弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

河口 直規弁護士 かわぐち なおき

河口 直規弁護士

河口法律事務所

北海道札幌市中央区大通西9-1-1キタコー大通公園ビル9階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:93 件/匿名回答数:3件

工作物責任というのが民法717条に定められています。 717条1項「土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する...

回答日 2015年08月05日 19:13
この回答がある質問
交通事故

過失割合について ①信号機が青だった場合  あなた(車):相手(単車)=85:15 ②黄色だった場合  あなた(車):相手(単車)=70:30 ③右矢印だった場合 あなた(車):相手(単車)=0:1...

回答日 2015年08月05日 12:22
この回答がある質問
旅行・イベント

そうですね。そのとおりだと思います。

回答日 2015年07月17日 09:09
この回答がある質問
養育費

親権のうち監護権と、それ以外の部分(財産管理権等)を父母に分ける形が法的に可能か、と言われれば可能であるとの答えになります。ただし、そのような分属する意義は通常見出し難く、分属は一般的ではありません...

回答日 2015年07月16日 21:43
この回答がある質問
養育費

近日中にシェルターに避難するならば、そこの職員の援助も得つつ、弁護士に相談し、DV保護法に基づく接近禁止命令を裁判所に発令してもらう。裁判所は証拠(診断書、写真等)があれば命令を出します。 その上で...

回答日 2015年07月13日 17:47

医療費の時効期間は3年です(民法170条)。本来支払うべきであった時点から、3年間支払や督促などがなければ、消滅時効が完成します。 その場合、「消滅時効が完成しているので、時効を援用します。」という...

回答日 2015年07月09日 19:24
この回答がある質問
医療

民法819条3項「子の出生前に父母が離婚した場合には、親権は、母が行う。ただし、子の出生後に、父母の協議で、父を親権者と定めることができる。」 民法819条5項「第一項、第三項又は前項の協議が調わな...

回答日 2015年07月09日 19:11
この回答がある質問
養育費

補足ですが、怪我を可能な限り治すのが第一ですから、治療は医師とよく相談して満足いくまで継続するのがよいと思います。賠償云々の話は治療が終わった後の話です。

回答日 2015年07月07日 09:18
この回答がある質問
交通事故裁判

お書きの状況では、これから信頼関係を構築するのは難しいのではないでしょうか。弁護士との合う合わないは必ずあるものですから、さらに弁護士特約で費用負担もないのでしょうから、早めに依頼弁護士をかえるのが...

回答日 2015年07月06日 15:34
この回答がある質問
交通事故裁判

ますますキャンセル料がかかるということにはなりません。 というか、そもそもキャンセル料(取消違約金)というのは、契約や予約契約をした後に取り止める場合にかかるものであって、そもそも契約するか否か自由...

回答日 2015年07月03日 14:51
この回答がある質問
引越し

契約書を作成(あなたが署名、捺印するという意味です)して初めて契約成立です。それまでは契約するか否か、あなたの自由判断になりますので、契約することをやめてもそれが債務不履行とかキャンセル料がかかると...

回答日 2015年07月03日 12:28
この回答がある質問
引越し

「130万円の支払い+義理の父の財産(300万)に利子が付き500万円」の請求を受けているということですね。判決で命じられた130万円はともかく、その他の300万円というのは内容がわかりませんので(...

回答日 2015年07月02日 10:58
この回答がある質問
モラハラ

相続放棄をすると、初めから相続人ではなかったことになります(民法939条)。相続放棄によってあなたの子どもが相続人になることはありません。 被相続人にあなたの他に子がいないとすると、(被相続人の親は...

回答日 2015年07月01日 14:24
この回答がある質問
相続放棄と支払い

夫に連絡しても生活費(婚姻費用といいます)の支払がすぐになされないのであれば、早急に調停(婚姻費用分担請求)を起こした方がよいです。 というのは、婚姻費用は月単位(月○万円という形)で支払われるもの...

回答日 2015年06月26日 18:54
この回答がある質問
別居

高額所得者が払うべき養育費の額について 確かに裁判所の算定表では、上限の年収が給与所得者で2000万円までしか記載されていませんが、それは子が4人以上の場合を表にしなかったのと同じで、表の枚数が増え...

回答日 2015年06月16日 19:08
この回答がある質問
不倫

名義貸ですから、あなたの名前で金融会社等から借入をした、借入金は夫の事業資金に使ったということですね。 その場合、あなたは貸主(金融会社等)に対して、「実際は自分の用途に使っていないから自分は責任...

