現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野田 隆之弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

岐阜県2

( のだ たかゆき ) 野田 隆之

野田法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名317 件/匿名:0件

大丈夫だと思います。解雇予告手当は、平均賃金によって計算されますが、労働者側よりも、使用者側が資料等も持っていて、計算もできるはずです。なお、使用者側が誠意のない対応を続ける場合には、労働基準監督署...

回答日 2021年07月15日 17:21
この回答がある質問
解雇予告手当

現在は調停の段階ですので、担当裁判官(あるいは調停委員)が算定根拠を教えてくれないという以上、強制的に開示させることは出来ないと思います。審判になれば、審判書正本が送られてきます。そこに、裁判官が、...

回答日 2021年06月10日 15:49
この回答がある質問
養育費

相手方と、「もし住民票を異動させたときは、必ず事前あるいは事後に連絡することを約束する」と合意されていたならば、トラブル防止のためにも、その合意に従って連絡する方が良いとは思います。

回答日 2021年06月09日 15:41
この回答がある質問
離婚・男女問題

断言はできないものの、その1点だけで内定取り消しにしてしまうことは無いと思います。内定取り消しが就活生に与える衝撃を考えれば、取り消しをするほどの重大な理由が必要であると思いますし、企業側も、内定取...

回答日 2021年05月07日 17:02
この回答がある質問
内定取消

年齢が18歳ということですし、責任無能力者ともいえないと思いますので、ご両親が民法714条の監督者責任を負うようなことは通常は無いと思います。ご両親が18歳の子供の問題行動を具体的に予見していたとい...

回答日 2021年05月07日 16:39
この回答がある質問
少年事件

たとえ注力分野に入っていないとしても、債務整理(借金問題)に対応できないということではないかと思います。「受けてくれる」ということであれば、借金問題についての経験もあるかと思います。なお、いまだ正式...

回答日 2021年04月09日 19:33

断定は出来ないですが、勝算というより、会社や代表者側の一貫性が無い釈明は、あとあと有利な証拠にはなると思います。また、警戒して不支給理由を書面に書いて交付して来ない可能性もあると思います。ただ、書面...

回答日 2021年03月09日 19:53
この回答がある質問
労働

無期ではなく、有期労働契約の場合での途中退職については、やむを得ない事由が必要とされるのが原則です。

回答日 2021年03月09日 19:23
この回答がある質問
就職・転職

たとえば、調停や訴訟の中で、調査嘱託を申し立てる方法がありえます。裁判所を通じて情報を開示させるものです。

回答日 2021年02月08日 17:38
この回答がある質問
不倫慰謝料

調停は、調停委員会の意見や見解や助言などはあるかもしれませんが、内縁の成否について判断することはできません。調停は双方当事者が譲歩して合意しなければ調停不成立あるいは取下げにより終了すると思います。...

回答日 2021年02月08日 17:33
この回答がある質問
内縁

自己破産を申し立てる際や申し立てた後に、裁判所に「家計の状況」を示す書面を提出することになるかと思います。裁判所側が、その収支のバランス等を見て、特に不可解な内容ではないと判断すれば免責許可決定が出...

回答日 2021年01月08日 09:35
この回答がある質問
自己破産

誓約書の提出義務も、支払い義務も、法的には無いです。賠償金を払う義務が発生するというのは、会社に「損害を与えた」ことが前提だと思います。仮に「勤務態度に非がある」としても、賠償金200万円が発生する...

回答日 2020年11月04日 16:39
この回答がある質問
労働

裁判所の訴状とは違い、内容証明郵便に対して回答しなくても直ちに不利益なことは無いと思います。そもそも、相手方から一方的に送付されてきた内容証明に対して回答する義務まではありません。ただ、相手方が、質...

回答日 2020年04月10日 13:53

遺産分割協議が成立していることから、分配をすることで問題はないと思います。相続税申告後まで待たなければならないというルールもありません。

回答日 2020年03月09日 19:13

治療費や病院までの交通費など実費は支払うべきだと思います。慰謝料については、診断書や通院期間を確認できる資料を相手方の保護者に見せてもらって、適正な金額を支払うのは良いと思います。適正な金額かどうか...

回答日 2020年03月09日 19:06
この回答がある質問
交通事故

賃金仮払い仮処分を申し立てたけれども、決定で命じられた範囲が給与全額ではなく裁判所が必要と認めた額と期間にとどまっているため不服があるということですね。即時抗告を決定を受けた日から2週間以内にするこ...

