滝 悠樹弁護士 たき ゆうき

滝 悠樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
交通事故
全国 3
借金・債務整理
全国 5
労働問題
全国 13
総合
全国 12
群馬県 1

滝法律事務所

群馬県 高崎市 栄町22-20 アクティブフリークビル1階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,252 件/匿名:0件

それだけだと、積極的に認めたとまでは判断されないでしょう。

回答日 2017年08月23日 08:29
この回答がある質問
借金

まず、ご自身が個人再生の準備に着手した段階でご兄弟に請求がいきます。 また、ご兄弟がもしも自己破産や個人再生をする場合に、その保証債務も含めて法的整理しなければならなくなるということです。

回答日 2017年08月22日 14:17
この回答がある質問
個人再生

社会保険に加入するために、保証人、印鑑照明が必要というのは、かなりの疑問点があります。 ご質問者の方がお友達のことを思う気持ちは分かりますが、お断りになった方がよいのではないでしょうか。

回答日 2017年08月21日 09:30
この回答がある質問
連帯保証人

早急に弁護士に依頼することができるのであれば、異議申立から弁護士に任せても大丈夫です。 但し、期限がありますので、期限までに間に合わないようであれば、ご自身で異議申立書類を提出しても大丈夫です。

回答日 2017年08月19日 15:16

その時計を売却すべきではありません。 免責許可決定を得られる見込みの破産事件でも、そのことによって、免責不許可決定が出てしまう可能性さえ出てきてしまうかもしれません。 理想とすると、同時廃止で進...

回答日 2017年08月16日 00:02
この回答がある質問
人事評価

専門学校の学則の規定や条項にそのような決まりがあるかどうかによりますが、そういった話はあまり聞きません。 自己破産に際して、管財人がついてもつかなくても犯罪者ではありません。 その専門学校の関係...

回答日 2017年08月15日 09:33
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

債務内容については、よく分かりました。 裁判所によって運用が違う部分がありますが、保険の解約返戻金や退職金なども含めて、特に財産がないということであれば、同時廃止で進められる可能性が高いと思います...

回答日 2017年08月13日 15:51
この回答がある質問
競売

年金担保融資でないのであれば、受給額に影響しません。 但し、年金担保融資ですと、仮に破産申立して免責許可決定が出ても、完済までは引かれ続けます。 住宅ローンの場合、一般的には前者の「年金受給額と...

回答日 2017年08月12日 13:31

お子様が虐待されているのは非常に辛いでしょうが、その証拠があるならば取っておくべきでしょう。お子様を助けるために大事だと思います。 また、その弁護士がどのような説明をしたのか分かりませんが、疑問が...

回答日 2017年08月11日 10:04
この回答がある質問
審判離婚

一括で払うことができないのに、それでも市役所が分納を認めない場合は、差押えをしてくる可能性があります。 現在の窮状を市役所に分かってもらうために、訴えかけることが大事だと思います。

回答日 2017年08月11日 09:44
この回答がある質問
差し押さえ

借りたわけではないのであれば、「返した」という認識は持たない方がいいかと思います。 裁判所や管財人から誤解を招きますので。 12万や10万というのは、金額が少し大きいかとは思います。 弁護士に破産...

回答日 2017年08月10日 16:25
この回答がある質問
自己破産

そういった事実があると考えられるのであれば、特段の問題はないのではないでしょうか。

回答日 2017年08月09日 19:14

いえ、逆です。 返済の原資に充てる必要がありませんので、受け取ったご本人が使用することが出来ます。 安心してください。

回答日 2017年08月08日 23:00
この回答がある質問
借金

おそらく、そういうことではないと思います。 あまり、お気にされない方がいいかもしれません。

回答日 2017年08月08日 13:43
この回答がある質問
窃盗・万引き

確かに、住宅ローンの審査に引っかかってしまう可能性はあると思います。 もしも、住宅ローンの審査が通らなかった場合、不動産会社に相談をしてみてもいいかもしれません。 不動産会社も住宅を売りたいわけで...

回答日 2017年08月08日 10:11
この回答がある質問
住宅ローン

お相手の方を愛していても、闇金は使うべきではありません。 どうしても、お相手の方やその親御さんと話がまとまらなければ、吹っ切ることも選択肢に入れて考えなければならないでしょう。

回答日 2017年08月08日 02:27
この回答がある質問
離婚・男女問題

まずは、ご自身でその法律事務所に連絡し、分割で支払いたいという話をしてみてはいかがでしょうか。 もし、その法律事務所が応じないということであれば、ご質問者の方も弁護士に相談・依頼するとよいでしょう...

回答日 2017年08月07日 02:07

ご質問者の方が心配されているような問題になることはないでしょう。 以後、お気をつけになれば、よろしいのではないかと思います。

回答日 2017年08月06日 17:22
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

弁護士に依頼することにより、その方と直接話す必要がなくなることは確かです。 但し、相手の意向もありますので、ご本人が望む分割返済という形での解決に至るかは分かりません。 弁護士に相談・依頼される...

回答日 2017年08月06日 14:59
この回答がある質問
借金

相手への暴言は、書かない方がいいでしょう。 逆に、不利にさえなってしまう可能性があります。 ご質問者の方のお気持ちについて、分かる部分がないわけではないですが、暴言などではなく、適切な表現の書面を...

回答日 2017年08月05日 13:50
この回答がある質問
消費者被害

横領罪はさすがにないであろうと思いますけれども、自己破産手続においては疑義を持たれる可能性は高いと思います。 依頼する弁護士によく相談した上で、売却代金の取り扱いやローン会社への対応を適切にする必...

回答日 2017年08月04日 11:14
この回答がある質問
契約・借用書

生命保険の解約返戻金や自動車次第ですが、自己破産がよろしいのではないでしょうか。 但し、自動車ローンは所有権留保がある場合、残すことは難しい可能性が高いと思います。

回答日 2017年08月03日 13:47
この回答がある質問
差し押さえ

当然ながら、それは返してもらえます。 法律事務所との委任関係が続いている場合には、法律事務所から金融会社に連絡してもらえばいいです。 法律事務所との委任関係が終了している場合には、ご自身で金融会社...

回答日 2017年08月03日 00:01

ご質問者の方だけでなく、ご家族も通常の生活を送れなくなります。 使うべきではありません。

回答日 2017年08月02日 18:27

相手方がご質問者の方に対して、慰謝料や謝罪などを求めておらず、今後、一切、連絡を取らないということを求めているのであれば、「今後、相手女性と一切、連絡を取らない」ことと「今後、お互いに損害賠償、慰謝...

回答日 2017年08月02日 13:21

自己破産手続について、検討・着手をした時期によるでしょう。 近くない将来に、結果として自己破産になってしまった場合、それほど問題視されない可能性もある思います。

回答日 2017年08月02日 11:29
この回答がある質問
自己破産

受任通知を発送するに際しては、債権者の情報は基本的に社名が分かっていれば十分です。債務整理手続の経験がある弁護士であれば、貸金業者の住所・連絡先などについては大抵は分かりますので。 但し、自己破産...

回答日 2017年08月02日 09:44
この回答がある質問
自己破産

おまとめローンを利用するのは控えた方がよいのではないかと思います。 各裁判所によって運用の違う部分があるため、一概には言えませんが、今回の事案で必ずしも管財事件になるというわけではないでしょう。 ...

回答日 2017年08月02日 09:21
この回答がある質問
自己破産

差押えをするには債務名義が必要になります。 債務名義を取得するには、訴訟など一定の手続を経なければならないので、その間に給与の差押えを受けることは基本的にないでしょう。 ボーナスに関しては、申立前...

回答日 2017年08月01日 09:35
この回答がある質問
自己破産

各裁判所によって、運用が多少違う部分があると思いますが、提出はしなければならないでしょう。 その口座をしばらく使っていないことを分かるようにして提出すれば、裁判所の理解も早いのではないかと思います...

回答日 2017年08月01日 08:10
この回答がある質問
自己破産

1,141 - 1,170 件を表示/全 1,252 件

滝法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5286-5454

※滝法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:15 - 20:15
  • 土日12:15 - 19:15
定休日
備考
外出中などで、お電話に出られなかった場合やメールでお問い合わせ頂いた場合には、こちらから折り返しお電話させて頂きます。
その際は 027-395-0953 からお電話させて頂きます。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く