現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
滝 悠樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

借金・債務整理5

交通事故11

労働問題14

全国28

群馬県1

( たき ゆうき ) 滝 悠樹

滝法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:4,394 件/匿名回答数:0件

法人破産の場合、同時廃止ということは、原則上まずありえないと思います。 これは、弁護士に依頼して申立をしても、ご自身で申立をしても、どちらでも同じでしょう。 そのため、申立に際しては、必要な予納...

回答日 2017年06月23日 13:11
この回答がある質問
借金

申し訳ございません。 上の回答で、利息と返済を逆にしてください。

回答日 2017年06月23日 11:58
この回答がある質問
借金

元夫の債務に関しては、保証人の類でなければ、ご質問者の方が支払う義務はありません。 慰謝料についても、何の慰謝料なのかよく分かりませんが、おそらく支払う義務は生じないでしょう。 今までの利息は返...

回答日 2017年06月23日 11:55
この回答がある質問
借金

既に辞任されてしまったのであれば、早く新しい弁護士に依頼して、対応して頂いた方がいいですし、それは可能です。 法テラスの相談会などの予定が取れなくても、法テラスと契約している弁護士に依頼し、法テラ...

回答日 2017年06月23日 10:27
この回答がある質問
任意整理

通常であれば、あまりないケースだと思います。

回答日 2017年06月23日 10:07
この回答がある質問
労働

期間については、法律で決まっているわけではありません。 各信用情報機関によって違うようですが、一般的には、自己破産・個人再生のどちらでも、5年から10年と言われています。 また、お子様に関わる金銭...

回答日 2017年06月22日 17:25

ご自身が働くことが出来ず、ご主人の収入では支払うことができないということであれば、自己破産の検討をするしかないと思います。 今回のケースで、破産申立する場合には、「自己破産するには、債務が少ないし...

回答日 2017年06月22日 17:10

止めるべきです。 必要な債務整理手続を取って、その上で、やり直した方がいいです。

回答日 2017年06月22日 16:57
この回答がある質問
借金

相続順位が上位の方が相続放棄すれば、いずれは請求がくるでしょう。 その場合、お父様のご兄弟の方も相続放棄すれば、支払う義務はなくなります。

回答日 2017年06月21日 13:52
この回答がある質問
税務訴訟

であるとすると、一切の罪に問われないという可能性は低いでしょう。

回答日 2017年06月21日 11:49
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

お教え頂いた債権者数や金額ですと、かなり分散していますから、そのカード会社たちが入っていたとしても、そのカード会社たちだけで議決権を有している可能性は低いので、おそらく大丈夫でしょう。

回答日 2017年06月21日 11:32
この回答がある質問
個人再生

1社のみで、議決権の金額を有している債権者がいれば、まだ完全に安心はできないかもしれませんが、そうでなければ、あえてそのタイミングを狙って出してくるという可能性は低いと思います。 債権者側が色々と...

回答日 2017年06月21日 10:57
この回答がある質問
個人再生

自己破産をしても、生涯、保証人になれないということはありません。一定期間が経てば、信用情報機関の事故情報が消えますので、その後であれば基本的に大丈夫です。 また、個人再生をしても、同様に信用情報機...

回答日 2017年06月21日 08:28

友達たちがその行為をしていることを知った上で、運転手の方が日当をもらっているのかどうかが判断材料の一つにはなると思います。

回答日 2017年06月20日 20:28
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

①については、 ご質問者の方が債権者へ和解金を分割で支払うことが出来る経済的状況が整った段階(例えば、弁護士への着手金を支払い終えた後など)で、和解交渉をまとめることが一般的でしょう。当然ながら、利...

回答日 2017年06月20日 09:57

自己破産と個人再生では、母子家庭にとって、どちらがより優遇されるメリットがあるということはありません。 個人再生した方がメリットがある場合(例えば、住宅ローンがあるケースや保険・警備関係の仕事をし...

回答日 2017年06月20日 01:36

解約したとしても、個人再生申立前に財産を隠したという誤解を裁判所に持たれなければ、不利になることはありません。 もし、解約することが心配なのであれば、新しくメインで使う口座を作り、そちらの口座に給...

回答日 2017年06月20日 01:24
この回答がある質問
債務整理

過去に自己破産をしていても、それを理由に生活保護費を受給できないということにはなりません。 また、生活保護費から借金の返済をすることは禁止されていますが、個人再生に関して、既に再生計画に基づく返済...

回答日 2017年06月19日 20:27
この回答がある質問
個人再生

ご質問の内容ですと、消費者金融会社からの請求状況によっては、元金さえ支払う必要がなく、時効の援用を主張できる可能性があります。 身内の方が、消費者金融会社と直接対応することも不可能ではありませんが...

回答日 2017年06月19日 11:40
この回答がある質問
借金

残念ながら、お教え頂いた状況ですと過払金は発生しません。 その取引開始時期ですと、期間以前に、過払金が発生する利率ではありませんので。

回答日 2017年06月19日 11:19
この回答がある質問
借金

①については、実際に、現金として持っている金額と口座に残っている金額が財産としてみなされるのみでしょう。 余程のことがない限り、障害年金の受給によって、再生計画による返済予定額が増えるということはな...

回答日 2017年06月19日 10:15

多額でなければ、直前でも大丈夫です。 例えば、給与が振り込まれた場合、生活のために貯金をおろすのは当然ですので。

回答日 2017年06月18日 23:15
この回答がある質問
自己破産

既に自己破産の依頼をされているのであれば、債権者漏れや偏頗弁済の疑いを防ぐためにも、記載して頂いた方がいいと思います。

回答日 2017年06月18日 00:04
この回答がある質問
自己破産

ご質問の内容ですと、相続放棄をしても、ご質問者の方は連帯保証人ですので、残念ながら債務を負うことになります。 こうした問題で疑問が生じることは当たり前のことですので、全く愚問ではないと思います。安...

回答日 2017年06月17日 15:43
この回答がある質問
相続放棄

ご質問者の方の債務整理手続の種類が分からないため、任意整理を手続中と仮定させて頂きますが、 他社を任意整理したとしても、自動車ローンを組んでいる業者(おそらく信販会社だと思いますが)を任意整理の対...

回答日 2017年06月17日 12:24
この回答がある質問
連帯保証人の解除・変更

ご質問者の方が主債務者で、元配偶者の方が連帯保証人だということでしょうか? そのケースですと、元配偶者の方が連帯保証人から外れたいとしても、債権者に応じなければ、外れることは出来ません。 その方よ...

回答日 2017年06月17日 10:05
この回答がある質問
連帯保証人の解除・変更

まず、お母様についてですが スムーズに破産手続を進めるためには、ご質問者の方もお母様の債務を把握されておいた方が、よりよいと思います。 携帯電話に関しては、今後機種変更などする際に、少なくとも数...

回答日 2017年06月17日 01:17

弁護士費用に関して、各弁護士の考え方は違うと思います。 ご依頼された弁護士の方が、今回のようなケースで、ご質問者の方がお願いしても、弁護士費用の分割払いが完了しないと、個人再生申立をしないという考...

回答日 2017年06月17日 00:38
この回答がある質問
債務整理

訴訟提起された事件が判決に至る前に、個人再生の申立をして、必要な対応を取れば、基本的に差し押さえを受けることはありません。 依頼されている弁護士に、出来るだけ早く個人再生の申立をしてほしいことと、...

回答日 2017年06月16日 22:12
この回答がある質問
債務整理

その価値であれば、友人の方から自動車を譲り受けても、問題にならないと思います。

回答日 2017年06月16日 21:18
この回答がある質問
自己破産

4,291 - 4,320 件を表示/全 4,391 件

滝法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5286-5454

※滝法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:15 - 20:15
  • 土日13:15 - 20:15
定休日
備考
外出中などで、お電話に出られなかった場合やメールでお問い合わせ頂いた場合には、こちらから折り返しお電話させて頂きます。
その際は 027-395-0953 からお電話させて頂きます。
交通アクセス
駐車場近く