現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名318 件/匿名:0件

質問者さが相手への不満を言えば言うほど、夫婦関係は修復が困難であると調停委員が考えるかもしれません。しかし、離婚調停は合意がなければ不成立になるでしょうから、恐れる必要はないでしょう。

回答日 2014年09月21日 15:27
この回答がある質問
調停離婚

おそらく管理料とか手数料という名目で料金を取る弁護士が多いのでは。但し、訴訟や調停を依頼した弁護士にそのまま依頼するなら、着手金などに含まれているとして、預かりに関しては、サービスで対応してくれる場...

回答日 2014年09月19日 19:23

詐欺の事は書面でも、口頭でもきちんと説明することで良いでしょうし、基本的には申立代理人が同席して適切に対応してくれるでしょう・

回答日 2014年09月19日 17:36
この回答がある質問
自己破産

会社での人間関係もあるでしょうから、まずは内容証明などで請求をすることで良いかと。貸した証拠としてメールや振込記録なども確保しておくべきかと。

回答日 2014年09月06日 12:19
この回答がある質問
契約・借用書

相手の主張をそのまま受け入れる義務はないでしょう。弁護士が同席したからと言って法的な効力が変わるとは思えませんが。

回答日 2014年09月06日 12:12
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

本当に50万円の金額が妥当かは疑問です。納得できない点があるなら、少なくとも、相手方に言われるがままの金額を払う必要はないでしょう。

回答日 2014年09月03日 16:02
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

弁護士がどのような意図であれ、背任という表現は不適切なものでしょう。誤解を与えることを依頼人に述べるのは、不適切です。真意は、刑事や民事事件などにするという意図ではないでしょう。追加の弁護士費用も払...

回答日 2014年08月28日 18:30
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

相手方が、子供に嫌われていることを自覚している場合には、面会交流を拒否されることを見越して、あえて調停申し立てをしてこないという可能性もありますね。

回答日 2014年08月25日 12:58
この回答がある質問
養育費

立証責任は、相手方にありますので、放置すればよいかと思います。

回答日 2014年08月10日 17:39
この回答がある質問
消費者被害

離婚前は婚姻費用、離婚後は養育費です。養育費は例えば子供さんが20歳まで毎月数万円を払うというものです。多くの場合は、裁判所は、算定基準に従って決めることが多いでしょう。

回答日 2014年08月10日 17:25
この回答がある質問
離婚届

無償であれば使用貸借契約になるでしょうから、期間の定めがなければ、使用目的がすでに終了していれば、明け渡しを請求できるでしょう。強制的に明け渡しを実現するには、債務名義を取る必要があります。

回答日 2014年08月06日 11:05
この回答がある質問
不動産・建築

裁判官が当事者がこれまで双方提出してきた資料等を基に、算定基準などに基づき、比較的形式的に決めるかと思います。

回答日 2014年08月05日 15:53
この回答がある質問
家事審判

刑事事件として立件されるかは別として、違法で無効でしょうから、無視して解雇されるなどされたら、損害賠償の問題となるでしょう。行政の労働相談か弁護士に直接一度相談されることが良いかと。

回答日 2014年07月30日 17:09
この回答がある質問
脅迫・強要

期限が迫っていたり、最後通告だったりというよりも、このような虚偽のメールを送ること自体が不当ですので、無視するべきです。

回答日 2014年07月30日 13:37
この回答がある質問
インターネット

逆に虚偽の事実で告訴などすれば、その女性が名誉棄損になってしまうこともありますので、一度、弁護士に相談して、示談交渉などを含めて警告してもらうことも検討してもよいかと。

回答日 2014年07月28日 17:26

法律上は父親が相手の保証人等になっていなければ難しいです。

回答日 2014年07月27日 16:46

離婚の協議の場で、独身時代や親から固有に貰った相続財産等は除外して、専業主婦がご主人の働きに貢献したのは、あくまで結婚してから別居までの限られた機関であるとして、退職金の計算などがされることは有りま...

回答日 2014年07月27日 15:37
この回答がある質問
離婚・男女問題

管財人も裁判所に選任されていて、報告等する義務などがありますので、好きに出来るわけではないです。金融機関や裁判所と相談しながら、管財人の判断で行われるかと。

回答日 2014年07月25日 17:56
この回答がある質問
自己破産

会社次第でしょう。会社側が受け入れてくれたら、問題ないかと。

回答日 2014年07月24日 17:53
この回答がある質問
自己都合

今後、会社から具体的な計算等が記載された書類が届いた時点で、その書類などを持参して、直接弁護士などに見せて相談されるべきかと。

回答日 2014年07月23日 14:43
この回答がある質問
退職

お客様相談室に送られたメールにアドレスが記載されていて、それを利用して、企業側が、警告の意味で削除を求める内容証明を質問者さん側に送ったということですので、違法とまでは言えないかと

回答日 2014年07月21日 14:57
この回答がある質問
インターネット

そもそも質問者さんが損害賠償をされることをしていないでしょう。また、携帯電話から使用者の氏名などを調べるには、合法的な手段は限られてますので、相手が調べることは出来ないので通常であると思います。

回答日 2014年07月21日 14:50
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

引受てくれる弁護士が見つからない場合には、法律相談の場をかりて、質問者さんが書いたものを持参して、直接担当弁護士に助言をもらう事を複数回すると良いかもしれません。

回答日 2014年07月19日 16:35
この回答がある質問
審判離婚

弟さんの件については、遺産分割協議が済んでいないなら、調停を申し立てて、引き出してしまった預金など確定して、相続分を要求することも考えられるでしょう。

回答日 2014年07月19日 15:10

金額は低額になる可能性もありますが、請求自体はできるかと。

回答日 2014年07月19日 11:54
この回答がある質問
離婚原因

連絡したり電話をしたりして、すぐに法的に違法になり訴えられることにはなりにくでしょう。弁護士は交渉するのが仕事でもあるので、連絡は直接することもあるでしょうから。

回答日 2014年07月19日 11:31
この回答がある質問
不倫

相手の誠実な対応を促す一つのきっかけとして、質問者さん側が弁護士特約等を使い代理人を窓口にすることも検討されては。特約などに入ってなくても、弁護士に交渉に入ってもらうと相手の対応が変わる可能性がある...

回答日 2014年07月18日 16:08

入れても問題ないかと。将来、問題が生じたら、誠意をもって双方が協議するという形にすれば、良いのでは。

回答日 2014年07月18日 15:57
この回答がある質問
親権

尋問後の提出しても問題ないでしょう。できれば会話の内容を書面化することが良いかと思います。また証拠説明書なども出すべきかと。

回答日 2014年07月18日 15:42
この回答がある質問
解決方法・相談先

調停については代理人弁護士だけが出頭することも可能です。ただし、離婚等が成立する期日には当事者本人が出頭することを求められます。円満調整調停が不調になっても、離婚を望む当事者は、裁判離婚を求めて、訴...

回答日 2014年06月30日 10:57

151 - 180 件を表示/全 318 件

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり