現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
滝 悠樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

借金・債務整理2

交通事故4

労働問題9

全国11

群馬県1

( たき ゆうき ) 滝 悠樹

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:4,309 件/匿名回答数:0件

弁論準備では結審出来ません。 但し、弁論準備を終了し、すぐに口頭弁論を開いて終結させれば結審出来ます。この一連の手続は同一日でも出来るので、そこまで考えれば、次回の出頭日で結審することは絶対に不可...

回答日 2017年07月06日 21:46
この回答がある質問
通常訴訟

差押えは債務名義がなければ出来ないので、訴訟提起されてしまったとしても、判決までいかなければクレジット会社は差押えができません。 但し、クレジット会社から訴訟提起をされてしまうと問題の解決が難しく...

回答日 2017年07月06日 19:11
この回答がある質問
借金

ご本人で交渉が難しければ、弁護士に任意整理を依頼してもよいでしょう。 今回のケースですと、利息・延滞金を付けずに分割で支払えるよう、債権回収会社と和解交渉をします。 お早めに、債務整理の相談を受...

回答日 2017年07月06日 18:18
この回答がある質問
債権回収

住宅ローンの滞納が数ヶ月分に及んでしまったら、弁護士とすると個人再生で進めることができるかどうかについて、疑義を持ってしまうと思います。 但し、現在は滞納があっても、滞納を解消できる見込みがあり、...

回答日 2017年07月06日 14:56
この回答がある質問
住宅ローン

業者名が分かっていれば、連絡先が分からなくても、債務整理手続は可能です。 A社については、消滅時効の援用ができる可能性があります。その場合は、A社に対して、債務を支払う必要がなくなります。 B社...

回答日 2017年07月06日 12:02
この回答がある質問
利息・金利

もし、減点されていたとしたら、それについて法的に争うこと自体は可能です。 但し、ご質問の内容ですと、書面への署名押印がないようですし、国庫金の納付書も渡されていないようですので、減点されている可能...

回答日 2017年07月06日 09:57
この回答がある質問
交通事故

過失割合の問題を考えました。 ご自身が、どのように事故になったか気付かなかったとのことなので、もしかしたら、相手に過失がある可能性ゼロではないのでは、と思いました。 仕事中の事故であれば、まず勤...

回答日 2017年07月06日 01:00
この回答がある質問
交通事故

ご質問者の方が納得できる金額で和解できること、もしくは納得できる金額の判決が出ることを願っております。頑張ってください。

回答日 2017年07月05日 20:26
この回答がある質問
過払い金

事故状況の詳細は分かりませんけれども(ご質問者の方も分からないのでしょうが)、逃げてしまったと判断される可能性も完全に否定はできないと思います。 但し、場合によっては、逆に被害者となる可能性もある...

回答日 2017年07月05日 19:36
この回答がある質問
交通事故

難しいタイミングですね。 裁判にならずに和解できれば、相手に知られたくない新しい情報を相手に与えずに済むのですが。 判断に迷うかと思いますけれども、ご検討頂ければと思います。

回答日 2017年07月05日 18:26
この回答がある質問
回収方法

業者によって対応が違いますが、過払い状態になっていない段階で遅延がある場合には、その点について主張してくることが多いです。 ①~③については、弁護士次第ですので、問い合わせをしてみるしかないと思い...

回答日 2017年07月05日 14:57
この回答がある質問
過払い金

違法とはいえないでしょう。 住所が違うことについて、会社側に何らかの事情があるのかもしれませんし、単にホームページの更新をしていないだけかもしれません。

回答日 2017年07月05日 12:41

いえ、逆に支払いをしてはいけません。 また、債務の支払が口座引き落としになっている場合、信販会社によってはその引き落としを止める手続に、時間がかかりますので、引き落とされないよう、残高不足にしてお...

回答日 2017年07月05日 11:47
この回答がある質問
自己破産

①②とも、先方の和解案が不合理なものであれば、基本的に問題ないでしょう。 但し、不当利得返還請求事件として、主要な争点となる問題の有無により、書類の作成などを含めた裁判の進め方が変わりますので、ご...

回答日 2017年07月05日 10:44
この回答がある質問
過払い金

辞任の理由が分かりませんが、その弁護士の方がご質問者の方の依頼を再び受けるということであれば、絶対に不可能ということはありません。 但し、再び受けるかどうかは、その弁護士の方次第です。

回答日 2017年07月05日 10:29

辞任の理由が分かりませんが、既に辞任されているということであれば、他の弁護士に依頼して、交渉をまとめて頂いてもよいでしょう。 また、ご自身で交渉の最終的な部分をまとめることができれば、ご自身で交渉...

回答日 2017年07月05日 10:20

出来るだけ早く、交通事故の相談を受けている弁護士に相談した方がいいいと思います。 症状固定の時期や後遺障害などにつき、専門家が早めに介入した方が、ご自身と同乗者の方が不利益を被る可能性が減り、適切...

回答日 2017年07月05日 01:04

破産手続のことを優先的に考えれば、購入しない方が、免責決定がより確実に出ると思います。 しかし、原付が通勤に必要なことが明らかであれば、その原付を購入したことにより、免責不許可や管財事件になる可...

回答日 2017年07月04日 20:29
この回答がある質問
自己破産

詳しい事情が分かりませんが、その可能性もあり得るでしょう。 事情によっては、警察にご相談されてもよろしいかと思います。

回答日 2017年07月04日 13:24
この回答がある質問
脅迫・強要

相続放棄すれば、ご兄弟はその税金の滞納分を支払う必要はなくなります。 但し、お母様にもし資産がある場合(不動産など)は、そちらも相続を放棄することになってしまうので、注意してください。 明らかな...

回答日 2017年07月03日 16:51
この回答がある質問
相続 借金

裁判の途中で、住所・氏名などに変更があった場合、報告することが通常です。 ご自身にもご事情はあるでしょうが、今回の事案ですと、相手にその情報を知られたくない旨を裁判所に伝えても、応じて頂けない可能...

回答日 2017年07月03日 10:23
この回答がある質問
回収方法

お力になれたのであれば、幸いです。 ご希望の手続が円滑に進むことを願っております。

回答日 2017年07月03日 10:14
この回答がある質問
個人再生

詳しい事情が分かりませんが、免責不許可事由がなければ、免責まで許可されるでしょう。

回答日 2017年07月03日 00:59
この回答がある質問
借金

裁判をして判決が出ても、相手が差押えできる財産を所有していなければ、回収できない可能性も否定はできません。 弁護士に依頼した場合については、ご本人が相手と連絡を取ることは基本的にありません。出会っ...

回答日 2017年07月02日 16:08
この回答がある質問
回収方法

2社以外からも借入があって、ご自身で心配や不安な点があれば、旧姓でも開示された方がよいかもしれません。

回答日 2017年07月02日 14:12

ご自身の信用情報に問題がなく、収入などについてカード会社やローン会社が支障がないと判断すれば、住宅ローンがあっても、カードを作ることやローンを組むことは問題なくできます。

回答日 2017年07月02日 13:24

現在、保証人としての信用があるかないかは関係ありません。 契約内容の詳細は分かりませんが、問屋さんが素直に応じてくれればよいですけれども、問屋さん側からしたら、ご質問者の方を保証人から外すことにメ...

回答日 2017年07月01日 17:19
この回答がある質問
連帯保証人の解除・変更

それは各大学の裁量によるでしょう。 事件の凶悪性などにより、退学か停学かなどの判断が変わることは十分にあり得ると思います。

回答日 2017年07月01日 09:12
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

難しい事案だとは思いますが、ご自身の希望に沿う形での解決ができることを願っております。 もしよろしければ、弁護士に相談して頂ければと思います。

回答日 2017年06月30日 19:31
この回答がある質問
不動産・建築

その状況ですと、個人再生を使って、家を守ることはできません。 代位弁済されてから時間が経ち過ぎてしまっています。 また、債務整理というのは、借金整理手続全般のことを指します。一般的に任意整理、自己...

回答日 2017年06月30日 16:07
この回答がある質問
不動産・建築

4,141 - 4,170 件を表示/全 4,306 件

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:15 - 20:15
  • 土日13:15 - 20:15
定休日
備考
外出中などで、お電話に出られなかった場合やメールでお問い合わせ頂いた場合には、こちらから折り返しお電話させて頂きます。
その際は 027-395-0953 からお電話させて頂きます。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く