鐘ケ江 啓司弁護士 かねがえ けいじ

鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 5
労働問題
全国 12
総合
全国 16
福岡県 1

薬院法律事務所

福岡県福岡市中央区薬院1-5-11薬院ヒルズビル4階4-A
現在営業中 07:00 - 23:00
電話番号 050-5286-8149
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,805 件/匿名:3件

弁護士に依頼されれば、まず住所を調べようとしますが、もし住所が分からなければ会社宛に書留や本人限定受取郵便で請求書を出すでしょうね。 離婚しないのであれば、旦那に請求せずに不貞相手だけにいきな...

回答日 2018年09月25日 01:05
この回答がある質問
離婚慰謝料

上司としての正当な指導でしょう。災難でしたね。 パワハラについては、今年の3月30日に「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」報告書が厚生労働省で発表されており、そこではこのような...

回答日 2018年09月25日 01:02
この回答がある質問
パワハラ

私の記憶ではそれらは全て控除対象になったはずです (会社の積立金などは控除されません)。 ただ、いずれにしても給与明細や源泉徴収票を出さないといけません。 とりあえず相談されてみてください。

回答日 2018年09月25日 00:56
この回答がある質問
自己破産

罪に問われることはありません。 警察に使って良いと言われて鍵を渡されたことをきちんと説明してください。 何か腹いせでされたのか、返して欲しくなったのか・・・災難でしたね。 警察も事情を話せばち...

回答日 2018年09月25日 00:46
この回答がある質問
離婚・男女問題

1については、駐車場の使用規約でどうなっているかでしょう。 2については、基本的には修理代で、なかなか新品交換は認められません。 3については、評価損ということで、修理費の1~3割程度認められる...

回答日 2018年09月25日 00:43
この回答がある質問
器物損壊

1 離婚しないのであれば、高くても100万円程度だと思います。 2 相手方の提示額を見てから相談する形で良いでしょう。訴訟になるのであれば、弁護士を立てるべきだと思います。

回答日 2018年09月25日 00:30
この回答がある質問
不倫慰謝料

主張しても良いですが、採用は困難というのが実情です。ただ、こういう文献もあるので、現行算定表でもいくらか上乗せすべき、という主張もあると思います。 『婚姻費用・養育費の算定-裁判官の視点にみる...

回答日 2018年09月25日 00:08
この回答がある質問
養育費

みなされないでしょう。 現在の実務では,民法770条1項1号から4号までの事由は,770条5号の「婚姻を継続しがたい重要な事由(婚姻の破綻)」の例示とされているところ,婚姻破綻の認定で最も重要...

回答日 2018年09月24日 23:58
この回答がある質問
セックスレス

そうです。 「事業」とは,社会生活上の地位に基づいて,一定の目的をもって反復継続的になされる行為およびその総体をいうと解されます(日本弁護士連合会消費者問題対策委員会編「コンメンタール消費者契約法...

回答日 2018年09月24日 22:48
この回答がある質問
通常訴訟

空リースです。リース会社に対する詐欺になります。

回答日 2018年09月24日 22:44

明示されます。判決の主文を導くのに必要な理由となるからです。

回答日 2018年09月24日 22:42

送付したことの立証責任は相手方にあります。 配送時に業者が重さを計っていれば、そこで空箱かどうかわかるでしょう。 なお、「私が同じ商品を他店で買って入れて送り返しました。」という行動は良く理...

回答日 2018年09月24日 22:39
この回答がある質問
通信販売・オークション

弁護士名で書き込んでくれということですか? 少なくとも、このままの文章で代行ということはないでしょうね。被害届を出す、出さないも本人の意思なので、そこまで誓約できるかとか、断定的過ぎるとか。 た...

回答日 2018年09月24日 22:35

時々ある相談ですが、賠償請求はかなり厳しいという結論になります。例外としては上司の立場を利用して未成熟な女性を弄んだような事例です。 最近の裁判例については中里和伸『判例による不貞慰謝料請求の実務...

回答日 2018年09月24日 22:16
この回答がある質問
不倫慰謝料

それであれば期間雇用で終了でしょう。 念のため、事前に辞めることは言っておいた方が良いと思います。

回答日 2018年09月24日 22:04
この回答がある質問
試用期間

1はそうです。 2は告訴があっても不起訴になることはあります。軽微な器物損壊などが典型でしょう。 3は被疑者が動いて有利になる場合はあります。刑事訴訟法248条は犯人の様々な状況を考慮した上で起...

回答日 2018年09月24日 21:20
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

相手損保会社の顧問弁護士であれば利益相反ということで受けられないと思います。 事故現場の弁護士より、お近くの弁護士が良いです。打ち合わせの方を優先すべき事案だと思います。必要があれば弁護士は現地に...

回答日 2018年09月24日 21:00
この回答がある質問
過失割合

離婚については、一般に有責配偶者からの離婚請求は認められないとされています。しかし、それは裁判でガリガリと争った時の判決の話ですし、近年では緩和するような判決も出てきています。離婚調停の中で話し合う...

回答日 2018年09月24日 20:57

まず、減免制度の告知義務があったといえるかでしょう。 一般論としては、条例にその制度の利用が可能なものに対して周知徹底しなければならない、といった条項がないとまず請求の根拠がたたないと思います...

回答日 2018年09月24日 20:40
この回答がある質問
行政事件

複雑な事案の場合、訴状の補正などで時間がかかることはあります。実際に提訴しているのであれば、「事件番号」を聞いてください。 平成30年(ワ)第⚪号 といった番号がふられますので、それで裁判所に行け...

回答日 2018年09月24日 18:22
この回答がある質問
訴状

あなたのご依頼された弁護士を信用して、きちんと主張すべきです。どの弁護士も確実に勝てるといえる案件ではありませんが、金額が異様に高額といった話があれば、そこも含めて強迫によるもの、といえる可能性はあ...

回答日 2018年09月24日 17:06

明確な決まりはありませんが、裁判所が定めた期日までには出すべきです。 第二節 準備書面等 (準備書面・法第百六十一条) 第七十九条 答弁書その他の準備書面は、これに記載した事項について相手...

回答日 2018年09月24日 16:45

そうですね。ただ、相続放棄しても抵当権は消えませんので、支払わなければ競売にかけられます。

回答日 2018年09月24日 16:33
この回答がある質問
借金

そういう趣旨です。

回答日 2018年09月24日 16:16
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

「横領」というのは、一般的に不法領得の意思の発現行為とされていて、具体的には、①権利者を排除して他人のものを自己の所有物として振る舞い、②その経済的用法に従い利用又は処分する意思の発現行為とされてい...

回答日 2018年09月24日 15:41
この回答がある質問
横領

既に契約されているのであれば、再度の契約は不要です。 ケアプランの説明は受けておくべきです。法律上の明示的な義務ではありませんが、成年後見人には被後見人の身上配慮義務があります。 民法 (...

回答日 2018年09月24日 15:13
この回答がある質問
民事・その他

一般論としては、内定承諾書の調印が予定されていたのであれば、それが正式な雇用契約の成立と考えられます。ただ、理論的にはメールでの連絡でも内定が成立すると信じたとして、それによる損害が発生した場合には...

回答日 2018年09月24日 15:00

国選弁護人でしょうが、やれる限りのことはされているように思います。 どうにかしてお金を作って出来る限り弁済するくらいかと思います。お役に立てずすみません。

回答日 2018年09月24日 14:57
この回答がある質問
痴漢

つらい目に遭われましたね。普通とはいえないと思いますよ。ぎっくり腰で倒れている人に無理に来いということもどうかと思います。 ただ、いわゆる違法な「パワハラ」といえるかというと、これだけでは難し...

回答日 2018年09月24日 14:22
この回答がある質問
労働

解約前の契約者情報が保管されていれば、照会できることもあるでしょう。これは会社側の問題ですので、弁護士に聞かれても分かりません。 相手が諦めるというケースはあるでしょうが、前の質問を見ると戸籍や住...

回答日 2018年09月24日 14:10

871 - 900 件を表示/全 1,805 件

現在営業中 07:00 - 23:00
鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日07:00 - 23:00
  • 土日祝07:00 - 23:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前10時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も予約受付は行っておりますが、事務所での面談相談は、原則として刑事事件の初回相談のみ対応しています。不在の場合はお問い合わせフォームでご連絡ください。お電話は私が直接対応しています。
対応地域
経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談