鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 7
労働問題
全国 13
企業法務・顧問弁護士
全国 26
総合
全国 15
福岡県 1

薬院法律事務所

福岡県福岡市中央区薬院1-5-11薬院ヒルズビル4階4-A
現在営業中 07:00 - 22:00
電話番号 050-5286-8149
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,679 件/匿名:3件

捜査終了時にならないと返してくれません。 共犯事件などで長引けば一年後くらいに返してくることもあります。 盗撮であればそんなに長くなることはないでしょうが,一月くらいは待って, それでも何も動...

回答日 2013年06月13日 09:16
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

財産については未成年者の意思に関係なく代理権を行使できます。 しかし、その内容が例えばもっぱら親権者の利益をはかるようなものであれば、権限濫用として、権限濫用を気がつかなかったことに過失ある相手方...

回答日 2013年06月12日 15:58
この回答がある質問
親権

そういうことです。 民法147条による時効の中断の効力は、あくまで時効中断行為を行ったものとその承継者(相続人等)との間にしか生じないという規定です。 例えば、2人の連帯債務者のうち1人だけが債...

回答日 2013年06月12日 15:51
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

結婚していても親族ですよ。 罰金についてはおっしゃる通りいくらくるかわかりません。 予後がよければ今回に限り起訴猶予、ということもありえると思います。 誠実に事故の相手方に謝罪をして示談を...

回答日 2013年06月12日 10:00

行政書士であれば示談交渉は出来ません。そのため,相手が争ってきたら後はあなたで対応してということになります。せいぜい法的アドバイスをしてくれる位でしょう。弁護士であれば代理人として行動が可能です。 ...

回答日 2013年06月04日 19:05
この回答がある質問
不倫

増額要素となります。要するに養育費というのは扶養義務を負う夫婦で公平に負担を分け合うというものですから,平均的な事例よりも特別な費用のかかる子供がいればその分額が大きくなるのは当然です(なお,夫婦世...

回答日 2013年06月03日 22:58
この回答がある質問
養育費

弁護士会というのはその地域の弁護士が強制的に加入させられる団体です。弁護士から毎月数万円の会費を集めて様々なボランティア活動を行っており,当番弁護というのはその一つです。 内容としては,当番弁護の...

回答日 2013年06月03日 00:02
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

刑事事件の量刑はもともと予測が困難なものですので,あくまで参考ということで捉えて欲しいのですが,ご投稿の件は罰金だけではすまず,執行猶予付の懲役刑が言い渡される事例だと思います。執行猶予付の判決は執...

回答日 2013年06月02日 13:39

コストをかけないということであれば,その方法しかないでしょう。 あるいは弁護士に和解交渉を頼んで,きちんとした形で和解書を作成して返還してもらうということも考えられます。貸金の存在自体を将来争って...

回答日 2013年05月30日 12:52

警察がどこまでするかというのは,はっきりいって警察次第なのでわからないとしか言えません。事情聴取での呼び出しでもしてくれれば相手に対する抑止効果はありますし,それでもエスカレートすればボロを出す可能...

回答日 2013年05月30日 00:30
この回答がある質問
不倫

不法行為となる余地はなさそうです。 同性間とはいえ,好意を持つとか伝えるとかはもちろん自由ですので,通常の男女関係と同様に考えれば良いです。ストーカー行為とか強姦とかがなければ特に不法行為が成立す...

回答日 2013年05月29日 13:14
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

ご投稿の通り,法テラスに相談するのが良いと思いますよ。 また,法テラスが予約でいっぱいの場合でも,法テラスと契約している弁護士事務所で無料相談を受けることなども出来ますので,とりあえず問い合わせる...

回答日 2013年05月28日 19:14
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

先の回答の通り法的な義務というのはありません。 しかし、正社員に準じての保護も考えられますので、一度弁護士の面談相談に本人が行くべきでしょう。

回答日 2013年05月28日 08:39

逮捕するしないということは,警察・裁判所で判断することですので何とも言えません。しかし,民事上の和解が成立した場合には,あえて逮捕までしないことが多いのは事実です。 なるべく和解で告訴取下げを入れ...

回答日 2013年05月25日 15:22
この回答がある質問
横領

国選弁護人には料金はかかりません。というか,お金は職務上受け取れません。手土産であっても突き返すのが無難だと言われている位です。 そして,例えば接見に行った時の様子などを聞くことは出来ますが,...

回答日 2013年05月20日 23:44

労働基準監督署はあくまで行政機関ですので,解雇取り消しの命令などは出来ません。あくまで,あなたが裁判などを起こして解雇が無効だという判決を貰わないといけないわけです。 会社が解雇という離職票を...

回答日 2013年05月18日 22:27
この回答がある質問
労働条件

基本的にはA弁護士の言うように落とされても遺失物だということで所有権は落とし主にあります。明らかに捨てているという状態であれば,所有権放棄は認められるでしょうが(ゴミ箱に,中身の無い財布が捨てられて...

回答日 2013年05月18日 22:03

雇用契約時に明示されていた条件と実際の労働条件が異なる場合は,労働者には即時解約権があります。雇用契約書と条件が違うことを指摘して,労働基準法第15条2項に基づき退職するように言うと良いでしょう。 ...

回答日 2013年05月18日 20:44
この回答がある質問
解雇

基本的には交通事故の慰謝料は通院・入院日数で定められるものと,後遺症が残った場合にその後遺症の程度によって定められるものの二種類です。精神的な損害に対する慰謝料,というのがまさにご投稿で述べられてい...

回答日 2013年05月18日 15:37
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

略式請求という手続を考えているのかもしれません。 これは,罰金刑での処分になりますが,まずあなたの調書をとった後,あなたに略式手続で処罰を受けることに同意をとって,検察庁から裁判所に書類を回して罰...

回答日 2013年05月18日 15:18

現在は警察署に拘束をされて取調中と考えられます。 通常であれば,逮捕から3日以内で勾留に切り替わって,それから10日間から20日間の勾留がされ,起訴されるという流れです。起訴されてからも保釈が認め...

回答日 2013年05月13日 10:04

残念ながら,退職後は有給休暇の請求権は失われてしまいます。 有給休暇については使途は自由ですので,冠婚葬祭で有給を使いたいといえば,その分の賃金を控除するなどということは許されません。従って,未払...

回答日 2013年05月13日 00:09
この回答がある質問
有給休暇

秘密録音については,裁判上証拠として認められる場合と認められない場合は分かれています。基本的には,著しく反社会的な方法で取得した場合については,証拠能力は認められないとされています。勝手に人の家に忍...

回答日 2013年05月12日 23:30
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

・任意保険会社が刑事処罰に弁護士を選任出来ますか? 刑事事件ではなく,民事の損害賠償についての弁護士委任と思われます。刑事事件の弁護士費用特約というのは聞いたことがありません。 ・日弁連...

回答日 2013年05月12日 22:41
この回答がある質問
示談交渉

相手方の怪我の程度にもよりますが,治療費,休業損害は別としても30万円を下ることはないかな,という印象です。相手方に落ち度がある事例でもなく,通り魔的犯行ですので。交通事故での慰謝料額は基本的に通院...

回答日 2013年05月12日 22:31
この回答がある質問
示談交渉

憲法66条3項についてのご質問ですね。 ユーキャンのテキストは持っていませんが,おそらくほとんどの予備校テキストの元ネタとなっている,芦部信喜『憲法 第5版』(平成23年3月発行)318-319頁...

回答日 2013年05月10日 11:43
この回答がある質問
就職・転職

これは直接留置所に確認されないと駄目だと思いますよ。私の経験ではそういった理由で断られたことがないので,おそらく留置所のスペースなどによる内部規則だと思います。聞けば教えてくれるはずです。 そして...

回答日 2013年05月10日 11:18
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

弁護士でも身辺調査とかいう理由では取り寄せられません。 受任事件(損害賠償請求等)のために必要という理由を示して請求をします。理由を偽って不正請求をした場合には,懲戒の対象となりますよ。 ☆...

回答日 2013年05月10日 11:01
この回答がある質問
インターネット

本人が留置所内でまず宅下げを申請して,それが受理された時点で弁護士に渡されます。物によっては検閲に時間がかかるので,次の接見の時ではなく,その次の接見の時に渡されるということがあります。 2日に一...

回答日 2013年05月08日 17:47
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

あなたが直接連絡をとるのは辞めた方がいいです。 ヤミ金であれば,弁護士が電話連絡をするだけで済むこともありますし,債務履歴の取り寄せをしたことで,債務を承認したんだとか,時効はもう駄目なんだとか言...

回答日 2013年05月08日 11:02
この回答がある質問
債権回収

1,441 - 1,470 件を表示/全 1,679 件

現在営業中 07:00 - 22:00
鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 22:00
  • 土日祝07:00 - 22:00
定休日
なし
備考
電話、メール相談はしていません。事務所の開所時間は,平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日は、原則として刑事事件の初回相談のみ対応しています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談