現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

現在営業中 09:00 - 19:00

みんなの法律相談回答一覧

家裁に子供の引き渡しと監護者の指定の申し立てをするべきかと思います。

回答日 2014年07月28日 17:19
この回答がある質問
親権

不起訴を決めるのは検察ですから、検察でよいかと。

回答日 2014年07月28日 16:50
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

担当の検察官の連絡先ガ書かれた書類などがあれば、そこの事務官などに問い合わせることで良いかと。

回答日 2014年07月28日 12:30
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

その先輩や質問者さんの会社での地位、立場、権限、会社からの指示があったか、フロア掃除の必要性、拒否する自由の有無など、総合的に検討されるかと。

回答日 2014年07月28日 12:29

労働時間として賃金が発生することでしょう。

回答日 2014年07月28日 12:24

相手の弁護士に連絡をしたりすることが違法とはならないでしょう。ただし、質問者さんにも弁護士が就いているなら、その弁護士を通じて出すのもよいかと。

回答日 2014年07月28日 12:22
この回答がある質問
通常訴訟

法律上は同じ人と結婚することで何らかの不利益が具体的にあることは無いかと。

回答日 2014年07月28日 10:59
この回答がある質問
離婚・男女問題

戸籍上の記載が異なってくるという事、相続が発生したときに、お互いに相続権が無いこと、未成年者がいるときに、離婚前は夫婦共同で親権を行使していたのが、離婚後は片方が親権者となること、夫婦間の同居、扶養...

回答日 2014年07月27日 18:28
この回答がある質問
離婚・男女問題

調停や訴訟といった裁判所を通した手段のほかに、専門家など第三者を通じて交渉を再度することも可能かと。

回答日 2014年07月27日 16:59

絶対的な基準はありませんが、中絶費用のほかに、別途、50万円から100万円が多いのではないでしょうか。

回答日 2014年07月27日 16:54

少し高いかもしれません。100万円から300万円の間が多いのではないでしょうか。

回答日 2014年07月27日 16:52

可能でしょう。離婚したら、別居しなくてはいけないという義務はありません。

回答日 2014年07月27日 16:49
この回答がある質問
離婚・男女問題

申立代理人弁護士が就いていれば、弁護士から通知してもらっても良いかと。

回答日 2014年07月27日 16:48
この回答がある質問
自己破産

裁判は公開で行われるのですから、通知することが違法ではないでしょう。

回答日 2014年07月27日 15:54
この回答がある質問
不倫

現実問題として、塾側を裁判に引き込むことは難しいでしょう。

回答日 2014年07月27日 15:48
この回答がある質問
不倫

相続放棄をすれば初めから相続人にならなかったこととなるので、残りの相続人たちが処分などするでしょう。相続人がいなくなれば、家裁が選任する専門家が処分を進めるかと。また店をたたむのは、任意整理、自主廃...

回答日 2014年07月27日 15:32
この回答がある質問
財産処分・管理

会社の福利厚生規定などがどのように決められているかどうか不明ですが、たとえ、権利があるにしても、ご主人に奥さんを連れていく義務を履行させる事を強制すること等は出来ないでしょう。離婚時の財産分与などの...

回答日 2014年07月27日 15:29
この回答がある質問
離婚・男女問題

民事上の不法行為責任は問われれる事は無いでしょう。駅員などのような立場にある人物でなく、通行人等であればなおさらです。

回答日 2014年07月27日 14:06

可能です。もとより相手方の合意が必要ですが。

回答日 2014年07月27日 14:04

慰謝料の相場はおおよそですが、だいたい100万円から300万円ではないでしょうか。

回答日 2014年07月26日 14:17

そのこと自体で罪に問われることは無いでしょう。加害者自身が被害者を放置して逃走などすれば、保護責任者遺棄罪などに該当する余地はあるかもしれませんが。

回答日 2014年07月26日 14:14

断ること自体は可能ですが、相手が裁判所に面会交流の調停の申し立てなどをしてくるかもしれません。

回答日 2014年07月26日 14:11
この回答がある質問
面会交流

たとえば金融機関へいき、預金の解約手続きをする際に提示する必要があるかもしれませんし、不動産の遺産があるなら、法務局に行き、登記をする際に必要となるでしょう。

回答日 2014年07月26日 14:09
この回答がある質問
遺産分割協議書

確かに問題のある発言ですので請求自体はしても良いかと。ただし、慰謝料金額は裁判所に持ち込んでも、低額になる可能性が高いかと思います。

回答日 2014年07月25日 18:11
この回答がある質問
セクハラ

相手に言われるがままに応じる必要は無いでしょう。

回答日 2014年07月25日 18:07
この回答がある質問
賃料の交渉

弁護士に委任すれば戸籍などから弁護士が相手の住所をたどるでしょうから、一度証拠書類等を持参して弁護士に直接相談するべきかと。

回答日 2014年07月25日 18:06
この回答がある質問
ストーカー

体調を安定させるために、むしろ治療を受けた方がよいでしょう。確かに、どちらかといえば、不利な事情にはなるものの、大きな影響は無いかと。

回答日 2014年07月25日 18:03

確定から10年経過していることを確認したうえで、内容証明などで、時効援用を通知すればよいかと思います。

回答日 2014年07月24日 18:24
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

債権者集会の間隔はケースによるでしょう。それほど詰めて開く必要が乏しければ2回目や3回目は数カ月間隔が開くこともあるかと。

回答日 2014年07月24日 18:22
この回答がある質問
自己破産

なっとくできなければ最終的には調停、裁判などで争う事も考えられますが、それほど悪くない条件だと思います。ネット費用なども再度、交渉する余地は有るかと。

回答日 2014年07月24日 18:16
この回答がある質問
立ち退き料

1,441 - 1,470 件を表示/全 2,248 件

現在営業中 09:00 - 19:00

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり