現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

現在営業中 09:00 - 19:00

みんなの法律相談回答一覧

調停は双方の合意が無ければ成立しませんので、求めること自体は可能です。調停委員も相手に聞いてくれるでしょう。しかし、強制はできませんので、相手方が拒絶すれば実現できないでしょう。

回答日 2017年11月06日 12:00

刑法上の強要罪に該当するようなことを弁護士がしたとなれば、違法であり捜査対象にもなるでしょう。ただ強要罪に該当するほどの違法性があるかという点は慎重に吟味されるでしょう。

回答日 2017年11月06日 11:58
この回答がある質問
脅迫・強要

男性に求償するうえで中絶の事実や誰の子どもかといったことは支障ないと思います。また、金100万円を払って示談することについても、事実関係を弁護士さんに直接話したうえで、その金額で示談するべきか検討さ...

回答日 2017年11月06日 11:53
この回答がある質問
不倫慰謝料

相手方からの反論や証拠によりますが、勝訴の可能性があるかと思います。ただ、認容金額次第では、満足しない(勝てたとは言えない)結果になることもあるでしょう。

回答日 2017年11月06日 11:49
この回答がある質問
不倫慰謝料

婚姻費用調停で、婚姻費用の計算をする際には、子供さんの数と双方の収入状況などが参考にされて、算定表などに従って決められることが通常だと思います。本心を話したとしても、大きな影響があるとは思えません。

回答日 2017年11月06日 11:43
この回答がある質問
モラハラ

断定はできないものの、裁判になった場合に、法的な婚姻予約が成立したというような認定にはならないと思います。よって、婚約不履行ということにならないかと思います。

回答日 2017年10月02日 16:48
この回答がある質問
民事・その他

離婚したくないのであれば、よほどのことが無い限り、離婚訴訟になっても裁判官から離婚を命じれられることはないですからあまりご心配する必要は無いかと思います。なお、不貞相手への請求については、別途問題と...

回答日 2017年10月02日 16:35
この回答がある質問
不倫慰謝料

せっかく代理人弁護士さんを依頼したのですから、ご本人が出頭する必要はありません。裁判が進行し、和解が出来ない場合には、尋問を行う事が多いですが、その際には、ご本人が出頭する必要が出てくるかと思います...

回答日 2017年09月29日 15:15
この回答がある質問
裁判離婚

確かに、債権者の方の立場からすると、返信用封筒がついておらず、不親切に思われるかもしれません。しかし、仮に、債務者に一定以上の財産がある場合には、債権者として配当を受けることができるかもしれませんの...

回答日 2017年09月29日 15:09
この回答がある質問
借金

たとえ、雇用契約書が無いとしても、だからといって解雇や退職の説明を記載した書類を会社側が、出さなくてよいという事にはならないと思います。

回答日 2017年09月06日 11:07
この回答がある質問
不当解雇

まずは、相手方に示談による支払いを求めることが多いのですが、誠意ある対応が無い場合には、調停や訴訟をして一定の慰謝料額などを支払わせることは可能だと思います。証拠は必要ですが。

回答日 2017年09月04日 17:44
この回答がある質問
傷害

おそらく、書面作成のために、警察が仲介にはいるようなことは、まず、しないはずです。むしろ、弁護士に頼むように指摘されると思いますが。。

回答日 2017年09月04日 17:37

正当な理由のない解雇であると思います。まずは、書面で、解雇理由を記載したものを出すように要請されてはどうでしょうか。

回答日 2017年09月04日 17:33
この回答がある質問
不当解雇

現在の法律上は、縁をきることはできないですので、事実上連絡を絶ち、会うことをしないなどの対応を取るほかありません。相続等が発生したら相続人となってしまいますが、相続放棄や遺言を作成しておくなどの対応...

回答日 2017年09月04日 17:30
この回答がある質問
離婚・男女問題

内縁破棄の理由によると思います。そして、どのような損害受けたのかについても、訴える側が証明する必要があります。証拠も必要でしょう。

回答日 2017年09月04日 17:19

その風俗に通った回数や風俗に通った結果、婚姻関係が破綻するに至ったことなどを証明することも必要でしょうから、慰謝料の支払いを裁判所に認めてもらえるとは限らないと思います。

回答日 2017年09月04日 17:15
この回答がある質問
離婚慰謝料

相手方が離婚に同意するなら、可能です。協議離婚や離婚調停で成立となります。相手方が拒否した場合、裁判官が判決で離婚原因があると判断するかが問題ですが、難しいかと思います。

回答日 2017年09月04日 17:07
この回答がある質問
離婚原因

なかなか裁判所が慰謝料を認めてくれるような判断はしないと思います。相手方との任意による示談・支払いならともかくですが。。

回答日 2017年09月04日 17:01
この回答がある質問
インターネット

離婚とは別に、貸主と借主である質問者さんの関係で、返済日や方法などがどのようになっているのか、そもそも、贈与なのか貸借なのかにより左右されると思います。

回答日 2017年09月04日 16:57
この回答がある質問
離婚・男女問題

むしろ、言った言わないということにならないように、メール、書面、録音など、あとあと経緯を説明できるような形にするものだと思います。

回答日 2017年09月04日 16:48
この回答がある質問
消費者被害

内容次第では、第三者の方に了承を得たりすることはあると思います。他方で、対立している当事者に対しては事前に了承などは得ることもしないでしょう。

回答日 2017年09月04日 16:41

相手方の職場の総務などに話をするというのは、避けた方が良いかと思います。無用なトラブルになりかねませんので。婚姻費用の未払いについては、例えば離婚時の財産分与の計算や調整のなかで差引、加算などするこ...

回答日 2017年09月04日 16:38
この回答がある質問
婚姻費用

婚姻費用の調停のなかで、事情を調停委員に伝えて、まとまった金銭を相手方に支払ってほしいという要望をだすことはできるでしょうが、当然に、相手方に支払わせることはできないと思います。離婚後に、財産分与の...

回答日 2017年09月04日 16:34

国民健康保険の手続きをしようとしても、役場で断られると思います。夫側の健康保険組合や会社のしかるべき部署において、まずは扶養から外す手続きをしてもらい、その手続きを済ませることを先にするように言われ...

回答日 2017年08月04日 19:06

財産分与はきちんとすんでいないようですし、また、養育費関係の問題もあるようです。財産分与のち調停や離婚後の紛争調整調停等を正式に弁護士に依頼すると、その弁護士が、相手方の居所、住所を、合法的に調べて...

回答日 2017年08月04日 18:37
この回答がある質問
不動産・建築

相手方は質問者さんの住所は知らないと状態が守られれば、いったんは行政書士が相手からの手紙を受け取るはずで、その内容も確認してから、質問者さんに渡すのではないでしょうか。なお、内容証明の内容しだいでは...

回答日 2017年08月04日 18:33
この回答がある質問
離婚・男女問題

都市部や地方等場所にも左右されるので、一概に裁判官の数が決まっていることはないです。なお、調停委員の変更は認められることはほとんどないので、調停不成立にして審判に移行できる事件ならそのようにするか、...

回答日 2017年07月07日 11:50
この回答がある質問
養育費

仮に妻側が弁護士さんをつけたとして、直ちに、夫側の退去が強制されることに繋がりません。また、離婚を拒否し続けると、最終的に離婚訴訟で裁判官が離婚原因の有無を認定することになるでしょうが、性格の不一致...

回答日 2017年07月07日 11:45

ゴルフも飲み会も、ただちに、不貞関係を推認させるようなものではないとは思いますが、日時や回数、場所その他の事情(遠方で宿泊か、同行者、必要性等)など、最終的には裁判官などの価値判断に左右されるかと思...

回答日 2017年07月07日 11:37

今の段階で、親権者の欄に質問者さんが自身を書いて届けてしまうのは避けるべきでしょう。相手方の真意が不明なままな状態ではなおさらです。仮に離婚調停になって親権が争点になったとしても、母親側が圧倒的に有...

回答日 2017年07月07日 11:26

151 - 180 件を表示/全 2,248 件

現在営業中 09:00 - 19:00

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり