鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 7
労働問題
全国 12
企業法務・顧問弁護士
全国 16
総合
全国 12
福岡県 1

薬院法律事務所

福岡県福岡市中央区薬院1-5-11薬院ヒルズビル4階4-A
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名4,342 件/匿名:8件

自営業者の休業損害については、「年間総収入÷365日」×「休業期間」が原則です。年間総収入は確定申告での所得額を基準な計算します。そのため、実際に7日間働けない状況が続いたのであれば、その間に休暇が...

回答日 2013年03月07日 16:23
この回答がある質問
休業損害

就業規則変更についての条文です。 ☆労働契約法 (就業規則による労働契約の内容の変更) 第九条  使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契...

回答日 2013年03月07日 14:45
この回答がある質問
有給休暇

計画年休制度(5日を超える有給について、会社が使用時期を指定する制度)は就業規則ではなく、労使協定により定める必要があります。従って、就業規則で定めているだけでは駄目で、労使協定を別途結ぶ必要があり...

回答日 2013年03月07日 14:45
この回答がある質問
有給休暇

とりあえず相談にはいかれた方が良いでしょう。場合によっては間に入って貰うことになるので,知り合いの弁護士が相談しにくければ,法律相談センターなどで相性の良さそうな弁護士を探した方が良いと思います。 ...

回答日 2013年03月07日 00:47
この回答がある質問
暮らし・趣味

あなたの店との関わり合いがはっきりしないので,明確な回答が出来ないところもありますが,余り心配することはないように思います。本番をしていたことを認めても,あなたが他のソープ嬢を取り仕切っていた(経営...

回答日 2013年03月07日 00:39
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

彼のメールで「(彼が)警察や検察から投稿者の住む町に二度と入ってはいけない」と言われたと書いているわけですね? 国の命令でどうこうというのはまず考えられません。ストーカー規制法ではストーカーに...

回答日 2013年03月06日 23:06
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

新車で事故に遭ってしまい,大変なことになってしまいましたね。 残念ながら,現在の裁判実務では新車で事故に遭ったときに十分な補償が受けられないのが実情です。損害の補償ということで考えれば,当然修...

回答日 2013年03月06日 22:52

こういうご質問はそれこそ担当している弁護士でないと真意はわかりません。ただ,お話を伺う限りで不自然さはありません。 ①遅延損害金については交通事故の場合は事故日より請求します。訴状到達時の翌日...

回答日 2013年03月05日 22:39
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

詐欺未遂の弁護というより、刑事弁護一般で探すのが良いですよ。 また、困難な事件のようですので、ネット上で自ら「・・・に強い」と宣伝している弁護士よりも、弁護士間で名の知れた弁護士の方が良いかもしれ...

回答日 2013年03月04日 09:58

その場合は「症状固定」といって「障害」となった時点から不法行為で請求できます。不法行為は損害及び加害者を知ってから3年間,不法行為のときから20年間ですが,治療を継続している間は時効が進行しないもの...

回答日 2013年03月04日 00:10
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

トップページの上部に「弁護士一括見積」とありますよ。

回答日 2013年03月04日 00:03

>『第93条 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。 この「真意ではないことを知ってしたとき」というのは,「表意者が」真意...

回答日 2013年03月04日 00:02
この回答がある質問
民事・その他

とりあえずこのサイトの一括見積もり依頼を出してみてはいかがでしょうか。 近くの弁護士から反応があると思います。

回答日 2013年03月03日 23:12

追記です。 西田広一先生のおっしゃる通りなのですが,前の投稿を見ると第3条違反のように思えますので先の投稿を致しました。 もし第3条以外での逮捕であれば,一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金...

回答日 2013年03月03日 20:36
この回答がある質問
インターネット

社風になじめないということで自己都合で辞めるのが良いでしょうね。 社長が飲酒運転をしていたとしても,あくまで使用者が労働者に負う義務は賃金支払い義務と安全配慮義務といったところですので,労働者が使...

回答日 2013年03月03日 20:17
この回答がある質問
飲酒運転

それで大丈夫だと思いますよ。 警察にこの時点であなたから相談があった,という事実ははっきりと残りますので。 今後,もし相手方から抜いた金額以上の請求があったら近くの弁護士に相談をすることです...

