現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

現在営業中 09:00 - 19:00

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名2,248 件/匿名:5件

生活保護を受けるのに、持ち家があると絶対に申請を拒否しなければならないという法的根拠はあいまいです。役所によっては事実上、運用規準としているところもありますが、質問者さんの義父の場合、解体費用や借地...

回答日 2013年08月19日 11:16

仮に意図的お母様を押したのであれば、その人物は刑法の暴行、傷害罪ということになる可能性がありますので、警察に被害届を出すことも考えられます。この時には被疑者不詳でも、警察の捜査が開始されたら、スポー...

回答日 2013年08月19日 10:59
この回答がある質問
美容・健康

そもそも、その女の子が監視員に何を話していたか不明です。仮に、女の子が痴漢だと誤解して監視員に相談していたとしても、警察をプールの管理者が呼ぶでしょうか?もし呼んだとしても、女の子の証言だけで、警察...

回答日 2013年08月16日 18:16
この回答がある質問
痴漢

強姦罪は相手の反抗を抑圧するような強い暴行、脅迫などを手段として性行為を無理にする場合に成立しますので、被害者の証言だけで捜査機関が強姦で起訴するというのは現時点では考えにくいと思います。強要罪や条...

回答日 2013年08月16日 11:50
この回答がある質問
強制性交・レイプ

弁護士や裁判所を通じての請求も考えられますが、労働基準監督署から会社の方へ指導等をしてもらうことを検討されてはいかかでしょうか。給与カットではなく、全く給与を払わないというのは、悪質であると思います...

回答日 2013年08月16日 10:58
この回答がある質問
給料

檀家となるときに、寺院等とどのような約束をしているかを書類などがあれば調べたり、直接寺院や他の檀家などに問い合わせると良いと思います。そして、檀家として今後も寺院との関係を続けるのを望まないのであれ...

回答日 2013年08月15日 18:30
この回答がある質問
民事・その他

起訴されたら、引っ越しが出来ないという法的根拠は無いと思いますので、もし、弁護人が付いているなら、相談されたらどうでしょうか。また、生活費用のことも、役所等の低利融資など代理人弁護士に相談されらどう...

回答日 2013年08月15日 18:24
この回答がある質問
窃盗・万引き

警察が被害者の方の連絡先を、なかなか教えてくれないなら、質問者さんが弁護士を立てて、弁護士から警察や検察などに連絡先を開示するように要請をしてもらったらどうでしょうか?警察も加害者本人ではなく、加害...

回答日 2013年08月15日 18:09
この回答がある質問
暴行

6年もの間、通知が届かないというのは異様な状況だと考えます。その通知を待つよりも、質問者さんの方から、直接その通知を発する官庁などに出向いて、責任者の方に問いただすことが肝要かと思います。また、その...

回答日 2013年08月15日 17:15
この回答がある質問
無免許運転

そもそも会社が質問者さんを解雇することが出来るかが問題になります。解雇は質問者さんの意思に反して労度契約を一方的に解約するもので、労働者の生活に大きな影響を与えます。よって、正当事由がなければ結局は...

回答日 2013年08月15日 17:02
この回答がある質問
解雇

相手が被害届あるいはもう少し強い告訴をした可能性があります。逮捕されるか否かは相手の傷害の程度、示談の有無、質問者さんの身元がしっかりしているか、示談の有無など様々な事情を考慮して捜査機関が決めます...

回答日 2013年08月15日 16:34
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

自己破産ができないというよりは、免責されないことの可能性が出てきたということだと思います。本来は破産する場合には、債権者の配当にするために質問者さんの財産を換価します。相続財産も質問者さんの資産・財...

回答日 2013年08月15日 16:27

車代の返済義務は生じないと考えます。理由としては①法律上は85万円の金銭の贈与ということになり、金銭のやりとりについて、恋人同士で書面等は無いでしょうから、民法550条の書面によらない贈与といえます...

回答日 2013年08月15日 16:13

たとえ、遺言があったとしても、相続人全員の合意があれば遺言とは異なる遺産分割をすることは可能です。ただし、今回は、長男さんが全部貰うという遺言ですので、長男さんが反対するでしょう。なお、質問者さんの...

回答日 2013年08月15日 15:57
この回答がある質問
財産処分・管理

よほどのことが無ければ、上告で原審がひっくり返ることは無いと思います。もしよほどのことが起きそうな場合には、速やかに代理人弁護士を依頼しても良いのではないでしょうか。

回答日 2013年08月15日 15:25
この回答がある質問
上告

あくまで、婚約破棄が「正当な理由が無く」すなわち「不当に」破棄された場合に損害賠償の問題になります。この「正当な理由がなく」とか「不当に」というのは、社会通念や個別事情等により異なりますので、まさに...

回答日 2013年08月15日 12:12
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

会社の行動が矛盾していると考えます。会社が御主人に退職を勧めているのですから、ご主人が今後の生活を考えて転職活動をするのが普通のことです。よって、会社が、一方で御主人に退職勧奨して、他方で、取締役が...

回答日 2013年08月15日 11:52

夫婦間でも金融機関(カード会社など)は個人情報を理由に開示をすることはしないと考えます。また、開示を求める理由が、「これから離婚をするかもしれないので、相手の借金の状況がしりたい」ということであれば...

回答日 2013年08月15日 11:43
この回答がある質問
離婚・男女問題

婚約破棄をされても、すぐ慰謝料を払わなければならない訳ではありません。正当な理由があれば、慰謝料を払わず婚約破棄も可能です。例えば、子供さんや介護などのやむをえない事情があれば、お金を払う必要がなく...

回答日 2013年08月15日 11:37
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

どうしようもない義理のお兄さんに出て行って頂くのが良いのですが、なかなか法的に義理のお兄さんの意思に反して出て行かせるのは困難です。よって、具体的に義理のお父さんの身の危険を感じるような事態になれば...

回答日 2013年08月14日 18:20
この回答がある質問
離婚・男女問題

質問者様のお母様の発言の意味は、「自分(質問者さんの母)はお嫁に行った身分だから、実家(の母や父、すなわち質問者様の立場からすると、質問者様の祖父や祖母)にはお金を払う必要が無い(親子のお金の貸し借...

回答日 2013年08月14日 18:00
この回答がある質問
契約・借用書

大きな怪我はないものの、少しの傷が残ったのですから、物損ではなく、人身事故として処理される余地があったかと思いますが、警察がいったん、物損として処理をした以上は人身事故に比べて警察の捜査を期待するこ...

回答日 2013年08月14日 17:49

給与は労働者(従業員)の根本的な権利であり、「店の中を混乱させた場合は」という少し曖昧な表現の取り決めによって、給与をカットすることは困難であると考えます。また、3名が突然辞職するというのは、確かに...

回答日 2013年08月14日 17:27
この回答がある質問
給料

弁護士を通さなくとも、誓約書を自由な意思で書かせ(強制的に書かせるのではなく)て、署名、押印等形式を揃えれば誓約書となります。ただし、確実にするのなら、公正証書にすることが肝要です。

回答日 2013年08月14日 09:42
この回答がある質問
契約・借用書

当然のように相手に損害賠償請求をすることは困難であると考えます。また、仮に請求が認められても、質問者様の過失が一定程度あるとして、過失相殺をされて、賠償金は低額になると予想します。ただし、その仕切り...

回答日 2013年08月12日 10:52
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

着信拒否設定にして良いと考えます。まず、御主人との一切の交流を断つわけではなく、メール等を使って連絡、子供との交流をできる余地を相手に残していますし、現実的に、質問者様が、着信があっただけで動悸が始...

回答日 2013年08月07日 11:20
この回答がある質問
別居

現在のお名前(再婚されて変わった今のお名前)とカード作成時(再婚前の旧姓)の名前が変わっているため、金融機関やサラ金業者などが、新旧の二つの名義人が同一人であることを確認するために、戸籍抄本では不備...

回答日 2013年08月07日 09:35
この回答がある質問
過払い金

たしかに、夫婦関係を壊すような不当な要求をしてきているのは、奥さんの方であると考えます。しかし、「脅迫」とは言いづらく、「不当な要求」をされたというのが、適切な表現であると考えます。よって、ただちに...

回答日 2013年08月06日 17:18
この回答がある質問
調停離婚

2,221 - 2,248 件を表示/全 2,248 件

現在営業中 09:00 - 19:00

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり