現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
舘山 史明弁護士

( たてやま ふみあき ) 舘山 史明

舘山法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:88 件/匿名回答数:0件

判決が確定したら,離婚届に双方が署名するとか,証人の署名押印とかなしで離婚の手続が可能です。

回答日 2020年02月21日 11:16
この回答がある質問
離婚手続き

相手方の居場所がわからない場合,調停ではなくいきなり訴訟というやりかたもあります。 訴訟の公示送達ということですが,調査も含め,なかなか大変だと思います。 法テラスなどに相談し,弁護士に依頼して...

回答日 2019年02月26日 11:44

養育費も,離婚と一緒に請求することが可能です(養育費は離婚成立とともに発生するものなので)。 離婚が成立前の生活費は「婚姻費用」といいますが,こちらも,離婚までにまだ時間がかかりそうでしたら,離婚...

回答日 2019年02月25日 18:27

こんにちは。 空き家とのことですので,土地の登記簿謄本をとって,所有者をつきとめた上で 土地所有者に対し,民法717条2項に基づいて損害賠償請求をすることになろうかと思います。 請求額は修理費...

回答日 2019年02月23日 16:16
この回答がある質問
交通事故裁判

基本的には親御さんに賠償義務とか監督責任とかはありませんし,親御さんを連れて行く義務はありません。 ただ,親御さんは,素直に打ち明けた場合,賠償を肩代わりしてくれそうですか? もし肩代わりしてく...

回答日 2019年02月23日 16:11

相続代表者というのは,この地方税の徴収に限定されるものですので,将来になって明らかになった債務全般についての相続代表者になるというわけではありません。 が,相続放棄をするのであれば,その届出を出さ...

回答日 2019年02月23日 14:50
この回答がある質問
相続放棄と相続人の範囲

相手方の住所がわからない場合でも,離婚を成立させる方法はあります。裁判所の公示送達という手続を使います。 また,深刻なDV被害を受けていらっしゃったとのことですが,今,b4_7040さんが住んでい...

回答日 2019年02月23日 14:41

養子縁組もなさいましたか?養子縁組をした上で,離縁をしていないのであれば,養育費を請求できる場合もあります。 まだお子さんが未成年者であれば,少なくとも今後の養育費について,という範囲で時効にはな...

回答日 2019年02月23日 14:40

こんにちは。元彼の身内の方が来ても,基本的には同様です。帰っていただくようお話をして,それでも帰らないようなら警察を呼ぶという形でよろしいかと思います。

回答日 2019年02月23日 14:33
この回答がある質問
自己破産

こんにちは。 配偶者が出ていって,直接の連絡の禁止を言われた後の「円満調停」というのは, 確かに意味がわかりませんね。 もしかしたら,現在何かの原因(典型的なものとすれば,たとえば浮気とか)で 一...

回答日 2015年10月27日 12:27

こんにちは。 不倫関係になったとのことですが,実際に会って男女の関係になることを「不貞」といいます。 したがって,「会っていません」というのであれば,不倫関係にはならないと思われます。 また,出会...

回答日 2015年10月24日 09:50
この回答がある質問
出会い系サイト

こんにちは。 被害者が男性の場合,「強姦罪」にはなりえませんが,強制わいせつ罪は成立する場合があります。 もっとも,暴行又は脅迫がなければ「強制」わいせつにはなりません。 暴行又は脅迫がない場合で...

回答日 2015年10月21日 16:59

こんにちは。 検察官が警察に補充捜査を指示しているか, あるいはその検察官が大量の事件処理に追われ,まだ呼び出しに至っていないのか, いろいろなことが考えられます。 ご不安とは思いますが,もう少し待...

回答日 2015年09月24日 12:51
この回答がある質問
盗撮・のぞき

こんにちは。 学資保険も基本的には共有財産でしょう。 その原資が子ども手当(児童手当)だとしても,児童手当は児童を養育する者に支給されるものであり,親が子どもの代理人として受け取るものではないので,...

回答日 2015年09月07日 12:32
この回答がある質問
財産分与

こんにちは。 その場合,被害者は店の責任者になると思われます。

回答日 2015年07月30日 18:28
この回答がある質問
窃盗・万引き

こんにちは。 あなたの彼は不貞をした有責配偶者ということで,基本的にあなたの彼が一方的に離婚をしたいといっても,奥さんの同意がなければ離婚はできません。 ですから,彼がどうしても離婚をしたいという...

回答日 2015年07月17日 15:23
この回答がある質問
不倫慰謝料

こんにちは。 養育費について,金額を決めて,公正証書にしているということですね? 公正証書にしているか否かは時効とは関係なく,「養育費」という性質上, 定期給付債権ということで,おっしゃるとおり5年...

回答日 2015年07月17日 15:16
この回答がある質問
養育費

こんにちは。 一応傷害罪は理論上成立するのでしょうが,おっしゃるような態様であり,特にあなたに粗暴癖があるだとか,傷害などの前科があるとか,そういった事情がなければ,被害届を出そうとしても,警察から...

回答日 2015年07月15日 19:37
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

 たとえ実名を出していなくても,前後の書き込みやページ全体等から,その相手方を特定できるような場合は,その相手方個人への名誉毀損や人格権の侵害として訴えられるリスクはないとは言えません。実名は出して...

回答日 2015年07月15日 15:38

こんにちは。  過失については,戸籍謄本を見せてもらうことになっていながら,それを最終的に確認できなかったという点で,過失が認定される可能性があります。  これに加えて,離婚届を既に記入して妻に渡...

回答日 2015年07月15日 15:13
この回答がある質問
中絶

こんにちは。まず,相手方はあなたの住所や氏名を既に知っているのでしょうか。 知らないのであれば,まずは相手方は,掲示板の運営会社に対し,IPアドレスやタイムスタンプの開示を求めなければなりません。サ...

回答日 2015年07月15日 15:04

こんにちは。婚姻継続中に勤務していた会社での退職金であれば,基本的には夫婦共有財産になります。婚姻前から勤務していた会社であれば,婚姻前の期間に対応する部分は共有財産にはなりませんが・・・

回答日 2015年07月10日 18:33

裁判になった時の可能性については,確定的なことは言えませんが,どのような危険が,どの程度発生する可能性があり,どのような損害が発生するのか,それを避けるためにはどのような措置が必要なのか,その措置を...

回答日 2015年06月03日 18:23
この回答がある質問
交通事故裁判

裁判では,(一般論ですが,)今回のような「予防」(損害が起きる前に必要な措置を講じろ)というのは「すでに発生した損害の賠償」より難しいといわれています。 また,管理者はどのような措置を講じる必要が...

回答日 2015年06月01日 23:37
この回答がある質問
交通事故裁判

こんにちは。 隣の土地の地番が分かれば,法務局で登記簿を取ることができますし,その中に所有者の名前が載っています。 したがって,一般の方でもその土地の所有者を知ることができます。 もっとも...

回答日 2015年06月01日 10:15
この回答がある質問
交通事故裁判

印鑑証明書にはどこに勤務しているとか,どこを退職したとか,そういった事情は一切記載されていません。 したがって,印鑑証明書を渡したこと自体で仕事を辞めたことがばれるということはありません。

回答日 2015年05月13日 14:57
この回答がある質問
国際・外国人問題

こんにちは。 侵害行為の「予防」の一環としての車止め等の設置ですね。この半年で2件生じているわけですから,要求することは不当ではないと思われます。 電話ではたらい回しにされて,いざ事故が起きたと...

回答日 2015年04月28日 13:10
この回答がある質問
近隣トラブル

こんにちは。 未成年者であっても18歳以上であれば,女性もお店も特に罪にはなりません。 問題は18歳未満ですが,風営法違反でお店が罰せられます。 さらに,15歳未満については児童福祉法違反でさ...

回答日 2015年04月28日 13:00
この回答がある質問
民事・その他

執行猶予期間が満了していても,同種の前科であれば,かなりの年月をおいていないと,再び執行猶予が就くことは考えにくいところです。「何年」という基準はありません。

回答日 2015年04月15日 17:24

こんにちは。 所得税法226条1項によると,「年の中途において退職した居住者については、その退職の日以後一月以内」「に、一通を税務署長に提出し、他の一通を給与等の支払を受ける者に交付しなければなら...

回答日 2015年04月15日 17:20
この回答がある質問
退職

1 - 30 件を表示/全 88 件

舘山法律事務所へ面談予約

電話番号 050-5280-7198

※舘山法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
営業時間中にご予約いただければ,夜間や土日祝日での法律相談等が可能な場合があります。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
対応言語
英語