現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
櫻井 正弘弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

交通事故2

福岡県5

( さくらい まさひろ ) 櫻井 正弘

弁護士法人大西総合法律事務所福岡事務所

福岡県 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ12階

現在営業中 00:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名140 件/匿名:0件

医師には応召義務(医師法19条1項)があり、正当な事由がなければ診療の求めを拒めません。 このため、正当な事由があるかが問題となりますが、その存在はかなり厳しく判断され、患者が相当な迷惑行為を行っ...

回答日 2020年05月13日 11:10

原則としてはそのとおりです。 例外として、治療費や休業損害などは示談前に保険会社などが内払いすることもありますが、あくまでサービスですので強制することは基本的にできません。

回答日 2020年04月30日 12:39
この回答がある質問
示談交渉

簡単にいうと、相手方有利の調査結果となる(=質問者様不利)可能性があるということです。 このため、ご依頼されている弁護士の先生から、相手方調査について信用性がないなどといった反論をしていくことにな...

回答日 2020年04月28日 10:58
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

例えば、頚椎捻挫で6ヶ月間治療を行ったとします。 その場合、裁判基準の損害額は ・治療費40万円 ・慰謝料90万円 ・休業損害30万円 合計160万円ということになります。 慰謝料は...

回答日 2020年04月24日 12:55
この回答がある質問
自賠責

病気を積極的にうつした場合には傷害罪が成立しますが、コロナウイルスの場合は犯罪に問うことは困難だと思われます。裁判例では、性感染症に感染していることを認識した上で、それを秘密にしたまま性行為を行って...

回答日 2020年04月24日 10:21
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

①事故現場の状況などで大きく変わりますのでなんとも言えません。相手方に一時停止の規制があったなら2:8程度かとは思います。 ②人身に切り替えても、業務上過失致傷罪は不起訴となるでしょうし、免許...

回答日 2020年04月21日 12:12
この回答がある質問
交通事故

保険会社の説明は誤りです。 双方に過失と怪我がある場合、双方が双方にとって過失運転致傷罪の加害者になります。 相手方が診断書を出しているため、人身事故扱いとなり、質問者様が過失運転致傷罪の被疑者...

回答日 2020年04月20日 14:58
この回答がある質問
交通事故

①被害届ないし告訴状を出すことは可能ですが、現実問題として詐欺罪の立証は難しいと思います。これは、借りた時点で返す気がなかったという内心部分を証明する必要があるところ、これは一般的に不可能に近いから...

回答日 2020年04月20日 14:13

修理費の請求を行うには、弁護士等に委任して代理人となってもらう必要があります。非弁行為(弁護士以外の者が弁護士のよな行為をすること。犯罪)保険会社は基本的に相手方から質問者様への請求を減額する方向で...

回答日 2020年04月20日 10:03
この回答がある質問
交通事故裁判

①過失割合は事故の態様に応じて個別具体的に決定されます。このため、怪我している相手方にも過失が認められることは十分にあります。 ②怪我に伴う損害賠償については、交通事故の損害賠償基準を流用する...

回答日 2020年04月09日 13:22

資料が一切ないので一般論となりますが、0:100は難しいと思います。 まず、本件と類似する事故類型として、高速道路で相手方がウインカーを出しながら車線変更してきた場合の過失割合は30:70です...

回答日 2020年04月08日 13:30
この回答がある質問
過失割合

生活保護費の返還が発生するのは、①事故発生時から②賠償金受領時までです。 ①が始期とされているのは、①の時点で損害賠償請求権という資力が発生したとされるためです。 ②が終期とされるのは、現実に損...

回答日 2020年04月07日 12:37
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

①通常は運転者を被告にします。保険会社を被告にするのは特殊なケースですので、本件でも質問者様を被告とするでしょう。なお、保険会社が弁護士をつけてくれるため、やることはあまりありません。 ②恐喝...

回答日 2020年04月06日 18:49
この回答がある質問
交通事故裁判

①転回危険場所は見通しがきかない道路を含みますので、見通しの悪いカーブの途上は転回危険場所とされる可能性があります。但し、必ず転回危険場所とされるわけではなく、個別具体的に事故現場の状況を分析し、危...

回答日 2020年04月03日 18:54

①その他の特殊事情がないと仮定すると、直進自動車:右折二輪車=30:70となります。直進自動車が交差点内に入るか入らないかのタイミングで二輪車が右折してきたと立証できれば20:80になりえます。 ...

回答日 2020年04月03日 15:31

道幅やカーブの有無といった具体的な道路状況などなどを前提に個別に判断されます。 ただ、立法当初は時速40km制限の連続カーブの道路に時速100kmで突っ込んだケースなどを想定していたようです。 ...

