お気に入りに追加
大久保 誠弁護士

( おおくぼ まこと ) 大久保 誠

大久保法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

期間の定めのない雇用契約であれば、何時でも解約の申し入れをすることができます(民法627条)。期間の定めがある場合でも、やむを得ない事由があるときは、直ちに解除をすることができますが、その事由があな...

回答日 2018年02月14日 11:03
この回答がある質問
誓約書

自賠責保険での治療費には限度があります。従って、健康保険を利用しなければ、すぐに治療費が満額になってしまい、整骨院の利用も自腹になります。それを防ぐため健康保険証 の提示は必要なのです。なお、整骨...

回答日 2018年02月06日 16:13
この回答がある質問
自賠責

問題はありません。生命保険の受取人として指定されている場合、保険金は相続財産の対象とはなりません。従って、他の兄弟に伝える必要はありません。

回答日 2018年02月06日 16:06

1,2,3では証拠として弱いですね。4,5は証拠として十分だと思います。

回答日 2018年02月06日 16:02

法テラスを利用して弁護士相談を受けてみてはいかがですか。

回答日 2018年02月06日 16:00
この回答がある質問
窃盗・万引き

怪我が打撲程度、恐喝の被害額も10万円ということであれば、断言はできませんが、30~40万円程度でしょうか。

回答日 2018年02月05日 09:45

個人再生・破産をする場合は、官報に掲載されますので、そこから第三者に負債のことがわかることがあります。任意整理の場合も、通常、弁護士の介入通知を機に債権者は事故情報を信用機関に通知しますので、仕事柄...

回答日 2018年02月05日 09:41
この回答がある質問
債務整理

1 できません。返済期限を2018年1月末日とする合意があるようですから、遅延損害金はその返済期限を経過してから発生します。 2 取れません。 3 利率の一方的な指定はできません。利率もあくまで...

回答日 2018年02月05日 09:36
この回答がある質問
利息・金利

援助交際ということですから未成年の子も相手に含まれるのですね。18歳未満の子を相手にする場合は青少年育成条例違反となり罰則があります。自宅での援助交際であっても逮捕されることはあります。

回答日 2018年01月29日 10:49
この回答がある質問
児童買春・援助交際

滞納していたのは離婚前の分ですね。離婚までは夫婦は婚姻費用を分担しなければなりませんが、妻に収入がなければ夫が全額の婚姻費用を負担しなければなりません。婚姻費用が足りなくて滞納をしたという場合には、...

回答日 2018年01月29日 10:43
この回答がある質問
離婚・男女問題

残念ながらないと思います。

回答日 2018年01月19日 17:26
この回答がある質問
相続登記・名義変更

法律の適用が誤っているためそもそも請求根拠がない場合には勝訴判決は出ないでしょう。不当・理不尽な請求か否かは反論を待たないと判断がつかない場合が多いでしょうから、答弁書を提出せず第1回期日に被告が出...

回答日 2018年01月19日 17:22

問題はありません。

回答日 2018年01月09日 10:11

お姉さんの剣幕には負けないことです。 夫が使ってきたお金については、使途をきちんと説明できるようにしておけば(お母さんために使った)「使い込み」と訴えられることはないでしょう。

回答日 2017年12月12日 09:29

有効です。写真もあり、話し合いの記録もありますから、夫の言い訳は通用しませんね。

回答日 2017年12月05日 11:05

1 6か月経過後にはあなたには支払義務はないのですから、自動引落をあなた自身止めるべきです。 2 妻が居住し続けることをあなたが認めていること、それ以前から義母が一緒に居住していることからすると、...

回答日 2017年12月05日 11:04

私の昔の依頼者に、ダンス教室を経営する人がいましたが、社交ダンスには色々とお金がかかるようです。「そんなもんだ」という中味を先生に質問をして下さい。納得いく回答がないようであれば、詐欺の可能性もあり...

回答日 2017年12月05日 10:58

1 お書きになっていることからすると、支払義務はないでしょう。 2 査定自体は別の業者がしても問題ありません。

回答日 2017年11月30日 16:26
この回答がある質問
不動産・建築

名誉毀損にはなり、慰謝料請求は可能です。しかし、名誉毀損で慰謝料が認められたとしても、その額は極めて低額にとどまることが多いです。

回答日 2017年11月30日 16:25
この回答がある質問
インターネット

警察官がきて実況見分をしたということであれば、後に調書が作成されるはずです。捜査終了後にはなりますが、実況見分調書を閲覧謄写することができます。自己の過失割合でどうしても折り合いがつかない場合は、実...

回答日 2017年11月24日 09:20
この回答がある質問
過失割合

お書きになられていることをもっても事実関係がよく分かりません。弁護士に依頼しているのでしょうか。依頼しているのであればその弁護士にお聞きになるのが一番です。依頼していないのであれば、裁判記録をもって...

回答日 2017年11月21日 14:56
この回答がある質問
労働

祖父母が支払ったお墓の建立代金、戒名費用は法律上はあなたの母あるいは子どもたちに対する贈与、しかも履行済みの贈与と考えられます。従ってその返還請求はできません。

回答日 2017年11月21日 14:52
この回答がある質問
遺留分侵害額請求

当事者本人でなければ審判書の閲覧等はできません。

回答日 2017年11月21日 14:48

あくまで別居時に存在した夫婦の共有財産が対象となります。①②は対象とならず、⑤だけが対象となります。

回答日 2017年11月21日 14:42
この回答がある質問
財産分与

公訴時効が経過していれば、少年審判までいくことはありません。

回答日 2017年11月14日 13:07
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

未成年者であろうと成人であろうと、公訴時効が経過しているのであれば逮捕されることはありません。

回答日 2017年11月14日 09:56
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

代理人の弁護士とありますが、相手側の奥さんの代理人ですか、それともあなたの代理人ですか?どちらにせよ、通常は示談書が作成された後に支払うものです。 弁護士があなたの代理人であるなら、あなたから金銭を...

回答日 2017年11月14日 09:53
この回答がある質問
不倫慰謝料

ないでしょう。職場内で同僚が不倫関係になったとしても、それだけで解雇の理由とはなりません。まして、採用に当たって不倫をしているか否かは関係ありません。

回答日 2017年11月13日 16:59

当事者であるお母様は必ず出席しなければなりません。 相手方が養子縁組の解消の理由とする事実に対して、事実が異なることをしっかりと記載することです。

回答日 2017年11月13日 16:56

1 マンションの購入代金を夫が結婚前に貯蓄した金銭や夫の親族が賄っていたのであれば、それは夫の特有財産でしょう。月々の管理費を半分支払っていたとしても特有財産にあたりうるとしても、その分与の割合は極...

回答日 2017年11月13日 10:17

91 - 120 件を表示/全 1,863 件

大久保 誠弁護士へ面談予約

電話番号 050-5827-3295
Webで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
営業時間:9:00-17:30