鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 14
福岡県 4

薬院法律事務所

福岡県 福岡市 中央区薬院1-5-11 薬院ヒルズビル4階4-A
現在営業中 07:00 - 23:00
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,941 件/匿名:5件

そんなことはもちろんありません https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=4...

回答日 2019年09月29日 17:12

完成後引き渡しから起算なのでそうなるでしょうが、口頭でも請求があれば「催告」として半年間の時効延長はあります。

回答日 2019年09月29日 15:00

1 窃盗の実行の着手がないのでなりません 2 脅迫罪になるかはともかく、そもそも被害届を提出したというのがおかしいように思います。交際相手の親族は「被害者」ではないですし。そこがまず本当ですか...

回答日 2019年09月28日 23:58

先に原告自身が署名押印して提出して、弁護士はただ出廷するだけでしょうね。 弁護士が作成した文書でないので、弁護士が署名押印するというのはないです。

回答日 2019年09月28日 23:53
この回答がある質問
準備書面

それで名誉毀損で負けたとか、処罰されたという事案を聞いたことがないです。 名誉毀損の成立には公然性が必要ですが、友人に話したということでは不特定多数に話しをしているわけではないので成立しないでしょ...

回答日 2019年09月28日 23:52
この回答がある質問
不倫

それ自体が判決に響くということはまずないと思いますが、 訴訟では、全く争わなければ相手の請求を認めることになりますので、 離婚が成立するのが原則です。少なくとも訴訟は対応すべきでしょう。

回答日 2019年09月28日 23:25
この回答がある質問
調停離婚

1 普通にありえます。というか、その状況で警察官があなたの言い分を信用しているとは思えません。 2 捜索差押です。自宅が考えられますが、職場もされる可能性はないではないです。なお、映像の消去など証...

回答日 2019年09月28日 19:51
この回答がある質問
盗撮・のぞき

1 建造物侵入はつかないでしょうが、悪質性が高いということで公判請求もありえるとは思います。ただ、自分の店舗で盗撮というのが処罰対象となったのは最近ですので、量刑相場といえるものは知りません。示談が...

回答日 2019年09月28日 19:06

1 弁護士を立てた方が良いでしょうね。 2 お金を取り返す、ということはできません。実質的に夫婦だったわけですが、離婚の際に夫婦間でお金を取り戻す、ということができないのと同じことです(それを言い...

回答日 2019年09月28日 17:26
この回答がある質問
内縁

軽傷で任意保険にも加入しているのであれば、執行猶予付の懲役刑になると思います。

回答日 2019年09月28日 17:16
この回答がある質問
ひき逃げ

自己破産すればなくなります。 自宅も資産になりますので、相続放棄をしていないとすればその分を資産として売却しなければならないのが原則です。ただ、遺産分割をして兄のものになっているとかであれば、基本...

回答日 2019年09月28日 16:54

① できません(労働契約法8条) ② できませんが、これは就業規則の変更により可能な場合があります(9~10条)。しかし、賃金制度全体の変更で有利になる部分もあるとかであればともかく、単に固定残業...

回答日 2019年09月28日 16:50
この回答がある質問
労働条件

基本的に成人と同じく逮捕状を取って逮捕にきます。 ただ、14歳未満の少年は逮捕できません(少年法6条の5)。 少年法6条の5 ①警察官は,第3条第1項第2号に掲げる少年に係る事件の調査をす...

回答日 2019年09月28日 15:29
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

多くはないですが、ありえます。 自由刑の弊害(家族の困窮)などを情状証人として証言されてください。 ★大阪刑事実務研究会編著『量刑実務大系第4巻 刑の選択・量刑手続』(判例タイムズ社,201...

回答日 2019年09月28日 15:16
この回答がある質問
傷害

それは扶養照会といって生活保護の仕組み上行われるものです。そういった事情があれば無理に扶養させられることはありません。裁判所の書類と異なり、返さないことで勝手に扶養義務が課されることはありませんが、...

回答日 2019年09月28日 01:36

あなたとしては、いったん手続きの進行を中断して、状況が良くなってからまた自己破産手続を進めたい、ということでしょうか? 残念ながら、これはなかなか弁護士としては応じにくい要望です。弁護士の立場...

回答日 2019年09月27日 23:36
この回答がある質問
自己破産

その程度であれば逮捕ではなく任意捜査でしょうね。 自宅に警察官から連絡がくるといったことはありえます。 ご不安なら自首するということもありえるでしょう。 その場合は逮捕の可能性は非常に低くなり...

回答日 2019年09月27日 23:28
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

慰謝料の話は解雇が有効か否かにかかってくるでしょう。 解雇予告手当とは別の原因なので、不当解雇を理由に慰謝料請求というのは考えられます。 ただ、必ずしも認められるとは限りません。 なお、解雇予...

回答日 2019年09月27日 15:37

通常はしますね。破産事件受理票といったものがもらえるので、その写しを送ったりします。 ただ、されない弁護士もいると思いますので、聞いてみて良いでしょう。

回答日 2019年09月27日 14:28
この回答がある質問
自己破産

個人事業主で契約というのは珍しくないですよ。 料金は月3~5万円と思いますが、仕事ぶりや、どこまでやるかが大事でしょう。 一般論ですが、個人事業主なら素早く動いてくれる個人事務所が良いように思い...

回答日 2019年09月26日 23:22
この回答がある質問
暮らし・趣味

意味はあるでしょう。損害賠償請求権同士で相殺ということはできませんが、あなたも賠償請求するということで事実上支払いなしにするということが考えられます。裁判では「ゼロ和解」といわれます。

回答日 2019年09月26日 10:23

法テラスは別にひとつの事務所ではないので、弁護士が違えば普通に受任できます。ただ、偶然AさんとBさんが同じ紛争で、同じ弁護士に相談しようとされれば、先着の人しか受けられません。利益相反になるからです...

回答日 2019年09月26日 00:11
この回答がある質問
脅迫・強要

ならないでしょう。 弁護士に相談するというのが相手を畏怖させる言動ともいえませんし、弁護士に相談するというのは正当な権利だからです。

回答日 2019年09月25日 17:27

どちらが上とは限らないです。手書きの領収書でも指印があるし証拠価値は高いでしょう。 振り込みの場合、例えば「慰謝料の分割払だ」とか言われるおそれもあります。金銭の移動については強い証拠価値がありま...

回答日 2019年09月25日 15:37
この回答がある質問
養育費

なり得ます。ただ、故意がない(あなたの許諾があると誤信した)といったことで成立しないとされる可能性もあるので、鍵は変えるべきでしょう。 大塚裕史ほか『基本刑法Ⅱ 各論 第2版』(日本評論社...

回答日 2019年09月25日 15:35
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

迷惑行為防止条例違反にはならないと思います。 撮影対象が「通常衣服で隠されている身体」(だいたいこういった文言で限定されています)ともいえませんし、狙って撮影しているわけではないので故意もないでし...

回答日 2019年09月23日 18:19
この回答がある質問
盗撮・のぞき

違います。占有は,人の物に対する事実的支配という客観的事実と,人の物に対する支配意思という主観的事実の両方の側面から考慮されるからです。 上掲21頁 【前掲最判昭32.11.8を含め,置...

回答日 2019年09月23日 00:52
この回答がある質問
窃盗・万引き

前科がなければなるでしょう。 平成11年12月3日/東京高等裁判所/第3刑事部 判例タイムズ 1046号 280頁 【本件は、被告人が、当時勤務していたA銀行が当事者となり、包括根保証契...

回答日 2019年09月22日 21:10
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

残念ですが、ここで質問をされても有意義な回答を得ることはできないでしょう。 具体的な投稿や社内規定、それまでの状況などを踏まえて違法性があるかの判断が必要で、ご投稿の内容だけでこれは明らかに違...

回答日 2019年09月22日 16:32
この回答がある質問
職場いじめ

録音を文字起こした上で弁護士に相談すると良いでしょう。「録音 文字起こし」で検索して方法を調べてください。

回答日 2019年09月22日 14:47
この回答がある質問
退職 損害賠償

151 - 180 件を表示/全 1,941 件

現在営業中 07:00 - 23:00

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 23:00
  • 土日祝07:00 - 23:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も緊急の刑事事件についてはご相談を承っています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。お電話は私が直接対応しています。
※緊急事態宣言発令中のため、ご相談をお断りすることがあります。面談時には、相談者にもマスクを着用して頂くほか、熱や咳などの症状がある場合のご相談はお断りすることがあります。

対応地域

経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談