お気に入りに追加
大久保 誠弁護士

( おおくぼ まこと ) 大久保 誠

大久保法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

社会の耳目を集める事件で多数の傍聴人が予想される事件では、傍聴券を獲得しないと傍聴は出来ませんが、それ以外の事件は簡単に傍聴ができますよ。

回答日 2013年11月26日 13:18
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

起訴された窃盗罪の被害額が200万円以上ということであれば、かなり高額なものですから、前科がなかったとしても実刑という可能性は十分あります。少額でもいいですから被害弁償をしていれば執行猶予の可能性は...

回答日 2013年11月26日 13:16

メールのやりとりというのがどのような内容なのか不明ですが、お互いに売買をしたことを前提にした記載であれば、売買契約自体は認められるでしょう。しかし、詐欺罪が成立するためには、売買契約を締結した時点で...

回答日 2013年11月26日 11:59
この回答がある質問
詐欺

判決が出たということでしょうか。判決が確定していれば、消滅時効期間は10年です。その期間が過ぎていなければ時効は完成していません。また、被告が支払うと述べた旨のメールや手紙があるのであれば、その時点...

回答日 2013年11月26日 11:54
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

弁護士会への人権救済申し立ては、公的機関による人権侵害があった場合を対象としており、私人と私人との関係を対象にしていません。従って、弁護士会としても受理はしないと思います。 警察に関しては、Aさん...

回答日 2013年11月21日 11:12
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

閲覧をできるのは検察庁です。被告人名だけで足りるかは検察庁に確認して下さい。謄写はできません。

回答日 2013年11月21日 10:59
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

元夫のご両親には手紙を出していますか。ご両親にとってもお孫さんに関わることですから、ご両親を通じて養育費を支払うようお願いしてもらうとか、あるいはご両親から元夫の新たな勤務先を教えていただくようして...

回答日 2013年11月21日 10:44
この回答がある質問
養育費

いわゆる「児童ポルノ法」は地方公共団体が制定する条例ではなく、国会で成立した法律で、全国一律に適用されます。 さて、児童ポルノ法で児童ポルノを所持したことが犯罪となるのは、児童ポルノを「他の者に提...

回答日 2013年11月21日 10:38
この回答がある質問
児童ポルノ・わいせつ物頒布等

町内会の掲示板というのは誰が監理しているのですか。地方公共団体ですか。そうでなければおよそ政教分離という問題は生じません。仮に地方公共団体だとしても、催し物の案内を貼るだけですと、その宗教だけを特に...

回答日 2013年11月19日 16:03
この回答がある質問
インターネット

それだけの証拠があれば、警察は動いてくれると思います。後は民事上、物の返還請求訴訟ですが、それには時間がかかりますので、今現在としては、警察に被害届を出すのが一番早いと思われます。

回答日 2013年11月19日 15:55
この回答がある質問
マンション

あなたは不当利得の返還義務を負っています。この返還義務の消滅時効期間は10年です。3年前であれば、まだ時効消滅していません。但し、不当利得の返還義務は、その利得が現存する場合にのみ生じます。すでに過...

回答日 2013年11月19日 15:45
この回答がある質問
過払い金

40キロオーバーということで検挙されたのであれば、罰金刑は免れないでしょう。猶予の期間内に更に罪を犯し、罰金に処せられると、刑の執行優の言い渡しを取り消すことができます(刑法26条の2第1号)。執行...

回答日 2013年11月19日 15:38
この回答がある質問
スピード違反

結論としてはあなたの述べるとおりです。身元引受人としては家族(親・兄弟姉妹)とするのが通常です。内縁関係にある場合は夫婦と同様に扱われるでしょう。婚約者の場合はどうか、私はそのようなケースを扱ったこ...

回答日 2013年11月19日 15:30
この回答がある質問
釈放・保釈

俗に「親子の縁を切る」「兄弟姉妹の縁を切る」ということが言われますが、親子や兄弟姉妹という関係は血縁関係により生じるものであり、これを法的になきものとする制度はありません。その意味で絶縁契約というも...

回答日 2013年11月19日 15:23

私人が逮捕できる場合は現行犯逮捕の場合しかありません(刑事訴訟法213条)。現行犯とは、「現に罪を行い、又は現に罪を行い終わった者」です(同法212条1項)。また、次の各号の一つにあたる者が罪を行い...

回答日 2013年11月19日 15:11
この回答がある質問
近隣トラブル

不具合が生じたとありますが、知人が事故を起こして修理を要することになったのであれば、修理代を請求できます。しかし、事故を起こしたのでなければ、いずれあなたが運転をしていたとしても生じたであろう不具合...

回答日 2013年11月19日 09:34

リフォーム代は、当時の夫婦間の婚姻費用として支払われたものと解されます。婚姻費用については、双方がそれぞれの資力に応じて支出するものであり、支出当時の双方の資力から鑑みて、その支出が一方のみがするし...

回答日 2013年10月16日 18:59

回答をしていない質問がありましたのでそれについて記載します。 養育費の要求が通らない時は、調停や裁判になりますが、離婚自体を拒否することも可能でしょうか? →→可能です。しかし、訴訟になれば離婚...

回答日 2013年10月10日 10:29
この回答がある質問
養育費

養育費は、定期金支給の方法によるべきであり、一括支給の方法は原則的には認容されるべきではないと解されています。未成熟子の各成長段階に応じた監護養育費の支払という性質から当然であり、また、これを無条件...

回答日 2013年10月10日 10:25
この回答がある質問
養育費

審査会は原処分をした組織とは別の独立した機関であり、あなたが「この決定を下した官職の者には懲戒処分の請求を検討しております。」と記載したところで何らその審議・判断に影響を受けるものではありません。ま...

回答日 2013年10月10日 10:11

「有償で頒布する目的」で猥褻物を所持した場合のみ、刑法上の猥褻物所持罪(175条2項)に該当するのであり、あなたが個人的な楽しみだけで所持するのは犯罪にはなりません。但し、児童ポルノ法では、児童ポル...

回答日 2013年10月09日 13:42
この回答がある質問
DV

ローン会社との関係では、ローンの支払義務はあなたにあります。夫が毎月支払っていくというのはあなたと元夫の間の話しであり、ローン会社波それに拘束されません。従って、あなたが支払をしなければローン会社が...

回答日 2013年10月09日 13:30

書類としては本人が真正に作成したものとして提出することはできます。但し、「有効」という意味が、作成したことが何らかの法律関係に効力を及ぼす効力を有するのかという意味であれば、それは記載されている内容...

回答日 2013年10月09日 13:22
この回答がある質問
調停

記載されている債権は短期消滅時効にかかるものではないので、一般債権として消滅時効期間は10年です。時効消滅はしていません。

回答日 2013年10月09日 13:17
この回答がある質問
給料

強制執行は自分でできます。 強制執行したら絶対もらえるという保証はありません。そもそも、相手方に財産がないときには強制執行の申立をしても費用倒れに終わります。また、仮に給料を差押えしても、差押命令...

回答日 2013年10月08日 13:13

白状したとありますが、録音したり、彼が自ら薬を持ったことを書面で認めたりしているのですか。そうでなければ、今になって彼が否定すれば証拠として不十分であり、慰謝料請求も困難でしょうし、告訴したとしても...

回答日 2013年10月08日 13:09
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

財産分与の対象は、それが清算的財産分与に関してであれば別居時点の財産が対象となります。財産分与に扶養的な側面が入ってくるのであれば、今後の生活能力や判断寺現在における当事者双方の資力等が勘案されるの...

回答日 2013年10月07日 18:04

慰謝料の額は財産分与の放棄に関係なく判断して下さい。 月額7万円が相当か否かですが、仮に仮面の夫婦生活が別居状態だと仮定して婚姻費用としていくら請求できるか、夫の収入とあなたの収入から金額を算出し...

回答日 2013年10月03日 11:36
この回答がある質問
相続放棄と相続人の範囲

お子さんは高校1年生。自閉症とはいえ、自分で物事を考えることができる年齢です。お子さんの意思であなたへの返答をしていないのかも知れません。特に虐待が疑われない限りは、暫く様子を見てはいかがですか。

回答日 2013年10月03日 11:24
この回答がある質問
親権

債権者に弁護士が受任通知を出すことが100%だということではありません。多くの弁護士はできるだけ受任通知を提出するようにしますが、債権者の数が極めて多数にわたるのに通信費用も満足にないような依頼者の...

回答日 2013年10月03日 11:09

871 - 900 件を表示/全 1,863 件

大久保 誠弁護士へ面談予約

電話番号 050-5827-3295
Webで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
営業時間:9:00-17:30