鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 3
労働問題
全国 11
企業法務・顧問弁護士
全国 19
総合
全国 11
福岡県 1

薬院法律事務所

福岡県福岡市中央区薬院1-5-11薬院ヒルズビル4階4-A
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名4,645 件/匿名:8件

録画して警察に被害届を出しにいきましょう。罰則付の迷惑防止条例に違反しているのであれば,十分捜査の対象になります。また,弁護士がそういう行為にお墨付きを与えるなんてことをすることはまずないでしょう。

回答日 2013年04月27日 12:08
この回答がある質問
民事・その他

職場に伝わる危険というのは,むしろ警察からの問い合わせの方があるでしょう。心配なら警察署の窓口に行ってそのまま事情を話して聞くことです。教えてくれない可能性ももちろんありますが。 プライバシー...

回答日 2013年04月27日 11:55
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

☆民法 (特定物の引渡しの場合の注意義務) 第四百条  債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者は、その引渡しをするまで、善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない。 ...

回答日 2013年04月27日 11:44
この回答がある質問
消費者被害

お父様が軽い認知症のような症状が出ているといっても,お父様がご自身の意思で渡しているのであれば,相手方の行為は犯罪にはなりません。いくら年をとっているからといって,自分の意思で,自分の財産を他人に贈...

回答日 2013年04月26日 23:42

相手方に過失があるのであれば,過失相殺事由がない限り老人介護施設でのリハビリ期間も含めて支払うのが当然でしょう。本来自宅介護が出来る状態だったわけですから,介護事故により発生した余分な出費です。 ...

回答日 2013年04月26日 23:33
この回答がある質問
旅行・イベント

・1、出品者は他人にその商品を売ってはならない。 売買契約が成立していますので,あなたに商品を「代金と引き替えに」又は特約で代金前払いになっていれば「代金の支払を受けた上で」引き渡す必要があり...

回答日 2013年04月26日 23:07
この回答がある質問
消費者被害

その相手方が免許証を元に口外していけば当然プライバシー侵害,名誉毀損といったことが成立します。写真の消去と警告だけはしておいてはどうかと思います。もし相手方がわからなければ,警察にそのことを心配して...

回答日 2013年04月26日 22:50
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

・相手が 10年以内に働いたとして、でもまだ生活保護を受けていても慰謝料の回収は可能ですか? 働きながら一部生活保護を受けているということであれば,その事実自体は分からないので給与の差し押さえ...

回答日 2013年04月26日 22:42
この回答がある質問
不倫慰謝料

同棲関係にあったというわけですから,鍵の交換代を請求することは出来ないと思われます。あなたが借りた部屋だとしても,その鍵を渡したのはあなたであって,本来は鍵を回収しておくべきでした(あなたの借りた部...

回答日 2013年04月26日 22:25

委任契約書を作成していないのは明らかに職務規程違反です。 そのような義務違反をしている弁護士が, ご投稿のような不合理な理由で弁護士の方から辞任するというのであれば, 着手金の返金を求めら...

回答日 2013年04月26日 22:11
この回答がある質問
離婚慰謝料

資産がないのであれば自己破産手続をとられるのが一番良いように思います。少なくとも代表者をしていた頃の貸金債務ということであれば,免責許可が下りれば逃れられるでしょう。 仮に資産をお持ちだということ...

回答日 2013年04月26日 22:07
この回答がある質問
取締役

森田先生のおっしゃる通りです。 財産の処分自体は認められますが,共有財産でありますので結局価格相当分の半額(通常の場合)の支払義務が生じます。

回答日 2013年04月26日 22:01
この回答がある質問
調停離婚

本当に損害賠償ということであれば特別受益にはあたりません。 もっとも,500万円というのは親族間や親しい第三者だけでの名誉毀損行為の賠償金としてはかなり大きな金額ですので,後に実質的に贈与だったと...

回答日 2013年04月26日 22:00

まず訴訟費用の確定申立を少額訴訟の判決を出した裁判所にしなければなりません。その上で,具体的な訴訟費用額の確定処分に基づいて強制執行が出来ます。松江地方裁判所が手続きについて参考となるページを設けて...

回答日 2013年04月26日 18:33
この回答がある質問
債権執行

とんでもない話ですね。業務上横領にはならないと思われますが,詐欺でしょう。あるいは背任になることも考えられます。 横領については少額であっても懲戒解雇も有効と判断されることが多く,横領に類する...

回答日 2013年04月26日 17:47
この回答がある質問
タイムカード

「店員が顧客を待っている間のいわゆる手待時間は、その間特に実作業を行っていなくとも、一般に労働時間に当たると解されています。」(参考サイト)。そのため,ご友人は労働しているのであって,何も渡すことは...

回答日 2013年04月26日 15:59
この回答がある質問
給料

相手の財産があればもちろん強制執行は可能です。但し,破産などされてしまうと結局回収できないので,とりあえずはほとんど費用のかからない支払督促を利用して請求してみてはどうでしょうか。争わなければそのま...

回答日 2013年04月26日 15:50
この回答がある質問
不倫慰謝料

まずは相手方の弁護士の話を聞いてみることです。 もしかしたら,家庭裁判所に少年事件として送致されて,弁護士会がボランティア活動としてやっている少年付添人がついたのかもしれません(少年本人の依頼の場...

回答日 2013年04月26日 15:47
この回答がある質問
傷害

大体1月程度と思います。 移送については,基本的な管轄は被告の住所地ですので,そのことも考え合わせて移送を認めるかどうかは判断されるでしょう。相手が有給を取れば来ることが出来るから,というだけ...

回答日 2013年04月26日 15:42

聞くこと自体は全く差し支えはありませんよ。悩まず聞いてみましょう。 ただ、弁護士によっては教えないで、事務所に連絡をしてくれという扱いをすることもあります。例えば、私も以前教えていましたが、午前2...

回答日 2013年04月26日 10:44
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

この「みんなの法律相談」ではなく、「弁護士一括見積」というシステムが弁護士ドットコム内にはありますので、それで見積もってもらったらどうかという話です。細かく書きすぎるのが怖いということであれば、大ま...

回答日 2013年04月26日 10:41
この回答がある質問
離婚・男女問題

仮給付という形であれば解雇を受け入れたということではありませんので(だから「仮」)、労働審判で不利になったりもしませんよ。

回答日 2013年04月26日 10:02
この回答がある質問
労働審判

離職票がないと失業保険を出してくれませんので、ハローワークに相談して,離職票を出してもらうよう相手に指導してもらって下さい。その上で「仮給付」という手続きで失業保険を受けることが出来ます。

回答日 2013年04月26日 10:01
この回答がある質問
労働審判

そういう場合は,元々の不当解雇の日に遡って,解雇通知を撤回したとして,会社都合で合意退職した,という和解をした上で解決金として支払ってもらえば大丈夫です。失業保険の関係ではちゃんと失業中になりますよ...

回答日 2013年04月25日 23:32
この回答がある質問
労働審判

とりあえず警察に相談に行ってみて下さい。相手とあなたの怪我の程度,暴行の程度,あなたの挑発の内容,といったことを考えてどちらも処罰,になるかもしれませんし,相手の方の落ち度が大きいということで相手方...

回答日 2013年04月25日 23:21
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

実際にやったことはないですが,警察での相談受理表の内容について,第一東京弁護士会『弁護士法第23条の2 照会の手引き(五訂版)』では,相談の受理票の内容回答を求める弁護士会照会の例があります。 注...

回答日 2013年04月25日 15:32
この回答がある質問
裁判離婚

4年前に関係が切れているなら確かに時効ですが,ずっとその後も続けているのですから時効は成立しませんよ。最後の不貞行為からです。 ただ、他の弁護士が指摘していますように,夫にも当然求償請求が来ますし...

回答日 2013年04月25日 13:54
この回答がある質問
不倫慰謝料

なんとも不自然な話ですね。 診断書もとっているのであれば,あえて現在示談をする必要があるのか疑問です。むしろ,相手に請求することも考えなければなりません。 検察官には事情をきちんと話をして,...

回答日 2013年04月25日 13:47
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

言い分を書面にまとめておくのはとても大事です。それを4部くらい用意しておいて,調停委員に渡して口頭で説明するのが良いでしょう。 服装については,スーツなどが一番無難でしょうね。冷静に,根拠を示しな...

回答日 2013年04月25日 13:42
この回答がある質問
調停離婚

実際に面談相談をされないと分かりませんが,ご友人は破産による不利益について誤解があるかもしれません。破産したくないといっても,実際支払えない状況が続いていれば,苦しい生活が続くわけですし,終わりませ...

回答日 2013年04月25日 10:12
この回答がある質問
債務整理

4,201 - 4,230 件を表示/全 4,645 件

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 23:00
  • 土日祝07:00 - 23:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も予約受付は行っておりますが、事務所での面談相談は、原則として刑事事件の初回相談のみ対応しています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。お電話は私が直接対応しています。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談