滝 悠樹弁護士 たき ゆうき

滝 悠樹弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
交通事故
全国 3
借金・債務整理
全国 5
労働問題
全国 13
総合
全国 12
群馬県 1

滝法律事務所

群馬県 高崎市 栄町22-20 アクティブフリークビル1階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,252 件/匿名:0件

住んでいるアパートの名義が元交際相手の方だとすると、裁判所や管財人(管財事件の場合)からすると、今でも親しい関係なのではないかと疑義を持たれてしまう可能性があるかもしれません。 そうなると、一...

回答日 2018年04月04日 14:33
この回答がある質問
自己破産

とりあえず、債権者は裁判所に訴訟や支払督促などをして、債務名義を取得する可能性が高いと思います。 但し、債務名義を取得しても、費用対効果が見込めなければ、差し押さえの手続をしてくる可能性は低い...

回答日 2018年04月04日 14:17
この回答がある質問
借金

それは大丈夫です。 税金や国民年金であれば、破産手続中に支払ったとしても偏頗弁済扱いされることは通常考えられないので、問題ありません。 国民年金を滞納していると徴収の連絡が、かなり頻繁に...

回答日 2018年04月04日 09:52
この回答がある質問
自己破産

詳しいことは分かりませんが、非常に残念な対応だったのですね。 ご質問者の方のお気持ちをよく理解してくださる、違う弁護士に相談した方がいいと思います。

回答日 2018年04月02日 19:08
この回答がある質問
自己破産

ご質問の内容ですと、消滅時効の援用を主張できる可能性が高いと思います。 そのため、債務があるということを認めてはいけません。 但し、相手側から支払督促や訴訟手続をされていると、時効が中...

回答日 2018年04月01日 19:33

基本的には、そのように考えて頂いてよいでしょう。 但し、まだ免責についての意見申述期間中だということであれば、債権者から反対意見が出る可能性もあるため(可能性はほぼゼロに近いですが)、一応油断...

回答日 2018年04月01日 12:59

以前、ペットを飼っている方の法的整理を担当したことがありましたが、その時は裁判所から、そのような指示はありませんでした(ご質問者よりもペットの数は少なかったですが)。 ご質問者の方のケースも裁...

回答日 2018年03月30日 00:44
この回答がある質問
自己破産

1 ご質問の内容からすると、免責不許可になることはないでしょう。 確かに、ご不安かもしれませんが、特に心配することはありませんので、大丈夫だと考えて頂ければと思います。 2 各裁判所...

回答日 2018年03月28日 13:01
この回答がある質問
借金

補足ですが、10年というのは、先の回答の比較的最近という所には該当しないと考えて頂いてよいと思います。

回答日 2018年03月28日 12:22

外商カードについても、そのカードについて、債務が残っている場合には、個人再生の対象となる債務に含まれてしまいます。 個人再生の場合には(自己破産もそうですが)、一部の債務だけ手続に含めないとい...

回答日 2018年03月27日 19:22
この回答がある質問
個人再生

ご質問の内容を拝見する限りですと、法テラスを利用することは難しい可能性があると思います。 但し、実際に利用できるかどうかについては、法テラスへ直接問い合わせてみた方がいいでしょう。 また...

回答日 2018年03月27日 15:28
この回答がある質問
借金

借用書などの書面を交わしていないということであれば、相手が借りていることを認めている電話での会話内容の録音を、例えば、CD-Rなどに書き込んで提出することになるでしょう。 ご検討頂ければと思い...

回答日 2018年03月27日 14:52
この回答がある質問
借金

1 求めることは可能ですが、その知人が応じるかどうかは分かりません。 ご質問の内容からすると、すんなりとは応じない可能性が高いと思います。 2 その知人が任意で支払ってこない場合には、法...

回答日 2018年03月26日 18:41
この回答がある質問
借金

いくらかでもお力になれたのであれば、よかったです。 リボ払いなどの場合には、クレジットカードをあまり使いすぎないように気を付けて頂ければと思います。

回答日 2018年03月26日 18:03
この回答がある質問
時効の援用

もし、新しい弁護士に自己破産を受任して頂けるということであれば、その新しい弁護士の指示に従った方がいいと思います。 但し、前の弁護士への未払金10万円も含めて自己破産するということであれば、新...

回答日 2018年03月23日 13:40
この回答がある質問
任意整理

契約の内容が具体的に分からないため(利率など)、細かい金額までお答えすることは難しいのですが、約1万円のローンということですと、遅延損害金が付いてしまっているとしても、数千円程度である確率が高いと思...

