お気に入りに追加
北山 祐記弁護士

( きたやま ゆうき ) 北山 祐記

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:6,082 件/匿名回答数:5件

連絡をしてはいけません。無視していれば、相手も諦めるでしょうし、それでもしつこく請求されるなら、今度は電話番号を変えてください。

回答日 2014年05月29日 19:19
この回答がある質問
ワンクリック詐欺

普通に考えると、相手は警察の人ではないでしょう(あなたは警察手帳などを見せられたわけではないでしょう)。したがって、ブロックしてしまっていいでしょう。 いずれにしても、援助交際はやめましょう。あな...

回答日 2014年05月29日 18:20
この回答がある質問
児童買春・援助交際

1000万円は大金ですから、任意に支払われない場合、早々に訴訟を起こすことをお勧めします。父親に返済義務がないことは、先に回答の両先生がいわれるとおりですが、訴訟を起こすことで、被告が真剣に対応する...

回答日 2014年05月29日 17:19
この回答がある質問
連帯保証人

相手は医療過誤の事実、又は、あなたの損害を否認しているように思えますので、請求書を送付する前に弁護士に相談の上、予想される争点等を整理しておいた方が良いと思います。その上で、民事調停又は訴訟を検討さ...

回答日 2014年05月29日 17:11

罰金は怪我の程度がわからないので、なんともいえませんが20~40万円程度でしょう。ただ、注意いただきたいのは、罰金は国家に納付するものですから、罰金を支払っても、被害者への民事賠償義務は残るというこ...

回答日 2014年05月28日 16:13
この回答がある質問
休業損害

まず、当該女性ではなく、お店(使用者)の立場で損害賠償請求をするのは、事件と休業・損害との因果関係の立証が難しい等の問題があり、難しいでしょう。 また、女性自身が請求する場合でも、事件の真偽が不明...

回答日 2014年05月28日 15:42
この回答がある質問
盗撮・のぞき

示談はぜひ成立させるべきでしょう。そうしないと、検察としても起訴猶予にするのは難しく、罰金刑は覚悟しなければなりません。逮捕・勾留は、現時点から行われることはないでしょう。休業補償などは、現実に実態...

回答日 2014年05月28日 15:36
この回答がある質問
休業損害

署名押印済みの示談書は、相手方弁護士が送ってきたものではないのですか? もし、相手方が直接送ってきたものならば、相手方には弁護士はついていない(委任していない)とも思えるのですが・・・

回答日 2014年05月28日 11:55
この回答がある質問
示談交渉

示談書に双方が証明・押印して、あなたが示談金を送金済みならば、心配は無用です。あなたは、①振込送金票を保存すること、②双方が署名・押印した示談書のうち、1通を相手方弁護士に返送すること(もう1通を保...

回答日 2014年05月28日 11:24
この回答がある質問
示談交渉

カード会社に一括支払をするか、示談(任意整理)を行い、分割払いにするか、によって解決するしかないと思います。 弁護士に相談し、返済余力等を一緒に検討してもらいましょう。 任意整理・小規模個人再生...

回答日 2014年05月28日 11:18
この回答がある質問
詐欺

そのための「清算条項」ですからね。この一文を入れることで、紛争の解決を意味するのです。

回答日 2014年05月16日 18:44
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

そのような状況なら、(不満は残るでしょうが)示談を無効にする方向に持って行かない方が良いでしょう。何を言われても解決済みと回答し、今後、かかわらないことです。

回答日 2014年05月16日 18:32
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

示談書に「相互に債権債務なし」という清算条項がついているならば、基本的に相手は追加請求できません。それでも、なお、相手が請求をする場合には、裁判を相手が起こすべきでしょう(あなたは、示談書を証拠提出...

回答日 2014年05月16日 17:46
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

示談は両当事者の合意事項ですから、そう簡単には無効になりません。 無効を主張する側が錯誤等の事情を主張立証するか、示談は有効としつつ、示談の対象以外の紛争について追加請求する場合など、いずれにして...

回答日 2014年05月16日 17:20
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

転売目的でショッピング枠を利用して、現金を作ることは、一般的に破産手続で免責不許可事由となります。親御さんも含めて返済計画を立て、弁護士に委任して任意整理を行うのが良いかと思われます。借金の総額や収...

