鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士

薬院法律事務所

福岡県 福岡市 中央区薬院1-5-11 薬院ヒルズビル4階4-A
現在営業中 07:00 - 23:00
電話番号 050-5286-8149
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:6,799 件/匿名回答数:8件

繰り返していたら、警察に目をつけられるでしょうね。 同じ「被害者」と「目撃者」が何度もでてくるわけですから。 そうすると、盗撮のように見えるが実は同意している、ということで、撮影した人は迷惑...

回答日 2019年11月22日 01:12
この回答がある質問
盗撮・のぞき

そのパターンが多いと思います。 ぎりぎりの事件では呼んで直接反省を確認するというのもあるでしょう。

回答日 2019年11月22日 01:06
この回答がある質問
傷害

いつの話かわかりませんが、防犯カメラとICカードの履歴などで相手を特定できることはありますし、証言と相手の逃走ということで痴漢していたという立証は可能と思います。すぐに警察にいきましょう。

回答日 2019年11月22日 00:04

いえ、略式起訴には被疑者の同意が必要なので、罰金の場合は必ず呼ばれるのです。

回答日 2019年11月22日 00:00
この回答がある質問
傷害

ならないこともありますが、状況からすれば不起訴の可能性が高いと思います。呼び出しがあることはあります。電話で呼び出しです。ただ、不起訴(起訴猶予)であればわざわざ呼ばないことが多いですね。

回答日 2019年11月21日 21:48
この回答がある質問
傷害

その状況であれば呼び出される可能性は低いでしょう。 ただ、何故嫌疑がかかったのかはこの内容ではわかりません。

回答日 2019年11月21日 20:34

お話からすれば時効かなと思います。 時効でないならあとは実際に債務があるかどうかです。 もしあるというなら、取引履歴を出すように求めて、確認すべきでしょう。

回答日 2019年11月21日 17:36
この回答がある質問
時効

現物を見た上でないと判断ができないのですが、一般論としては、婚姻期間中の一時期にそういうものを作成していたとしても、それで実際に当時離婚が成立したわけではないので、法的な効力を持つとはいえないと思い...

回答日 2019年11月21日 15:03
この回答がある質問
離婚・男女問題

そうではないです。保全命令などが発令された場合は、破産開始決定前でも取り下げには裁判所の許可が必要というもので、開始決定後は取り下げできません。 伊藤眞ほか『条解破産法』(弘文堂,2010年3...

回答日 2019年11月21日 14:04
この回答がある質問
自己破産

残念ですが、あなたに相手の文通を制限させる権利がないので、制限する方法はないです。

回答日 2019年11月21日 14:01

残念ながら不可能です。 破産法 (破産手続開始の申立ての取下げの制限) 第二十九条 破産手続開始の申立てをした者は、破産手続開始の決定前に限り、当該申立てを取り下げることができる。この...

回答日 2019年11月21日 13:57
この回答がある質問
自己破産

繊維鑑定は被害者だけでなくあなたも調べないといけないので、今の状況ではできないでしょう。 平岡義博『法律家のための科学捜査ガイド その現状と限界』(法律文化社,2014年10月)89頁 ...

回答日 2019年11月19日 10:42
この回答がある質問
痴漢

料金は弁護士次第ですが、被害届がでているかは匿名で照会しても教えてくれませんよ。自首したら教えてくれるかもしれません。

回答日 2019年11月19日 10:37
この回答がある質問
痴漢

特定されるようなものではないので守秘義務違反にはならないでしょうね。 また、弁護士事務所が接遇教育をするかどうかは事務所次第でしょう。 気になるのであれば、直接担当弁護士か、そこの経営弁護士に言...

回答日 2019年11月18日 14:36

個別具体的な判断が必要になりますので、弁護士の面談相談を受けられてください。 訴訟を依頼されている弁護士がいるのであれば、その人に聞いてみても良いと思います。 【4本判決の意義 本件は,被...

