鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 17
企業法務・顧問弁護士
全国 29
福岡県 3

薬院法律事務所

福岡県 福岡市 中央区薬院1-5-11 薬院ヒルズビル4階4-A
現在営業中 07:00 - 23:00
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,961 件/匿名:5件

①これは前科として何か残るのですか? 罰金であれば罰金前科になります。 ②今、私が何か動いておかないといけないことがあるのでしょうか? 「当番弁護士」で検索して、出動を依頼されてく...

回答日 2019年10月18日 00:30
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

罪を約束することはできません。処罰を決めるのは裁判所だからです。 ただ、接近禁止を求めるということはありえます。例えばこんな感じです。 「乙は、甲に対し、以後正当な理由なく、・・・の地域...

回答日 2019年10月17日 10:23
この回答がある質問
少年事件

いずれの質問も、残念ながら回答できません。 費用については基本的に話し合いでしょう。裁判になった場合は、個別の契約内容と、具体的な進展の状況を踏まえて委任契約として履行に応じた報酬として一定額...

回答日 2019年10月14日 10:09

傍観者、というだけでは請求することは困難です。 残念ながら、暴行を阻止する義務まではないからです。 例えば、暴行するように指示命令したとか、はやし立てたとか、逃げられないように逃げ道をふさい...

回答日 2019年10月13日 22:50
この回答がある質問
少年事件

建造物侵入を伴わない、初犯の公共の場所での下着などの盗撮を前提に回答します。 1 まちまちです。3月くらいかかることもあります 2 してもらえることもあります。 3 私の経験では、示談はで...

回答日 2019年10月13日 18:01
この回答がある質問
盗撮・のぞき

基本的に捜索先行です。近時の事例で逮捕と同時というのは聞いたことがありません。逮捕するとすれば捜索した結果押収した映像の解析と、本人の供述を聞いて、本人が不合理否認をしているとか、余罪が多数で拡散し...

回答日 2019年10月13日 12:14
この回答がある質問
盗撮・のぞき

理屈上は損害賠償請求はあり得ると思いますが、実例は知りません。 詐欺ということでの立件も困難ですので、逮捕はないと思います。

回答日 2019年10月13日 12:12

これはネット相談では回答困難な問題ですが・・・一般論としては、あくまで生活保持のためのやむを得ない短期のバイトに過ぎず、復職する意思もあること、いつでも今の仕事を辞めることはできることは書くでしょう...

回答日 2019年10月13日 12:11
この回答がある質問
不当解雇

名誉毀損となる可能性はありますね。処罰までされるかというと可能性は低いと思いますが。ただ、そういう相手だとその手の行動は却って逆上させるだけのように思います。弁護士に依頼して損害賠償請求をする方が良...

回答日 2019年10月12日 09:37

最大20日間です。ただ、そのあと保護観察所で引き続き最大4週間監護措置ということで拘束されることが多いです。

回答日 2019年10月11日 18:46
この回答がある質問
少年事件

犯罪捜査規範に基づき教えてくれることがあります。 (被害者等に対する通知) 第十条の三 捜査を行うに当たつては、被害者等に対し、刑事手続の概要を説明するとともに、当該事件の捜査の経過その他被...

回答日 2019年10月07日 19:51
この回答がある質問
詐欺

住居侵入でしょう。ただ、スペアキーを持っていて、それに対して異議を唱えていないとなると、立ち入りを許諾されていた、などと弁解される危険性があります。まずははっきり書面で拒絶と抗議をすべきと思います。...

回答日 2019年10月02日 13:15

国選弁護人がつくのが勾留されてから(3~4日)後で、そこから親族に連絡をとって示談金用意になるので、だいたい1週間はかかりますね。親族が見捨てている場合は、本人が口だけということで示談を申し入れない...

回答日 2019年10月01日 19:18
この回答がある質問
窃盗・万引き

再発行も、初回の発行も原則7日で正しいです。期限が切れたら再発布してもらいます。 刑事訴訟規則 (令状の有効期間) 第三百条 令状の有効期間は、令状発付の日から七日とする。但し、裁判所...

回答日 2019年10月01日 00:17
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

可能性自体は否定できませんが、私の知る限りそれだけの被害額で、被害弁償や示談もされていないのに処罰されないというパターンは聞いたことがないです。

回答日 2019年09月30日 18:06
この回答がある質問
窃盗・万引き

普通に考えれば不倫相手と思いますが、、、 警察に相談すべきです。恐喝未遂で立件できると思います。

回答日 2019年09月30日 16:37
この回答がある質問
脅迫・強要

1 残念ですが、犯罪とならないということで取り合ってくれないでしょう。 2 そうなります 3 性的プライバシーを侵害する行為であったということで慰謝料請求しますが、盗聴ではなく秘密録音であること...

回答日 2019年09月30日 01:10
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

名前を伏せるのは難しいです。 犯罪事実の記載例をあげますが、刑事訴訟法上、犯罪事実の特定をできる限りしなければならないとされています。あなたの事例では誰のカードかということは犯罪成否に不可欠と...

回答日 2019年09月29日 23:50
この回答がある質問
窃盗・万引き

資料を持参するのは構わないでしょうが、要点をまとめたメモも持っていかれると良いでしょう。納得のいかない部分だけ持っていくというのはおすすめしません。その部分だけを見て判断できるというものではないから...

回答日 2019年09月29日 19:01

故意がないので、現時点では犯罪でないです。 しかし返さなければ占有離脱物横領になります。 速やかに返しましょう。

回答日 2019年09月29日 17:52
この回答がある質問
窃盗・万引き

そんなことはもちろんありません https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=4...

回答日 2019年09月29日 17:12

完成後引き渡しから起算なのでそうなるでしょうが、口頭でも請求があれば「催告」として半年間の時効延長はあります。

回答日 2019年09月29日 15:00

1 窃盗の実行の着手がないのでなりません 2 脅迫罪になるかはともかく、そもそも被害届を提出したというのがおかしいように思います。交際相手の親族は「被害者」ではないですし。そこがまず本当ですか...

回答日 2019年09月28日 23:58

先に原告自身が署名押印して提出して、弁護士はただ出廷するだけでしょうね。 弁護士が作成した文書でないので、弁護士が署名押印するというのはないです。

回答日 2019年09月28日 23:53
この回答がある質問
準備書面

それで名誉毀損で負けたとか、処罰されたという事案を聞いたことがないです。 名誉毀損の成立には公然性が必要ですが、友人に話したということでは不特定多数に話しをしているわけではないので成立しないでしょ...

回答日 2019年09月28日 23:52
この回答がある質問
不倫

それ自体が判決に響くということはまずないと思いますが、 訴訟では、全く争わなければ相手の請求を認めることになりますので、 離婚が成立するのが原則です。少なくとも訴訟は対応すべきでしょう。

回答日 2019年09月28日 23:25
この回答がある質問
調停離婚

1 普通にありえます。というか、その状況で警察官があなたの言い分を信用しているとは思えません。 2 捜索差押です。自宅が考えられますが、職場もされる可能性はないではないです。なお、映像の消去など証...

回答日 2019年09月28日 19:51
この回答がある質問
盗撮・のぞき

1 建造物侵入はつかないでしょうが、悪質性が高いということで公判請求もありえるとは思います。ただ、自分の店舗で盗撮というのが処罰対象となったのは最近ですので、量刑相場といえるものは知りません。示談が...

回答日 2019年09月28日 19:06

1 弁護士を立てた方が良いでしょうね。 2 お金を取り返す、ということはできません。実質的に夫婦だったわけですが、離婚の際に夫婦間でお金を取り戻す、ということができないのと同じことです(それを言い...

回答日 2019年09月28日 17:26
この回答がある質問
内縁

軽傷で任意保険にも加入しているのであれば、執行猶予付の懲役刑になると思います。

回答日 2019年09月28日 17:16
この回答がある質問
ひき逃げ

151 - 180 件を表示/全 1,961 件

現在営業中 07:00 - 23:00

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 23:00
  • 土日祝07:00 - 23:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も緊急の刑事事件についてはご相談を承っています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。お電話は私が直接対応しています。
※緊急事態宣言発令中のため、ご相談をお断りすることがあります。面談時には、相談者にもマスクを着用して頂くほか、熱や咳などの症状がある場合のご相談はお断りすることがあります。

対応地域

経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談