回答日 2013年03月03日 17:56
この回答がある質問
詐欺

そういう状況であれば超えそうですね。 病院も保険に入っているのが一般ですので,おそらく病院側も弁護士を立ててくることになると思います。保険金の処理の関係で1,2ヶ月は最低でもかかるでしょうが,相手...

回答日 2013年03月03日 17:50

窃盗罪であるとすれば「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」ですが,逮捕がされるのか,起訴されるのかといったことは警察・検察が判断することですのでこの場で判断することは出来ません。 一般には...

回答日 2013年03月03日 16:55
この回答がある質問
窃盗・万引き

厳密には窃盗になるでしょうが,相手方にも問題がありそうです。 あなたもすぐに返金を申し出ているのですから,処罰までは至らない可能性があります。そう心配はいらないと思います。 とりあえず,あな...

回答日 2013年03月03日 16:00
この回答がある質問
詐欺

少額訴訟手続は一回で終わります。双方対席で言い分を聞かれて,判決まで下されます。ご投稿の内容ではご主人側が勝つ可能性は見当たりません。 もし判決が出れば,それに基づいて会社から強制執行が可能に...

回答日 2013年03月03日 15:45

相手方が言い出すかどうかというのはわかりませんね。 「告訴する」というのが脅し文句として成立する場面は確かにあります。しかし,100万円という金額が実損からかけ離れているわけではなく,あなた自...

回答日 2013年03月03日 15:27
この回答がある質問
窃盗・万引き

職業安定法に基づいて求職の際に示されている労働条件については,原則として労働契約の「申し込みの誘因」ということになり,ただちに労働契約の内容になるわけではありません。そのため,実際の労働条件が違うと...

回答日 2013年03月03日 13:28

まず,被害届や告訴を出さなくても,損害賠償請求は可能です。 被害届(被害の申告)や告訴(処罰を求める意思表示)は警察に対して行うものであるのに対して,損害賠償請求は相手方に対して行うものだから...

回答日 2013年03月03日 01:29
この回答がある質問
窃盗・万引き

期日が変更されてしまったのであれば,あなたの事情を話して裁判所に期日の再変更をしてもらうしかないでしょう。3月5日に戻すことは難しいでしょうが,出られる日時への変更の可能性はあります。 ただ,...

回答日 2013年03月03日 00:57
この回答がある質問
解雇

担当弁護士が、警察、検察と本人を除いて、一番事件については知っています。ですので、弁護人に聞くしかないでしょう。 ただ、確かに贈賄罪となれば、相手方である公務員に対する調べや裏付けも必要なので...

回答日 2013年03月02日 12:42
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

うっかりミスということであれば,横領にはなりません(なお,横領というよりも詐欺の問題だと思われます)。 会社からの処分については,会社があなたの件をどう事実認定するかに係っています。一般に横領...

回答日 2013年03月02日 01:53

法律の英訳についてはこのサイトが参考になります。 調べたところ「労働保険の保険料の徴収等に関する法律」 は英訳が存在しました。 http://www.japaneselawtranslat...

回答日 2013年03月02日 00:38

小額訴訟をされた場合の悪影響というのはわかりませんが,一応,保険料の滞納は更新許可に影響するようです。 事業主が支払っている場合に滞納になるかというのは,難しいようにも思いますが・・・ご参考までに...

回答日 2013年03月02日 00:33

☆労働保険の保険料の徴収等に関する法律 (一般保険料に係る保険料率) 第十二条  一般保険料に係る保険料率は、次のとおりとする。 一  労災保険及び雇用保険に係る保険関係が成立している事業...

回答日 2013年03月02日 00:23

社会保険とは,健康保険と雇用保険,労災保険,厚生年金等の総称です。 このように,二分の一負担ですか、事業主は全部支払い義務を負います。 その上で給料から控除をしたり、求償請求をするわけです。 ...

回答日 2013年03月02日 00:22

4,261 - 4,290 件を表示/全 4,342 件

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 22:00
  • 土日祝07:00 - 22:00
定休日
なし
備考
電話、メール相談はしていません。事務所の開所時間は,平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日は、原則として刑事事件の初回相談のみ対応しています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談