回答日 2019年11月18日 11:47

公共の場所の撮影だからといって、無条件に許されるわけではないです。防犯目的といっても、自宅の外部を監視する監視カメラが違法とされることがあります。 判例タイムズ1425号(2016年8月号)3...

回答日 2019年11月18日 11:45

私は基本的に当日か翌日には連絡しています。 うっかり連絡を忘れているのかもしれません。 そういうことはあるので、聞いてみるといいでしょう。

回答日 2019年11月16日 14:39
この回答がある質問
通常訴訟

時効の可能性が高いと思います。 督促状をもって弁護士の面談相談をうけてください。

回答日 2019年11月14日 21:47

私が引用した、大阪刑事実務研究会編著『量刑実務大系第4巻 刑の選択・量刑手続』(判例タイムズ社,2011年12月)の「刑種の選択と執行猶予に関する諸問題〔植野 聡〕」を図書館でコピーして、執行猶予が...

回答日 2019年11月14日 00:20
この回答がある質問
横領

大阪刑事実務研究会編著『量刑実務大系第4巻 刑の選択・量刑手続』(判例タイムズ社,2011年12月) 刑種の選択と執行猶予に関する諸問題〔植野 聡〕53頁 【実刑と執行猶予の選択についても,...

回答日 2019年11月14日 00:09
この回答がある質問
横領

私のした事例でも起訴された額以上の弁済はしていました。ただ、起訴した分に優先的にそれが充当されるのだという話にはただちにならないですし、弁済したからなかったことになるわけではないです。 ★大阪...

回答日 2019年11月14日 00:06
この回答がある質問
横領

ともいえないです。 執行猶予がつく可能性の方が高いとは思います。 100万円以上未弁償があると実刑の可能性がありますが、今回は示談+厳罰は求めないという文言があるからです。 ただ、以前確か15...

回答日 2019年11月13日 23:31
この回答がある質問
横領

加害者本人には請求できます。 法テラスで犯罪被害者の無料相談をされているはずです。明日にでも調べて相談をされてください。

回答日 2019年11月13日 22:30
この回答がある質問
強姦・レイプ

前例がないので誰もわかりませんが、算定表はあくまで目安なので、それだけで一度定まった金額を変えるほどの事情にはならないと思います。

回答日 2019年11月13日 21:27
この回答がある質問
養育費

親には請求できません。親が子供へ性的暴行をけしかけたとかで、共犯として事件になっているとかであればともかく、成人の行為に責任を持つものではないです。

回答日 2019年11月13日 21:00
この回答がある質問
強姦・レイプ

1 言わないで良いと思います 2 わかりません 3 みていただけで、見張りなどをしていなければ特に犯罪にはなりません。

回答日 2019年11月13日 20:58
この回答がある質問
少年事件

真剣交際かどうかは外部的にすぐ判断できるものではありませんし、可能性という意味では否定できないでしょう。

回答日 2019年11月13日 20:58
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

場合によりけりですが、私は伝えることが多いです。 それで相手が動くこともありますし。いずれわかることですので。

回答日 2019年11月13日 20:38

概ね提訴から1月くらいですね。複雑な訴訟は時間がかかることがあります。原則被告本人に届きますが、相手方弁護士が訴訟委任状を裁判所に出せば、相手方弁護士に届きます。

回答日 2019年11月13日 19:01

相手方名義の借用書であれば、借金といえるでしょうが、あなた名義の借用書ということでは難しいと思います。日常家事債務であり連帯責任があるのだ、という主張はありえるかもしれませんが、これが通るかどうかは...

回答日 2019年11月13日 14:58
この回答がある質問
婚姻費用

121 - 150 件を表示/全 6,799 件

現在営業中 07:00 - 23:00
鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 23:00
  • 土日祝07:00 - 23:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も予約受付は行っておりますが、事務所での面談相談は、原則として刑事事件の初回相談のみ対応しています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。お電話は私が直接対応しています。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談