鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 4
労働問題
全国 11
総合
全国 15
福岡県 1

薬院法律事務所

福岡県福岡市中央区薬院1-5-11薬院ヒルズビル4階4-A
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名4,658 件/匿名:8件

なお,弁護士費用については,法テラスが最安値と思われます。参考サイトの70頁以下をご確認ください。 40万円の損害賠償請求の場合,50万円以下の事件として,訴訟の場合で着手金6万3000円+実費2...

回答日 2013年05月04日 02:35
この回答がある質問
離職票

残念ながら,損害賠償請求は困難だと思います。 まず,離職票について誤解があると思うのですが,離職票については,まず離職証明書を事業者がハローワークに提出します。この提出期限が10日間です。その...

回答日 2013年05月04日 02:29
この回答がある質問
離職票

個人の場合であっても,画像の内容によっては肖像権侵害による不法行為が認められます。損害賠償として35万円を認めた「街の人」肖像権侵害事件(東京地判平成17年9月27日判決)が存在します。 被害届,...

回答日 2013年05月04日 01:57
この回答がある質問
盗撮・のぞき

遺産分割についての規定ですね。 まず第1項は協議により分割が出来るという原則について規定したものです。協議がまとまれば,法定相続分などに拘束されずに分割ができます。良くあるのは,夫がなくなった場合...

回答日 2013年05月03日 22:37
この回答がある質問
相続

ひどい目にあいましたね。 犯人が逮捕された後,お金がなくても被疑者が望めば国選弁護人がつきますので,もし被害弁償が出来るのであれば国選弁護人から連絡があるでしょう(通常,その前に検察官から,国選弁...

回答日 2013年05月03日 22:23
この回答がある質問
窃盗・万引き

下記の参考サイトがインターネット上でアクセスできる情報では信用性が一番高いものだと思います。独立行政法人がデータベースとして一般に公開しているものです。 ここにもありますが、内々定については、...

回答日 2013年05月03日 19:32
この回答がある質問
就職・転職

平成17年に入金があったということは,商事債権(貸主や借主が会社・事業者だったりした場合)でなければ,10年間の時効をその弁済日からから計算しますので,まだ時効は成立していませんね。借主が時効だと平...

回答日 2013年05月02日 14:51

借用書があれば,貸したという証拠にはなりますよ。そのこと自体は時効期間が経過したとしても変わりません。 もっとも,時効期間(通常の個人での貸し借りなら弁済期又は最後の弁済日から10年間。但し、時効...

回答日 2013年05月02日 14:39

私はそういった判例は聞いたことがありません。弁護士ドットコムでは労働法に詳しい先生方も見ているはずなので,回答がないということは,少なくとも有名な判例ではないと思います。特に,人事責任者に多額の慰謝...

回答日 2013年05月01日 23:41
この回答がある質問
不当解雇

退職金規程の変更による減額ということであれば,就業規則の不利益変更ということになりますので,退職金という賃金の後払い的性格も有する重大な労働条件の変更には高度の合理性が求められます(労働契約法第9条...

回答日 2013年05月01日 23:17
この回答がある質問
退職金

囲障を設置することにより、建物の附属地として建物利用のために供されるものであることが明示された土地については,住居侵入が成立します。よって,隣家との間に柵があれば住居侵入罪になりますよ。 ☆最...

回答日 2013年05月01日 22:29
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

私は裁判官でなく,実際の事件にも関わっているわけではないですので,抗告の理由になるかどうかという評価は避けます。 念のため,拝読して思った事としては,私が引用した判例はご投稿の昭和40年の判例...

回答日 2013年05月01日 16:27
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

ご投稿の内容で正しいと思いますが,こういうことは書記官に聞かれるのが確実ですので,必ず聞いてください。何らかの誤解があり,例えば木曜日が末日だったなどとなると,期間が経過してしまっては元も子もなくな...

回答日 2013年04月30日 22:25
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

管理権者(ご投稿の内容では会社の代表者でしょう)が日曜日の家屋立ち入りを拒絶しているのであれば,建造物侵入・器物損壊でしょう。もっとも器物損壊は所有者(会社)の告訴が必要です。建造物侵入についても,...

回答日 2013年04月30日 21:00
この回答がある質問
民事・その他

訴訟自体は起こせますよ。ただ、相手方がもう時効だから支払わない、と主張をしてきた場合には負けるということです。相手方が時効に気がつかずに支払ってこれば、支払は受けられます。また、相手方が無視していれ...

回答日 2013年04月30日 18:42

新たな質問が来ていますが、主債務者において、時効期間内での弁済が続けられている限りは、連帯保証人にも時効は成立しません。催促されていなくても関係ありません。

回答日 2013年04月30日 18:38
この回答がある質問
連帯保証人の時効

主債務者が弁済を続ける限りは,時効中断効が連帯保証人にも生じます。連帯保証人だけ時効になるということはありません。 例外的に,時効期間経過後に主債務者が弁済をした場合には、主債務者は時効を援用でき...

回答日 2013年04月30日 18:35
この回答がある質問
連帯保証人の時効

彼の実のお子さんですからね。夫婦の縁は切れても親子の縁は切れません。せいぜい子供に非行があった場合に相続人から排除できるだけです。実際に弁護士に頼んでいるなら、その弁護士と相談するか、相手方がつけて...

回答日 2013年04月30日 13:36

あなたが借主に引っ越し費用をあげるとか、家賃の返金に応じるなんてことを、不動産会社があなたの代理人として行う権限などあるわけないでしょう。仮に不動産会社の従業員が「いくらでも応じます」などといったと...

回答日 2013年04月30日 11:35
この回答がある質問
不動産賃貸

それだけでは脅迫とまでは言いがたいでしょうが,例えば生活の全てが会社に依存していて,会社が潰れたらただちに路頭に迷ってしまうとかいった状態で,監禁されて強要されたとかいったことであればありうるかもし...

回答日 2013年04月30日 01:38
この回答がある質問
連帯保証人

『企業設備,作業備品,業務関連経費等の実費弁済は,本来企業が業務遂行のために負担すべきものであり,作業服,作業用品代,出張旅費,社用交際費,器具損料等は,通例,「労働の対償」ではない』(荒木尚志『労...

回答日 2013年04月30日 01:13
この回答がある質問
民事・その他

恐喝罪の成立要件である,脅迫(害悪の告知)にあたると考えます。実際に刑事処罰まで進むことは余りないと思いますが。 むしろシンプルに訴訟提起等の法的手段を取ります,といった形が良いでしょう。特に,離...

回答日 2013年04月30日 00:57
この回答がある質問
不倫慰謝料

弁護士はついていませんか? 刑事事件の示談金については,相場というのが余りなかったりします。これは,刑事処分が控えているということで損害額より大きい金額で示談することが多いからです。もっとも,ご投...

回答日 2013年04月30日 00:53

相手方に支払済であることと,仮に支払っていなくても時効が成立しているので消滅時効を援用すると反論すれば良いでしょう。相手が会社なら5年間で時効ですし,そうでなくても10年間で時効です。 文書につい...

回答日 2013年04月30日 00:49
この回答がある質問
脅迫・強要

・裁判で判決がでてるのに支払わない人は法律違反ではないんですか?裁判所も判決で終わりですか? 判決が出た債務者にも,債務の支払義務があり,強制執行を免れない立場にある,というだけでそれ以上に例...

回答日 2013年04月30日 00:35

そのままだと保証債務でも相続しなければなりません。相続放棄手続をされることです。 また,残念ながら主債務者が自己破産をしてしまったということであれば,もはや主債務者に対して求償請求などをするこ...

回答日 2013年04月29日 23:53
この回答がある質問
連帯保証人

ご投稿の通りです。給与差し押さえについては,原則として4分の3までが差し押さえ禁止財産として差し押さえられないことになっているのですが,養育費の場合には2分の1までが差し押さえ禁止財産になります。そ...

回答日 2013年04月29日 22:59

・一日 11時間〜14時間労働(うち休憩1時間のみ) 三六協定があるにしても時間外労働の限度を超えている可能性が高いです。限度については下記サイトを参考にして下さい。 http://www....

回答日 2013年04月29日 22:29
この回答がある質問
労働基準法

実際に残業をしているのであれば請求が出来て当然です。 上司が勝手に破棄することなど許されませんし,破棄したからといって会社の指示により残業をしたのであれば当然残業代の支払義務があります。会社に対し...

回答日 2013年04月29日 22:20

夫が例えばプロ野球選手であるなど,専ら夫の努力・能力により収入が得られている場合は,5対5の割合でなく財産分与がなされることもありえます。 しかし,単に2000万円の収入の夫であれば妻は楽している...

回答日 2013年04月29日 22:12
この回答がある質問
財産分与

4,141 - 4,170 件を表示/全 4,658 件

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 23:00
  • 土日祝07:00 - 23:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も予約受付は行っておりますが、事務所での面談相談は、原則として刑事事件の初回相談のみ対応しています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。お電話は私が直接対応しています。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談