鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 7
労働問題
全国 11
企業法務・顧問弁護士
全国 25
総合
全国 13
福岡県 1

薬院法律事務所

福岡県福岡市中央区薬院1-5-11薬院ヒルズビル4階4-A
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:5,980 件/匿名回答数:8件

1 ないです。傷害を幇助したような場合とか、その兄が精神障害で家族が監督義務をおっているような場合のみです。 2 上記の通りです。 3 1のような事情があるとか言って請求してくることがあります。

回答日 2019年07月05日 00:45

前科があるというだけでは実刑ということではないです。執行猶予中か、服役経験があるか、前科が同種か、被害額がどの程度か、といったことにより決まります。 「量刑調査報告集」という本が参考になるでしょう...

回答日 2019年07月04日 22:08
この回答がある質問
窃盗・万引き

これは弁護士に面談相談の上、依頼をして早急に示談をすべき案件です。 積極的に話すべきかどうかは難しいです。詳細な事情を利く必要がありますが、ここは警察も見ている可能性があります。 捜索の...

回答日 2019年07月04日 20:41
この回答がある質問
盗撮・のぞき

そもそも逮捕させないのが大事です。 否認事件なら否認事件で、自白事件なら自白事件で、逮捕の可能性を減らすノウハウはあります。弁護士に面談相談をされてください。

回答日 2019年07月04日 19:02
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

問われません。

回答日 2019年07月04日 18:59
この回答がある質問
児童ポルノ・わいせつ物頒布等

だいたい被害者側から提供を受けて捜査資料にされます。ただ、裁判の資料にまでされるかはものによる、といったところです。刑事裁判では基本的に伝聞証拠が禁止されていますので。

回答日 2019年07月04日 11:58
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

公然わいせつではないですが、軽犯罪法違反の身体露出の罪にあたる場合があります。警察官向けの雑誌から引用します。 警察公論2018年3月号 交番勤務 立花巡査の1日 第83回軽犯罪法その...

回答日 2019年07月04日 01:56
この回答がある質問
公然わいせつ

最高裁判例があります。 http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=56826 判示事項  権利行使と恐喝罪 裁判要旨  債権取...

回答日 2019年07月03日 12:33
この回答がある質問
窃盗・万引き

喧嘩ということであれば、過失相殺を争う余地もあるでしょうし、後遺症の程度などを争う余地もあるでしょう。ただし、これは一般論でして、事案と証拠を見たら無理、ということもあります。弁護士の面談相談を受け...

回答日 2019年07月03日 08:50
この回答がある質問
傷害

余程ひどく脅しを述べない限り、ならないでしょう。正当な権利の行使の範囲といえます。これが10万円とかになると恐喝となる可能性が出てきます。加害者が示談を守らないで通報されたら普通に処罰されるだけでし...

回答日 2019年07月03日 03:56
この回答がある質問
窃盗・万引き

一昨年の最高裁判例です。これも盗んだ部分は映っていませんが、最高裁で破棄されるまで有罪でした。なので、映っていないから逮捕などはない、とはいえません。総合判断です。 http://www.co...

回答日 2019年07月03日 01:21
この回答がある質問
窃盗・万引き

間接証拠にはなるでしょう。 あとは他の防犯カメラの画像も追跡して盗んだという嫌疑が十分になれば、自宅の捜索などはありえると思いますし、そこまでなくても警察からの呼び出しはありえます。 警察学...

回答日 2019年07月03日 01:16
この回答がある質問
窃盗・万引き

わかりません。 統計データもありませんし、個別事情を踏まえて令状請求が通るか、通るとして身柄拘束するのが適切か、といったことを判断します。 弁護士の面談相談を受けて、詳細な事情を話してみてくださ...

回答日 2019年07月02日 16:13
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

なお、過去の質問で回答しましたが、そこには過去に同じ女性に対して行った行為について言及がされていなかったので、逮捕の可能性は低いと書きました。しかし、同一女性に繰り返し痴漢行為とみられる行為がされて...

回答日 2019年07月02日 13:22
この回答がある質問
痴漢

1 黙秘が良いかどうかはネット相談では判断が困難ですが、あなたが故意ではないと言うのであれば、違うということは明確に述べておくべきでしょう。但し、過去にも同じ人に同様の行為をしていた、とすればそれは...

回答日 2019年07月02日 13:19
この回答がある質問
痴漢

可能性はそれなりにありますが、弁護人と良くご相談ください。お金があるなら贖罪寄付で不起訴を狙うというのもありえます。

回答日 2019年07月02日 00:14
この回答がある質問
盗撮・のぞき

ご投稿の内容であれば、不起訴の可能性が高いと思います。 被害者を特定できなくても立件はできますが、下半身ということで下着も映っていないのであれば、そもそも「通常衣服で隠されている」部分の撮影とも言...

回答日 2019年07月01日 23:19
この回答がある質問
盗撮・のぞき

そういった写真であれば、削除を求める権利はないです。

回答日 2019年07月01日 13:05
この回答がある質問
離婚・男女問題

ご投稿の事情からすれば、会社も職場環境配慮義務違反が成立しそうです。 ただ、これは具体的事情を確認した上での判断が必要ですので、弁護士の面談相談を受けてください。 野田進ほか編『判例労働法入...

回答日 2019年07月01日 13:04
この回答がある質問
安全配慮義務

監督義務を果たしていないということで懲戒を受けることはあります。 ただ、間接的な関与ですので、懲戒処分ができるか、できるとしてどの程度かというのは問題になります。具体的事情を確認しないと回答しがた...

回答日 2019年07月01日 12:58

まず迷惑行為防止条例に違反するかどうか、警察に確認にいった方が良いと思います。 示談金の額は撮影態様や内容によって異なりますので、一概にいえません。但し、迷惑行為防止条例で立件されれば、罰金と...

回答日 2019年07月01日 12:54

それが良いです

回答日 2019年07月01日 08:56

おそらく軽犯罪法(窃視)のことを述べているのでしょうが、地域によっては迷惑防止条例に違反します。条例を確認してみてください。ただし、例えば東京は昨年7月に改正されているので、それ以前のは対象外です。...

回答日 2019年07月01日 03:46

①免許証、保険証の個人情報が相手に知られている中で、会社、自宅への連絡および悪用の恐れはありますか? ありえます。ただ、示談をすればそこまで発展しない可能性があります。 弁護士に依頼すべき...

回答日 2019年07月01日 03:43

1  おそらく、被害者を特定できる映像がないか確認されているのだと思います。 検挙のきっかけとなった事例で被害者が立ち去ったので、 特定できる被害者を捜して、被害届を取りに行く流れになると思い...

回答日 2019年06月30日 17:02
この回答がある質問
盗撮・のぞき

わかりません。令状が出ているかどうかでしょう。

回答日 2019年06月30日 11:19
この回答がある質問
盗撮・のぞき

混乱されていますね。 相手の行為が名誉毀損にあたるということはありえるでしょうが、示談で何もなしということにはならないかもしれません。 双方処罰というのもありえますし、相手の行為は名誉毀損でない...

回答日 2019年06月30日 01:38
この回答がある質問
盗撮・のぞき

逮捕でなければそもそも情報提供もないことが多いです、以前新聞記者に聞きました

回答日 2019年06月29日 19:35
この回答がある質問
盗撮・のぞき

捜索の可能性や、逮捕の可能性はあるでしょうが、最近は勾留の判断が厳しくなりあまり勾留しなくなりましたので、可能性は低いと思います。なお、自白させるために逮捕するということは認められていません。

回答日 2019年06月29日 13:31
この回答がある質問
痴漢

ここで聞かれても、誰も確たることはいえないでしょう。 客観的な接触の態様と、その接触が故意によるものと見られるかどうか、以前も同様のことがないか、等々を総合的に検討した上で対応すべき話ですし、実際...

回答日 2019年06月29日 00:43
この回答がある質問
痴漢

151 - 180 件を表示/全 5,980 件

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 22:00
  • 土日祝07:00 - 22:00
定休日
なし
備考
電話、メール相談はしていません。事務所の開所時間は,平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日は、原則として刑事事件の初回相談のみ対応しています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談