現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

犯罪・刑事事件19

福岡県3

( かねがえ けいじ ) 鐘ケ江 啓司

お悩みの方を安心させられる弁護士を目指しています。

薬院法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:7,907 件/匿名回答数:8件

①両親に内緒で積み上げてしまった借金なのでなるべく自己破産の事を知られたくない。(出来るなら内緒で進めたい)  同居して生計が一緒、あるいは保証人になっているということでなければ、そう知られるこ...

回答日 2016年08月17日 11:50
この回答がある質問
任意整理

単純なプライバシー侵害ということであれば、賠償義務が発生することはあっても刑事事件にはならないでしょう。刑事事件となりえるのは、法律で罰則付きで守秘義務が課されているのに破った場合や、名誉毀損が成立...

回答日 2016年08月17日 11:43

こういった場合、紹介会社としてはなるべく雇用契約が成立しているとして手数料をとろうとしてきていますし、労働者としても、他のところを辞めてきていることが多いため、使用者対紹介会社・労働者という形になる...

回答日 2016年08月17日 11:32
この回答がある質問
休職

被告が未成年であれば、親権者が法定代理人として行動出来ますが、そうでないとすれば親が受け取ったからといって親が代わりに出てくる、ということは出来ません。 こういった場合、裁判所からあなたに対して被...

回答日 2016年08月17日 11:19
この回答がある質問
債権回収

残念ながら、連帯保証契約を一端締結していたのであれば、 信用不安があるからといって連帯保証人の契約解除は出来ません。 貸し主からすれば、そういう相手のためにまさしく連帯保証人が必要だからです。 ...

回答日 2016年08月17日 11:10

一時使用のための賃貸借については、正当事由も立ち退き料も不要です。単純に3ヶ月の解約告知で足りることになります。もっとも、一時使用についても認められるためのハードルは高いです。本件では契約書で借りる...

回答日 2016年08月16日 16:39
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

害虫駆除業者を入れているからといって=居住の用に適した状態にしていることにはなりません。 分かりやすい例でいえば、水漏れ事故があり、業者を入れても水漏れが止まらない場合、「業者を入れたから家主...

回答日 2016年08月16日 10:19

契約書がないと判断出来ないタイプの事件ですが、任意に業者が返すのであればともかく、なかなか返してきません。 まずは返金されるか聞いてみて、ダメといわれたら根拠を聞いてみてください。その理由をここで投...

回答日 2016年08月15日 23:13
この回答がある質問
手付金

敷居の高いところではありませんよ。 気軽に寄られてみてください。

回答日 2016年08月15日 22:16

単純に旧姓と旧住所を書けば良いです。 督促状のコピーを同封して、通知を受けました、と書く方法もあります。 ただ、契約書を返還して欲しいなら、受け取り先の記載は必要でしょう。

回答日 2016年08月15日 21:52
この回答がある質問
時効の援用

自分で出来ると思いますが、一度書いてみて法テラスなどで無料相談をするのが良いです。 「時効援用 書式」で検索すれば、書式は出てきますよ。

回答日 2016年08月15日 21:34
この回答がある質問
時効の援用

可能性はこれだけではわかりませんね。 検察官の個性にも寄りますので。 少なくとも、当番弁護士は呼ばれていいかと思います。1回だけですが、本人と無料で面談してくれます。

回答日 2016年08月15日 21:33

信用情報機関については、金融会社がどういった情報を提供するかによるので分かりません。 ただ、既に今の名字や住所を知られているのであれば、開示請求はせずに、単純に時効援用通知を出して困ることはないと...

回答日 2016年08月15日 21:12
この回答がある質問
時効の援用

そういった状況であれば、おそらく法テラスを利用出来ますよ。 同一問題につき3回まで無料となります。 また、弁護士によりますが、法テラスの簡易文書作成援助という方法により、2160円で答弁書を作成し...

回答日 2016年08月15日 21:04

罰金刑であれば執行猶予が必ず取り消されるとは限りませんが、罰金刑でなく正式な裁判になるとなれば、再度の執行猶予がつかない限り執行猶予が取り消されます。そして、再度の執行猶予はなかなかつきません。 ご...

回答日 2016年08月15日 21:02

5年間経過しているため、既に時効が成立しているのではないかと思います。 そういう場合、請求の趣旨に対する答弁としては「請求を棄却する」とした上で、 反論内容として「時効期間が経過しているので、消滅時...

回答日 2016年08月15日 20:55

あと、財産分与についても、本人が支払拒絶したらそれまでです。本人の財産を無理矢理相手方に提供することはできませんので。

回答日 2016年08月15日 20:28
この回答がある質問
裁判離婚

原則としては判決が出たらそこで終わりです。 財産分与までは対応することが多いかと思いますが、養育費まで対応する弁護士はほとんどいないと思います。特に支払いを受ける側であれば、督促手数料ということで弁...

回答日 2016年08月15日 20:26
この回答がある質問
裁判離婚

でしょうね。それで反則金を切られたという話を聞いたことがありません。

回答日 2016年08月15日 20:20
この回答がある質問
交通事故

好き嫌いで、ということではありません。裁判所が自由心証主義をとっているからといって、無分別に自由な判断を許しているわけではないからです。あくまで、証拠に基づいての判断が必要です。あと、判例については...

回答日 2016年08月15日 17:47
この回答がある質問
通常訴訟

⑤に問題がある、ということについて追記しますと、 例えば息子さんが大学を辞めた場合、支出は不要になりますが、 財産分与で差し引いたとすればそこが揉めるポイントになります。 なので、仮に差し引くのだ...

回答日 2016年08月15日 16:16
この回答がある質問
財産分与

厳密にいえば、財産分与は同居期間で計算しますので、仮に結婚前に就職して、結婚後、一定の別居期間を経ての財産分与であれば、退職金もそのまま半分という計算にはなりません。預金などについても婚姻前の特有財...

回答日 2016年08月15日 16:04
この回答がある質問
財産分与

そうですね。まずは盗撮をどのくらいしてきたのかを確認されるといいかと思います。 以下の文章は、あくまで私が取り扱った事件に基づく話なのでご主人がそうだというものではありませんが、参考までに記載しま...

回答日 2016年08月15日 14:30
この回答がある質問
離婚慰謝料

和解の内容が双方の対価的な義務を定めるものであれば、相手方が履行しなかったことを理由に債務不履行で解除することはありえます。 ※最高裁判例 http://www.courts.go.jp/app/...

回答日 2016年08月15日 00:27
この回答がある質問
行政事件

いいえ。和解が錯誤無効になる場合というのもありますし、例えば脅迫により無効ということもありえます。

回答日 2016年08月15日 00:21
この回答がある質問
通常訴訟

判決が出ても確定前であれば控訴や上告で覆されることはあります。 また、確定判決であっても再審請求により判決が覆る場合があります。 但し、きわめて限定的な場合です。

回答日 2016年08月15日 00:08
この回答がある質問
通常訴訟

①故意がありませんので、詐欺にはなりません。 ②詐欺が成立しませんので、立件されません。

回答日 2016年08月14日 22:40
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

院長本人が来る必要はなく、代理人弁護士の出席だけでも構いません。 実際会社代表者自身が出てくることは少ないと思います。 ただ、労働審判は書面に書いていないことも含めて、様々な話がなされるために、使...

回答日 2016年08月14日 22:23
この回答がある質問
労働審判

準備書面での表現についてはなかなか懲戒は認められません。 審理にあたっては、その表現の必要性、相当性、 裁判所からの撤回指示にも従わなかったか否か、といったことが見られるようです。

回答日 2016年08月14日 22:19
この回答がある質問
離婚・男女問題

①から③はいずれも正当事由を基礎づける事実となりますが、これだけで明け渡しが認められるというものではありません。相手方の反論としても、例えば①から③の事情は4年前からわかっていたことではないか、それ...

回答日 2016年08月14日 22:11
この回答がある質問
立ち退き・明け渡し

5,761 - 5,790 件を表示/全 7,894 件

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 24:00
  • 土日祝07:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前9時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も緊急の刑事事件についてはご相談を承っています。【電話ではなく】メールでご連絡ください。私が随時確認しています。
※面談時には、相談者にもマスクを着用して頂くほか、熱や咳などの症状がある場合のご相談はお断りすることがあります。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談