羽鳥 正靖弁護士 はとり まさやす

羽鳥 正靖弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
群馬県 4

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:31 件/匿名回答数:0件

お母様の相続人は、民法上は、(ご健在であれば)お父様(配偶者)とお母様のお子様(ご相談者様)になります。そのため、仮にお母様が亡くなった場合には、実家のうちお母様の持ち分については、お父様とお母様の...

回答日 2019年08月02日 17:17
この回答がある質問
代襲相続

既にスレッドが削除されてしまっていると、そもそもサイトにログの情報(ipアドレス等)が残っていない可能性が高いです。そのため、発信者情報開示請求を行っても、既にログの情報がなく開示に応じることができ...

回答日 2019年07月16日 21:27
この回答がある質問
インターネット

一般的にはスレ削除と同時にログも消去されてしまいます。 発信者情報開示請求等を予定されているのであれば、スレッドの削除を要求される際に同時にログの保存も要求するべきでしょう。

回答日 2019年07月16日 18:16
この回答がある質問
インターネット

上述の回答内容ですが、「保証金の支給」ではなく「補償金の支給」ですので、訂正します。

回答日 2019年07月16日 18:06
この回答がある質問
就職・転職

ご指摘の通り職業選択の自由が保障されている関係で、退職後の競業避止義務については職業選択の自由への制約の程度が強すぎる場合には無効になる可能性があります。 「5年間」という期間は制約の期間としては...

回答日 2019年07月16日 18:04
この回答がある質問
就職・転職

SNSで誹謗中傷された場合には、SNSの書き込みが名誉毀損等に該当する可能性があります。 その場合は、SNSの運営会社に書き込みの削除を要求すること(「送信防止措置依頼」といいます。)や、SNSの...

回答日 2019年07月10日 20:20
この回答がある質問
インターネット

追記です。 念のため相手方の掲載態様を証拠化しておいた方がよいので、連絡の前に当該ロゴマークの掲載態様をスクリーンショット等で画像データに残しておいた方がよいと思います。

回答日 2019年07月10日 18:40

改変の程度によりますが、あなたがデザインしたロゴマークであれば、ロゴマークの著作権(公衆送信権(著作権法23条1項)や二次的著作物の利用権(著作権法28条)等)侵害や著作者人格権(同一性保持権(著作...

回答日 2019年07月10日 18:37

1 ①のご質問について 会社への訴訟提起は可能ですが、上司のモラハラの事実を立証できなければ、会社への損害賠償請求等が認められない可能性があります。 そのため、今のうちから上司のモラハラの証拠を...

回答日 2019年07月03日 08:41

結論から言えば、A社との契約内容によっては、A社から損害賠償請求等をされる可能性があります。 ご指摘のとおり、原稿の著作権は原則として著作者に帰属します。 もっとも、A社との契約内容において、A...

回答日 2019年07月02日 18:30
この回答がある質問
インターネット

結論から言うと、相続人間の合意がなければ、その主張は遺産分割調停等では認められないと思われます。 相続人間の合意があれば、口座預貯金を集約して現金化し相続人の一人が管理すること自体は問題ありません...

回答日 2019年06月24日 05:01

お気持ちお察しいたします。 今回の場合は、①営業や経営に関わっていない単純な一般社員、②制約の期限が設けられていない、③退職金増額等競業制限に対する代償も支払われていないと、競業避止義務違反が無効...

回答日 2019年06月22日 16:27
この回答がある質問
就職・転職

「機密情報・個人情報に関する誓約」の内容によりますが、「同じ業界に転職をしないこと」という内容が書かれていたのであれば、退職後の競業避止義務が付されていたのだとは思います。 それを前提にご質問に対...

回答日 2019年06月22日 15:18
この回答がある質問
就職・転職

どのような裁判例があるか調査されたいのであれば、まずはグーグル等の検索エンジンで検索するのがよいと思います。例えば「○○(調査したい事項) 裁判例」等の検索をすると何件か裁判例をまとめたページ等がヒ...

回答日 2019年06月22日 14:58

現金は相続財産(遺産)に含まれます。この点でご認識が異なるかと思います。 もっとも、遺産分割協議等をしていない場合には、共同相続人間で共有することになります(民法898条)。 そのため、ご質問に...

回答日 2019年06月21日 18:05

離婚後にお母様の旧姓に改めた場合でも、未成年の子が成年に達したときから1年以内に届け出れば従前の姓(お父様の姓)に戻すことができます(民法791条4項)。 届け出の方法はお近くの市区町村役場で聞い...

