 法テ...

回答日 2018年12月26日 12:39

結論的には,難しいと思います。 まず,「数年」というのが気になりますが,不法行為による損害賠償請求は,原則として不法行為があったときから3年以内に訴えねばなりませんので,そこをクリアするかどう...

回答日 2018年12月26日 12:18
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

① 問題ありません。実際にそうされている薬局も多いように思いますが・・・。 ② 必要ないと思いますが,連絡しても悪いことではありません。 ③ 非営利でも私的でもありません。ただ,薬の外観そのもの...

回答日 2018年11月30日 01:38

そうだと思います。 お店の人が許してくれたら,警察沙汰にはならない可能性が高まります。 許してもらうには,意思を見せるだけではなく実際に弁償するということと,しっかり謝罪することが大切です。

回答日 2018年11月30日 01:32
この回答がある質問
パート・アルバイト

実行するかどうかは弁護士が決めるわけではなく,決めるのは販売会社ですので,何とも言えません。 支払うおつもりであれば,そのことを電話連絡し,事情を説明されるとよいのではないでしょうか。

回答日 2018年11月22日 13:11

まず,刑事事件にするのは無理でしょう。警察は相手をしてくれないと思います。 あなたに詐欺罪も成立しないと思います。 相手方から支払ってもらう方法は,現実的には,あまりないように思われます。 ...

回答日 2018年11月22日 11:24

法的には特に問題はなく,脅迫罪にもあたりません。 しかし,余計なトラブルを招く文章だと思いますし,エスカレートする内に本当に問題のある書き込みをしてしまうかもしれませんので,十分に注意して下さ...

回答日 2018年11月20日 23:26

速やかに警察へ行かれた方がよいと思います。 スマホを取り戻せるかは,何とも言えませんが,とにかく早く動いた方がよいと思いますので,お持ちの全ての情報を持参して警察へ行って下さい。

回答日 2018年11月20日 23:10
この回答がある質問
詐欺

その程度であれば犯罪だと言われることは考えられず,もし警察へ行っても全く相手にされないと思います。被害届が出ることもあり得ないと思います。 今後は通行しないようにすれば,それで十分です。

回答日 2018年11月19日 18:51
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

気にしなくていいです。 まず,理屈はさておき,現実的な話として,それで警察が動くというのは考えられません。自首しても相手にはされないと思います。 もし権利者があなたの行為を問題視したとしても...

回答日 2018年11月01日 19:06
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

弁護士を替えることのデメリットとしては,いま依頼されている弁護士への支払い関係くらいだと思います。着手金が戻ってくるのか等,契約書をご確認下さい。 このみんなの法律相談では,弁護士を紹介するこ...

回答日 2018年10月31日 11:39
この回答がある質問
雇い止め・派遣切り

少しあなたに厳しいことを言うことになってしまいますが,相手方の弁護士がしていることは,代理人としては特段問題があるようには思えず,その弁護士には何の責任もないと思います。 あくまで事件当事者は,本...

回答日 2018年10月30日 15:34

詳しい状況がよく分かりませんが,この種の書面を作成するのであれば,弁護士に依頼されることを強くお勧めします。 当事者だけで契約書を作ったり,行政書士や司法書士に依頼して作ったりしたものの,内容...

回答日 2018年10月26日 10:33
この回答がある質問
契約・借用書

結論としては,残念ながら,非常に困難だと思います。 普通に「負担してくれ」といっても支払われる可能性は極めて低く,現実的には,弁護士を入れて交渉することになるでしょう。 その際は,あなたの主...

回答日 2018年10月26日 10:24
この回答がある質問
医療過誤

一応相談はされた方がいいと思います。時間が経っているので,警察がどのように対応するかは分かりませんが,相談してみて悪いことはありませんので。

回答日 2018年10月26日 10:15

相手方がケガをしていた場合は,過失傷害事件等として捜査される可能性があります。 そのときは,逮捕されることはないと思いますが,検察庁に呼ばれた後,略式裁判という書類だけで行われる裁判にかけられ,罰...

回答日 2018年10月05日 17:20
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

お書きのご事情ですと,支払う必要はありません。 裁判を起こされることもなさそうです。 万一裁判を起こされた場合は,堂々と戦えばよいと思います。 負ける可能性は極めて低いと思いますので,あま...

回答日 2018年10月05日 00:37

交渉するしかありません。 「離婚しないなら,延々と生活費を払うことになる」というのは,交渉の際の武器になると思います(夫の方が稼ぎが多い場合ですが。)。

回答日 2018年09月28日 15:01
この回答がある質問
離婚届

新車であれば,修理額の20~30%程度が上乗せされることがあります。「評価損」「格落ち」等と呼ばれるものです。 ただ,弁護士をつけずに交渉しても払われるかどうかは微妙です。 弁護士費用の特約...

回答日 2018年09月28日 14:57
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

1 - 30 件を表示/全 198 件

slc法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5283-3552

※slc法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
  • 土曜13:00 - 17:00
定休日
日,祝
備考
事務所の営業時間は一応10:00-19:00(平日)と定めていますが,時間外でも対応いたします。ご予約ください。
対応地域
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。