鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 14
福岡県 4

薬院法律事務所

福岡県 福岡市 中央区薬院1-5-11 薬院ヒルズビル4階4-A
現在営業中 07:00 - 23:00
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:6,960 件/匿名回答数:8件

固定資産税等の減免については、条例での手続があるはずです。 必ず減税される、あるいは免税されるか分かりません。 以前私が別の地域で、認知症の方が滞納されていた固定資産税について 延滞金の減免申...

回答日 2018年03月29日 18:46
この回答がある質問
民事・その他

個別の債権額が140万円以下であれば、認定司法書士でも代理人として取り扱い可能ですので、信頼できそうであれば司法書士にご依頼されても問題はないと思います。 自己破産の場合は代理人として裁判所に出廷...

回答日 2018年03月29日 18:43

サイトのトップページから、お客様相談窓口などを調べて、電話をして退会手続をとるのと、事情を説明されてはどうでしょうか。

回答日 2018年03月29日 18:39
この回答がある質問
インターネット

私の聞いた事例ではないですが、例えばストーカーが、ストーカー行為の一貫としてそのような行動をしているのであれば、警察も動くと思います。傷害罪というのはなかなか動いてくれないように思います。ただ、これ...

回答日 2018年03月29日 18:38
この回答がある質問
傷害

税務署に行っては?以上のことは言わない方が無難と思います。 具体的に指示する権利があるというのは難しいので、 業務命令と取られないことが大事です。

回答日 2018年03月29日 18:36

そう考えます。また、事前に弁護士に相談をして、どういう方針で行くべきかもアドバイスを受けるべきでしょう。

回答日 2018年03月29日 18:01
この回答がある質問
モラハラ

直ちに、と内容証明郵便で書いたからといって、すぐ提訴しないとダメということはありません。請求権が時効にかかったとかであればともかく、提訴制限がかかることはありません。

回答日 2018年03月29日 18:01
この回答がある質問
内容証明郵便

調停もありえますし、訴訟を提起することも考えられます。 しかし、費用対効果からすると、本人でされることになるので、調停が良いかと思います。 調停申立書を作成した上で、法テラスでアドバイスを受けら...

回答日 2018年03月29日 17:53
この回答がある質問
労働

脱税で有罪判決を受けたのに、そのことを隠していた、ということであればともかく、申告していなかったというだけで解雇が正当化するのは難しいと思います。会社との関係で何か問題を起こしたわけではありませんの...

回答日 2018年03月29日 17:52

離婚原因になりうると思います。 うつ病のことですが、親権を確保するためにあえて診断を受けないのだ、というのはお勧め出来ません。まして、相手と離れたら元気になるということであればなおさらです。きちん...

回答日 2018年03月29日 17:50
この回答がある質問
モラハラ

1は体調不良の程度、それと欠勤が無断かどうかといったことによりますね。体調不良が継続していて復帰の見込みが立たないといったことであれば、アルバイトで休職制度の適用もないでしょうから、解雇が有効になさ...

回答日 2018年03月29日 17:48

生活保護であれば、管財費用についても法テラスが立て替えてくれますので、今の弁護士で破産申立をしても、他の弁護士で破産申立をしても手続は進められると思います。 ただ、法テラスが解任を認めないというこ...

回答日 2018年03月29日 17:45
この回答がある質問
差し押さえ

援用通知の内容次第ですが、例えば督促状に対して、 「貴社の主張する債権に対しては、時効を援用します。」 だけでは債務の承認にはならないでしょう。 相手方も債務の承認と言ってこない可能性はありま...

回答日 2018年03月29日 17:41
この回答がある質問
時効の援用

少なくとも被害者はいるはずです。 その供述を基本に、被害者供述を裏付けられる証拠を確保するとともに、 被疑者からの自白をとります。全ての詐欺が立証困難というわけではないです。 ただ、正常な取引...

回答日 2018年03月29日 14:41
この回答がある質問
詐欺

別に通報すること自体には問題はありません。 ただ、刑事事件としてきちんと取り上げてくれるか不明ですし、関わりたくないということもあると思いますので、積極的にお勧めはしません。

回答日 2018年03月28日 15:03
この回答がある質問
脅迫・強要

ご投稿の事例は、後から労働条件が「変更」された事例になると思います。 労基法15条1項は、明示された条件と、実際に勤務開始時の条件が違った場合の規定です。

回答日 2018年03月28日 14:59
この回答がある質問
労働条件

自白書という意味もあるでしょうし、今後ストーカー行為等に発展した場合に、 一度警察が警告したという証拠になるかもしれません。 この質問でははっきりどういう意味か分かる弁護士はいないでしょう。 ...

回答日 2018年03月28日 14:57
この回答がある質問
脅迫・強要

利益相反行為になるので、出来ません。 任意後見監督人が行うことになりますが、贈与すべきという判断はしないでしょう。 贈与したいということであれば、 任意後見が開始する前に、自由意志で贈与しても...

回答日 2018年03月28日 14:54
この回答がある質問
財産分与

慰謝料の排斥については成功報酬に入るでしょうね。 財産分与については、離婚が成立しなかったので排斥されたということですが、普通に考えれば離婚不成立についての成功報酬で評価されると思います。親権につ...

回答日 2018年03月28日 14:47
この回答がある質問
財産分与

生活状況が改善すればまた裁判ということはあるでしょう。 生活保護であれば、法テラスで事実上無料で破産手続等の債務整理手続をとることが出来ます。まずはお近くの法テラスでご相談ください。

回答日 2018年03月28日 14:45
この回答がある質問
借金

状況によります。家計票に料金がのりますし、請求書を見れば割賦代金と分かります。 ただ、生活必需品ですので、一台だけであればそのまま支払いを続けるということもあります。弁護士には事実を打ち明けた上で...

回答日 2018年03月28日 14:44
この回答がある質問
自己破産

単純に、2週間以後の期日を指定して「退職します」が良いと思います。 その際に、「約束されていた労働条件を守られないため」等の記載をしておいた方が良いかもしれません。これは、後で失業保険の給付をすぐ...

回答日 2018年03月28日 14:43
この回答がある質問
労働条件

退職は自由ですが、即日退職というのは労基法15条2項の要件が必要で、ご質問の事例では難しいと思います。 2週間の予告期間をおくというのが、民法上求められていることですので、むしろその方が良いでしょ...

回答日 2018年03月28日 14:41
この回答がある質問
労働条件

これだけで判断できることはないでしょう。 そもそも会社があなたにしたことが理不尽な行為だったといえるかが問題になりますし、理不尽だったからといって関係のない他人に冷たくしたり、物にあたった(会社の...

回答日 2018年02月25日 13:10
この回答がある質問
解雇

残念でしょうが、出来ません。 民法761条は取引関係(法律行為)について、取引相手の信頼を保護する制度であって、不法行為の連帯責任を定めたものではありません。また、760条は夫婦間での生活維持義務...

回答日 2018年02月25日 13:07
この回答がある質問
不倫慰謝料

法テラスに相談に行ってください。 時効になっている債権の可能性もあります。 判決をとっていなければ差し押さえなどはまず出来ません。

回答日 2018年02月24日 23:15
この回答がある質問
動産執行

1 自白しているので、留置の必要性がないとされたのでしょう。 逃亡や証拠隠滅の危険性がないということです。 2 は分かりません。被害者側の意思確認をしている段階かもしれません。 警察でないと分...

回答日 2018年02月24日 23:11

一審の判断部分です。 3 婚姻費用分担額を算定するに当たっては、申立人と相手方との総収入を基礎に、公租公課を税法等で理論的に算出される標準的な割合により算出し、職業費及び特別経費を統計資料に基...

回答日 2018年02月24日 23:06

引用します。 第3 当裁判所の判断  1 当裁判所も、抗告人は相手方に対し、原審判が認めた婚姻費用分担額の支払をすべきであると判断した。その理由は、原審判の理由の「第2 当裁判所の判断」1か...

回答日 2018年02月24日 23:05

残念でしょうが、文書提出命令が却下されたことと、審理の証拠をどうするかは別の問題です。おそらく、あなたとしては有利な証拠を文書提出命令で取り寄せたいと思ったけど、何らかの理由で却下されたことから、相...

回答日 2018年02月24日 23:01
この回答がある質問
家事審判

3,871 - 3,900 件を表示/全 6,954 件

現在営業中 07:00 - 23:00

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 23:00
  • 土日祝07:00 - 23:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も緊急の刑事事件についてはご相談を承っています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。お電話は私が直接対応しています。
※緊急事態宣言発令中のため、ご相談をお断りすることがあります。面談時には、相談者にもマスクを着用して頂くほか、熱や咳などの症状がある場合のご相談はお断りすることがあります。

対応地域

経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談