回答日 2019年06月18日 16:38
この回答がある質問
戸籍と姓

1 「1」のご質問について お子様のご認識が7万円を借りてないというのであれば、むしろ毅然と支払いできないと言った方が良いと思います。 2 「2」のご質問について その場合は相手のお友達から7...

回答日 2019年06月17日 20:02

事例1、事例2それぞれ単体ではパワハラとまではいえないかもしれませんが、同様のことを上司が長い期間にわたって頻繁に行っているようであればパワハラとなる可能性もあります。 今後上司のパワハラを主...

回答日 2019年06月11日 21:37
この回答がある質問
パワハラ

①お相手から暴力があったことと②その暴力によってどのような傷害を負ったのかについては、証拠を残された方がよいかと思います。 ①については、例えば日誌等を書かれているのであれば、暴力を受けた日の経緯...

回答日 2019年06月08日 16:35
この回答がある質問
不倫

未払給与の請求権につきましては、給与支払日から2年経過した時点で、時効になってしまいます(労働基準法115条)。 そのため、会社がなかなか任意に支払わないのであれば、早期に労働審判の申立や少額訴訟...

回答日 2019年06月02日 15:02
この回答がある質問
給料

離婚して他人になったとしても示談書は有効です。 示談書の効力を争うのであれば、①錯誤無効(民法改正後は錯誤取消し)(民法95条1項)、②詐欺又は強迫による意思表示の取消し(民法96条1項)、③...

回答日 2019年05月28日 21:36
この回答がある質問
不倫

通帳がてつそう様名義なのであれば、銀行等で通帳を再発行してもらうのも一つの方法です。 また、通帳のお金の流れ等につきましては、銀行等に残高や取引履歴の照会をすることで把握することもできます。 も...

回答日 2019年05月28日 20:41
この回答がある質問
調停離婚

不倫相手とその妻が離婚したとしても、示談書は無効になりません。 不倫相手と妻が離婚したら示談を無効にする等の条件が付されていれば別かもしれませんが、そのような条項が示談書に無い限りは難しいでしょう...

回答日 2019年05月28日 20:33
この回答がある質問
不倫

そのようなお悩みでしたら、以下の3つの方法があります。 1 ①法テラスの民事法律扶助を利用する方法 資力や収入の要件はありますが、法テラスを利用すれば、無料で弁護士の法律相談を受けられたり、弁護...

回答日 2019年05月27日 04:51
この回答がある質問
離婚・男女問題

お困りのようですね。 着信拒否までされているのであれば任意での交渉は難しいでしょうから、訴訟等の法的手続を利用するべきかと思います。 ご自身で法的手続をとることが難しい場合には、近郊の弁護士にご...

回答日 2019年05月25日 18:01
この回答がある質問
離婚・男女問題

仮に何らかの方法で相手方に見つかり調停で主張されれば、即離婚成立とはならないまでも、調停委員の心証に悪影響を与える可能性はあるでしょう。スクリーンショット等で発言を証拠として保存することも容易です。...

回答日 2019年05月24日 20:57

1 「1」のご質問について   離婚届に記載した親権者が親権者となります。   また、監護権は親権の一部ですので、別途合意をしていなければ、親権者が監護権を有することになります。 2 「2」の...

回答日 2019年05月22日 17:48
この回答がある質問
親権

相手方が言う離婚理由によってはそもそも法定の離婚事由が認められない可能性もありますが、息子様が離婚自体は承諾されるお気持ちが固いようであれば、その旨は手紙等書面にして相手方に伝えておくのも手かと思い...

回答日 2019年05月18日 17:35
この回答がある質問
離婚届

会社に対応をお願いするのはよい案だと思います。 会社としてもハラスメントが生じるような環境を放置していると、労働者から安全配慮義務違反を追求されて損害賠償請求をされるリスクがあります。【人権】に対...

回答日 2019年05月14日 19:14
この回答がある質問
モラハラ

非常に大変な思いをされていますね。心中お察しいたします。 ご質問についてですが、デジカメの被害写真や日記はモラハラ被害の証拠にはなり得ます。 もっとも、嫌がらせの態様が罵倒や悪口等音声によるもの...

回答日 2019年05月14日 18:12
この回答がある質問
モラハラ

1 - 30 件を表示/全 31 件

羽鳥 正靖弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5355-3350
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
電話受付時間は上記の通りですが、事務所での相談は上記以外の時間帯でも受け付けております。
事務所相談のお時間については、別途お電話でご相談いただければと思います。
対応地域
経歴・資格
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談