回答日 2015年06月03日 10:26
この回答がある質問
名義貸し

訴訟において相手の飲酒の有無が争点になっていて、その点の解明のために裁判所から検察庁に文書送付嘱託をするのであれば、飲酒の有無にかかわる点が黒塗りされるということはないと思われます。

回答日 2015年06月02日 18:52

家の売却目途がつかなければ離婚できないということはありません。公正証書に家の売却金残額を明示しなければ不都合だということはないと思います。 というのは、共有名義の家であれば、奥様も売買契約書に判を...

回答日 2015年06月01日 19:02
この回答がある質問
財産分与

弁護士が入った任意整理をすると、信用情報にその情報が載るので、以後しばらくはローンは組めなくなるのが普通です。それは安い中古車であっても変わりません。 ローンを組めるか判断するのは、そのローン会社...

回答日 2015年05月29日 11:17
この回答がある質問
任意整理

・夫が離婚を視野に入れた別居中(私は離婚の意志なし)に始まり、不仲だと夫が主張する再同居後の不倫ですが、慰謝料の請求は難しいでしょうか? 難しくありません。慰謝料請求は通る公算が大きいです。 ...

回答日 2015年05月28日 13:14
この回答がある質問
不倫慰謝料

○○市への支払いは完了し、兄の口座は再び利用できるでしょうか。 また、別の銀行で口座を作れるでしょうか。 ○○市の銀行口座の差押えは差押え時点の一時のものです。つまり、一時点の残高を差し押さ...

回答日 2015年05月27日 19:11

結婚期間中の積立金は夫婦共有財産で、財産分与の対象となります。平たく言えば、半分ずつにするというのが基本です。親権がどちらにあるかとは別問題です。財産分与のことを決めないで離婚した場合でも、離婚後に...

回答日 2015年05月27日 18:52
この回答がある質問
親権

不貞行為による慰謝料の考慮要素は、婚姻期間、不貞期間、不貞行為のため離婚に至ったか(至る見込みか)、不貞関係前の夫婦関係の状態(問題なかったのか、破綻していたのか、破綻とはいえないまでも崩れていたの...

回答日 2015年04月15日 18:59
この回答がある質問
離婚慰謝料

配達証明付内容証明郵便で送るべきです。 内容証明郵便は手紙の内容を証明するもの、配達証明は送達されたことをしょうめいするもの、両者がセットになって、一定の内容の通知を送付したことの証明となります。...

回答日 2015年04月09日 16:27
この回答がある質問
裁判離婚

公立病院でも私立病院でも診療代金の時効期間は3年です(民法170条)。 仮にあなたが払いますと書面で約束しても、その書面作成時から3年が経過していれば、時効が完成します。 また、連帯保証人が債務...

回答日 2015年04月09日 15:09
この回答がある質問
裁判離婚

通院慰謝料は通院期間、けがの程度等によります。裁判所基準の相場表でざっくりとならわかりますので、「交通事故、慰謝料」などで検索してみるとわかるかと思います。 主婦休損は、基本的に女性の平均賃金で算...

回答日 2015年04月08日 19:13
この回答がある質問
休業損害

相場とのことですが、あなたの支払可能な額と相手方との交渉次第ですから、相場というものはありません。 誠心誠意、相手方に対し、月々支払える金額はこれくらいなのです、と交渉する他はないと思います。 ...

回答日 2015年04月07日 18:50
この回答がある質問
人身事故

婚姻費用分担調停では、ローンは名義人である夫が払うことを前提として、婚姻費用額が決められます。 金融機関には夫に直接連絡してもらって、払ってもらうというのも手ですが、その場合、滞納が何カ月も続くよ...

回答日 2015年04月06日 17:10

婚姻費用というのは、医療費や子供にかかる費用もすべて含めて、金額を定めるものなので、婚姻費用とは別に医療費や子供に係る費用を払ってほしいと求めても難しいと考えます。 ただ、婚姻費用を決めたときとは...

回答日 2015年04月05日 21:03
この回答がある質問
調停離婚

結論として、全額賠償する義務はないと考えらえます。 業務中の社用車による交通事故では、従業員が負うべき賠償義務は相当な範囲に限定されます。(もちろん事案ごとの諸事情によりますが)判例上、従業員の責...

回答日 2015年04月05日 20:27
この回答がある質問
交通事故

1 - 30 件を表示/全 93 件

河口 直規弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5257-7512

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
対応地域
経歴・資格
冤罪弁護経験