現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

現在営業中 09:00 - 19:00

みんなの法律相談回答一覧

家裁に審判を申し立てれば、それほど時間がかかることなく認められるでしょうし、弁護士は不要です。

回答日 2015年02月05日 18:26
この回答がある質問
親権

和解時点で他の点を排除して示談したかどうかでしょうが、請求できる余地はあるかと思います。

回答日 2015年02月05日 18:23
この回答がある質問
不当解雇

毎月保証会社に金銭を払うのは賃借人ですので、注意して契約してください。

回答日 2015年02月05日 18:22
この回答がある質問
家賃保証会社

有料で相談室が解決をしてくれるということだったのでしょうか。詐欺でしょう。

回答日 2015年02月05日 18:19
この回答がある質問
ワンクリック詐欺

答弁書などには、不知と記載してよいかと思います。

回答日 2015年02月05日 18:16
この回答がある質問
民事事件

店の管理下にあるものであり、窃盗罪になるかと思います。

回答日 2015年02月05日 18:15
この回答がある質問
横領

被害者に示談をしてもらい、その示談書などを捜査機関に提出して刑事罰を軽くすることの根拠にしてもらうように求めることが考えられると思います。

回答日 2015年02月05日 18:14

次回提出してもよいでしょう。もとより、証拠によって何を主張したいのかを添えて提出した方が良いでしょう。

回答日 2015年02月05日 18:11
この回答がある質問
調停離婚

調停も訴訟もいずれも本人だけで可能であることは事実ですが、訴訟は複雑な点があるので、代理人を就けることが多いでしょう。

回答日 2015年01月27日 12:09

訴訟に行く前の調停ん段階では、調停委員を通じて、柔軟な処理がなされることがあります。保険の事も含めて、調停の場で、主張、提案をしてみるとよいかと思います。

回答日 2015年01月27日 12:08
この回答がある質問
調停離婚

時効の援用をすることが、まずは良いでしょう。

回答日 2015年01月27日 12:05

メールも一つの証拠になりますし、関係者の陳述書なども提出しても良いでしょう。結論を急ぐというよりも、調停員の背後にいる裁判官が、現状が好ましくないと考えている可能性もあるのではないでしょうか。。

回答日 2015年01月24日 18:53
この回答がある質問
離婚届

大家さんが、下の人であろうと特定するのは、何かしら根拠があるのでしょう。その根拠を聞いて、警察に調べてもらい厳重注意などしてくれるように頼むことも検討されては。。

回答日 2015年01月24日 18:03
この回答がある質問
脅迫・強要

被害届もださないでしょうし、立件されることも無いでしょう。

回答日 2015年01月24日 18:01
この回答がある質問
盗撮・のぞき

たとえ家族でも、任意整理する債権者に対して、保証人などになっていなければ、影響はないかと思います。

回答日 2015年01月24日 17:33

まだ親権が決まって長期間たっていないのに、裁判所が親権を変更することは難しいような感じがします。現在は、親権者と監護権者が分離している状態ですので、裁判所が、子供の引き渡しを認めてくれる可能性もある...

回答日 2015年01月24日 17:31
この回答がある質問
離婚届

診断書以外にも、当時の状況をうかがわせる他の有利な証拠も収集しておくことでしょう。

回答日 2015年01月24日 17:27

住民票を移していれば、戸籍の附表をとることで、分かることもあるでしょう。

回答日 2015年01月24日 17:21

放置することが一番でしょう。多数の被害者がいると思います。

回答日 2015年01月24日 17:20
この回答がある質問
ワンクリック詐欺

一括がむりなら、分割払いを粘り強く提案することでしょう。また、家賃をたとえば、1回ぐらい払わないだけで当然に契約が解除されて強制退去という場合には、貸主の対応は疑問です。

回答日 2015年01月24日 17:11
この回答がある質問
強制退去

メールで受任通知をするのは珍しいと思います。普通は、書面などで、通知するのが多いと思いますが。

回答日 2015年01月24日 17:08

医師が過去の精神状況をさかのぼって診断して書いてくれるなら、可能性もあるでしょう。

回答日 2015年01月24日 17:05

民事で不法行為を根拠に訴える余地はありそうですが、認められても低額になるかと思います。

回答日 2015年01月24日 17:01
この回答がある質問
離婚・男女問題

勤務先に捜査機関が、捜査に行ったり、聴取に言ったりは通常は無いでしょうから、勤務先に発覚する可能性は低いと思いますが。

回答日 2015年01月24日 17:00
この回答がある質問
詐欺

仲介会社とはどのような業務をしているのでしょうか。債権回収会社が、差押を回避するなら、一括でネットの滞納料金を払えと言ってきたとかでしょうか。。

回答日 2015年01月22日 14:02
この回答がある質問
インターネット

相手が合意をして、かつ公証人が書面に記載することを了承した場合には可能かもしれません。しかし、離婚後にまで、成人の行動や居住地を制限することを約束させることは問題かもしれませんが。。

回答日 2015年01月22日 13:47

公序良俗に反するような内容は後日問題となる可能性があります。通常は、公証人がチェックして訂正をしてくれます。公正証書も結局は、相手の合意が必要です。

回答日 2015年01月20日 18:37

鑑定の強制はできません。ただし、鑑定を頑なに拒否するという態度自体が、裁判官の心証に影響を与えるでしょう。

回答日 2015年01月18日 15:21

単に認めるように説得、迫ることが刑法上の脅迫にはなることはないでしょうが、あとから、無理やり言わされた、書かされたなどといわれて、無効となってしまうこともあります。

回答日 2015年01月18日 15:19

有責配偶者であっても調停や訴訟の提起など自体はできます。ただし、最終的に勝訴判決をとることが難しいということです。和解狙いで、訴訟をする場合もあるでしょうし。

回答日 2015年01月18日 15:16
この回答がある質問
調停離婚

871 - 900 件を表示/全 2,248 件

現在営業中 09:00 - 19:00

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり