鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 14
企業法務・顧問弁護士
全国 28
福岡県 2

薬院法律事務所

福岡県 福岡市 中央区薬院1-5-11 薬院ヒルズビル4階4-A
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,956 件/匿名:5件

止めた方がいいです。まず相手の弁護士はこの規程があるので交渉に応じないでしょう。 むしろ、依頼している弁護士と上手くいっていないのだなと足下を見られることになります。 弁護士職務基本規程 ...

回答日 2019年11月25日 12:49
この回答がある質問
傷害

繰り返していたら、警察に目をつけられるでしょうね。 同じ「被害者」と「目撃者」が何度もでてくるわけですから。 そうすると、盗撮のように見えるが実は同意している、ということで、撮影した人は迷惑...

回答日 2019年11月22日 01:12
この回答がある質問
盗撮・のぞき

そのパターンが多いと思います。 ぎりぎりの事件では呼んで直接反省を確認するというのもあるでしょう。

回答日 2019年11月22日 01:06
この回答がある質問
傷害

お話からすれば時効かなと思います。 時効でないならあとは実際に債務があるかどうかです。 もしあるというなら、取引履歴を出すように求めて、確認すべきでしょう。

回答日 2019年11月21日 17:36
この回答がある質問
時効

現物を見た上でないと判断ができないのですが、一般論としては、婚姻期間中の一時期にそういうものを作成していたとしても、それで実際に当時離婚が成立したわけではないので、法的な効力を持つとはいえないと思い...

回答日 2019年11月21日 15:03
この回答がある質問
離婚・男女問題

そうではないです。保全命令などが発令された場合は、破産開始決定前でも取り下げには裁判所の許可が必要というもので、開始決定後は取り下げできません。 伊藤眞ほか『条解破産法』(弘文堂,2010年3...

回答日 2019年11月21日 14:04
この回答がある質問
自己破産

繊維鑑定は被害者だけでなくあなたも調べないといけないので、今の状況ではできないでしょう。 平岡義博『法律家のための科学捜査ガイド その現状と限界』(法律文化社,2014年10月)89頁 ...

回答日 2019年11月19日 10:42
この回答がある質問
痴漢

個別具体的な判断が必要になりますので、弁護士の面談相談を受けられてください。 訴訟を依頼されている弁護士がいるのであれば、その人に聞いてみても良いと思います。 【4本判決の意義 本件は,被...

回答日 2019年11月18日 11:47

私は基本的に当日か翌日には連絡しています。 うっかり連絡を忘れているのかもしれません。 そういうことはあるので、聞いてみるといいでしょう。

回答日 2019年11月16日 14:39
この回答がある質問
通常訴訟

親には請求できません。親が子供へ性的暴行をけしかけたとかで、共犯として事件になっているとかであればともかく、成人の行為に責任を持つものではないです。

回答日 2019年11月13日 21:00
この回答がある質問
強制性交・レイプ

良くあることです。 本人との打ち合わせの予定があわないとか、あるいは本人の言い分を裏付ける資料を集めるのに時間がかかる、といったことがあれば1月くらいはすぐ進みます。 私の場合、概ね一ヶ月以上返...

回答日 2019年11月13日 14:57

あなたが強く拒絶すればわざわざ連絡しないと思いますが、連絡が行く場合がないとはいえません。特に、微罪処分といった形で処罰をせずに終わらせるときは、親に連絡したりすることがあります。

回答日 2019年11月12日 21:25
この回答がある質問
窃盗・万引き

主張すること自体は問題ありません。 通常は解雇時に理由とされていなかった事情は重視されませんが、引用の文献のような事情がある場合は、裁判になって主張された解雇理由も慎重に審理されます。 ...

回答日 2019年11月12日 21:19
この回答がある質問
懲戒解雇

1 期間で区別せず、復元できるものをする形でしょう。 2 全部復元できるとは限りません。ケースバイケースです。

回答日 2019年11月12日 20:02

1 普通言わないので、よほどあなたの反省が見られなかったのかなと思います。このままでは実刑になる危険があるという判断でしょう。 2 わかりません。 3 何度も事件になっても暴力を振るってしまって...

回答日 2019年11月12日 19:40
この回答がある質問
傷害

服の上からということであれば、強制わいせつ罪が適用されるほどの行為とまでは言いがたいです。公共の場所であれば迷惑行為防止条例違反になりますが、カラオケの個室であれば、公共の場所でないので成立しないで...

回答日 2019年11月11日 23:33

だいたいは捜査報告書といった形で写真が出てきますが、争った場合には防犯カメラまで出してきますね。それは法廷で調べられますし、事前に弁護人にも開示してきますが、傍聴人まで見ることはできないと思います。

回答日 2019年11月11日 16:48
この回答がある質問
窃盗・万引き

新しい職場がどんなことをするかはわかりませんが、仮に経歴詐称といったことで解雇したとしても、正当な理由とは認められないと思います。

回答日 2019年11月11日 16:46
この回答がある質問
誓約書

開けるべきです。記録は左端に穴を2つ開けて閉じられますので、 余白がないと文章に穴が空いてしまいます。

回答日 2019年11月11日 16:02
この回答がある質問
労働

これ、ネットでは回答が得られない問題と思います。 問題点として、そもそも代理人であるかということもありますが、それだけではなく「確定的合意」といえるかという問題もあります。 例えば、あなたが10...

回答日 2019年11月10日 20:28
この回答がある質問
労働裁判

民法改正の施行日時点で時効が完成していなければ、改正法が適用されます。 ★筒井健夫・村松秀樹『一問一答民法(債権関係)改正』(商事法務,2018年3月)381頁 【(6)不法行為によ...

回答日 2019年11月10日 18:30

1 別件の余罪がなければないです。 ただ、裁判に出頭しないと勾引されることはあります。 2 国選弁護人でよいと思います。 『万引き依存性』という本をおすすめします。読んでみてください。

回答日 2019年11月10日 18:25
この回答がある質問
窃盗・万引き

可能性は否定できませんが、尿が出ていないのであればないかなと思います。売人であることのうらづけをとるために呼ばれたのではないでしょうか。

回答日 2019年11月09日 13:15
この回答がある質問
覚せい剤

弁護士に相談してから電話に出ようとかですね。

回答日 2019年11月08日 16:03
この回答がある質問
傷害

それはお気の毒ですね・・・ 残念ながら、相手が認めていないことを強制的に認めさせる手法はないです。 また、例えばこのまま裁判をしても平行線でしょう。 警察に相談された方が良いと思います。

回答日 2019年11月08日 13:48
この回答がある質問
暴行

時効の事前放棄はできないとされていますので、駄目でしょう。 民法 (時効の利益の放棄) 第百四十六条 時効の利益は、あらかじめ放棄することができない。

回答日 2019年11月07日 23:04
この回答がある質問
財産分与

被害者としては、対象児童以外にも学校も対象になりえると考えられますので(盗撮目的の建造物侵入)、対象児童とのみ示談したからといって解決するとは限られないでしょう。また、児童ポルノ盗撮製造となれば、示...

回答日 2019年10月31日 15:39
この回答がある質問
盗撮・のぞき

義務はないですが、相手が事情変更による保全取消を申し立てれば認められるでしょうし、後で発覚して嘘つきと思われるリスクを考えたら、言った方が良いです。弁護士とご相談されてください。

回答日 2019年10月31日 09:51
この回答がある質問
解雇

現行犯逮捕はありえます。年齢が不明なうちは通常の捜査手続にのるからです。逮捕歴は記録には残るでしょうが、判明した場合は釈放しないといけません。 その上で、身体の拘束が必要であれば、児童福祉法に基づ...

回答日 2019年10月30日 01:50

全額被害弁償されるのであれば、執行猶予の可能性は高いと思います。ただし、80万円だけであれば実刑の可能性が高いと思います。 大阪刑事実務研究会編著『量刑実務大系第4巻 刑の選択・量刑手続』(判...

回答日 2019年10月30日 01:39

91 - 120 件を表示/全 1,956 件

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 23:00
  • 土日祝07:00 - 23:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も緊急の刑事事件についてはご相談を承っています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。お電話は私が直接対応しています。
※緊急事態宣言発令中のため、ご相談をお断りすることがあります。面談時には、相談者にもマスクを着用して頂くほか、熱や咳などの症状がある場合のご相談はお断りすることがあります。

対応地域

経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談