お気に入りに追加
井澤 わかな弁護士

( いざわ わかな ) 井澤 わかな

ANESYS法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

詳しくは、社会保険労務士さんか年金事務所にてお尋ね頂くべきテーマだと思いますので、ごく簡単に書かせて頂きます。 >障害年金というのは、年金にプラスして受け取れるものなのでしょうか? ...

回答日 2019年10月05日 06:56
この回答がある質問
医療

◆1、日常住んでいないと思われる住所地に、調停を、申し立てるか、それとも初めから審判にしたほうが良いか、どうか。  ご自身の住所地管轄の家庭裁判所への申立ては避けたいということですし(審判...

回答日 2019年09月16日 04:49

>税金関係や控除の申請ができるものとそうでないもの この辺りは、おっしゃる通り、国保なのか会社の健康保険なのか、扶養に入っているのか入れているのか等々いろんな角度から検討→判断なさる必要...

回答日 2019年08月29日 14:40

◆公正役場で再婚相手の方にすべての財産を相続させるという公正証書遺言を作成されたということかと思います。 ◆改正前に「遺留分減殺請求権」と言われていたものは、「遺留分侵害額請求権」というものに...

回答日 2019年08月23日 12:06

◆・・・母は通帳に80万程の貯金を持っていました。 お母様本人(か、相談者さんが委任を受けて)、金融機関で残高証明と取引明細を入手されるとよいと思います。 ◆・・・父親の貯金は兄が成...

回答日 2019年08月16日 08:03

◆第三債務者が複数ということで、可能です。 ◆第三債務者が複数の場合の書式のサンプルは、こちらが参考になるかと思います。 旭川地方裁判所・旭川家庭裁判所のサイト↓ http://www...

回答日 2019年07月18日 06:44
この回答がある質問
強制執行

◆出入国在留管理庁のHPのQ&AのQ7をご覧頂くとよいと思います。 ↓ http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyuu/qa.html ◆経済的な...

回答日 2019年07月14日 07:25
この回答がある質問
国際・外国人問題

◆2019年7月1日以降に発生した相続については、遺留分減殺請求→遺留分侵害額請求という形に変わります。 もし、御主人のプラスの相続財産が御自宅しかない場合で、妻である相談者さんにその御自宅を...

回答日 2019年07月04日 03:06
この回答がある質問
遺言書

◆書かれているとおり、養子養親共に御存命の場合、単独で離縁は出来ません。 協議離縁の場合、養子の方がすでに15歳になってらっしゃるということなので、相談者さんと養子の方で養子離縁届を作成して提...

回答日 2019年07月02日 04:56
この回答がある質問
認知・親子関係

詳しいところは、改めてソーシャルワーカーさん(や主治医の先生等)に尋ねて頂きたいところですが、一応回答致します。 ◆まず、この150日というのは、標準的算定日数のことだと思います。 ...

回答日 2019年06月30日 09:09
この回答がある質問
社会保険

◆1について 全額自己負担ではなく、親御さんの受診に当たり 保険で負担した部分の返還を健康保険組合/協会けんぽに求められると思います。 (本来支払う必要のない医療費を支払っているということ...

回答日 2019年06月26日 05:33

◆お母様に法律婚をされた配偶者の方がなく、また遺言もないという前提であれば、 お母様の財産は、お子さんである相談者さんと妹が相続人として相続することになります。 (各2分の1ずつです) ◆...

回答日 2019年06月19日 08:12
この回答がある質問
相続財産

◆家庭裁判所の判断を経ないで,預貯金の払戻しを認める方策(仮払い制度)と呼ばれているもののことですよね(909条の2)。 法務省のパンフレットはこちら↓ http://www.moj.go....

回答日 2019年06月18日 05:07

◆原則として、個人型年金は脱退することはできないことになっています。 あくまで老後の資金だからです。 ◆ただ、国民年金保険料を免除されている場合など、一定の要件を全て満たす方は、 脱退して...

回答日 2019年06月10日 05:36
この回答がある質問
借金

◆業務用の場合、相談者さんが書かれているように やはりおおむね使用期限は10年になっているようです。 cf.一般社団法人日本消火器工業会ホームページ トップページ→「消火器について詳しく知...

回答日 2019年05月30日 19:20
この回答がある質問
契約の解除・取消

個人情報取扱事業者は、個人データを第三者に提供してはならないのが原則ですが (個人情報の保護に関する法律23条1項柱書)、 同法23条5項2号で 「合併その他の事由による事業の承継に伴って...

回答日 2019年05月26日 06:42

◆固定資産税については、共有者の連帯納税義務があるということで、 通常、代表者の方に全体の納付書が届くようになっていますので、 相談者さんが書かれているような請求の形が一般的だと思います。 ...

回答日 2019年05月18日 07:21
この回答がある質問
不動産・建築

申請をすれば必ず・・・ということではないですが、 失業についても、市県民税の減額・免除の制度は利用できるように なっているかと思います。 お住まいの地域の市民税/住民税の担当部署にお尋ねに...

回答日 2019年05月13日 14:20
この回答がある質問
会社都合

◆お相手の方に支払い意思はあっても、結局支払われていない、 ということなので、強制執行は出来ます。 ◆もし、強制執行する対象が給与ではない場合(預金等)、 一言言ってしまうと、その財産を引...

回答日 2019年05月13日 04:52
この回答がある質問
強制執行

◆1について 伯母様が多少認知症があるとはいえ、 ご自分の意思をしっかり述べたりできる状態であれば、 公証役場で相談者さんと財産管理等の委任+任意後見契約(※)を 結ばれてはどうかと思い...

回答日 2019年05月11日 17:52

◆1について 福祉事務所の方に確認いただくのが一番ですが、 おそらくお子さんの別居解消(=同居に向けた) 話合いということではないかと思います。 現状(別居)のまま5月末を迎えてしま...

回答日 2019年05月09日 17:52

すでに遺族厚生年金と中高年寡婦加算の申請がなされ、 一定額の見込額が出ているということは、 受給権確定の段階で相談者さんの収入が 要件を満たしていたということだろうと思いますので、 気持ちが...

回答日 2019年05月09日 05:12

◆弁護士へのご相談でも、公証役場へのご相談でも説明頂けると思います。 ◆ちなみに、「予備的遺言」と呼ばれるのは、 相続人(相談者さん)が被相続人(旦那さん)より 先に亡くなってしまった場合...

回答日 2019年05月07日 17:52

◆現状、長女さんの法定相続人は、長女さんの夫と3人の子です。 ◆しかし、例えば、 上記の法定相続人の方が全員相続放棄をした場合や 長女さんの相続が発生したときに 上記の法定相続人の方が全...

回答日 2019年05月03日 16:13

◆未相続不動産を長男が代位相続登記されるというのは 従兄一人で相続する形にされるのですか? そうではなく、叔父様の不動産について、 叔父様の法定相続人の法定相続分に応じて、となります。 ...

回答日 2019年05月03日 10:30
この回答がある質問
相続 借金

障害基礎年金を受給するにはいくつか要件があります。 そのうちの一つ、保険料納付要件ですが、 初診日の前日に、どちらかの要件を満たしていることが必要です。 (1)初診日のある月の前々月ま...

回答日 2019年05月02日 17:00
この回答がある質問
医療

「医療費控除」というのは、 お父様の確定申告におけるものとして回答いたします。 ◆「医療費控除」は、自己又は自己と生計を一にする 配偶者/その他の親族のために医療費を支払った場合、 ...

回答日 2019年05月02日 16:48

◆相続開始年は今年で、贈与は昨年ということなので、 贈与税は納める必要があろうかと思います (非課税の適用を受けるものであった場合は、また異なると思いますが)。 贈与と相続の関係については...

回答日 2019年05月02日 06:12

◆所得税の扶養 まず、生計同一関係が必要です。 こちらをご参照ください。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1...

回答日 2019年05月01日 15:50
この回答がある質問
医療

◆子加算について 書かれている相談者さんの状況からすると子加算がつきそうですので、 障害基礎年金のみ受給ということから、 お住まいの市区役所・町村役場の担当課にて申請をなさってみられるとよ...

回答日 2019年04月29日 18:26
この回答がある質問
扶養手当

1 - 30 件を表示/全 114 件

井澤 わかな弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5438-1355
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
  • 土曜09:00 - 16:00
定休日
日,祝
備考
メールでの問い合わせは曜日・時間を問いませんが、即時返信が出来ない場合もございますのでご了承ください。
電話問い合わせにつきましては、受付時間中に外出や打合せなどで応答できないことが多いので、御用件を留守電に残して頂きますようお願いします。その上で、当方からの折り返しをお待ちください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
対応言語
英語