回答日 2014年05月16日 16:54
この回答がある質問
詐欺

原状回復は、借りた段階での状態に戻すことですから、元々破損や不具合があったものを、賃借人が修理したり、買い換えたりする義務はありません。 お聞きの状況なら、断固拒否した上で、先方(オーナー)が訴訟...

回答日 2014年05月16日 16:02
この回答がある質問
不動産賃貸

「適正な金額」というのは難しい質問ですが、多くの弁護士が事案に応じて「相場感」みたいなものを持っています。面接相談に出かけ、事情をお話になり(不貞期間・回数・離婚に至るかどうか等)、弁護士から「○円...

回答日 2014年05月15日 17:42
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

制作を依頼した際に、「著作権を買い取る(譲渡)」契約になっていたか、著作権が残る契約になっていたか、により結論が異なるでしょう。10万円だから、譲渡があるとは必ずしもいえないと思いますので、契約書を...

回答日 2014年05月15日 17:31
この回答がある質問
著作権

事故が発生した場合、その原因が何か、によるでしょう。 停車中の追突事故なら、追突した車両の運転手に請求することになります。 一方で、不意のエンジン停止(車両の瑕疵)により、急減速した結果、追突さ...

回答日 2014年05月15日 17:23
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

横領の事実と証拠(あなたの供述+帳簿等の客観的証拠)がある以上、告訴や被害届をなされれば、送検されることは確実です。金額の大小は、刑罰の重さの問題で、犯罪の成否とは無関係です。 円満な解決がなされ...

回答日 2014年04月08日 15:04
この回答がある質問
横領

会社の直接的な損害は、横領金額(プラス金利程度)のみということになります。拡大損害として、別の損害を会社が請求してくることはありえますが、因果関係がない、法的理由がないならば、あなたに支払義務はない...

回答日 2014年04月08日 13:34
この回答がある質問
横領

「警察沙汰・懲戒解雇」のいずれに関しても、基本的に会社にイニシアティブがあり、絶対に回避する方法はないといえます。しかしながら、被害弁償を尽くし、会社が温情を示してくれれば、逆にいずれも回避できると...

回答日 2014年04月08日 11:25
この回答がある質問
横領

催告書であなたが反応しない場合、相手の弁護士からすると、調停を申し立てても、出席しないと予想するでしょう。 したがって、依頼者が合意していて、証拠がある場合は、訴訟提起が通常の流れだと予測します。

回答日 2014年04月07日 15:09

裁判で敗訴し、納得がいかない場合は「控訴」です。 再審は確定判決に対する不服申立ですが、本件では、検討する必要はないと思います。また、一審で証拠不十分で敗訴した場合、そして、控訴で結果を出したい場...

回答日 2014年04月07日 15:07

民事上の証拠ですから、上記メールも無論、証拠になります。 しかし、前後のメールとの流れにもよりますが、単独では不貞の証拠としては不十分ということになるでしょう。奥様(有責配偶者?)の裁判所での証言...

回答日 2014年04月07日 14:33

1、そもそも、C会社は、A会社に請求する権利があるのか?仮に、   請求する権利があるとして、期間不明と伝えているのに、サイトの   作成日から算出して請求額を決めてよいのか? ●C会社が著作...

回答日 2014年04月04日 15:32
この回答がある質問
退職

警察は捜査を終了しているはずなので、まず、調書作成のためなどで、被害者と接触する機会がないと思われます。可能性は低いですが、警察に相談はされてみても良いでしょう。

回答日 2014年03月31日 21:11
この回答がある質問
盗撮・のぞき

契約も何もないのですから、あなたが保持する権利がありません。 不当利得返還請求を受けます。

回答日 2014年03月31日 17:46
この回答がある質問
企業法務

普通に考えれば税金逃れです。振り込んだお金を経費計上し、会社の利益を減らすと同時に(法人税逃れ)、現金で受け取ることで所得税等も逃れることになります。決して、関与してはいけません。

回答日 2014年03月31日 16:35
この回答がある質問
企業法務

定型的な事故にみえますので、過失割合は8:2くらいでしょう。 それを元に話が進めば、弁護士は不要でしょう。 むしろ、相手の物損・人損の額が大きく、2割をかけても、あなたの支払能力(一括)に問題が...

回答日 2014年03月31日 16:31
この回答がある質問
過失割合

1 - 30 件を表示/全 6,082 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

北山 祐記弁護士へ問い合わせ

電話番号 011-522-7906
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
  • 土曜12:00 - 17:00
定休日
日,祝

対応地域

経歴・資格
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談