回答日 2018年03月22日 19:27
この回答がある質問
遅延損害金

特に問題とならないでしょう。 念のため、申立を依頼している弁護士に「仕事の業務に必要な資格」を取るために必要な出費だと伝えて頂ければ大丈夫です。 それを伝えて頂ければ、必要な際に、依頼してい...

回答日 2018年03月22日 19:11

各地域の裁判所によって運用が違う部分があるかと思いますが、ご質問の内容からすると、一般的にはご夫婦としての収入支出を記載するように求められる可能性が高いでしょう。 また、収入欄に小遣い額のみを...

回答日 2018年03月18日 22:21
この回答がある質問
個人再生

債務名義を取得すれば、基本的に不動産や口座の差押えも可能です。 但し、不動産を差し押さえられても、すぐに出ていかなければならなくなるわけではありません。 競売手続を経て、買主が決まってか...

回答日 2018年03月18日 16:24
この回答がある質問
差し押さえ

① 弁護士によって考え方は違うかもしれませんが、準備書面を適切に作成して提出すれば、また次の期日が入る可能性もあると思います。 判決が不安であれば、その方がいいでしょう。 ② ご質問者の...

回答日 2018年03月16日 15:46
この回答がある質問
差し押さえ

弁護士に債務整理を依頼してから1年数ヶ月ほど経過しているので、債権者としては本当にご質問者の方が法的整理をするのかを疑問視したことと、法的整理をするならば早くしてほしいということを考えているでしょう...

回答日 2018年03月12日 21:49

ECサイトのカードに債務があり、それを債務整理したとしても、その関連の銀行の口座が凍結されることはありません。 ネット銀行については、滞納などの理由で既に消費者金融会社が代位弁済していると、ネ...

回答日 2018年03月10日 22:30
この回答がある質問
代位弁済

個人的な見解にはなりますが、通常であれば、「名前と住所を入力すれば、1年間動画が見放題で、1年後に家に請求が送られて来る仕組み」というようなことは考えられないと思います。 おそらく、請求が来る...

回答日 2018年03月09日 19:45
この回答がある質問
インターネット

それは弁護士の解任とは、あまり関係のない可能性が高いでしょう。 債権者が債務名義を持っていて、給与差押えが出来る状況であれば(ご質問者の方の勤務先を把握していれば)、弁護士が介入していても、給...

回答日 2018年03月09日 19:38

ご質問の内容だけですと分からない部分がありますが、弁護士に依頼した方が債務の問題を解決しやすくなると思います。 もし、実際にメリットがあるかどうかご不安であれば、まずは債務整理の相談を受け付け...

回答日 2018年03月08日 19:42

万が一、時効の援用が出来ないケースですと、業者からすれば、回収が出来る可能性があるという判断をして、返済を催促する連絡をご質問者の方にしてくるでしょう。 但し、弁護士に債務整理を依頼すれば、そ...

回答日 2018年03月08日 18:56
この回答がある質問
時効

まず、消費者金融に対して、債務整理手続を検討することになるでしょう。 その他に債務がないようであれば、任意整理の可能性が高いかとは思いますが、給与差押えを受けているとなると、業者はかなり強気に...

回答日 2018年03月08日 18:49

その通りでしょう。 ご質問の内容からすれば、時効が成立するとの考え方でよろしいかと思います。

回答日 2018年03月08日 15:37
この回答がある質問
インターネット

ご質問の内容ですと、消滅時効の援用を主張できる可能性が非常に高いと思います。 早く問題を解決したいということであれば「2」の方がいいでしょう。 但し、債権者から支払督促や訴訟手続をされてい...

回答日 2018年03月08日 10:40

信用情報機関に分かることはないでしょう。 但し、違法な金利を取る金融会社に、名前・住所・電話番号・職場名・職場の電話番号等を教えてしまっていると、借りていなくても、そちらに連絡が行ってしまう可...

回答日 2018年03月07日 11:06

871 - 900 件を表示/全 1,252 件

滝法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5286-5454

※滝法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:15 - 20:15
  • 土日12:15 - 19:15
定休日
備考
外出中などで、お電話に出られなかった場合やメールでお問い合わせ頂いた場合には、こちらから折り返しお電話させて頂きます。
その際は 027-395-0953 からお電話させて頂きます。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く