回答日 2020年02月07日 15:18
この回答がある質問
仮差押え・仮処分

可能性すら絶対にないから大丈夫とまでは言えません。可能性は大変低いとは思いますが。また別居の理由や旦那が学生になった背景や事情や旦那さんの将来の稼働力など種々の事情一切を考慮して最終的には裁判所が決...

回答日 2019年12月26日 17:27
この回答がある質問
離婚・男女問題

一概にどちらが妥当であるとは言いにくいと思います。ただ、相手の弁護士さんと交渉するうえで、気を付けることは、書面やメールなど文字で残るような形で質問者さんが「いずれは離婚しても良い」というようなやり...

回答日 2019年10月02日 19:03
この回答がある質問
離婚回避

健常時にその加害者が成人していて、その後、その加害者が精神障害者になったからといって直ちに家族に金銭の返還請求ができることにはならないです。家族が加害者本人の犯行に加担していたという特別の事情があっ...

回答日 2019年07月04日 17:10
この回答がある質問
横領

調停では、そのような主張をすること自体は可能です。ただ、相手方の主張との調整が出来ない場合には調停は不成立となり審判となるかと思います。担当裁判官が一切の主張や証拠に照らして判断をしてくれます。安易...

回答日 2019年06月05日 16:53
この回答がある質問
養育費

控訴審での、各自の代理人弁護士費用は、控訴段階では、各自が負担することになるのが通常であろうと思われます。また弁護士費用のほかに、収入印紙や切手などを裁判所に控訴する側が控訴する時点で、まずは納める...

回答日 2019年05月07日 11:57
この回答がある質問
不倫慰謝料

裁判所から送付されてきた書類の中に異議の申し立てをする場合の手続きや説明がある書類等が入っているかもしれません。また担当の書記官の連絡先が書いてあるかと思いますので、そこに直接連絡するなどして、異議...

回答日 2019年04月02日 18:00
この回答がある質問
連帯保証人

調停は相手方に強制できないというデメリットがあります。調停を取り下げるなどして、認知訴訟をした方が早いかと思います。鑑定の結果が出ていますので、判決も比較的早く出るかもしれません。

回答日 2019年02月04日 16:12
この回答がある質問
認知・親子関係

妻が、そもそも夫の不貞行為を容認していたと断定できるのか、また、容認していたという確たる証拠はきちんと残っているのかが問題となるかと思います。容認していたとして、若干は慰謝料金額に影響するかもしれま...

回答日 2019年01月06日 09:07
この回答がある質問
不倫慰謝料

損害賠償請求訴訟などとは異なり、共有物分割訴訟は相談者さん側の弁護士費用は請求できないのが原則です。ただ、和解条件として、相手方が、相談者さん側の弁護士費用を含めて一定の金銭の負担をするといったよう...

回答日 2019年01月06日 09:02
この回答がある質問
調停離婚

形式上は契約者が相談者の方になっているとしても、実質(支払いをしている方)が、他に存在する場合には、その保険料の支払を毎月あるいは一括で誰が行っているのかを通帳の引き落とし記録や振込記録や払込記録や...

回答日 2018年12月04日 18:49
この回答がある質問
財産分与

離婚調停と同時に面会交流を求める調停を申し立てれば、場合により、家庭裁判所の調査官が介入してくれて、相手方の主張や事情や現在の子供の監護状況の調査をしてくれて、子供の現状が少しは分かる可能性がありま...

回答日 2018年11月02日 18:29

会社から単身赴任を命じれらたということですから、質問者さんは、会社からのその命令に応じるということだけです。よって、調停で不利になることは無いと思います。

回答日 2018年10月01日 15:34
この回答がある質問
不倫慰謝料

内定先が、高校時代の部活動の期間などについて拘って、内定を出したということがあればともかく、通常はそのような事は無いと思われます。内定取り消しをしたとしても、法的には有効にはならないのではないかと思...

回答日 2018年10月01日 10:56
この回答がある質問
内定取消

調停は離婚を強制されることはありませんし、いつ、離婚に応じるかも、調停委員会から強制されることもありません。また、いったん決まった調停期日を変更することを裁判所に申し立てすることも可能です。なお、鑑...

回答日 2018年08月03日 20:17
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 - 30 件を表示/全 317 件

野田 隆之弁護士へ問い合わせ

電話番号 0584-71-8520
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり