現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
鐘ケ江 啓司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

犯罪・刑事事件8

企業法務・顧問弁護士26

全国29

福岡県1

( かねがえ けいじ ) 鐘ケ江 啓司

現在営業中 07:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名2,124 件/匿名:6件

1. 裁判手続きは、私自身が行うのでしょうか? 大家さんから裁判を起こされない限り、無理に裁判にしなくていいです。 2. 滞納分の分割返済の和解手続きという物になるのでしょうか? ...

回答日 2018年12月31日 12:59

器物損壊だと思います。 告訴がなければ起訴できません。 ただ、その状況であれば不起訴の可能性が高いでしょう。

回答日 2018年12月30日 23:46

そういう経緯も含めて正直にお話をされるのが良いでしょう

回答日 2018年12月30日 21:22

やろうと思えば不可能ではないでしょう。 裁判所のウェブサイトの書式を参考にされると良いと思います。

回答日 2018年12月30日 15:47
この回答がある質問
婚姻費用

実際にしたことはないですが、両者が来院していたような場合は双方の同意がないと、となる可能性はあります。回答すべき必要性とプライバシー保護の考量なので、一概にいえません。例えば、単に中絶の有無だけであ...

回答日 2018年12月30日 14:28
この回答がある質問
中絶

一旦は釈放されます。 罰金又は科料不完納の場合の労役場留置は,裁判確定後,罰金については30日以内,科料については10日以内は,本人の承諾がなければ執行できません。 (労役場留置) 第...

回答日 2018年12月30日 14:21
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

回答書の提出だけであれば、郵送でも可能ですし、親族が持参することも可能でしょう。裁判の期日はもちろん本人が出頭しなければなりません。

回答日 2018年12月30日 14:10
この回答がある質問
交通事故裁判

酒気帯び運転がまず正式裁判になるかどうかが一つです。 罰金刑で終了すれば、執行猶予が取り消されないままのこともあります。 弁護士会の「当番弁護士」を利用すれば、一回無料で接見に行ってもらえます。...

回答日 2018年12月30日 14:02
この回答がある質問
酒気帯び運転

あなたが消費者の立場であれば、消費者契約法により契約条項が無効になる可能性があります。消費者センターや、消費者問題に詳しい弁護士にご相談ください。

回答日 2018年12月30日 13:59
この回答がある質問
探偵・興信所

風俗店で盗撮した者に対して、店が迷惑料として100万円の示談書を作成させた上で、20万円を支払わせ、裁判で残りの80万円を請求した事案があります。 結論は、迷惑料について金額の掲示がなく損害賠...

回答日 2018年12月30日 13:35
この回答がある質問
盗撮・のぞき

盗撮というのを、迷惑防止条例での刑罰があるものという意味で言えば、迷惑防止条例違反にはならないでしょう。条例では、「下着等の撮影」又は「通常衣服を着けない場所における盗撮」が規制されています。

回答日 2018年12月30日 13:01
この回答がある質問
盗撮・のぞき

相手方の弁護士からは示談でお願いしたいと言われ示談の方向で話を進めたいのですがその場合地検に行く前に相手の弁護士に示談を応じてもいいものでしょうか。 構いませんが、示談が成立するとすぐに釈放...

回答日 2018年12月29日 23:04
この回答がある質問
離婚・男女問題

私はきいたことがないですし、個人情報の保護の関係から学校側がそうする可能性は低いと思います。しかし、これはここで聞かれても確実な回答は得られないでしょう。学校側に直接確認すべきです。

回答日 2018年12月29日 22:58

岡田弁護士の回答に少し補足します。 1は、全額控除されるということではないです。中間収入の償還は平均賃金の6割を超えた部分につき行わます。平均賃金の算定の基礎に含まれない手当は全額控除の対象に...

回答日 2018年12月29日 21:33

肉体関係がなければ、基本的に払う必要はないでしょう。理屈上は婚約でも不貞の相手方に慰謝料請求権が発生することもありえますが、なかなか認められません。肉体関係がなければなおさら無理でしょう。

回答日 2018年12月29日 19:37

検察官に説明を求めてください。 刑事訴訟法 第二百六十一条 検察官は、告訴、告発又は請求のあつた事件について公訴を提起しない処分をした場合において、告訴人、告発人又は請求人の請求があるときは...

回答日 2018年12月29日 18:48
この回答がある質問
窃盗・万引き

父になります。 あなたが相続するのは父の財産・負債だからです。

回答日 2018年12月29日 16:53
この回答がある質問
相続放棄手続き

相手が逃げた場合は現実に取り立てをすることは難しいです。 ただ、そういう相手であれば示談をしなかったらなお回収が難しくなるということはありえます。罰金を払うお金を用意する必要があったり、罰金を払っ...

回答日 2018年12月29日 16:47
この回答がある質問
債権回収

大丈夫でしょう。

回答日 2018年12月29日 11:58
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

和解調書の解釈ですが、~日限りで支払うといった内容であれば、銀行の受付時間後に振り込んでも違反とまでは言えるか微妙です。 なので、翌営業日に入金確認というのはあると思います。気が急くでしょうが...

回答日 2018年12月28日 20:09
この回答がある質問
労働審判

> 続けての質問ですが、「僕に被害届がでているか?」ではなく、「ここ数日で盗撮で被害届が出ているか?」といった内容もできないでしょうか? > もし出ていたら、「それはどういった内容か?...

回答日 2018年12月28日 17:51
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

乗車券付きICカードのシステムはわからないですが、各所の防犯カメラの画像を追いかけていくことで、どこかで身元が分かるというパターンはありますね。例えば、その後レンタルビデオ屋に寄っていてそこで分かる...

回答日 2018年12月28日 01:00
この回答がある質問
盗撮・のぞき

藤川先生が「そうともいえないです」と否定されている根拠は不明ですが、業務遂行に必要な設備・費用の実費弁償として企業が負担すべきものです。 佐々木宗啓ほか編著『類型別労働関係訴訟の実務』(青林書...

回答日 2018年12月27日 10:20

相手にしてくれる可能性は低いでしょう。 理屈上は詐欺罪も成立し得ますが、お金の返金要求は不法原因給付として認められないと思います。

回答日 2018年12月26日 23:42
この回答がある質問
児童買春・援助交際

難しいですね・・・本来であれば契約書は作るべきですが、作られていなかったのですね。 その辺り弁護士には問題があったように思います。具体的な前例は見つけられなかったのですが、こういった話になると思い...

回答日 2018年12月26日 18:05
この回答がある質問
自己破産

裁判官が金額は決めるので、確定ではないけどという言い方になります。 ただ、飲酒運転は厳罰化していますので、その数値だとまず50万円の満額だと思います。

回答日 2018年12月26日 17:51
この回答がある質問
酒気帯び運転

これは一口に説明出来る問題ではありませんので、ここでの回答は差し控えます。 昨年出版された『これって非弁提携?弁護士のための非弁対策Q&A』という本が参考になります。実態に踏み込まないとな...

回答日 2018年12月26日 14:49
この回答がある質問
労働

余罪があればそのまま再逮捕されるということはあります。 私も、4回くらい再逮捕された事件の弁護をしたことがあります。

回答日 2018年12月26日 12:08
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

犯罪捜査規範を根拠に情報提供を依頼してみてください。 ダメな場合は、弁護士をつければ教えてもらえる可能性があります。お近くの法テラスで、犯罪被害者援助制度という制度が利用出来ないから聞いてください...

回答日 2018年12月26日 10:43
この回答がある質問
暴行

残念ですが、なるでしょうね。会社側に過失相殺で負担させられるような事情が見当たらないです。例えば、会社が普通郵便で返還しろ、といったのであれば会社の責任と言えますが、そういうことはないでしょうから。

回答日 2018年12月26日 10:29
この回答がある質問
退職

871 - 900 件を表示/全 2,124 件

現在営業中 07:00 - 24:00

鐘ケ江 啓司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-8149
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日07:00 - 24:00
  • 土日祝07:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所の開所時間は、平日午前9時~午後5時までです。時間外及び土日祝日も緊急の刑事事件についてはご相談を承っています。【電話ではなく】メールでご連絡ください。私が随時確認しています。
※面談時には、相談者にもマスクを着用して頂くほか、熱や咳などの症状がある場合のご相談はお断りすることがあります。

対応地域

経歴・資格
国際離婚取扱経験
冤罪弁護経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談