現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名2,248 件/匿名:5件

調査費用を相手方がそのまま支払うのであればともかく、支払わない場合には、最終的には裁判所が慰謝料と合わせてどこまでの調査費用額を認めるかどうか判断を仰ぐことになるかと思います。また、弁護士に相手方が...

回答日 2019年08月05日 18:09
この回答がある質問
離婚・男女問題

強制されることではないので、交わしたくないのであれば、交わす義務はありません。もし、質問者さん側で、積極的に、これこれの条件を明記してほしいという希望があれば、追加で明記することを要請したりすること...

回答日 2019年08月05日 18:03
この回答がある質問
セクハラ

初回期日は原告と裁判所の都合で一方的に決められてしまいますので、都合が悪ければ、欠席する(ただし、答弁書などを出す)ことで対応できると思います。2回目以降は、双方当事者の都合も考慮して決めてくれるは...

回答日 2019年08月05日 17:58
この回答がある質問
調停離婚

養子縁組の解消は調停や訴訟よりも、まずは協議離縁をできるかを検討されてはどうでしょうか。お返しすることは、相手方の了解があればもちろん可能だと思います。

回答日 2019年08月05日 17:55
この回答がある質問
相続

労基署は労働者が労働基準法違反の申告をすると、会社側から事情聴取などを行い法に違反していると判断した場合には、是正勧告など行政指導をしてくれる可能性はあります。ただ、本件の場合に対して、どこまで対応...

回答日 2019年07月04日 18:40

健常時にその加害者が成人していて、その後、その加害者が精神障害者になったからといって直ちに家族に金銭の返還請求ができることにはならないです。家族が加害者本人の犯行に加担していたという特別の事情があっ...

回答日 2019年07月04日 17:10
この回答がある質問
横領

そもそも、会社が被った損害が400万円近く会ったのかが疑問があります。可能であれば、書面で会社が400万円近くの損害を請求してくる根拠や資料を示してもらい、その根拠や資料を確認してから妥当な金額であ...

回答日 2019年07月04日 17:00

再度の調査が必要であると思いますが、一番詳しいのは裁判所書記官ですので確認されてはどうでしょうか。当時の担当書記官は異動してしまっているかもしれませんが、2年前に調査書を提出したことは裁判所の記録に...

回答日 2019年07月04日 16:56
この回答がある質問
婚約破棄

少なくとも、相手方にご自身が再婚したことを伝える義務はないです。なお、元妻が再婚したかどうかといったことについては、仮に今後、養育費減額調停申し立てをされる場合には調停を通じて分かると思います。

回答日 2019年06月05日 17:19
この回答がある質問
離婚・男女問題

減額するように相手方に要請したり、一括払いは厳しいので分割払いでと要請したりして、相手方の更なる回答待つことも検討されてはどうでしょうか。仮に、相手方が、裁判や弁護士を立てるとなるとコスト的にも相手...

回答日 2019年06月05日 17:03
この回答がある質問
離婚・男女問題

判決では、裁判所が決めてくれます。例えば「被告ら(2人の被告)は原告に対し、連帯して金100万円を支払え。訴訟費用は・・分の1を原告の負担として、被告・・は・・分の1を負担し」などといったような形で...

回答日 2019年05月08日 17:21
この回答がある質問
不倫慰謝料

分割払いを原告が受け入れてくれるかその他、柔軟な解決が可能かどうかといった交渉は、原告(原告代理人)側に対して、具体的に希望を述べてみることは可能だと思います。なお、求償は実際に支払いが行われた後に...

回答日 2019年05月07日 14:43
この回答がある質問
不倫慰謝料

控訴審での、各自の代理人弁護士費用は、控訴段階では、各自が負担することになるのが通常であろうと思われます。また弁護士費用のほかに、収入印紙や切手などを裁判所に控訴する側が控訴する時点で、まずは納める...

回答日 2019年05月07日 11:57
この回答がある質問
不倫慰謝料

期間の定めのある労働契約の場合、民法628条により「やむを得ない事由」があれば直ちに契約を解除し退職可能です。そして、やむを得ない事由が労働者の過失により生じたものである場合には、使用者は労働者に対...

回答日 2019年05月07日 10:12

⓵については、裁判官の価値観や事実認定にも影響されるでしょうが、慰謝料金額に影響する可能性はあると思います。⓶については、和解は強制できませんので、判決に向うと思います。③について、和解のメリットと...

回答日 2019年05月07日 10:02
この回答がある質問
不倫慰謝料

Aさんが、弁護士に破産の相談をしているだけの段階であれば、任意に当事者間で関係を解消するなどして間に合う余地があるかもしれません。ただ、弁護士がAさんから正式に破産の依頼を受けて、受任通知をご主人に...

回答日 2019年05月07日 09:47
この回答がある質問
連帯保証人

裁判所から送付されてきた書類の中に異議の申し立てをする場合の手続きや説明がある書類等が入っているかもしれません。また担当の書記官の連絡先が書いてあるかと思いますので、そこに直接連絡するなどして、異議...

回答日 2019年04月02日 18:00
この回答がある質問
連帯保証人

一定金額を質問者さんが支払いをする際に、書面を残すことになるかと思います。その合意書に質問者さんの上記希望を条件として明記してもらうことが考えられます。なお、習い事の先生がその婚約者から「婚約破棄」...

回答日 2019年04月01日 19:09

自己破産を検討する前に、まずは、届いた書面の内容を確認し疑問点や反論するポイント等がないかを地元の弁護士さんに相談するなどして一緒に検討した方が良いです。破産についても当然に免責が認められるわけでは...

回答日 2019年04月01日 18:59
この回答がある質問
連帯保証人

契約書を確認された方が良いかと思いますが、おそらく単なる保証人ではなく、他の先生も言われているように連帯保証人となっていると思われます。債権者は、その場合、事前に連絡するといった法的な義務は無いため...

回答日 2019年04月01日 18:56

たとえ質問者さんが、自身の代理人弁護士を付けたとしても、相手方の住民票などが閲覧制限されていれば、質問者さん側の代理人弁護士であっても閲覧することは難しいかもしれません。また、たとえ現在の居場所が分...

回答日 2019年03月14日 18:36
この回答がある質問
面会交流

調停条項に記載がなく、あくまで金銭消費貸借契約の当事者に質問者さんが入っていないということであれば、そのような請求に応じ義務はありません。元妻は婚姻中の日常家事債務の事を言っているのか、あるいは結婚...

回答日 2019年03月14日 18:26

相手方はNPO法人になるでしょうが、その法人とは、そもそもどこなのかをご両親から確認しておいた方が良いかと思います。ご両親あるいは片方の親御さんが死亡された後に、相談者さんが、その法人に内容証明郵便...

回答日 2019年03月04日 16:24

例えばですが、弁護士に養育費減額調停事件などの依頼を正式にされて、その弁護士が、調停などのために必要性があるということで、元妻の戸籍などを調査することがあります。再婚しているのか、子供は新しい夫と養...

回答日 2019年03月04日 16:18
この回答がある質問
養育費

信頼関係を破壊するような事由があるか疑問です。「鳩が来てるけれども、綺麗にしない・・・」というだけですね。退去を求めるという趣旨のハガキ・書面をもって、直接お近くの弁護士に相談された方が良いかと思い...

回答日 2019年03月04日 16:13

現在の時点で、果たして警察が逮捕という強制的な身柄拘束をするまでの必要性・緊急性があると考えるかは疑問です。ただ他の先生が言われるように、警察には相談や過去の被害の申告は、きちんとしておくべきかと思...

回答日 2019年03月04日 15:57
この回答がある質問
ストーカー

調停は相手方に強制できないというデメリットがあります。調停を取り下げるなどして、認知訴訟をした方が早いかと思います。鑑定の結果が出ていますので、判決も比較的早く出るかもしれません。

回答日 2019年02月04日 16:12
この回答がある質問
認知・親子関係

そもそも、妻側の代理人弁護士が、調停終了後の現在においても、相変わらず妻側の代理人であるのかを書面で確認された方が良いかもしれません。荷物の件は、本人同士で行ってくださいということになれば、そのよう...

回答日 2019年02月04日 16:10
この回答がある質問
調停離婚

断定はできないものの、過去の経緯など把握しているであろう同じ調停委員の方が、より適切な調停の運営をすることができるとして、再度担当する可能性はあると思います。担当裁判官は数年単位で春異動することが多...

回答日 2019年01月06日 09:13

損害賠償請求訴訟などとは異なり、共有物分割訴訟は相談者さん側の弁護士費用は請求できないのが原則です。ただ、和解条件として、相手方が、相談者さん側の弁護士費用を含めて一定の金銭の負担をするといったよう...

回答日 2019年01月06日 09:02
この回答がある質問
調停離婚

61 - 90 件を表示/全 2,248 件

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり