現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

だからこそ、一度、弁護士に示談を含めて交渉してもらう方が安心かと思います。

回答日 2014年08月03日 18:00
この回答がある質問
契約・借用書

弁護士が質問者さんの事情を聴いて、それでも、引き受けて、かつ、相手が、質問者さんの雇った弁護士の同席を認めれば問題ないでしょう。

回答日 2014年08月03日 17:22
この回答がある質問
調停離婚

立ち合いを要請するまえに事前に費用、見通し、方針などを弁護士に相談に行かれるとよいでしょう。費用は弁護士によるでしょう。

回答日 2014年08月03日 17:09
この回答がある質問
調停離婚

内容証明は書くこと自体は資格はいらないでしょう。

回答日 2014年08月03日 16:54

必要以上に給与から差し引かれている可能性があるでしょうから、間に弁護士を挟んで交渉してもらった方がよいでしょう。

回答日 2014年08月03日 16:49
この回答がある質問
契約・借用書

自身で直接債権者側などと交渉してもよいでしょうが、法テラスや弁護士会などで弁護士の相談を受けるのもよいでしょう。

回答日 2014年08月03日 16:45
この回答がある質問
時効の援用

金融機関次第ですが、現実問題としては難しいでしょう。

回答日 2014年07月31日 13:57
この回答がある質問
連帯保証人

わざと負けることはしないでしょうし、そもそも、仕事を引き受けないでしょう。また得意分野によっては、弁護士が強い、弱いはあるでしょう。

回答日 2014年07月31日 13:56
この回答がある質問
労働

労基署等でもよいですが、弁護士からの内容証明などを先に出して請求をしてもよいかと。

回答日 2014年07月31日 11:38
この回答がある質問
パート・アルバイト

折り返しの電話などをすることなく、放置するべきかと。

回答日 2014年07月31日 11:33
この回答がある質問
ワンクリック詐欺

住民票の記載が別居になっていなくても婚姻費用の調停申し立てを家裁にすることは可能です。

回答日 2014年07月31日 11:32
この回答がある質問
性格の不一致

給与自体を差し押さえるので、振込先口座を変えても会社の所在地や代表者などを、法務局の登記情報で調べて、会社あてに差し押さえ命令が行くようにすればよいかと。また、会社役員であっても、そう何回も口座を変...

回答日 2014年07月31日 11:31

たしかに、保護のお金が質問者さんの預金などに紛れたら差し押さえのリスクがあるので、支給日には生活するためのお金を引き出しておくことも検討するべきかと。

回答日 2014年07月31日 11:25
この回答がある質問
民事・その他

書面で相手会社が、請求をする根拠を問いただすこともよいでしょう。相手がデータミスなどで誤解していることもあるでしょうから。記録を照合するのもよいかと。

回答日 2014年07月31日 11:23
この回答がある質問
インターネット

不当に婚約を破棄されたとして不法行為などを理由に損害賠償請求をすることができそうです。費用は法テラスのご利用などを検討されては。

回答日 2014年07月30日 17:22
この回答がある質問
中絶

通院自体に対する慰謝料のほかに、症状固定後に後遺症認定をとることで別途慰謝料が請求できる可能性がありますが、損害保険料率機構などに必要書類などを出すこととなります。

回答日 2014年07月30日 17:13
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

刑事事件として立件されるかは別として、違法で無効でしょうから、無視して解雇されるなどされたら、損害賠償の問題となるでしょう。行政の労働相談か弁護士に直接一度相談されることが良いかと。

回答日 2014年07月30日 17:09
この回答がある質問
脅迫・強要

期限が迫っていたり、最後通告だったりというよりも、このような虚偽のメールを送ること自体が不当ですので、無視するべきです。

回答日 2014年07月30日 13:37
この回答がある質問
インターネット

相手の請求が権利の濫用などに当たるかどうか含めて一度、弁護士を通して交渉してもらってもよいかと思います。

回答日 2014年07月30日 13:34
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

民事上は不法行為でしょうが、刑法上は侵入罪でしょう。

回答日 2014年07月30日 13:31
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

民事上は不法行為や不当利得でしょうが、刑事事件としての立件は難しいかと。

回答日 2014年07月30日 11:10
この回答がある質問
贈与

費用が掛かるでしょうが、弁護士に同行してもらい、告訴状なども助言してもらってもよいかと。

回答日 2014年07月30日 11:07
この回答がある質問
戸籍と姓

少額訴訟を起こすこと自体は簡単かもしれません。ただし、証拠を整理して臨むことが必要で短期間で裁判所を説得しなけてはなりません。

回答日 2014年07月29日 12:06

面会交流の必要性、面会交流をしても、問題はないこと、子供の福祉の観点からも必要性があることなどを記載してもよいかと。

回答日 2014年07月29日 11:57
この回答がある質問
審判離婚

特に影響はないかと。子供さんにとって権利である面会交流が、第2子誕生により不利に働くことはないかと。

回答日 2014年07月29日 11:54
この回答がある質問
養育費

相手の住所地を調べて管轄の家庭裁判所に面会交流調停を申し立てて月1回の面会は実現できるかと思います。

回答日 2014年07月28日 17:37
この回答がある質問
養育費

書類の追加を指示されたりして遅れることがなければだいたいは、1月から2か月ぐらいが多いかと思います。

回答日 2014年07月28日 17:33
この回答がある質問
症状固定

返還約束があったことを請求する質問者さん側が最終的には立証する必要があります。直接の契約書などがなくても、ほかの間接的な証拠を集めることが必要でしょう。

回答日 2014年07月28日 17:31
この回答がある質問
借金

逆に虚偽の事実で告訴などすれば、その女性が名誉棄損になってしまうこともありますので、一度、弁護士に相談して、示談交渉などを含めて警告してもらうことも検討してもよいかと。

回答日 2014年07月28日 17:26

書面にて正式に相手が請求書などを郵送してくるまでは、支払いなどをせずにいたほうが良いです。

回答日 2014年07月28日 17:21
この回答がある質問

1,411 - 1,440 件を表示/全 2,248 件

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり