現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名318 件/匿名:0件

法的根拠としては、別の先生が指摘されている民法646条でしょう。むしろ、その弁護士の方に、「代理人が、依頼者の意思に反して所持できる法的根拠を示してください」と聞いてもよいでしょう。

回答日 2014年11月15日 15:14

ご主人が調停だけでなく、審判、訴訟までトータルに、弁護士と委任契約をしているのかどうかを、確認するべきでしょう。調停と訴訟は別の手続きですので、その弁護士とは、調停のみの契約である可能性もあるでしょ...

回答日 2014年11月15日 13:57
この回答がある質問
審判離婚

代表者が出頭できなくても、有効な委任状が裁判所に提出されたら、弁護士や司法書士が代わりに出頭します。但し、費用がかかりますが。

回答日 2014年11月15日 13:30

手書きもパソコンも、必要事項が書かれいてれば効力に変わりはないでしょう。二度手間を防ぐために、示談のサンプル、たたき台を作成して、事前に相手の了承を得られる見込みがあるかを確認してから、正式に作成し...

回答日 2014年11月10日 17:44

同じことを繰り返していたりなどの悪質な事情がなければ、家裁から、審判という形で、保護観察がつく可能性が十分あるでしょう。

回答日 2014年11月09日 13:58
この回答がある質問
無免許運転

家裁に婚姻費用調停を申し立てて、生活費を確保することが先決でしょう。ご主人からの離婚請求は有責配偶者からの離婚請求になる可能性が高いことから、離婚判決まで至るのは、なかなか無いのでは。

回答日 2014年11月08日 14:34
この回答がある質問
離婚原因

離婚調停で調停員を通じて、相手方に対して、調停離婚に応じる意思はなく、離婚訴訟になっても離婚することは、話合いがきちんとできるまでは、応じるつもりはないと伝える事でも良いかと。なお、質問者さんも弁護...

回答日 2014年11月08日 14:31
この回答がある質問
調停離婚

執拗に要求せずに、あくまで、お願いすることは違法にはならないでしょう。。

回答日 2014年11月07日 17:44

すくなくとも警察が弁護士に相談されたことを悪くは考えないでしょう。一度、直接弁護士の事務所を訪問して助言だけでも受けても良いかと。

回答日 2014年11月06日 18:30
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

着手金は返還してもらってください。弁護士会に苦情窓口があるかもしれませんので、相談してもよいかと。

回答日 2014年11月06日 14:56
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

当然には減額にはならないでしょう。示談の場で相手方の合意などがあれば別でしょうが。

回答日 2014年11月05日 15:19
この回答がある質問
不倫慰謝料

書面で理由を記載して、移送をしてもらうように裁判所に求めても良いかと。

回答日 2014年11月03日 17:47
この回答がある質問
審判離婚

とりあえず、支払いを求める書面を送ってはどうでしょうか。時効を援用されたら仕方ありませんが、分割でも任意に払ってくれる余地はあるかもしれません。

回答日 2014年10月29日 16:54
この回答がある質問
契約・借用書

相手に弁護士が就いていて、謝罪するということなので不貞は認めていることからすると、最低限、分割払いで払うという示談になるかもしれません。

回答日 2014年10月14日 15:24

条件をクリアすれば、法テラスを利用して、毎月1万円前後で弁護士を利用できるかもしれません。

回答日 2014年10月06日 17:04
この回答がある質問
不倫慰謝料

実際問題として、1円単位まで正直に申告、開示することまで双方期待することは難しいと考えます。もちろん、相手に弁護士が就いていて、弁護士が共犯として隠すことを指示していたら、大きな問題でしょうけど。

回答日 2014年10月05日 17:00
この回答がある質問
財産分与

たしかに、入社日が正式には決まってはいませんが、双方が、近い将来に正式に雇用契約に入ることを前提に、期待をもって時間と費用などをかけて、準備していることから、それを一方が破棄するのは、何らかの責任が...

回答日 2014年10月05日 14:39
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

解任される立場の取締役にも反論の機会を与えるためにも、本来は通知されるべきです。

回答日 2014年10月05日 14:31

質問者さんが署名押印し、日付を記載したときが効力発生日と考えるのが通常かと思います。なお、新たな内容を補充してしまうのは、相手に不意打ちになるので、良くないでしょう。しかし再度、合意書の補充などの交...

回答日 2014年10月04日 13:51
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

債権者が、債権の満足を得たことを確認して、そのことを裁判所に書面で発送して、裁判所が質問者さんの会社に発送するので、ケースバイケースでしょう。事前に裁判所に確認しておくのが良いかと。

回答日 2014年10月04日 13:39
この回答がある質問
少額訴訟

本人でも調停員が司会進行をしてくれるので、弁護士を必ずしもつける必要はないです。ただし、相手が弁護士を付けてきた場合や事案が複雑で代理人弁護士のサポートが必要だと感じたのであれば、代理人を付けても良...

回答日 2014年10月02日 16:58
この回答がある質問
調停離婚

契約書に記載があれば、もちろん返還請求できるでしょうが、なくても、返還を求めることができます。

回答日 2014年10月02日 16:34
この回答がある質問
敷金・保証金

学校側には、どのような処分を下すかについて一定の裁量があるでしょうから、違法とまでは直ちに言えないでしょう。確かに、処分を下すときには、過去の同様の事例での処分との公平性を配慮しなくてはなりませんが...

回答日 2014年10月02日 16:10
この回答がある質問
民事・その他

相手が飲酒していて自転車に乗っていたなら、むしろ警察に対して飲酒運転(自転車)であるとして問題にしてもいいかもしれません。なお、損害賠償に関しては、車の経済的損害(修理代)はともかく、精神的損害まで...

回答日 2014年09月29日 17:48
この回答がある質問
物損事故

離婚をする気がないなら、調停では離婚に応じない意思を調停員に伝えれば、不成立か取り下げとなり調停は終了するでしょう。相手は離婚訴訟をしてくるかもしれませんが、離婚原因を立証するのは相手ですので、離婚...

回答日 2014年09月29日 17:44
この回答がある質問
調停離婚

そのような記載をしても特に問題はないでしょう。たとえば不動産なら、法務局は、不動産の記載などに注目するだけでしょうし、金融機関は預金に関する記載にだけ注目すると思いますので。

回答日 2014年09月27日 13:47
この回答がある質問
遺産分割協議書

損害賠償請求という方法よりも、現実的には、土地の使用料を払わせることの方が良いかと思います。

回答日 2014年09月23日 15:48
この回答がある質問
不動産・建築

現在の監護状態だけではなく、従前の監護状態も期間的にも長い場合などは、従前の監護者は主に誰だったのかについても、考慮されるでしょう。

回答日 2014年09月22日 16:53

一度は内容証明を発送して、無視されたら、調停や訴訟へ進むことでも良いかと。

回答日 2014年09月22日 16:41
この回答がある質問
就職・転職

申し立てをすれば、家裁の審判で1週間か2週間以内に許可がでるでしょう。可能です。

回答日 2014年09月22日 16:34
この回答がある質問
離婚届

121 - 150 件を表示/全 318 件

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり