現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名2,248 件/匿名:5件

異動が会社の人事権の濫用と言えるような場合には違法の可能性があるでしょう。異動の必要性や会社側の目的などから判断されるかと思います。

回答日 2014年07月24日 17:57
この回答がある質問
人事異動

会社次第でしょう。会社側が受け入れてくれたら、問題ないかと。

回答日 2014年07月24日 17:53
この回答がある質問
自己都合

裁判所の担当の書記官等から、具体的に裏付けとなる領収書などを提出するように言われるケースと言われないケースがあるかと思います。

回答日 2014年07月24日 17:52
この回答がある質問
自己破産

相手の弁護士がどこまで、強く「裁判にするよう」に言ってるかは不明ですが、相手本人は弁護士をつけてでも、残りの分は払わない意思が強いと推測はできます。

回答日 2014年07月24日 17:45
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

被告側の単純なミス誤記であれば、差し替え、訂正をすることもあるかと思います。

回答日 2014年07月24日 17:42
この回答がある質問
借地

地元の弁護士会で、当番弁護士について問い合わせることでも良いかと思います。

回答日 2014年07月24日 17:40

刑事処分と行政処分の結果等が異なることは、それほど珍しくはないでしょう。刑事処分は情状を考慮して、不起訴にしたのでしょう。

回答日 2014年07月24日 17:38
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

管財人の判断次第ですが、申立代理人弁護士が就いているなら、具体的な資料を直接見せて助言をもらうべきです。

回答日 2014年07月24日 17:32
この回答がある質問
自己破産

示談交渉で相手が任意で払わないというならば、最終的には訴訟ということになるかと。

回答日 2014年07月24日 17:25
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

相手方代理人は出席するでしょうが、相手方本人はケースバイケースです。相手方弁護士が、事案をみて、判断するでしょう。

回答日 2014年07月24日 12:58
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

子供さんが小さくても、子供さんの母親が法定代理人として、いつ訴えるかが問題でしょう・

回答日 2014年07月24日 12:57
この回答がある質問
養育費

家裁に養育費の減額調停を申し立てることで良いかと。必ずしも弁護士等を利用する必要は無く、必要書類等をそろえて申し立てることが可能です。

回答日 2014年07月24日 12:55

会社が内部で懲戒処分などをすることを期待できない現状では、一度弁護士に相談されるのことが良いでしょう。

回答日 2014年07月24日 12:53
この回答がある質問
セクハラ

地元には法テラスの事務所があるかと思います。収入、資産の条件がありますが、無料で3回ほど弁護士の法律相談を直接受けることができますし、さらに、代理人として弁護士に債務整理等を委任することもできます。...

回答日 2014年07月24日 12:52

元夫が支払い能力と支払い意思が無い場合には、息子さんが金融機関から承諾を得て、債務を引き受けて、かつ名義変更をしてもらう(元夫の承諾も得る)ことが一つの方法でしょう。金融機関が息子さんの審査をして通...

回答日 2014年07月23日 14:51

今後、会社から具体的な計算等が記載された書類が届いた時点で、その書類などを持参して、直接弁護士などに見せて相談されるべきかと。

回答日 2014年07月23日 14:43
この回答がある質問
退職

抽象的な言い分ですね。裁判所に持ち込まれたら、会社が迷惑料なるものを、立証することが難しいかもしれません。少なくとも、現時点では、会社に言われるがまま支払う必要は無いでしょう。

回答日 2014年07月23日 14:35
この回答がある質問
退職

まずは、会社に対して、書面で、どのような根拠で請求をしているのか、また、どのような損害が会社に具体的に発生したというのかなどを、説明を求めるのが良いかと。

回答日 2014年07月23日 14:30
この回答がある質問
退職

財産上の損害がどのようなものなのか、また、その損害が、本当に退職のあいさつを送ったことと因果関係があるのかどうかなどの、要件を満たすことなどが前提となるでしょう。

回答日 2014年07月23日 13:25
この回答がある質問
退職

微妙な問題ですが、示談ができずに、相手が被害届を出したしても、警察から勤務先に連絡がすぐ行くようなことは通常は無いのではないかと。

回答日 2014年07月21日 14:54
この回答がある質問
前科・不起訴

かりに、請求しても、裁判所は認容判決はしないと思います。

回答日 2014年07月21日 14:52
この回答がある質問
不倫

そもそも質問者さんが損害賠償をされることをしていないでしょう。また、携帯電話から使用者の氏名などを調べるには、合法的な手段は限られてますので、相手が調べることは出来ないので通常であると思います。

回答日 2014年07月21日 14:50
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

受け入れがたい調査事項や質問などをされたら、そのような調査などをする必要性があるのかの説明を求めるなどすればよいかと。

回答日 2014年07月21日 12:53
この回答がある質問
インターネット

法律関係者以外でも、組合や行政にも相談されて仲介を要請してもよいかもしれません。

回答日 2014年07月21日 12:44

債権者に、主債務者である彼の支払い状況などを、確認することが先決でしょう。

回答日 2014年07月21日 12:22
この回答がある質問
連帯保証人

勤務先宛てに内容証明を郵送すればよいかもしれません。なお就業規則にはどのように自主退職のときの手続きが記載されているかを確認するべきかと。

回答日 2014年07月21日 12:20
この回答がある質問
退職届・退職願

不起訴で氏名は公表されないでしょう。もっとも世間の注目を集める事件なら、不起訴前にすでに、新聞などで公表されているかもしれませんが。

回答日 2014年07月21日 11:13

微妙ではありますが、不法行為として違法とまでは言えないでしょう。

回答日 2014年07月21日 11:03

2については影響は特に無いでしょうが、1と3については、難しいでしょう。郵便局は転居先を弁護士が聞いても、教えてくれません。

回答日 2014年07月21日 11:02

子供の連れさりをしたものが勝ちとならないように、裁判所も、連れ去りの態様等を考慮してくれるのが通常です。

回答日 2014年07月21日 10:41

1,471 - 1,500 件を表示/全 2,248 件

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり