お気に入りに追加
大久保 誠弁護士

( おおくぼ まこと ) 大久保 誠

大久保法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

債務者は入札日に裁判所へ行く必要はありません。入札者があり、裁判所が買い受け人を決定すれば、裁判所から債務者へ連絡がきます。

回答日 2017年05月01日 11:34

他にも債務が嵩んで住宅ローンの支払が苦しくなってきたということでしょうか。一時的に支払を止めるものではありませんが、住宅ローンを現状あるいは減額をして支払を続け、他の債務を圧縮する方法として個人再生...

回答日 2017年05月01日 11:32
この回答がある質問
任意売却

ラインで学生証明書が確認できたのであればそれでよいでしょう。

回答日 2017年05月01日 11:23
この回答がある質問
離婚・男女問題

夫から相談をされた弁護士のアドバイスですね。 不貞行為の証拠は押さえられているようですね。私なら、離婚をするためには、①未成年の子がいるのであれば親権者を誰にするか、養育費を幾らとするか、財産分与、...

回答日 2017年04月27日 14:22

これから連休もありますので、判決書を起案して言いわたしをするまで2カ月程度かかっても不思議ではありません。 記録を見ているわけではないので控訴棄却となると断言できませんが、控訴審で新たな証拠の提出も...

回答日 2017年04月27日 14:13
この回答がある質問
裁判離婚

実際に生活費に困っているのであれば、婚姻費用の分担請求の調停を提起すべきです。 不倫相手への慰謝料請求ですが、不貞行為の証拠はあるのでしょうか。不貞行為の相手方女性に対する慰謝料請求は、あなたが夫と...

回答日 2017年04月27日 14:11
この回答がある質問
離婚・男女問題

現実に来客数が減少して売上が減少しているのであれば、損害賠償請求を求めることが可能です。ビルオーナーに対して、文書で、異臭の原因調査及び改善、売上減少の場合の損害顎を明示して損害賠償する旨通知をされ...

回答日 2017年04月27日 14:04
この回答がある質問
不動産・建築

噂好きであることは、かなりの程度であなたの方で明らかにする必要があります。 弁護士が告訴状を作成したとしても、問題はその内容・証拠であり、弁護士であるから動いてくれるとは限りません。 告訴状の作成は...

回答日 2017年04月11日 09:20
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

インターフォンを押すだけでは何ら犯罪は成立しません。

回答日 2017年04月10日 09:32

弁護士であれば、領収書を発行しなくとも、再度請求をするということはしないと思いますが。

回答日 2017年04月10日 09:29

噂好きで話しが広まる可能性が十分にあるのであれば、「公然」ということも可能です。 その場で警察が受理・不受理を決定するかは何とも言えません。多いのは「預からせていただきます」という対応でしょうか。 ...

回答日 2017年04月10日 09:27
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

林弁護士の回答のとおりです。なお、遺留分の放棄は、相続開始前でも家庭裁判所の許可を受ければ可能ですが(民法1043条)、そもそもお父さんは認知症で遺言を作成する能力もないということですから、裁判所が...

回答日 2017年04月05日 09:51

あなたの夫が経営する会社の銀行借入の担保としてあなたのご両親所有の不動産に抵当権を設定したということですか?そうであれば、あなたが特別受益を受けたわけではないので、遺言書がない場合、相続人の法定相続...

回答日 2017年04月05日 09:37
この回答がある質問
相続財産

婚姻は婚姻をしようとする両当事者の意思があれば十分で、法律上、当事者が未成年者でない限り親の同意は不要です。従って、義父の言うことに従う必要はありません。もし、義父が「お前の会社にあることないこと言...

回答日 2017年04月05日 09:28

警察が「兄弟喧嘩なのだから家庭内で穏便に片付けて」と言って拘束を解かれていますので、逮捕されることはないでしょう。

回答日 2017年03月31日 16:35

父が不倫相手の女性のために物を買ってあげることは贈与行為ですから、女性からすれば代金を返さなければならないということはありません。お母さんができるのはあくまで慰謝料請求だけです。

回答日 2017年03月31日 16:31

相手方がどの程度の傷害を負ったのか分かりませんが、平手で叩いたくらいで怪我を負うというのはあまり考えがたいと思います。仮に被害届が出たとしても、警察が捜査に乗り出すかは疑問です。警察から事情を聞きた...

回答日 2017年03月31日 16:24

いわゆる盗撮行為が犯罪となるのは、軽犯罪法や迷惑防止条例に違反する場合です。これらの犯罪は故意犯を罰するもので、未遂罪もありません。あなたの場合は故意がありませんから犯罪は成立しません。従って、あな...

回答日 2017年03月31日 16:19

これまで連絡は電話や普通の手紙でしているだけですか。そうであれば、内容証明郵便で返還を求めてはいかがですか。内容証明郵便自体で強制力があるわけではありませんが、一般的にはこの形式での文書が届くと、そ...

回答日 2017年01月24日 09:46
この回答がある質問
消費者被害

その程度であれば問題ないでしょう。

回答日 2017年01月20日 09:28
この回答がある質問
職場いじめ

ギャンブルと換金行為による負債が負債全体の何割を占めるか、そのような行為をしていた期間はどのくらいかにより免責の決定は左右されるでしょう。10年以上前には、このようなケースでも、半年から1年間くらい...

回答日 2017年01月20日 09:26
この回答がある質問
自己破産

離婚調停よりも、あなたの方から夫婦関係調整の調停を申し立てをした方がよいでしょう。夫が「第三者を付けた話し合い」を要求しているようですから、このような調停申立がふさわしいと思います。

回答日 2017年01月19日 10:40

作業をされていたのは日中ですか、それとも陽が暮れてからですか。また、駐車場への出入りのコースをふさぐ形で停車していたのでしょうか。日中であって、コースをふさぐこともなかったのであればあなたに過失はあ...

回答日 2017年01月19日 09:22
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

書かれている内容からすると夫婦関係を継続するには困難をきたす事情だと思います。お母さんはいざとなれば陳述書の作成など、あなたの裁判に協力はしてくれますか。協力してくれるのであれば、まずはあなたが夫に...

回答日 2017年01月17日 09:26

これは弁護士の方に問題がありますね。再度送金をするよう電話で催促して問題ありません。示談成立の際に示談書を取り交わしていると思いますが、その写しは送付されていますか。私の場合は、その送付の際に成功報...

回答日 2017年01月12日 09:34
この回答がある質問
不倫慰謝料

裁判になったとしたら、にせの借用書を作成するに至った経緯に関する夫の陳述書、弁護士の録音の反訳書を証拠として提出すればよいでしょう。

回答日 2016年11月04日 10:42
この回答がある質問
離婚・男女問題

期日間で弁護士同士で和解案がまとまるのであれば、次回期日はその案に従って和解が成立すると思われます。

回答日 2016年11月02日 09:39
この回答がある質問
裁判離婚

詐欺等で被害届を出せば、警察から事情を聴取したいとの連絡があるかと思います。その際は、あなたのしたことを正直に話し、支払をする意思があることを伝えると、警察を介して元彼との連絡も取れて支払をすること...

回答日 2016年11月02日 09:36

婚前契約書というのは法定財産性と異なる夫婦財産契約のことを言うのでしょうか。それであれば、婚姻の届出までにその登記をしていなければ、夫婦の承継人及び第三者に対抗することはできません(民法756条)。

回答日 2016年11月01日 17:31

夫が、真実借りていないことの証明ができれば、貸金の返還請求を拒めるでしょう。二世の借用書を作成に至った経緯、知人の弁護士が話したという録音からみて、その証明は十分可能でしょう。

回答日 2016年11月01日 17:26
この回答がある質問
離婚・男女問題

121 - 150 件を表示/全 1,180 件

大久保 誠弁護士へ面談予約

電話番号 050-5827-3295
Webで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
営業時間:9:00-17:30