現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名2,248 件/匿名:5件

債務の連帯保証人などになっていないのに、職場やご家族の方へ連絡をしてくるようなことは迷惑であるので今後はやめることは勿論、同時に、少額であるが、少しずつの毎月の分割払いであれば、支払う用意があるので...

回答日 2021年01月07日 17:47
この回答がある質問
借金

少なくとも、要求されるままを払うことは避けた方が良いです。本当にそれだけの費用が相手方側に発生しているかの資料も提示されていない状況なら、いっそう払うことは避けた方が良いかと思います。当事者や両親間...

回答日 2020年12月03日 19:43

おそらく2名の調停委員がいると思います。調停委員を通して、相手方の財産分与についての姿勢を、それとなく聞いてもらうということも検討されてはどうでしょうか。離婚後2年を過ぎると財産分与の請求ができなく...

回答日 2020年12月03日 18:11

このまま質問者の方が何もしなければ、高裁で、第1審で認められた金額の増額を認めてくれる判決が出されることはないです。そこで、質問者の方も附帯控訴状を第1審裁判所又は控訴裁判所に提出することで、第1審...

回答日 2020年11月04日 17:29
この回答がある質問
控訴

①については、離縁が成立すれば面会交流をさせる必要は無いかと思います。⓶については、直接的な面会交流が難しい場合であると、調停委員会に説明して、交流を拒否すると主張すればよいと思います。ただ、将来的...

回答日 2020年11月04日 17:03

放置するよりは、事務所の方へ連絡し相続放棄した旨を伝えたり、場合によっては、相続放棄して家庭裁判所に無事に受理されたことを示す相続放棄申述受理証明書を家庭裁判所で取得して、それを事務所に示す(郵送な...

回答日 2020年05月12日 15:27
この回答がある質問
相続放棄

1についてですが、多くの場合は相手方が負担することになると思います。2についてですが、顔を会わせることは必須ではありません。3についてですが、調停調書などがなく、協議離婚書などで決めた場合だけなら、...

回答日 2020年05月12日 15:24

特に内容証明で返事する義務はありません。メールでも文字として「どのような内容の回答を、いつ、送ったのか」が残りますので、大丈夫だと思います。

回答日 2020年04月11日 17:52

嫌がらせの目的が確定的に相手方に存在するのかについては、相手方の主観のことですので断定はできないですが、質問者さんが嫌がらせなのか?というように受け取るのは仕方ないと思います。メールなどに比べて、内...

回答日 2020年04月10日 18:17

裁判所の訴状とは違い、内容証明郵便に対して回答しなくても直ちに不利益なことは無いと思います。そもそも、相手方から一方的に送付されてきた内容証明に対して回答する義務まではありません。ただ、相手方が、質...

回答日 2020年04月10日 13:53

少なくとも、前科が残るような事態にまでは至っていないと思います。そもそも検察官による起訴、不起訴という判断すら出ていないようです。前歴が残るというのは、逮捕歴が残るという意味なのかもしれません。余罪...

回答日 2020年03月09日 19:21
この回答がある質問
窃盗・万引き

賃金仮払い仮処分を申し立てたけれども、決定で命じられた範囲が給与全額ではなく裁判所が必要と認めた額と期間にとどまっているため不服があるということですね。即時抗告を決定を受けた日から2週間以内にするこ...

回答日 2020年02月07日 15:18
この回答がある質問
仮差押え・仮処分

少なくとも言われるままに全額を支払う義務はありません。早期解決のために、半額程度は任意で支払っても良いかもしれませんが。なお、訴訟や調停を申し立てられたとしても、裁判所からの関係書類は、本人の住所(...

回答日 2020年01月26日 17:41
この回答がある質問
中絶

相手方が弁護士に依頼するといっても、それは本格的な訴訟なのか、調停か、あるいは示談交渉なのかによって時間のかかり方が異なると思います。また、謝罪を伝えたいのであれば、あとあと言った言わないという争い...

回答日 2019年12月26日 15:55
この回答がある質問
不倫慰謝料

婚姻費用分担請求ということでしょうか。旦那さんが無収入で、妻側が一定の収入がある場合に、支払わなければならないかどうかは協議でまとまらなければ、調停ひいては裁判所が審判という形で示してくれるかと思い...

回答日 2019年12月26日 15:49
この回答がある質問
離婚・男女問題

親権変更の調停を申し立てれば、いずれ家庭裁判所の調査官調査により子供さんの生活実態や現状についての情報がある程度は分かると思います。親権者変更を裁判官が認めるまでにはハードルは高いと思いますが、相手...

回答日 2019年11月26日 18:55

可能性という事を考えれば、仮に、謝罪をしていたとしても訴えられる可能性は残りますし、謝罪をしていなくても、一切の請求がなされないまま不問に付されることもあり得ると思います。仮に訴えられても、民事で高...

回答日 2019年11月26日 18:44
この回答がある質問
器物損壊

欠席の理由にもよるかもしれませんが、予め調停委員会と当事者の間で合意した調停日を正当な理由もなく欠席し続けると、いずれは、調停委員会の判断で調停は不成立となり、審判がされる流れになるかと思います。ま...

回答日 2019年11月03日 17:47
この回答がある質問
面会交流

そもそも、被害者とされる方が、警察に被害届をだすのかも不明です。仮に被害届等を出され警察が動いたとしても、逮捕ではなく、まずは、任意で話しを聴かれることから始まる可能性が高いと思います。

回答日 2019年11月02日 18:24
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

その同意書を証拠として訴訟提起をして債務名義を取得し最終的には強制執行することで回収することも可能ですが、時間とコストかかかるため、調停(但し、相手方が出頭し合意することが必要)を申し立てて調停調書...

回答日 2019年11月02日 18:16

家裁の調査官と調停委員(多くは2人)は別だと思いますが、果たして相手方の言っていることが事実か虚偽か、あるいは相手方が、子供に何らかの影響を与えているのかどうかといったことを上記の方々が、見抜いてく...

回答日 2019年11月02日 17:52
この回答がある質問
面会交流

一概にどちらが妥当であるとは言いにくいと思います。ただ、相手の弁護士さんと交渉するうえで、気を付けることは、書面やメールなど文字で残るような形で質問者さんが「いずれは離婚しても良い」というようなやり...

回答日 2019年10月02日 19:03
この回答がある質問
離婚回避

家庭裁判所で相続放棄の申述をしてみてはどうでしょうか?理由が理由ですので、裁判官の判断で相続放棄が認められる可能性もあるかと思います。

回答日 2019年10月02日 18:04
この回答がある質問
相続放棄

絶対とは言いませんが、少なくとも審判に移行すれば裁判官が算定表の範囲で養育費が決められると思います。なお、婚姻費用分担請求の調停か審判申立の時期は早めにした方が良いかもしれません。別居時点ではなく、...

回答日 2019年10月02日 16:33

まずは、協議による交渉の場で、離婚条件や修復する場合の条件の出し合いなどをして、互いの条件や意思が合致しない場合には円満調停や離婚調停の場で協議し、その調停でも離婚か修復するのかといったことや、条件...

回答日 2019年10月02日 16:26
この回答がある質問
離婚回避

ご友人の住所が判明しているのであれば、支払い督促や訴訟を提起し判決を取得し、給与を差し押さえる手続きをとることが可能です。ただ、給与の全額を差し押さえることにはならないですので注意が必要です。

回答日 2019年10月02日 16:15

お金が続かなくなったかどうかと、離婚に応じる義務とは一致しないと思います。離婚は協議であろうが、調停であろうが、拒否することもできます。ただ、別居が続いて、裁判官が最終的に妻からの離婚請求を認める判...

回答日 2019年10月02日 16:03
この回答がある質問
別居

200万の示談金には、中絶費用、その他の実費、精神的苦痛の慰謝料、仕事が当面できないことの補償、口外禁止など一切を含めてのことかもしれませんので、高額すぎるというわけでもなく、低すぎるともいえないよ...

回答日 2019年09月04日 16:45
この回答がある質問
中絶

弁護士としてはあとあとのトラブルを避けるためにも、裁判所に提出する前に、弁護士が作成した書面を、まずは、依頼者にサンプル(案)を見せて確認してもらったりすることが多いのではないでしょうか。また、相手...

回答日 2019年09月04日 16:38
この回答がある質問
準備書面

遺産分割協議は相続財産について相続分を有していることを前提に、それを処分するものであって、法定単純承認事由たる相続財産の処分に該当するため、遺産分割協議後(少なくとも協議書を作成し署名捺印した後)は...

回答日 2019年09月04日 16:30
この回答がある質問
遺産分割協議

31 - 60 件を表示/全 2,248 件

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり