弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

行政訴訟

行政不服審査法の「正当な理由」に関連して

 地元自治体の処分について疑問があったので、知事に行政不服審査を申し立てたところ、「棄却」の裁決が出ました。その採決にも納得がいかなかったので上級庁へ再審査請求を行ったところ、先日当該上級庁より「補正命令書」が届きました。再審査申請の提出期限「1月」の私の解釈に誤りがあり、私が再審査請求書を投函した前日が正しい提出期限だったようです。
 この場合再審査請求を受理してもらうのには、「正当な理由」が必要かと思いますが、解釈の錯誤は「正当な理由」にならないのは承知していますし、その間天災の被害にあったり、外国へ出張に行っていたということもありません。この場合、自ら請求を取り下げるか、却下を待つしか方法はないのでしょうか?(行政訴訟は、提起可能期間内ですがかなり厳しいと思うので、現時点では考えておりません)

期間徒過なら、やむを得ないですね。

cipher_mk2さん
2017年12月31日 22時30分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2 税務訴訟・行政事件に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう

2017年12月31日 23時27分

この投稿は、2017年12月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では11,107名の弁護士から、「税務訴訟・行政事件に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 行政不服審査法と行政事件訴訟法の関係について

    行政不服審査法の裁決に不満があっても、行政の行為が「不当」の場合には、その先の行政事件訴訟法では「違法」でない限り訴えることは出来ないと思われます。 しかし、役所の納税通知の教示文などをみると裁決から訴訟までが一連の流れのように書いてあります。 そこで、「不当」や「違法」を誰がいつの段階で判断されるのでしょうか...

  • 行政不服審査法について

    お世話になります。 簡単に時系列で書くとこうなります。 1.自治体に動物取扱業の登録をするように忠告を受けた。 2.客観的に見て、登録が必要になる様な条件を満たしていないので登録をしたくない。 3.自治体に相談、苦情申立をしたが、判断の適正については触れられず、話にならない。 この様な状態です。 第三者機...

  • 行政不服審査法の落とし穴

    行政の審査(審査請求や再審査請求)が,担当職員による無知や怠慢により, 本来,申請した者である私の申立て通りになる筈だった(原処分の取消)。 ところが,正しい処理をしてくれずに棄却され, 後日,国との民事訴訟(その行政処理を争うもの=行政訴訟とは違う)の最中に,行政処理に問題があった場合 行政に対して,...

  • 行政不服審査請求の期間の制限について

    行政の不作為に対して行政不服審査請求を文書で行政機関に送ったのですが、その後、行政側からの何の連絡もありません。この場合再審査請求をしたほうがいいですか?また、再審査請求には何日までとの制限があるのですか?このへんのところ教えて頂けないでしょうか。

  • 行政訴訟で裁決の取り消し訴訟と処分の取り消し訴訟を2つ行うにはどうしたら良いでしょうか?

    行政訴訟で裁決の取り消し訴訟と処分の取り消し訴訟を2つ行うにはどうしたら良いでしょうか? つまり、先に処分の取り消し訴訟が行われて、それが認定された場合、自動的に、裁決も無効になる事が予想されます(?)が、その場合、裁決の取り消し訴訟が行われない(?)のではないかと心配しています。 単に、裁決が取り消される結果...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

行政事件のニュース

  1. 「とても悔しい」日本で生まれ育ったタイ人少...
  2. 「保育園」建設反対で訴訟が起きたらどうなる...
  3. 弁護士ら「安保法制は違憲」「司法の役割を問...
  4. 「うつ病自殺は公務が原因」 東京地裁、新人...
  5. 未だにトイレがなく「おまる」 被災地の弁護...
  6. 少子化止めたいなら、直ちに廃止すべきーー所...
  7. 「迫害を受けたコンゴ人男性マサンバさんを難...

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。