鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 7
労働問題
全国 12
企業法務・顧問弁護士
全国 16
総合
全国 12
福岡県 1

薬院法律事務所

福岡県福岡市中央区薬院1-5-11薬院ヒルズビル4階4-A
現在営業中 07:00 - 22:00
電話番号 050-5286-8149
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:6,040 件/匿名回答数:8件

そういった対応で良いかは、まず道交法違反かどうかを見極めてからが良いでしょう。駐車場のどの位置で接触したかにより道路にあたるかは変わります。一度、弁護士に面談相談をされてください。

回答日 2018年10月20日 00:49

猶予の可能性が高いです。 常習性の問題はありますが、同一罪名の前科ではありません。お見舞いは関係ないですが、やって悪いことはない、くらいです。 『量刑実務大系第2巻 犯情等に関する諸問題』1...

回答日 2018年10月20日 00:46

警察に連絡しても事件にはならないかもしれません。駐車場内であれば道路交通法の対象外のことがあります。 ご不安なら、弁護士に依頼して窓口になってもらうといいと思いますよ。もし相手から連絡が来たらどう...

回答日 2018年10月20日 00:33

そういった統計はないと思います。見たことがありません。控訴審で覆るかどうかは具体的な事案次第です。一般的な確率をしらべても意味はないと思います。

回答日 2018年10月19日 23:16
この回答がある質問
控訴

不当提訴の要件は厳しいので、訴訟提起自体で賠償金という話はなかなかありません。 「訴えの提起が相手方に対する違法な行為といえるのは、当該訴訟において提訴者の主張した権利又は法律関係(以下「権利等」...

回答日 2018年10月19日 21:14
この回答がある質問
労働裁判

刑事事件として立件されるかどうかをここで聞かれても答えるのは難しいです。 弁護士同行で被害届を出す、さらには刑事告訴と進めていくしかありません。 今の弁護士さんのままがいいのか、それとも変えた方...

回答日 2018年10月19日 21:08
この回答がある質問
強姦・レイプ

法テラスの場合、実費見込みということで一定額を支出して、 実費に足りなくても、多くても、精算しないことにしています。 契約書の1条3号ハに「前記「決定の内容」の「実費」欄記載の立替額は、定額...

回答日 2018年10月18日 00:50
この回答がある質問
法テラス

会社内であっても名誉毀損は成立します。 最高裁昭和36年10月13日判決 名誉毀損被告事件 最高裁判所刑事判例集15巻9号1586頁 一、第一審が認定した事実の要旨は、「被告人...

回答日 2018年10月18日 00:32
この回答がある質問
ハラスメント

民法709条の不法行為を主張する際に、相手の行為が違法な行為であることの根拠として、「刑法○条に違反する行為であり、709条の不法行為にあたる」といった言い方をします。

回答日 2018年10月17日 22:40
この回答がある質問
民事・その他

出頭するかどうかは良く戦略を練った上でされてくださいね。 先ほどお勧めした本も是非お読みください。

回答日 2018年10月17日 22:35

そこまで行ってたのであれば、来る可能性はそれなりにあると思います。 繰り返していることすると、痴漢に対する依存性があるのではないかと思われます。 これを機に止められるように努力する、ということも...

回答日 2018年10月17日 22:22

凄く難しいタイプの事件です。 全く無関係で盗まれたような事例であれば解除もあり得ると思いますが、ご自身で送ったとなると、警察に解除を求めるのはかなり厳しいと思います。 私はやったことがないのです...

回答日 2018年10月17日 18:32
この回答がある質問
脅迫・強要

弁護士次第でしょうね。 他の方法で当事者を特定するようにしてはと勧める弁護士もいるでしょうし(例えば市区町村までの記載にとどめて、紛争となった事実を詳しく記載するとか)、「住所も教えないで示談...

回答日 2018年10月17日 17:04
この回答がある質問
離婚・男女問題

対裁判所という意味では、弁護士の訴訟代理権の証明は私文書の委任状で足りると解されています。印鑑証明書の添付は求められていません。代理権に疑いがあるときは、下記のとおり裁判所は公証人等の認証を受けるこ...

回答日 2018年10月17日 16:50

住所の記載がなくても、 本人だと特定出来れば別に誓約書としては問題ありません。 住所を書くのは、当事者の特定といった意味や、 違反した場合に裁判を起こすといった便宜のためです。 相手...

回答日 2018年10月17日 16:44
この回答がある質問
離婚・男女問題

官報は誰でも購入出来るものですし、法令の施行時期等重要な記載もありますので、警察組織の中でも部署によってはチェックしているところは当然あると思います。 ただ、どの部署が、どういった内容まで確認...

回答日 2018年10月17日 16:41
この回答がある質問
自己破産

前回コメントしたとおりです。 残念ですが、ここで何回質問されても「可能性はありますね」とか「可能性は低いですね」といった回答しか得られないと思います。 お住まいの地域の弁護士(それも盗撮事件...

回答日 2018年10月17日 16:21
この回答がある質問
盗撮・のぞき

何かの勘違いでしょう。 判決書は、判決言い渡し後に書記官を通じて送達されます。 民事訴訟規則158条が手順を定めており、言い渡し後に書記官に交付され、 書記官から送達される、という流れです...

回答日 2018年10月17日 16:18
この回答がある質問
医療

それであれば、あたらない可能性が高いと思います。 下記判例が参考になります。弁護士に面談相談をされてください。 対象事件:最高裁平 19(あ)第 1961号 事 件 名:公衆に著しく迷惑を...

回答日 2018年10月16日 19:52
この回答がある質問
盗撮・のぞき

被害者が不明でも、本人の自白、画像、目撃者証言などで立件可能です。また、トイレに盗撮機を仕掛けたとかであれば、被害者が不明でも建造物侵入とあわせて立件可能です。 なお、一応、警察官向けの文献が...

回答日 2018年10月16日 19:24
この回答がある質問
盗撮・のぞき

残念ですが、可能性という意味ではありえないとは言えないです。 ただ、実際に立件しようとした場合には目撃者の供述だけではなかなか難しいので、警察がそこまで本腰を入れてくるかな、という疑問はあります。...

回答日 2018年10月16日 19:15
この回答がある質問
盗撮・のぞき

まだ起訴前であれば、供託などで被害弁償の提供をすることにより、起訴猶予になる可能性も残っていると思います。また、あなたと直接示談交渉はしなくても、弁護士を通じてであれば応じてくる、ということもありま...

回答日 2018年10月16日 18:53

原裁判をした裁判所に上告申立書を提出することになります。 申立書は署名押印が必要です(記名押印でも可とする裁判例もありますが、署名押印が安全です)。あなたが作成する必要があります。 法律上定...

回答日 2018年10月16日 18:46
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

そもそも就業規則何条に基づくものかわからないので、懲戒解雇なのか普通解雇なのか分かりません。 また、解雇通知にどれだけ詳しく書くべきかは状況次第であり、最初から詳しく書いた方が良いのか、それと...

回答日 2018年10月16日 18:25
この回答がある質問
パート・アルバイト

別段そういった名称でも構いませんが、私の場合は「控訴審準備書面1」といった記載にしています。重複していても大丈夫ですが、あえて重複して繰り返すより、追加で主張したいことを端的に述べた方が心に届くと思...

回答日 2018年10月16日 18:20

刑事訴訟法374条に規定がありますが、ファクシミリによる申立は不適法と解釈されています。原本の提出が必要です。 〔控訴提起の方式〕 第374条 控訴をするには、申立書を第一審裁判所に差し出さ...

回答日 2018年10月16日 18:17
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

弁護士次第ですね。 私も複数回相談を受けてから受任に至ることがあります。 ただ、事件の進行の度に相談に来て書面の具体的アドバイスを求める、といった場合は、お断りしたり、タイムチャージというこ...

回答日 2018年10月16日 18:14

一概には言えないのですが、3年間程度でも認められる可能性はあるかな、という感触です。ただこれは裁判官によっても異なる問題だと思いますので、断言は出来ません。

回答日 2018年10月16日 15:21
この回答がある質問
離婚・男女問題

逮捕が不安なら所轄の警察署に出頭するということもありえます。 出頭は、逮捕のリスクを減らすことにもなります。 ただ、犯罪発覚の端緒にもなる行為ですので、一概にどうすべきかは難しいです。 そもそ...

回答日 2018年10月16日 13:48
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

ついでに、もうひとつ引用しておきます。 日本労働弁護団『労働相談実践マニュアルVer.7』(2016年)276頁 「懲戒解雇とは、企業秩序違反行為に対する制裁罰である懲戒処分として行われる解...

回答日 2018年10月16日 11:39
この回答がある質問
懲戒解雇

2,371 - 2,400 件を表示/全 6,040 件

現在営業中 07:00 - 22:00
鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 22:00
  • 土日祝07:00 - 22:00
定休日
なし
備考
電話、メール相談はしていません。事務所の開所時間は,平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日は、原則として刑事事件の初回相談のみ対応しています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談