回答日 2020年03月27日 09:59
この回答がある質問
交通事故

①相手方が著しい速度で飛び出してきたという立証ができる場合は1:9とすることが出来ます。ただ、ドライブレコーダーでも無い限りなかなか難しいですし、「著しい」速度が必要ですので、該当する事例は少ないで...

回答日 2020年03月23日 13:39
この回答がある質問
過失割合

そもそも連絡が来る可能性としては極めて低いと思いますが、当てた記憶が全く無いと回答すればよいかと思います。 過失による器物損壊罪はないため(器物損壊罪には物を壊そうという故意が必要です)、犯罪は成...

回答日 2020年03月21日 01:08

事故の処理は大きく分けて①刑事事件、②民事事件の2つになります。 刑事事件としては、過失運転致傷罪に当たりますが、骨折がない場合、よっぽどのことがない限りは不起訴です。単純追突だと事故から3ヶ...

回答日 2020年03月20日 00:53

恐らく、事故と頭痛の因果関係を否定しているのだと思います。 加害者が治療費を支払わなければならないのは、「事故のために被害者が怪我を負った」という事実がある場合です。 そして、軽い追突であっ...

回答日 2020年03月19日 13:31
この回答がある質問
交通事故

おそらく神経症状の14級9号だと思われますので、これを前提としてご説明します。 後遺障害における労働能力喪失率というのはかなり概念的なもので、14級9号なら5年ほど労働能力が5%くらいなくなる...

回答日 2020年03月19日 11:41

双方が納得するならばよいかとは思いますが、例えば「本件について双方が双方に対し損害賠償請求しない」というメールを送り、了承の返信をもらうといった方法や、同じ内容の電話を録音するといった方法もあります...

回答日 2020年03月18日 11:11
この回答がある質問
交通事故

このような出会い頭事故であれば、左方の車両が優先になります。 このため、A:B=60:40が基本的な過失です。 ここにBの右側通行、Aのスマホ運転を考慮すると、やはり60:40ないし70:30く...

回答日 2020年03月18日 10:31
この回答がある質問
過失割合

自賠責保険は、事故時に加入していない限り、支払いがなされることはありません。 このため、事故後に加入したとしても、支払いがなされるのは加入後の事故のみであり、本件では自賠責保険から支払いが予定され...

回答日 2020年03月17日 12:59

警察の説明が不十分かつ不適切ですね。 今回の事故で自動車側の人が怪我をしていれば、質問者様には過失致傷罪などが成立しえます。 反面、怪我がなければ犯罪は成立しません。過失による器物損壊罪はな...

回答日 2020年03月12日 18:24

物損の賠償の範囲は、 ①修理費 ②時価額+α のいずれか安い方となっています。 このため、相手方が新車を購入するのは自由ですが、それによって賠償の範囲が広がるわけではありません。

回答日 2020年03月04日 18:46
この回答がある質問
交通事故

交通事故の被害者としては、 ①人身損害については運転者とその使用者、車両所有者 ②物損については運転者とその使用者 に対して損害の全額を請求することが可能です。 つまり、被害者から損害賠償請...

回答日 2020年03月04日 15:13

まず前提として、質問者様が相手方の車の中で嘔吐して汚してしまったという状況でよろしいでしょうか。 これを前提とするならば、車内クリーニング費については支払わざるを得ないかと思います。 ただし...

回答日 2020年03月04日 10:10

結論からいうとあまりおすすめしません。 人身にするか否かは警察実務として事故から概ね2週間程度の間となっているため、質問者様も同様の時期にあるのではないかと推察されます。また、人身と物損の瀬戸...

回答日 2020年02月25日 10:18
この回答がある質問
示談交渉

相手方の受傷状態にもよると思います。 例えば自転車で衝突し、相手方が転倒しているのであれば、怪我していること自体は認定されるため、あとは治療期間が妥当か否かが争点になります。 そして、治療期間の...

回答日 2020年02月21日 11:09
この回答がある質問
交通事故裁判

91 - 120 件を表示/全 140 件

現在営業中 00:00 - 24:00

櫻井 正弘弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5450-0332
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は【平日9:30~18:00】となっており、それ以外の時間帯と土日祝は弁護士の携帯電話に転送されます。
時間帯によっては転送されたお電話に出られないこともありますが、追って折返しいたしますので御了承ください。
◆事前予約で当日/夜間/休日対応可◆
◆初回相談無料◆
◆メールフォームから24時間予約可能◆
※返信は営業日になります
お気軽にご相談くださいませ。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。