現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名2,248 件/匿名:5件

形式上は契約者が相談者の方になっているとしても、実質(支払いをしている方)が、他に存在する場合には、その保険料の支払を毎月あるいは一括で誰が行っているのかを通帳の引き落とし記録や振込記録や払込記録や...

回答日 2018年12月04日 18:49
この回答がある質問
財産分与

協議によって相手方の同意があれば、もちろん変更可能です。協議が難しい場合には、面会交流の調停を家裁に申し立てて、最終訂には審判といった形で裁判官の判断を仰ぐことも検討されては。

回答日 2018年12月04日 18:45
この回答がある質問
面会交流

虐待も不貞行為(しかも別居後ではなくて、夫婦同居中の不貞行為があったことが大事)も証拠(客観的な証拠)次第で裁判官や調査官の判断も変わって来ると思います。虐待事案であれば、妻側の親権停止・親権の喪失...

回答日 2018年11月05日 18:48

調査会社に依頼することは自由だと思います。ただ、高額な費用もかかりますので、依頼事項をハッキリと伝えることはもちろんですが、決して法を破るようなことはしないで妻子の居場所を調査するように・・・と依頼...

回答日 2018年11月03日 19:51

亡き長男さんの法定相続人は遺言がなければ母親だと思われます。例えば、母親が代理人弁護士を依頼して、その代理人弁護士が、引き出された長男の遺産を取り戻すために不当利得や不法行為などを根拠にして引き出し...

回答日 2018年11月02日 18:23

そもそも、「逮捕の準備を弁護士がする」というような手紙の内容に疑問があります。捜査機関がすることだと思います。また、1週間以内に300万を振り込まないと刑事告訴するというのも疑問です。勝手に離婚届け...

回答日 2018年11月02日 18:17
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

訴状などに記載されている原告側の連絡先に電話あるいは書面で一括で支払うこと及び振込先を教えてほしいと伝えたうえで、振込みをすれば、原告側から取下げがされるかと思います。振込後、一応、裁判所にも、弁済...

回答日 2018年10月01日 15:48

勤務先が分からないと給与の差押えが難しいかと思います。場合により、コストがかかりますが、調査会社などで、現在の勤務先がどこかを調べてもらうことも検討されては。あるいは、共通の知人や親族を通して、現在...

回答日 2018年10月01日 15:44

合意自体は存在するのでしょうから、支払いを求めることはできます。しかし、問題は相手方が自主的に支払ってくれずに、拒否をした場合に、合意を裏付ける証拠を提出して、場合により裁判所を利用するなどしなけれ...

回答日 2018年10月01日 15:39
この回答がある質問
離婚・男女問題

会社から単身赴任を命じれらたということですから、質問者さんは、会社からのその命令に応じるということだけです。よって、調停で不利になることは無いと思います。

回答日 2018年10月01日 15:34
この回答がある質問
不倫慰謝料

例えば、身分証明書や戸籍謄本などを揃えて、その事務所へ赴き、相続人であることを示して、理解を求めて遺産調査に必要である旨を伝えて、教えて貰うということも検討されては。お父様が債務整理などの依頼や相談...

回答日 2018年08月31日 17:13

一定の費用負担はありますが、弁護士に依頼されることを検討されては。ご本人が未成年者ですので、法定代理人親権者が弁護士と契約・委任することになるのでは。示談交渉がまとまらなければ、調停といった方法もあ...

回答日 2018年08月31日 17:08

主張すること自体は可能です。調停ですので、双方の希望を主張することが予定されています。また、無理な主張ではないと思います。そもそも、質問者さんが、解決金を支払わなければならないような理由がないのです...

回答日 2018年08月31日 17:01
この回答がある質問
調停離婚

まず、慰謝料請求をすることは可能だと思います。ただ、相手方が支払わない場合には、強制執行をすることも考えなくてはなりません。また、親権は、夫が親権を取得することを了承すれば、譲ることは可能です。ただ...

回答日 2018年08月03日 20:31
この回答がある質問
離婚慰謝料

調停は離婚を強制されることはありませんし、いつ、離婚に応じるかも、調停委員会から強制されることもありません。また、いったん決まった調停期日を変更することを裁判所に申し立てすることも可能です。なお、鑑...

回答日 2018年08月03日 20:17
この回答がある質問
離婚・男女問題

相手方の言われるままに支払う義務はありません。金額が適正かどうかは、最終的には裁判所の判断を待つことになるかと思います。ただ、裁判は大げさで、早期解決をするのであれば、自身の経済力や謝罪の気持ちなど...

回答日 2018年08月03日 20:11

例えば、離婚後であれば、家庭裁判所に に離婚後の紛争調整調停を申し立てて、調停を通じて所有物の返還を求めたり、一定の金銭の返還を求めます。調停成立となれば、調停調書に記載されます。そうなれば、相手...

回答日 2018年07月06日 16:12
この回答がある質問
離婚・男女問題

自主的に相手方が払ってくれるなら、特に問題は無いと思いますが、そのような相手では無い場合には、最終的には強制執行することとなります。ただ、支払い能力、資産がなければ、回収できずに終わるリスクがありま...

回答日 2018年07月05日 18:29
この回答がある質問
離婚・男女問題

離婚すると夫婦は他人となりますので、配偶者として相続権はありません。しかし子は親の法定相続人となります。遺言などがあったとしても、子には、遺留分がありますので、一定程度は相続します。

回答日 2018年07月05日 18:23
この回答がある質問
養育費

金額は3万円であれば、相手方が正式に弁護士に依頼することは通常はコスト倒れになるので、そこまではしないと思います。無料の市役所の相談などへ行かれて、助言をもらうことはあるでしょう。借りたのは事実であ...

回答日 2018年07月05日 18:20
この回答がある質問
借金

離婚後3年以内でれば、可能ですが、不貞については後々うやむやにならないように、証拠化しておくことが良いと思います。

回答日 2018年07月05日 18:14

調停は相手方の合意が必要です。相手方の合意があれば、返還される可能性が無いわけではないと思います。また、離婚することになったら、財産分与や慰謝料の問題が争点になるかもしれません。その時、過払い分の婚...

回答日 2018年07月05日 18:07
この回答がある質問
婚姻費用

原告からの暴言や暴力を主張したとして、「証拠が無いから裁判官はただ、仲が悪いとだけの判断をする」とは限りません。そのモラハラの中身、具体性などを吟味されると思いますが。もちろん、証拠があった方が良い...

回答日 2018年06月08日 20:16
この回答がある質問
モラハラ

カード会社からキャッシングしているというだけでは、賃貸借契約を締結するのに、通常は支障はないかと思います。遅滞もされていないようですし。

回答日 2018年06月08日 20:11
この回答がある質問
不動産契約

調停では相手方の合意が無ければ、離婚を相手方に強制することはできないです。調停は不成立あるいは取下げとなり、どうしても離婚したい場合には、訴訟提起し、裁判官から、離婚を認める判決を出してもらうことが...

回答日 2018年06月08日 20:07
この回答がある質問
離婚慰謝料

離婚自体は相手の同意があれば協議離婚により、離婚理由を問わず離婚可能です。親権は、主たる監護者が誰であったのかという点や、今後、子供にとって父母のどちらが親権者になった方が幸せかといった点(監護補助...

回答日 2018年05月07日 16:22
この回答がある質問
離婚・男女問題

直ぐに、慰謝料を支払う義務までは無いと思います。今後、仮に支払うにしても、慰謝料金額の相当性なども含めて、慎重に検討されては。なお、子供の権利ともいえる養育費の支払いと相手方の精神的苦痛を慰謝する性...

回答日 2018年05月07日 16:17
この回答がある質問
不倫慰謝料

相手方離婚に同意しない場合には、調停、訴訟へと進めて、最終的には裁判所によって離婚判決をもらうことが必要です。訴訟では、離婚原因について、訴えた側が証拠により証明することとなりますので、証拠の確保が...

回答日 2018年05月07日 16:11

例えば、相談者からの「和解に関する意見」という書面を裁判所及び相手方に出すことでもよいかもしれません。その中で、「相手方からの和解の提案について検討したところ、和解すること自体は良いけれども、しかし...

回答日 2018年05月07日 16:06

離婚自体については、当事者双方が同意すれば理由は問われることなく協議離婚できます。慰謝料と財産分与は、一応、別の問題であり、婚姻関係の破綻に責任がある側が、慰謝料を払うことが多いです。生活費が足りな...

回答日 2018年05月07日 16:02
この回答がある質問
性格の不一致

91 - 120 件を表示/全 2,248 件

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり