鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 12
総合
全国 28
福岡県 2

薬院法律事務所

福岡県福岡市中央区薬院1-5-11薬院ヒルズビル4階4-A
現在営業中 07:00 - 21:30
電話番号 050-5286-8149
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,665 件/匿名:3件

弁護士は、相談料を支払った際の領収書があればいいでしょう。 相談内容も証明して欲しいなら、弁護士に法律相談票でも作成してもらうと良いと思います。 通常の相談料よりは高くなるでしょうが。 警察は...

回答日 2018年01月30日 20:40
この回答がある質問
民事・その他

事情の変更により再度面会交流が認められることは当然あり得ます。 ただ、一度禁止された場合には、そこから事情の変更があったことを言っていかないと、なかなか面会交流の再開は認められないと思います。

回答日 2018年01月29日 22:41
この回答がある質問
面会交流

理論上は、慰謝料の支払い義務は既に発生していることになりますので、後は関係回復により慰謝料の支払い義務が免除されたか否かということになります。これは、事実認定の問題となり、ネット相談で回答が出来るも...

回答日 2018年01月29日 22:35
この回答がある質問
婚約破棄

養育費と面会交流は別の問題です。面会交流がないから払わないで良いというものではないです。 結婚相手云々は論外です。会わせる必要はありません。 但し、養育費はそのままでは強制的に取り立てることが出...

回答日 2018年01月29日 22:32
この回答がある質問
養育費

弁護士との間で協議を進めるでしょう。 どの程度のタイミングで来るかですが、わかりません。いっぺんに解決するタイプのやり方をする弁護士であれば、3ヶ月以内程度で請求がきます。 しかし、まず...

回答日 2018年01月29日 21:57
この回答がある質問
離婚慰謝料

刑事弁護については、痴漢えん罪用のヘルプコールというのはあるようです。 ただ、それはあくまで電話で相談できるといった程度のもののようです。 刑事弁護費用を本格的にカバーする保険だと、 多分加入...

回答日 2018年01月29日 21:46
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

非監護親が録音というのと、親権者が録音というのは両立するので、ご投稿の話自体でダメとは思えません。暴言も両立します。 相手が録音を別の機会に提出していて、そのことがあなたに有利なのであれば、あ...

回答日 2018年01月29日 20:27
この回答がある質問
面会交流

代理人は依頼者のために動くので、罰則はないです。 積極的に騙すために証拠の偽造を指示した、といった場合は懲戒処分を受けることがあります。

回答日 2018年01月28日 23:51
この回答がある質問
窃盗・万引き

所有権があなたにあるわけですから、当然訴えられます。 返還請求と、仮になくしたのであれば賠償請求です。

回答日 2018年01月28日 22:31
この回答がある質問
手続き

つきまとい等の定義はこの通りです。 ネット相談としては十分あり得るという以上の回答は出来ません。 どうしてもということであれば、弁護士に手紙の現物を持って相談に行かれることをお勧めします。 ...

回答日 2018年01月28日 21:54
この回答がある質問
ストーカー

詐欺の故意がなければ処罰はされません。 なので、あなたが本物と信じていたのであれば、大丈夫です。 とはいえ、例えばやたら安いなとか、おかしいなと思いつつ、転売で高額の金額をつけていた、といったこ...

回答日 2018年01月28日 16:18
この回答がある質問
詐欺

これはまったく分かりません。 被害者がそもそも届け出ていないこともあるからです。

回答日 2018年01月28日 15:51
この回答がある質問
窃盗・万引き

私の知る限り、それで医師の賠償責任が認められたという事例は知りません。 むしろ、医師は原則として告知義務があると考えられています。 仮にそのような賠償責任を認めるとすれば、医師は自らが発見し...

回答日 2018年01月28日 15:51
この回答がある質問
医療

変形労働時間制が採用されていて、それが有効であることの立証責任は会社が持ちます。なので、あなたとしては無視してまずは計算して、相手方が変形労働時間制を主張するなら、その根拠を示せ、ということでいいで...

回答日 2018年01月28日 15:43

会社が差し押さえを無視した場合は、債権者は会社に対して支払えという訴訟を起こしてきます。そうすると、会社はあなたに給料を支払い、さらに債権者にも給料を支払うことになります。なので、あなたが無視して欲...

回答日 2018年01月28日 15:39
この回答がある質問
強制執行

私の知る限りでは、事情聴取はされています。 というのが、略式起訴でも裁判所に書類を提出しますので、それなりに証拠を添付する必要があるからです。交通事故で相手が入院して植物状態だといった事例では聴取...

回答日 2018年01月28日 14:33
この回答がある質問
交通事故

一般論として、後で法テラスで正式な契約書を取り交わす前提で、依頼者のために先に受任通知を出すということはありえます。ただ、その場合も正式な契約成立は契約書を交わした時点です。 それ以前の行動に...

回答日 2018年01月28日 14:31
この回答がある質問
自己破産

急ぎ弁護士に相談に行かれてください。 祖父が弁護士を依頼して、銀行に取引履歴の開示請求をするのと併せて、おばさんに対して通帳の引き渡しなどを求めることになります。また、祖父がいる病院に対して治...

回答日 2018年01月28日 14:15

契約書にそういった記載があったとしても、労働契約法が適用されますので、客観的に合理的な理由のない解雇は出来ません。弁護士の面談相談に行かれることをお勧めします。 ※労働契約法 (解雇) 第...

回答日 2018年01月28日 14:10
この回答がある質問
リストラ

もっぱら公益目的で、公共の利害に関するものといえ、事実に基づく論評という範囲であれば、名誉毀損にはなりません。 現実的には、名誉毀損で賠償請求をしたり、告訴をすることのハードルは高いです。「残業つ...

回答日 2018年01月28日 13:40
この回答がある質問
インターネット

生活保護でも相続放棄は自由です。 なので、あなたの事例の場合は相続放棄をした方が良いかもしれません。 強制的に追い出すのは難しいと思います。 法的には所有権者として退去請求をすることになる...

回答日 2018年01月28日 13:37
この回答がある質問
相続

既に事実婚が破綻しているのであれば、払わないで良い可能性が高いです。 理由は不貞行為といえないので。弁護士に面談相談をされて、反論を考えるべきと思います。

回答日 2018年01月27日 11:39
この回答がある質問
離婚慰謝料

従業員の立場で請求することは出来ません。 従業員としては給与の未払いがあればそれを請求できるだけです。単に会社運営がよろしくないからといって賠償請求権を持つことはありません。 不当訴訟として逆に...

回答日 2018年01月25日 17:28
この回答がある質問
取締役

テナント内部でされているのであれば、契約書に利用目的が記載されているでしょうから、利用目的外にあたるということでテナントに注意して止めてもらうことになるでしょう。テナントに貸していないところであれば...

回答日 2018年01月25日 17:10

解雇のハードルは高いので、単に業務態度不良というだけでは難しいです。特に、以前恋愛関係にあったとなれば、セクハラに応じなくなったから不当に解雇されたと主張される危険性は高いです。 「合意の上」...

回答日 2018年01月25日 17:08
この回答がある質問
セクハラ

お困りですよね。 1については、後で肖像権がどうこうと言ってくるおそれはありますし、会社内で撮影禁止などという就業規則があればひっかかる可能性はあります。 とはいえ、正当な理由があり許さ...

回答日 2018年01月17日 12:29

1は名誉毀損になるおそれがあります 訴訟上の必要性があればいいのですが、ないと思います。 2は影響しないでしょう。架空請求をしていたことと、貸金の主張を否認することに関連性がないです。

回答日 2018年01月17日 01:02
この回答がある質問
通常訴訟

1 逮捕はありえないです   やったことも大したことではないですし、今さら1冊のために警察が介入するとは思えません 2 気にせずに安心することです

回答日 2018年01月16日 23:24
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

1 特に正式な決まりはないですが、1週間前には出します。 2 できないとはいわないですが、望ましくはないです。本人訴訟であればある程度大目にみてもらえるとは思いますが 3 ケースバイケースですが...

回答日 2018年01月16日 23:13
この回答がある質問
控訴

和解するかどうか、どういう和解をするかは尋問だけで判断するものではありません。 それまでに提出した証拠や、主張の内容、相手方の反論内容、裁判官から示された考え方などを総合して判断するもので、ど...

回答日 2018年01月14日 16:31

871 - 900 件を表示/全 1,665 件

現在営業中 07:00 - 21:30
鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 21:30
  • 土日祝07:00 - 21:30
定休日
なし
備考
電話、メール相談はしていません。事務所の開所時間は,平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日は、刑事事件の初回相談のみ対応しています。不在の場合はメールでお問い合わせください。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談